高崎・進雄神社で御朱印をいただく

さて、当ブログでも頻繁に登場する群馬県情報ですが、
いつぞやも書いた通り、人口は似たような規模なのに、
信州と上州で大きく異なるのは道路の整備状況。
さすがにここ40年間に4人も総理大臣を出したためか、群馬県の道路は本当に素晴らしい。
国道18号や19号という基幹国道が、
県都長野市や第2の都市松本市、
第3の都市上田市の中心部で二車線の箇所があり、
渋滞が激しい長野県とは大違いです。

前橋と高崎を結ぶ国道17号の高前バイパスなど片側三車線。
我が家のディーラーさんは、このバイパス沿いにあるので、
よく通るのですが、本当に快適な道路です。

そんな群馬県で、またもや素晴らしい道を見つけたのは、
以前ご紹介した於菊稲荷神社に七夕の限定御朱印を頂きに行った時。
帰りにディーラーさんに車を取りに行こうとカーナビに入力したら、
選んだのが国道354号のバイパスでした。
片側二車線の広々とした道路がはるか彼方まで続いています。
あとから調べたら、この道は高崎駅の東口から
太田市まで一直線に続く道。
全通したのはまだ最近なのか、
アスファルトが新しい箇所もありました。

さて、この道沿いに、進雄神社と書かれた
たくさんの案内看板と
大きな鎮守の森が見えてきました。
これは大きな神社に違いないと、
まだ時間に余裕があったので、
立ち寄ってお参りすることにしたのです。

正面まわると、かなり大きな鳥居が。

20171030-6.jpg

その鳥居をくぐると、これまたかなり長い参道です。

20171030-7.jpg

その参道の先には今度は石造りの二の鳥居が。

20171030-8.jpg

この鳥居の先にあるのは、非常に立派な社殿です。

20171030-9.jpg

あまり予備知識なく参拝したので、
いったいどんな神社なのか、御由緒を調べたら、
この進雄神社の創建は平安時代初期の貞観年間。
貞観と言えば、東北太平洋側の巨大地震と
富士山の大噴火が立て続けに発生した時代。
この進雄神社は、そんな天変地異を鎮めようと清和天皇の勅掟により創建されたそうです。
御祭神は速須佐之男命(すさのおのみこと)。
そのほか、明治時代に近隣の神社を合祀したそうで、
合計24もの神様が祀られているそうです。
立ち寄ったのは偶然だったのですが、
創建から1100年以上も経つ、
高崎でも有数の古社だったのでした。

さて、信州の歴史を紐解くと、
やはり、川中島の戦いで雌雄を決した
武田、上杉の勢力争いのあと、
徳川、真田が登場するという流れになりますが、
碓氷峠を下りて上州に入ると、
これに北条が登場します。

この進雄神社も諸将が先勝祈願などに参拝したことを示す書状などが残されているほか、
江戸時代には徳川幕府から
朱印が寄進され、隆盛を誇ったようです。

ちなみに名前の進雄神社は、
「進雄」と書いて、すさのおと読みます。
現在も高崎市民のお宮参りや結婚式、
七五三などで多くの参拝客があるそうで、
社務所も非常に立派でした。

20171030-10.jpg

最後に、その社務所で御朱印を頂きます。

20171030-11.jpg

特徴ある字の、印象的な御朱印です。
群馬県の神社は、なかなか個性的な
御朱印が多い印象。
大きな神社では、赤城神社と榛名神社にまだ詣でていないのですが、
ここも個性的な御朱印との噂。
1月はまたもや車の定期点検のシーズンなので、
その際にでも詣でて見たいと思います。



次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

妻沼聖天で御朱印をいただく

昨日ご紹介した、世良田東照宮の続きです。
車の点検が終わるのにはもう少し時間があったので、
世良田東照宮から利根川を渡って反対側にある、
埼玉県熊谷市に向かいます。
熊谷といっても、目指すは利根川を渡ってすぐの旧妻沼町。
・・・なかなか読みにくい地名ですが、妻の沼と書いて「めぬま」と読みます。
この妻沼にある、妻沼聖天に向かいました。

20171023-13.jpg

妻沼聖天は、正式には妻沼聖天山歓喜院と言い、
1179年、この辺りを本拠とした武将斎藤実盛が建立したという
高野山真言宗の寺院です。
浅草の待乳山聖天、奈良県生駒市の生駒聖天宝山寺と並び
日本三大聖天と言われています。

上の写真の門は、正面の貴惣門と呼ばれる門。
威風堂々とした門は、この寺の格式をあらわしているようです。

20171023-14.jpg

寺域も広大で、この門の向こう側に結構長い参道が続いています。

20171023-15.jpg

こうして近づいて見ると、精緻な彫刻が施された、素晴らしい門。
それもそのはずで、この門は重要文化財に指定されています。
さらに、正面から見ると普通の山門ですが、
横から見ると非常に変わっています。

20171023-16.jpg

上部の破風を持った屋根の下に、
並列に並んだ二つの破風が並んでいるという構造。
こんな形の門は初めて見ました。
そして側面にもびっしりと彫刻が施されていますね。

さてこの貴惣門をくぐり、参道を進みます。

20171023-17.jpg

しばらく進むと、おおっ、ツチノコ発見。

20171023-19.jpg

違いました。参道の真ん中で気もち良さそうに寝る
ねこ様でした。

そして、またまた小さな門が。これは中門と言うそうです。

20171023-18.jpg

その中門をくぐると、さらに正面に門が。

20171023-20.jpg

これは仁王門。これで門は三つ目です。
こんなに大きな寺だとは思っていませんでした。
聖天山の扁額がかかる仁王門の向こうには本堂が見えます。

20171023-21.jpg

この本堂は、平成24年に国宝に指定されました。

20171023-22.jpg

これも先ほどの貴惣門と同様、非常に精緻な彫刻が施されています。

20171023-25.jpg

数年前、修復工事が行われたと言うことで
まだ真新しく見える本堂です。

20171023-24.jpg
20171023-23.jpg

彫刻が精緻なこともあって、埼玉日光とも言われているそうですよ。

本堂は中も拝観できるそうですが、この日は車の点検の合間を見ての
参拝だったので、ちょっと断念しました。
昔から名前は知っていましたが、こんなに大きく、
素晴らしい寺だとは思いませんでした。
次回は是非中を拝観してみたいと思います。

最後に御朱印を。

20171023-26.jpg

ご本尊の大聖歓喜天と書かれた達筆の御朱印です。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

世良田東照宮に詣でる

さて、久し振りに御朱印の話題です。
軽井沢ネタ、尽きました(笑)
御朱印ネタだけは、まだまだ山ほどあって、
何と半年分のネタがたまっています。
所々、小出しにしているのですが、大口がまだまだいろいろたまっているのです。

ということで、今回もえ~と6月かな?
群馬に車の点検で下りた際に、出かけた御朱印めぐりの話題です。
点検のため、朝車を預けて、出来上がるのは夕方というある日、
碓氷峠を上がって軽井沢に戻っても、
またすぐに出かけなければいけないので、
群馬の近場の御朱印をいただけそうな寺社をちょっと巡ってみました。

まず参拝したのがこちらです。

20171023-8.jpg

うっすらと看板が見えますでしょうか?
ここがどこかというと、群馬県太田市にある世良田東照宮です。
ここは、徳川氏発祥の地と言われているのです。

20171023-9.jpg

先日、同じく太田市の太田呑龍・大光院に詣でたのは
既にご紹介しましたが、
この大光院は新田氏の菩提寺。
その新田氏は源氏の嫡流といわれ、
その新田氏を祖として、この世良田の地を領したのが
徳川氏の始祖・徳川義季で、
その徳川氏の祖先を祀る場として、創建されたそうです。

20171023-11.jpg

社殿はこぢんまりとしていますが、
拝殿は日光東照宮の奥社を移築したものだそうで、
重要文化財。

20171023-10.jpg

この拝殿の後ろにある、本殿には左甚五郎の
彫刻などもあるそうです。

さらに、既に参拝した久能山東照宮と、この世良田東照宮、そして日光東照宮は
何とほぼ一直線上に並ぶそうです。
Googleマップで試しに線を引いてみましたが、
確かにほぼまっすぐな感じがします。
一度試してみてください。

これで、日光東照宮久能山東照宮、そしてこの世良田東照宮
さらに前橋東照宮にも参拝しています。
実はこれからおいおいご紹介しますが、上野東照宮と
川越の仙波東照宮も参拝済み。
東照宮と名の付く、めぼしい神社はほぼ参拝しました。
残りはおいおいご紹介しますが、
今年の目標の一つ、めでたく達成です。

最後に御朱印を。

20171023-12.jpg

もちろん、葵のご紋入りです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

信州小布施の御朱印めぐり-2 葛飾北斎肉筆天井画の岩松院へ

しかし、今朝は寒かったですね。
軽井沢の最低気温は氷点下5度。
我が家は朝ばたばたしていて、いつもの外温度計を見ている暇が無かったのですが、
恐らく氷点下10度近くまで下がっていたのではないでしょうか。
明日の雪マークは、朝方だけになり、その後は雨の予報。
でも油断は出来ません。
明日軽井沢にお越しの方は、滑り止めのご準備、忘れずにお越しくださいね。

さて、またまた先日の高山村の続きなのですが、
信州小布施の御朱印めぐり、雁田山の麓の浄光寺に詣でたあとは
すぐ近くの岩松院に向かいました。

20171109-1.jpg

この岩松院が、なんで有名かというと、
本堂天井に描かれた、葛飾北斎の肉筆天井画。
江戸時代末期の、1848年、北斎89歳の時に書かれたという
大作で、八方睨みの鳳凰図とも言われています。
1度見に来たいと思っていたのですが、
ようやく念願が叶いました。

さて、同じ雁田山の麓にあるといっても、
先ほどの浄光寺とは異なり、金剛窟と書かれた扁額がかかる
入り口の仁王門からは
少し階段を上がるだけで、本堂にたどり着きます。

20171109-2.jpg

岩松院は、1472年開山の曹洞宗の寺。
本堂は、如何にも禅宗の寺、という作りです。

20171109-3.jpg

この本堂正面右手で拝観券を購入すると、
本堂内に入れます。
もちろん、天井画の写真を含む堂内は撮影禁止。
古くは、本堂に寝転がって拝観した、ということもあったらしいですが。
現在は絵の真下に椅子が並べられ、そこから見上げる形で
拝観するようになっています。

初めて見ましたが、21畳敷きという鳳凰図は
迫力満点。そして、今から170年近く前に描かれたとは思えない
鮮やかな色彩が残っています。
しばし見とれておりました。

そして、この岩松院はこの北斎肉筆の天井画だけが有名なのではありません。
広島城を勝手に修築したとして改易され、
芸州50万石からこの界隈4万5千石に国替えとなった
戦国武将、福島正則が葬られているのがこの岩松院

本堂裏には、立派な霊廟も残されています。

20171109-4.jpg
20171109-5.jpg

さらに、本堂裏にある小さな池は、小林一茶が
「痩せかえる 負けるな一茶 これにあり」と詠んだ
蛙合戦の舞台となった池。
いろいろとゆかりが多い寺なのです。

最後に御朱印を。

20171109-6.jpg

福島正則公廟所、北斎翁筆大天井鳳凰図、そして左上に蛙の絵が描かれた
可愛らしいしおりと、今回ブログでご紹介したこの寺のゆかりすべてが網羅された
盛りだくさんな御朱印です。

そして、こちらで買い求めたのが、次期寺院用の御朱印帳。

20171109-7.jpg

図柄が、北斎の八方睨みの鳳凰図になっているのです。
そして裏面は蛙。

20171109-8.jpg

現在の善光寺の御朱印帳が一杯になったら
次はこの岩松院の御朱印帳で、廻りたいと思います。

ちなみにこの後同じ雁田山の麓にある
おぶせ温泉で硫黄泉を堪能してきたのですが
帰りに建物の写真を撮ろうとしたら大雨で断念。
でも参拝中に雨に降られなくて、よかったです。
早速の御利益かな?


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

信州小布施の御朱印めぐり-1 スラックラインの寺、雁田薬師浄光寺

先日高山村にりんごの買い出しに行った際、
帰りに懸案だった小布施御朱印めぐりをしてきました。

まず向かったのは、小布施町の東側、雁田山の麓にある古刹、
雁田薬師浄光寺です。

20171108-1.jpg

この看板は、このような山門に掲げられているのですが、
その奥に、ちょっと長い石段が続いています。

20171108-2.jpg

如何にも古刹、といった風情ですね。

ところが、その手前にはこんなのぼりが。

20171108-6.jpg

そうなんです、この浄光寺、話題のスラックラインのメッカとして
近頃県内で話題になっている寺。
9月には、近くの小布施ハイウェイオアシスで、
ワールドカップも開かれていました。

20171108-7.jpg

この日も後ろのビニールハウスの中にある練習コースで、
ちびっ子たちが、華麗な技を磨いていました。

そんな新しい取り組みとは打って変わって、
寺の雰囲気は、古刹そのもの。

上の山門をくぐると、自然石を組み上げた
長い参道が、かなり長く続いています。

20171108-3.jpg

まわりは戸隠ほどではありませんが鬱蒼とした杉並木が続いていて、
パワースポットな趣です。

しばらく登ると、歩きやすい階段に。

20171108-4.jpg

その上にある、茅葺きの素朴なお堂は薬師堂。

20171108-5.jpg

室町時代初期の、1408年に建立されたと言うことで、
既に600年が経つ、古い建物です。
ちなみに重要文化財。
内部には、長野県宝の薬師如来が祀られています。
毎月1日には、護摩行が行われているそうで、
厄除け開運、良縁祈願、そしてがん封じなどの諸祈願で
参拝客が絶えないそうです。
この日も雨の日でしたが、次から次へと参拝客が来ていました。

薬師堂に上がる前に、山門脇の庫裡で御朱印をお願いしておきました。
ゆっくり参拝して下りてくると、出来上がっているという算段です。

20171108-8.jpg

力強い、ご本尊・薬師如来の御朱印です。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR