軽井沢に夏の終わりを告げる旧軽・諏訪神社の大祭

いよいよ今日から東京への出稼ぎ再開。
予想通り、今朝の軽井沢駅はかなりの人出でした。
朝東京に戻るという方、あるいはまだ軽井沢の別荘に家族だけ滞在し、
お父さんだけ軽井沢から仕事に行くという方が
結構多いのだと思います。
ただ、町内はだいぶ空いてきたかな?
うちのご近所の別荘も、少し灯りの数が減りました。

さて、私に取っては夏休み最後の昨日、
軽井沢諏訪神社大祭が行われました。
毎年書いているような気もしますが、
長倉神社の大祭軽井沢の夏が始まり
諏訪神社大祭で終わると言われます。
祭の雰囲気もまさにそんな感じで、
長倉神社の大祭は、明るく、その後の花火大会も派手。
一方で、諏訪神社の祭りは、なんとなく郷愁漂う感じ。
でも、その雰囲気がとても良いのです。
今年は長倉神社の大祭は行かれなかったので、
諏訪神社大祭は、万障繰り合わせて行って来ました。

20170820-1.jpg

まるで昭和にタイムスリップしたかのような雰囲気が
ここの祭の醍醐味。
郷愁漂う、鎮守様のお祭りといった感じです。

20170820-2.jpg

出店している出店も、レトロなラインナップ。

20170820-5.jpg

本当に懐かしい雰囲気です。

まずは神社に参拝。

20170820-3.jpg

普段はとても静かな社叢ですが、
びっくりするほど大勢の方が参拝しています。

そしてその脇では、奉納舞踊が。

20170820-4.jpg

これまた、ここの神社大祭の恒例行事。
結構な観客で、舞い終わる度に大きな拍手がわき上がります。
おひねりとか飛びそうな感じの、ほのぼのとした催しです。

この奉納舞踊が終わると、いよいよお待ちかねの花火大会
とはいえ、旧軽の別荘地の中にある神社なので、
ここの花火は仕掛け花火。
今年も、栄林の仕掛け花火からスタートです。

20170820-6.jpg

これを見た隣のお子さんが、「えっ、これで終わりなの!」と驚いていましたが
ご心配なく。今年もちゃんと小さめながらちゃんと花火が上がりました。
目の前で上がるので、結構な迫力ですよ。

栄林に続き、万平ホテル、中山のジャム提供の花火が続々と上がり
再び文字が浮き出る仕掛け花火。
旧軽名店街とあります。

20170820-7.jpg

はて、旧軽名店街って、どこのこと?
まあ、それはともかく、
静かで暗い旧軽の空に、大輪・・・ではありませんが、
それなりの花火が花開きました。

20170820-8.jpg

さあ、これが終わると、軽井沢は一気に秋めいてきます。
さはさりながら、1週間ぶりに行った東京は、夏がぶり返していましたが・・・


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

汁粉ほうとう

さて、夏休みも本日を残すのみ。
にもかかわらず、相も変わらずどんよりとした空。
昨晩の軽井沢は、19:00頃から雷とともに滝のような雨が降り続き、
一時大雨警報も出ていました。
軽井沢だけではないので、致し方ありませんが、
結果的にはここ数年では最悪の夏休みです。
私も、かろうじてデッキのペンキ塗りだけは出来たものの、
夏休みにまとめてやろうと思っていた裏庭整備や、
ピザ窯のメンテナンス、ガレージの屋根の高圧洗浄など、
天気が良くないとできないものは、全く出来ませんでした。

そんなことで、夏休みらしい話題があまりなくて、
たまった過去の御朱印めぐりの話題ばかりで恐縮です。
今日の一発目も、ちょっとそんな話題なのですが、
先日、あまりに寒くて夜ほうとうにした話題は既にご紹介しましたが、
その際にツルヤで買ってきた麺が一袋多かったので、
一昨日の昼飯に、こんなものを作ってもらいました。

20170819-6.jpg

汁粉ほうとうです。
要するに汁粉に餅の代わりにほうとうの麺が入っているものです。
もちろん、汁粉だから甘いんですよ。

うげっと思ったあなた、旨いんですよ、これ。
我が家では昔から定番。祖父の大好物でもありました。
この汁粉ほうとう、山梨県だけではなく、
ここ信州や隣の群馬県、さらには埼玉県の秩父などでも
食べられているみたい。
呼び名もいろいろあって、小豆ほうとうと言うところもあるそうです。
また、信州ではこれにかぼちゃを入れることもあるようですね。
この界隈でも食べられているようで、JA佐久浅間のホームページに
レシピが掲載されていました

汁粉が苦手な方は、少し牛乳を足すと、
味がマイルドになります。
さらに、カロリー度外視となりますが、
これに生クリームを入れても洋風の味に変わって旨いんです。

ちなみに、ほうとう用の麺でないとだめですよ。
普通のうどんは塩が入っているので。

今回は、先日のバーベキューで
ホットサンド用に使ったあんこが残っていたので
これで作ってもらったのですが、
どうしてもあんこが残るので、次回はまた
この手で行きたいと思います。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

念願の戸隠神社・奥社へ参拝

現金なもので、夏休みがほぼ終わる頃になってから
晴れるんですよね。今日は朝から久方ぶりの良い天気。
最もこんな日に限っていろいろ予定を入れてしまったので、
せっかくの晴れの日をあまり有効には使えなかったのですが。

本来だったら、すっきり晴れてほしかったのが、8月15日。
この日は、夕方既にご紹介した善光寺のお盆縁日に行く予定だったのですが、
せっかく長野まで行くので、戸隠にも行こうと計画していたのです。
しかし、戸隠・鬼無里は先週末大雨が降って、
被害も出ていました。
とにかく天気が心配だったのですが、
最も楽観的な天気予報だった、Yahoo天気を信じて、
思い切って戸隠まで行ってみました。

果たして、戸隠は雲は厚いものの、
雨は降っていない!
まずは戸隠神社の霊力のおかげでしょうか。
雨が降ってくる前に、まずは1番大変そうな所から行ってみようと、
奥社に向かいました。

20170815-1.jpg

この奥社、私に取ってはなかなかご縁がない場所で、
過去数回来たときは、すべて怪我をしている状態。
参道をまともに歩くことが出来ず、
いつも中間部にある随神門のところで引き返してきていました。
五体満足の状態で参拝できたのは、今回が初めてです。
なので、意気揚々と全長2キロの参道を歩き始めました。

しかし、お盆休みの真っ只中ということもあってか、
奥社のそれほど広くはない参道は、もの凄い参拝客。

20170815-2.jpg

遙か彼方まで、人の波が続いています。

平坦に見えていて、少しずつ上っている道を1km歩くと、
中間地点の随神門に到着します。

20170815-3.jpg

この門から先は、私に取って未知の世界。
いつもなんとかここまで歩いてきて、
怪我のため断念して引き返していたのでした。

いよいよ、念願の門をくぐって、一歩を踏み出します。

20170815-4.jpg

その先は、数年前のJRの大人の休日倶楽部のコマーシャルで、
吉永小百合さんが訪れたことで一躍有名になった
荘厳な杉並木が続きます。

20170815-5.jpg

思い出しました。ここまでは来ていました。
今回は、まだまだ遙か彼方まで続く人の波について、
先を目指します。

随神門をくぐると、まっすぐだった道が少し右手の方に曲がり始めます。
そして、今まではほぼフラットに感じていたのが、
少し斜度を感じるようになりました。
そして、途中からは滑り止めの付いた舗装もされていて、
斜度がだんだん大きくなっていきます。
ただ、息を切らして登るほどではありません。

20170815-6.jpg

こんな道をしばらく進むと、いよいよ目の前に階段が。
おそらくは、たいした距離ではないのですが、
そこそこ長い階段が、続いています。
ただ、しばらく登ると、下の写真のように、建物が見えてきて、
もうしばらくかなと感じられるようになるので、
ここも思っていたよりはきつくなかったです。

20170815-7.jpg

我が家は既に一度参拝しているうちの奥さんの助言に従い
トレッキングポールを持参したのですが、
やはりあるのと無いのではおおちがい。
非常に楽に上り下りできました。

一方、参拝客の中には、驚くことにヒールにロングスカートを履いた女性も。
その格好では厳しいよなあ。なんとか上がってきたみたいですが、
よく上がってこられたと思います。

さて、思っていたよりは苦しくなく登ってこられたのですが、
のぼり終わったら、めまいがしました。
いや、苦しかったからではなくて、こんな光景を見たからです。

20170815-9.jpg

なんと、奥社に参拝する人が列を作って並んでいます。
考えてみたら、そりゃ無理もないですよね、凄い参拝客の数でしたから。
ちなみに、左手に奥社と逆向きに並んでいる人が
何名か写っていますが、これは社務所に御朱印やおみくじをお願いするために
並んでいる列となります。ひょえ~です。

せっかくここまで来たので、我が家も並んで参拝します。

20170815-10.jpg

奥社の社殿は、コンクリート造りで意外と近代的。
「戸隠」の由来となった、天岩戸伝説を彷彿とさせる
岩窟を利用した社殿だそうです。

20170815-11.jpg

紆余曲折あって、念願叶っての参拝なので、
心を込めてお参りしてきました。

奥社の狭い敷地の中には、もう一つお社が。
それが、戸隠五社の一つ、九頭龍社です。
こちらは、ちょうど例祭の真っ最中でした。

20170815-8.jpg

神職の方はもちろんですが、氏子の皆さんも
背広を着た正装で、ここまで上がってこられたのですね。
ハイヒールを履いた方にも驚きましたが、
氏子の方にも驚きました。

さて、参拝が終わったので、再び参拝の列とは逆向きの列に並んで
御朱印をいただきます。
途中、ぽつぽつと雨が降り始めたのでちょっと肝を冷やしましたが、
幸いそれ以上強くなることはありませんでした。
これも戸隠神社の御神徳のおかげでしょうか。

しかし、御朱印をいただくために並んでいる場所から見ると、
奥社参拝に並ぶ人が、凄いことになっています。

20170815-12.jpg

結局、参拝と御朱印をいただくために、1時間ほど奥社の敷地内にいたでしょうか。
その間、雨に降られなくて本当に良かったです。

そうして、ようやくいただいた御朱印がこちら。
上が戸隠神社奥社で、下が九頭龍社。

20170815-29.jpg
20170815-28.jpg

どちらも力強い、御朱印です。

帰りも雨に降られることもなく、無事に帰ってきました。
駐車場の係りの方に、「何もこんな日にお参りに来なんでもいいだに」と言われましたが、
思い切って奥社までお参りして良かったです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐり-4 三河国一宮・砥鹿神社

さて、念願の岡崎の大樹寺に詣でたあと、
再び岡崎インターから東名高速に乗って、さらに東に向かいます。
次に詣でるのは、三河国一宮砥鹿神社
愛知県の東端、豊川市にある神社です。

20170812-22.jpg

豊川インターの近くにある社叢はなかなか広大。
そして深い森に覆われているのは、古社ならではです。
創建は何と大宝律令が発布された701~704年の大宝年間とのことなので、
飛鳥時代に遡ります。

ところが、そんな古社ながらご社紋が非常に現代的。

20170812-26.jpg

亀甲の中に、砥鹿神社の「ト」とも、占いの「卜」とも読める
マークです。いつ頃から使われているものか、調べたのですが、
よくわかりませんでした。おそらくは古くからのものだと思うので、
だとすると、非常に先進的なデザイン力だと思います。

社殿も非常に広壮。

20170812-24.jpg

拝殿の前に、新車のお祓いらしく、車が停まっていましたが、
さすがはトヨタのお膝元、かなり何台も駐められるようでしたので、
きっと頻繁にお祓いが行われているのでしょう。

拝殿内の御簾にも、すべて特徴的なご社紋が描かれていました。

20170812-25.jpg

社殿の中なので、拡大しての撮影は控えましたが、
なかなか壮観でしたよ。

最後に御朱印をいただきます。

20170819-1.jpg

この日は格式を誇る熱田神宮、
そして美濃国一宮の南宮大社と参拝して、大樹寺をいれて
4カ所目の参拝となりましたが、
この日いただいた神社はいずれも典雅な御朱印だったのに比べると、
とても力強い御朱印です。
ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、つまり大国主命とか。
日本の国を鎮め、国造りの基本を築いたと尊崇を集める
神様ですので、そんなことも、影響しているのでしょうか?


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

タイミング良く、入笠山に行って来た

普段はあまりテレビを見ないのですが、
たまたまテレビをつけたら、SBCのぴったんこカンカンで
入笠山をやっているじゃないですか。
偶然なことに、昨日行って来たのです!
まだ夏休み中、ご紹介し切れていないことがあるのですが、
せっかくなので、こちらを先に紹介します。

先月末、諏訪に鰻を食べに行った帰り、思い立って
富士見パノラマスキー場に行き、そこのゴンドラで
入笠山の山頂近くにある山野草園を見に行ったのは、
既にご紹介しましたが、
8月に入ると、さらに様々な花が咲きそうだったので、
夏休み中に是非見に行こうと言っていたのです。

しかし、ご承知の通り連日の雨。
これは無理かなと思っていたのですが、
たまたま昨日だけは晴れの予報。
行くならこの日しかないと言うことで、
急遽向かうことにしたのです。

軽井沢を出たときには厚い雲に覆われていましたが、
御代田、佐久と行くにつれて空には久し振りの青空が。
これはいいぞと、一路国道141号を南下して、
小淵沢から富士見町に抜けます。
清里あたりは標高が高いせいか、少し雲に覆われていたのですが、
小淵沢を過ぎるあたりから、再び雲間には青空が。
そして、富士見パノラマスキー場のベースに到着したときには
幸いなことに晴れ間がのぞいていました。
早速ゴンドラで山頂に向かいます。

20170817-3.jpg

ところが、山頂に着いたら・・・・

20170817-17.jpg

幻想的な霧に。
しかし、花を見るには、むしろ雰囲気があって良かったみたいです。

20170817-4.jpg

前回行ったときは遮るものがない尾根の上で、
結構直射日光がきつかったのですが、
この日はゆっくりと花を楽しめました。

まずは、上の写真にも写っていますが、
ヤマユリが満開。

20170817-22.jpg

我が家は8月上旬に咲いていたのですが、
ここ入笠山は山頂が約2000メートルで、
この山野草園がある、富士見パノラマスキー場トップは
およそ1700メートル。やはり軽井沢よりは咲き始めが遅いみたいですね。
まだまだたくさんつぼみがありました。

霧の中でも、ひときわ鮮やかに咲いているのが
真っ赤なシモツケ。

20170817-5.jpg

逆に、霧の中で渋く咲いているのがエゾリンドウ。

20170817-7.jpg

これは山野草園の至る所に咲いていて、非常に幻想的でした。

今回最も見たかったのが、マツムシソウ。
これは、あちこちに群落がありました。

20170817-8.jpg
20170817-14.jpg
20170817-15.jpg

上の写真にも、一つ写っていますが、
ユウスゲも大群落。これは、見応えがありました。

20170817-9.jpg

ところで、我が家の木々も、少し色づいてきたのがあるのですが、
今年は天気がおかしいせいか、木々もとち狂ってしまったのでしょうか。
ナナカマドがほのかに色づいていました。

20170817-6.jpg

昨年も天候不順で木々の色づきが不安でしたが、
一気に冷え込んだおかげか、意外に綺麗に色づきました。
今年もそうなれば良いのですが、ちょっと不安です。

さて、もう一つ大群落で咲いていたのがフシグロセンノウ。

20170817-11.jpg
20170817-16.jpg

霧の中でも、ひときわ鮮やかです。
もう一つ鮮やかだったのが、コオニユリ。

20170817-12.jpg

我が家も現在満開ですが、
レンゲショウマもちょうど開花し始めたところ。

20170817-20.jpg
20170817-21.jpg

そうこうして、山野草園を巡っているうちに、
ついに霧が晴れてきました!

20170817-18.jpg

と思ったのもつかのま、すぐにまた霧の中に。
残念ながら、この日も八ヶ岳の勇姿は見ることが出来ませんでした。

最後にどうしても花の名前が分からなかったのがこの花。
一体、何でしょう、これ?

20170817-19.jpg

しかし、前回行った際に8月中旬が見ごろだよとは聞いていましたが、
こんなに沢山の花の種類があるとは思いませんでした。
山野草好きな方はたまらないと思いますよ。

涼しい雲上の、いや、この日は雲中の山野草園だとは言え、
やはり歩き回ると、少し汗ばむ感じに。
正面の八ヶ岳の大パノラマを想像しながら、
名物の赤いルバーブソフトクリームをいただいてきました。

20170817-23.jpg

やはり、個人的にはミックスではない方が、好みの味です。
甘酸っぱくて、さっぱりといただいてきました。

しかし、すっきり晴れなかったのはやはり残念。
この夏、もう一回ぐらい行かれると良いのですが、
この週末は天気が悪く、無理そうです。
今年はもう、ダメかな?
ここも来年に期待しましょう。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR