ツツジが見事な東国花の百ヵ寺・塩船観音寺@青梅

以前、軽井沢から碓氷峠を下りて、
今は安中市となった旧松井田町にある金剛寺
東国花の百ヵ寺だとご紹介しましたが、
この東国花の百ヵ寺は、一体どんな寺があるのだろうと調べていて、
一つずっと気になっていた寺があったので、この週末行ってみました。

どこかというと、東京・青梅にある塩船観音寺という寺です。
軽井沢からは上信越道で藤岡まで行き、そこから関越道で鶴ヶ島、
さらにそこから圏央道に入って青梅、というルートなのですが、
渋滞や、途中朝食を摂ることもかんがえて、
朝7時に我が家を出発しました。
途中、横川サービスエリアで舞茸天ぷらそばを食べて、
再び高速で青梅へ。
そして、青梅インターにさしかかったところで見た車の時計は、
何と8時45分。え、何かの間違い?
と思ってしまったくらい、早い時間です。
横川サービスエリアを出たのが7時50分ぐらい。
そこから1時間足らずで到着したことになります。
え~と、高速はさすがに制限速度+αで走っていますが、
まさか、アウトバーンのような超高速で走ったわけではありません。
多摩地区から軽井沢って、意外に近いので、びっくりしてしまいました。

塩船観音寺は、その青梅インターから車で10分ぐらいの所にあります。

20180421-1.jpg

国宝、塩船観音と石柱が立つ茅葺きの山門はなかなか風情があります。
その山門をくぐり、南無千手観世音菩薩と書かれたのぼりが立つ参道を進みます。

程なく、参道脇に小さなお堂が。

20180421-4.jpg

そのお堂の前には、ぼけ封じ薬師如来とのぼりが立っています。
お堂前には、適齢期の皆さまが列を作って参拝していたので、
我が家も少し早めではありましたが、御祈願して参りました。

さらに参道を進み、階段を上ります。

20180421-3.jpg

階段を上ると、これまたかやぶき屋根の鄙びた本堂がありました。

20180421-2.jpg

本堂内には、確かに千手観音が祀られています。
お賽銭あげて、ここでもお祈りです。

本堂前に、御朱印所がありましたので、御朱印をお願いしました。
なかなか達筆な御朱印です。

20180421-17.jpg

で、ここからが本題です。
何も軽井沢くんだりから、わざわざ朝早くおきて、この鄙びた寺に参拝したわけではないのです。
この本堂脇をさらに進むと、息をのむような光景が!

20180421-5.jpg

そうなんです、この塩船観音寺ツツジの寺として、
東国花の百ヵ寺に選ばれていたのでした。
さらにスロープを下りて、護摩堂の前に立つと、もう圧巻の光景。

20180421-6.jpg

護摩堂はすり鉢状の里山のそこの部分にあり、そのまわりの緩やかな斜面
すべてにこれでもかとツツジが植えられているのです。
これは見事。東京でツツジの名所と言われる根津神社より
こちらの方が見応えがあります。

周囲の斜面にはツツジの合間に遊歩道が作られ、
斜面を散策することが出来ます。
上から見下ろしたら、さぞ綺麗だろうと思って登って見つけた絶景がこちら。

20180421-7.jpg
20180421-9.jpg

淡い色の桜も美しいのですが、ツツジは極彩色の美しさ。
そのポップな色使いは、パントーンの色見本をぶちまけたようです。
この賑やかな景色に負けないよう、護摩堂前に掲げられたのぼりも
非常にカラフルです。

20180421-8.jpg

さて、境内の最も高い場所には巨大な観音様が。

20180421-10.jpg

頑張ってそこまで登って、下を見下ろしてみると、
これまた絶景。

20180421-11.jpg

あまりに綺麗なので、久し振りにワイド写真でも撮ってみました。
クリックすると、大きくなります。

20180421-12.jpg

こんな綺麗なら、一眼を持ってくるべきでした。
しかし、どこを撮っても絶景。この日はメモリの残量が少なくて
少しセーブしながら撮ったのですが、もの凄い枚数を撮影してしまいました。
保存用のHDにコピーしておかなきゃ。

20180421-13.jpg
20180421-14.jpg
20180421-15.jpg
20180421-16.jpg

ちなみにこの塩船観音寺ツツジ、いつもの見ごろは
ゴールデンウィーク中だそうですが、御多分に漏れず開花は1週間から10日ほど早めだそう。
明日から一週間は天気も曇りがちの予報とか。
なのでこの週末、思い切って早起きして見に行って本当によかったです。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

カタクリが咲き乱れる立科・津金寺

昨日ご紹介した、十福の湯に行ったのは4月8日。
もう10日前の話となります。この後、上田城跡公園と
小諸の懐古園に花見に立ち寄るという、
この日は花見フルコースとなるわけですが、どちらも既に桜は散っています。
そんな話題を時系列で書いていると、
肝心な先週末の話が先送りになってしまうので、
先にこの週末のお出かけにも役立つかも知れない話題から、先に書いてしまいますね。

先日の日曜日、15日は朝から雨模様の軽井沢
でも、既に桜前線は軽井沢にも到達していて、
御代田の雪窓公園や、長野牧場の花見がギリギリ間に合うかどうかと言う状況。
午後からは晴れる、との予報だったので、え~いとでかけてみました。

軽井沢からは、御代田の真楽寺、雪窓公園、長野牧場と見て回ったのですが、
続いて向かったのはこちらです。

20180417-1.jpg

中山道を諏訪方面に向かってしばらく行った、立科町の
笠取峠の手前にある古刹、慧日山津金寺です。
702年に僧行基が開創したという現在は天台宗の寺院。
学僧を養成する学問の拠点で、信濃の談義所と呼ばれているそうです。
想像以上に格式の高そうな寺院でした。

20180417-2.jpg

この寺のもう一つの特徴が、カタクリと野草の寺だと言うこと。
上の写真の本堂の裏手、並びに右手に続く里山に
カタクリや野草が自生する自然探索園があるのです。
ちょうど、カタクリが見ごろだというので、行ってみたというわけです。

本堂の右手は、文字通り里山の風情。

20180417-3.jpg

その山裾に、様々な野草が自生し、この日もいくつか花をつけていました。
まずこちらはヤマエンゴサク。

20180417-5.jpg

薄紫色の、可憐な花が咲いています。

20180417-4.jpg

こちらは雨のあとで花を閉じてしまっていますが、
アズマイチゲ。

20180417-6.jpg

山野草好きな私の奥さんが好きな花らしく、
群生しているのを見て大興奮でした。

そしてこの寺の名物、カタクリです。

20180417-7.jpg

我が家の庭にも一輪咲いているのですが、
ここは群生。

20180417-8.jpg

さすが、カタクリが自生する寺として有名なだけあるなぁと感心していたら、
こんなもんではありませんでした。
こちらをご覧ください。

20180417-11.jpg

息をのむほどの、斜面に群生する一面のカタクリ

20180417-9.jpg

こんな光景、見たことがありません。

20180417-10.jpg

本当にびっくりしました。
さすがは信州の中でも指折りのカタクリの里として知られるだけのことはあります。

本堂の裏手は、ちょっとした登山の様相。

20180417-12.jpg

ここにはシロバナエンレイソウが群生していました。

20180417-13.jpg

その相間に、カタクリも咲いていましたが、
こちらの方が咲いたのが早かったのか、ほとんど終わっていました。
あとは二輪草が見ごろです。

20180417-14.jpg

山手には、鎌倉時代にこの寺を庇護した滋野一族の宝塔3基や、
五輪塔や九重層塔・宝筐印塔などの石塔が林立しており、
古くから地元で深く信仰されていたことがうかがえます。

最後に書き置きですが、御朱印をいただけました。

20180417-15.jpg

この、津金寺があるのは笠取峠手前のローソンがある交差点を東御方面に向かい、
中山道から少し入ったところ。
この近くの中山道は、何度となく通っており、
この寺の存在も知っては居たのですが、
まさかこんな交通量の多い国道からすぐの場所に、
自然豊かで、古い歴史を持つ寺があるとは思ってもみませんでした。

カタクリは、まだ咲ききっていないものがあったので、
今度の土曜日ぐらいまでならまだ間に合うかも知れません。
天気も良さそうなので、お時間がある方は是非。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

象山神社と佐久間家菩提寺の蓮乗寺

川中島の八幡原史跡公園から、再び川中島を渡り松代に戻ります。
続いて向かったのはこちらです。

20180414-0.jpg

先ほど八幡原史跡公園で仰ぎ見た、信州の生んだ偉人
佐久間象山を祀る象山神社です。
神社の鳥居前には、馬に乗った象山像。

20180414-1.jpg

ちなみに言うまでもありませんが、ここ信州では「ぞうざん」と読みます。
長野県歌・信濃の国に登場するのも「ぞうざんさくませんせい」。
私も信州暮らし十年目で、ようやくこの読み方に慣れました。

さて、その象山神社ですが、さすがは幕末を代表する偉人を祀る
神社だけあって、非常に良く手入れが行き届いた社叢です。

20180414-2.jpg

本数はそれほど多くはなかったですが、見事な桜が満開でした。

20180414-4.jpg

早速本殿で参拝。

20180414-3.jpg

最後に御朱印をいただきます。

20180413-12.jpg

ちなみに観光地でもある松代は、案内看板などがよく整備されていますが、
この象山神社だけはその手前にある象山記念館の案内看板が出ています。
で、うちのカーナビのせいかもしれませんが、この象山神社を選んで入れたら
もの凄く細い道を選んで、往生しました。
車で行く場合には、象山記念館を目指して行かれると、
わかりやすいと思いますよ。

続いて訪れたのは、その佐久間家の菩提寺・蓮乗寺。
信州には珍しい、日蓮宗の寺院で、我が家は日蓮宗なので
1度詣でたいと思っていました。

20180414-7.jpg

松代はじめ、北信の寺院に多い、反っくり返った急勾配の屋根に
真田家の六文銭の門と、日蓮宗の宗紋が付いています。

20180414-8.jpg

本堂前には、佐久間象山の墓所がありますので、
手を合わせてきました。

20180414-5.jpg
20180414-6.jpg

最後に、庫裡で御首題をお願いしてみました。
日蓮宗の寺院は観光寺院でないところが多く、
御首題をお願いする場合には、結構ドキドキしながらお願いするのですが、
この日はまだお若いお上人様に見事な御首題をいただくことが出来ました。

20180414-9.jpg

おまけに、この日は花祭り、灌仏会の日。
午前中は、本堂で灌仏会の法要をされていたのか
まだその用意があるからと、わざわざ本堂に案内して頂き、
お釈迦様に甘茶をかけさせて頂きました。
どうもありがとうございました。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

川中島の典厩寺と八幡原史跡公園

松代城の次に向かったのは、千曲川を渡った反対側にある典厩寺。

20180413-0.jpg

この一帯は、川中島の古戦場エリアとなります。
川中島と言えば、甲斐の武田信玄と、越後の上杉謙信が相まみえた地。
前の日に高田の夜を見に行きがてら、春日山神社に詣でたあとだったので
この日は上杉家足跡めぐり2日目、となってしまいました。

しかし上の典厩寺の山門には、武田家の家紋武田菱が付いているのに
お気づきですか?

そうなんです、この典厩寺は武田信玄の弟で
川中島の戦いで討ち死にした武田典厩信繁の菩提を弔うために、
松代藩主となった真田信之が建立したという寺院。
武田二十四将の一人でもある武田信繁は、
勇猛果敢で徳のある名将として、多くの武将から慕われており、
かの真田幸村の本名、真田信繁はその名にあやかってつけられたものと言われています。
そんなゆかりからか、
本堂には武田軍の風林火山の旗指物と、上杉軍の毘の旗指物が左右に並べて
掲げられています。

20180413-2.jpg

境内には大きなしだれがあり、それは見事だったと思いますが、
残念ながら早くも葉になってしまっていました。

また、境内の片隅には武田信繁の墓と、首級を清めたと伝えられる井戸のあとも。

20180413-1.jpg

さらに、川中島の戦い300年を記念して建てられたという
巨大な閻魔様を祀る閻魔堂もありました。

20180413-3.jpg

せっかくなので、御朱印を。

20180413-11.jpg

典厩寺をあとに、続いて向かったのは川中島の合戦
武田信玄が本陣を構えたと言われる八幡原史跡公園の八幡社に。

20180413-4.jpg

ここにも両軍の旗指物が建てられています。
そして、境内には有名な上杉謙信武田信玄の本陣に切り込み、
武田信玄が軍配でその猛攻を防いだという逸話にちなんだ銅像も。

20180413-5.jpg

ちなみに我が家のゆかりは山梨県。
子どもの頃から、勇猛な武将イコール武田信玄とすり込まれているので、
こういう像を見ると、もちろん武田信玄に肩入れしてしまいます。
前の日に訪れた春日山神社も、なんだか敵陣に乗り込んだ気分で
ちょっとドキドキしながら参拝していました。

その銅像を横目に、拝殿で参拝。

20180413-6.jpg

最後に社務所で御朱印をいただきました。

20180413-13.jpg

八幡宮の「八」の字が、善光寺の鳩字っぽい、非常に達筆な御朱印です。

そのあと、八幡原史跡公園を散策してみたのですが、
ここは何度も車で脇を通りながら、車を降りて寄ってみたのは初めて。
非常に広くて気持ちのよい公園なのですね。
とても450年も前に、凄惨な合戦が繰り広げられた場とは思えません。

20180413-8.jpg

園内には、小川や池もあり、も見事。
この日は駐車場がもの凄く混んでいたので、何か催しがあるのかなと思っていましたが、
こんなの名所だったとは知りませんでした。

20180413-7.jpg
20180413-9.jpg

また、園内には松代が生んだ幕末の思想家、佐久間象山の銅像も。

20180413-10.jpg

さすがは地元・松代ならではですが、これもこんな所に像があるのを知りませんでした。
10年も信州に住んでいますが、まだまだ知らないことがたくさんありますね。
思いもかけず、よい花見と歴史散歩が出来ました。
さあ、軽井沢へ帰りますが、この日の寄り道、まだまだ続きます。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越後国一宮・居多神社と上杉謙信の足跡を歩く

さて、上越妙高に到着したのは1時過ぎ。
志賀高原で滑り終えて、出かけたのは11時半頃でしたが、
飯山から何しろ新幹線で10分ですから、想像以上に近いのです。

で、その上越妙高駅を下りると、駅前広場に建つのが
こちらの銅像。

20180410-16.jpg

越後の名将、上杉謙信像です。
上越高田は、上杉謙信の本拠地、春日山城があるのです。
そもそも、ここへ来た理由は「あれ」なのですが、
1時過ぎだとそちらに繰り出すにはちと早い。
というわけで、まずは上杉謙信の足跡めぐりと相成りました。

まずは向かったのはこちら。

20180410-1.jpg

越後国一宮の居多神社です。
上杉謙信とどう関係があるか・・・というと・・・なのですが、
長野県と境を接する十カ国の一宮めぐりの一環。
越後国には、一宮が2つあり、その一つが居多神社なのです。
ちなみにもう一つは弥彦神社です。

この居多神社は一宮ではあるのですが、割とこぢんまりした、まだ新しいお社。

20180410-2.jpg

でも、この居多神社は浄土真宗の開祖、親鸞聖人が越後に流罪となった際、
この近くの居多が浜に上陸し、まず詣でたのがこの居多神社だったといわれる
一宮らしい由緒ある神社。
境内には、その故事にちなんでか、神社ですが親鸞聖人像があります。

20180410-3.jpg

そもそも、ここは越後国府が置かれた地。近くには国分寺もあったので、
古くから越後の玄関口となった場所だったのでしょうね。

神社の向かい側は、ちょうど桜が満開でした。

20180410-4.jpg

最後に御朱印を。ここは直書きと書き置きの2種類がありますが、
どちらも非常に味のある、特徴的な御朱印です。

20180410-18.jpg
20180410-21.jpg

続いて向かったのは、すぐ近くにあるこちら。

20180410-5.jpg

スキー帰りに上がるには、きわめて負担が大きい長大な階段がある
こちらの神社は、上杉謙信の居城、春日山城址にある春日山神社です。

20180410-6.jpg

もちろん祭神は上杉謙信公です。
息を切らして、正面の階段を上がったのですが、
何のことはない、この鳥居の脇まで車で上がれるようになっていたのでした。
まあ、頑張ったので御利益あるでしょう。

で、ご本殿は直線的な破風を持つ、質実剛健なお社。

20180410-7.jpg

上杉謙信と言えば、「義」を重んじる、まっすぐな武将のイメージ。
建物の直線的な感じが、そんなイメージをあらわしているのかも知れません。

20180410-8.jpg

最後に御朱印を。さすが、「義」と揮毫されています。

20180410-20.jpg

お次は、そこから車ですぐの場所にある上杉家の菩提寺、林泉寺へ。

20180410-10.jpg

立派な総門から、この寺の格式がうかがい知れます。
ちなみに宗派は曹洞宗。
禅寺らしい、居住まいを正したくなるような美しい伽藍です。

20180410-9.jpg

山門に掲げられた山号「春日山」の扁額は、
上杉謙信の書(現在のものはレプリカ)。

20180410-11.jpg

それもそのはずで、長男ではなかった上杉謙信が
幼少の頃預けられ、育てられたのがこの林泉寺だったのです。
宝物殿にはこの扁額の実物を含め、ゆかりの品々が展示されていました。

山門の天井には見事な龍の絵。

20180410-12.jpg

この山門自体は、江戸末期の善光寺地震で倒壊し、
大正時代になってから復原されたものだそうです。
なので、まだまだしっかりした作りなのですね。

この山門の反対側には同じく上杉謙信の書による「第一義」の扁額が掲げられています。

20180410-15.jpg

山門をくぐると、正面が本堂で、右手に宝物殿があります。

20180410-13.jpg

この本堂を背に山門の方を見ると、これまた美しい景色がひろがります。
しばらく見惚れていました。

20180410-14.jpg

御朱印は、宝物殿の受付でいただきました。

20180410-17.jpg

さあ、上杉謙信の足跡めぐりはこのぐらいにして、
あれに向かいますよ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR