花見のあとは、久し振りにまえばし駅前天然温泉「ゆ~ゆ」へ

せっかく前橋まで行ったので、花見のあとはこちらです。

20170412-2.jpg

我が家の御用達、まえばし駅前天然温泉「ゆ~ゆ」です。

最近は、高崎の湯都里へもよく行くので、
前よりは頻度が減ってしまいましたが、
やはりここは良い湯。
濃厚な塩化物泉が、どばどばとかけ流される内湯は、
とても県庁所在地の駅前にある温泉施設とは思えません。
ほのかなタール臭がする褐色の湯は、
効果抜群。
今年は毎週末ほぼ滑りに行っていたので、
ずっと筋肉痛が続いていたのですが、
おかげでだいぶ楽になりました。

これから初夏にかけて、我が家の二台ある車が
続々と定期点検の時期を迎えるので、
高崎にあるディーラーさんに行く機会が多くなりそう。
ゆ~ゆに行く頻度も、しばらく多くなりそうです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

志賀高原帰りのお楽しみ、最後はおぶせ温泉「穴観音の湯」

今年のスキーシーズンは軽井沢で滑ることが多かったので、
滑ったあとの風呂もこの近辺。
シーズン終盤に、ようやく志賀高原に行ったのですから、
これで小諸のあぐりの湯なんかに行ったら、
面白くありません。

というわけで、丸長で空腹を満たしたあと・・・
というより、ちょっと食い過ぎて腹パンパンになったあと、
少し腹ごなしをして向かったのは
おぶせ温泉「穴観音の湯」です。

20170406-1.jpg

何度もご紹介していますが、
ここおぶせ温泉はこの穴観音の湯と、あけびの湯が軒を連ねて並んでいます。
両方とも、雁田山の傾斜地に立っているので、
駐車場からはエレベーターで上がるという、ちょっと変わった温泉。

20170406-3.jpg

上の写真は穴観音の湯のエレベータータワーですが、
奥に見える、3階建ての建物はあけびの湯。
こちらも写っていませんが、このようなエレベーターで上っていきます。

浴槽があるのは傾斜地。
なので、そこからは北信五岳がのぞめる、
見晴らしの良い温泉でもあります。
山頂が雲に覆われていますが、
右手が妙高、左手が黒姫ですね。

20170406-2.jpg

その絶景を眺めながら入る温泉の泉質は硫黄泉
別所温泉や、戸倉上山田温泉なども硫黄泉ですが、
ここおぶせ温泉の硫黄成分は、非常に濃厚な感じ。
この界隈、というより日本を代表する硫黄泉
草津と万座ですが、最近少し硫黄臭があまりしないように感じます。
それに比べると、ここおぶせ温泉の硫黄臭はかなり強く、
内湯の白濁した湯などに浸かっていると、
「温泉に入っている~」という感じを、非常に強く受けます。

内湯は特に熱めで、我が家好み。
久し振りでしたが、本当に良い湯でした。
その日着ていたシャツが、洗濯してもまだ硫黄の香りがするのが、
ちょっとあれではありますが。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

冬は塩辛い温泉で温まる-3 東御・ゆうふるtanaka

そういえば、塩辛い温泉シリーズを2回まで書いて、
3回目を書くのを忘れていました。
3回目に登場するのは、先日湯の丸スキー場に行った帰りに寄った、
東御市の田中駅前にある天然温泉、
ゆうふるtanakaです。

20170312-22.jpg

前も書いたかも知れませんが、
「田中」は、「た」にアクセントが付きます。
普通は「たなか」とフラットに読みますね。
関西ならば「な」にアクセントが付きます。
ここ、東御の玄関口「田中」は「た」なかです。

あまり印象がない信州弁ですが、
固有名詞の読み方のアクセントが違うというのは結構あって、
有名処では、軽井沢の地元読みアクセントはフラット。
しかも、「かるいさわ」と「ざ」が濁らなかったりします。
このフラットというのは結構あって、
「ながのけん」もフラット発音。

そして、逆に頭アクセントになるのが
大町、飯山、茅野など。
いずれも標準語的に読むとフラットに発音しますね。
「ちの」はカードゲームのウノと同じ発音になります。

話が脱線しましたが、
その「た」なかの駅前にあるゆうふるtanakaの温泉も、
かなり塩辛い温泉。
見た目普通のさら湯のようですが、
非常に良く温まる湯です。
スキー上がりの筋肉のメンテナンスにはもってこいの温泉です。

今年の滑り納めは湯の丸の予定なので、
帰りはまたゆうふるtanakaになりそうです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

別所温泉「あいそめの湯」

このところ塩辛い温泉ばかり行っていたので、
たまには違う泉質の温泉にいってみようと、
所要で上田に行った帰りに、
室賀温泉「ささらの湯」に向かいました。

あれ、タイトルと違うじゃないの思った方は、
まだ続きがあるので、あせらず読んでくださいね。
昨年の大河ドラマ「真田丸」で一躍有名になった
室賀氏の本拠地にあるささらの湯は、
我が家でも、リピート率が高い温泉。
ほのかに硫黄が香り、
アルカリ成分が高く、肌がツルツルになるささらの湯。
泉温も浴槽によって分かれる、
至れり尽くせりな温泉なのです。

そんな湯に訪れるのは、ちょっと久しぶりで、
今年初めて。
道中、ワクワクしながら向かったのですが、
近づくにつれて、何かがおかしい。
普段も暗い、山里にあるのですが、
近づくにつれて見えるはずの灯りが見えません。

さては道をまちがえたかと、車を止めて確認したのですが、
あってます。ヘッドライトの先に看板が見えます。
嫌な予感がして、さらに近づくと、
目が点になりました。

なんと、改修工事で休み。
あ~あ、せっかく来たのに。
ちゃんと調べて来れば良かったです。

ということで、目的地変更で別所温泉へ。
目指すはあいそめの湯です。
こちらも恐る恐る近づきましたが、
賑々しく営業中でした。



こちらのあいそめの湯も、実に久しぶり。



前回は、露天の壷湯が工事中だったので、
相当前だと思います。
この、真田六文銭があしらわれた壷湯は
源泉がそのまま注がれているようで、
ちょっと熱めな、私好みの湯。

久しぶりに熱めの湯に入れて、
大満足でした。

眼下には、上田の夜景。



それを見ながらの露天は最高です。
今年は、ここもローテーション入り決定です。

そうそう、ささらの湯、この間の3連休から復活したようですよ。
こちらも行かなきゃ。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

冬は塩辛い温泉で温まる-2 佐久・布施温泉

塩辛い湯の第2弾は、佐久布施温泉です。
ここも、みはらしの湯が出来て以来、すっかりご無沙汰でしたが
我が家の温泉ローテーション入りしている温泉の一つです。

20170310-1.jpg

この布施温泉、東向きの傾斜地に立っているのですが、
風呂からは眺めが良いものの、
入り口は西側の傾斜地側にあるため、
そちらから写真を撮ると、なんだか今ひとつぱっとしません。

20170310-2.jpg

これでは大きさ感覚が全く分からないと思いますが、
なかなか大きな建物で、館内も広々しています。

内湯と露天風呂のシンプルな構成。
でもそこに注がれた湯が、塩辛いのです。
いわゆる塩化物泉。
とても塩辛い、一萬里温泉ほどではありませんが、
ここ布施温泉もかなりの塩辛さです。

その塩辛い湯に、しばらく浸かっていると、足先からじんわりと温まり、
やがて額から汗が噴き出します。
この日は少し温めの湯でしたが、塩分が濃いせいか
温まり方は、熱めの湯の場合と変わりありません。
汗が停まらなくなったら、クールダウンを兼ねて、露天風呂へ。
里山の風が、寒くはなく心地よく感じます。

もちろん、スキー上がりの筋肉リカバリーには最高の泉質。
おかげで、ここしばらくは筋肉痛知らずです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR