念願の戸隠神社・奥社へ参拝

現金なもので、夏休みがほぼ終わる頃になってから
晴れるんですよね。今日は朝から久方ぶりの良い天気。
最もこんな日に限っていろいろ予定を入れてしまったので、
せっかくの晴れの日をあまり有効には使えなかったのですが。

本来だったら、すっきり晴れてほしかったのが、8月15日。
この日は、夕方既にご紹介した善光寺のお盆縁日に行く予定だったのですが、
せっかく長野まで行くので、戸隠にも行こうと計画していたのです。
しかし、戸隠・鬼無里は先週末大雨が降って、
被害も出ていました。
とにかく天気が心配だったのですが、
最も楽観的な天気予報だった、Yahoo天気を信じて、
思い切って戸隠まで行ってみました。

果たして、戸隠は雲は厚いものの、
雨は降っていない!
まずは戸隠神社の霊力のおかげでしょうか。
雨が降ってくる前に、まずは1番大変そうな所から行ってみようと、
奥社に向かいました。

20170815-1.jpg

この奥社、私に取ってはなかなかご縁がない場所で、
過去数回来たときは、すべて怪我をしている状態。
参道をまともに歩くことが出来ず、
いつも中間部にある随神門のところで引き返してきていました。
五体満足の状態で参拝できたのは、今回が初めてです。
なので、意気揚々と全長2キロの参道を歩き始めました。

しかし、お盆休みの真っ只中ということもあってか、
奥社のそれほど広くはない参道は、もの凄い参拝客。

20170815-2.jpg

遙か彼方まで、人の波が続いています。

平坦に見えていて、少しずつ上っている道を1km歩くと、
中間地点の随神門に到着します。

20170815-3.jpg

この門から先は、私に取って未知の世界。
いつもなんとかここまで歩いてきて、
怪我のため断念して引き返していたのでした。

いよいよ、念願の門をくぐって、一歩を踏み出します。

20170815-4.jpg

その先は、数年前のJRの大人の休日倶楽部のコマーシャルで、
吉永小百合さんが訪れたことで一躍有名になった
荘厳な杉並木が続きます。

20170815-5.jpg

思い出しました。ここまでは来ていました。
今回は、まだまだ遙か彼方まで続く人の波について、
先を目指します。

随神門をくぐると、まっすぐだった道が少し右手の方に曲がり始めます。
そして、今まではほぼフラットに感じていたのが、
少し斜度を感じるようになりました。
そして、途中からは滑り止めの付いた舗装もされていて、
斜度がだんだん大きくなっていきます。
ただ、息を切らして登るほどではありません。

20170815-6.jpg

こんな道をしばらく進むと、いよいよ目の前に階段が。
おそらくは、たいした距離ではないのですが、
そこそこ長い階段が、続いています。
ただ、しばらく登ると、下の写真のように、建物が見えてきて、
もうしばらくかなと感じられるようになるので、
ここも思っていたよりはきつくなかったです。

20170815-7.jpg

我が家は既に一度参拝しているうちの奥さんの助言に従い
トレッキングポールを持参したのですが、
やはりあるのと無いのではおおちがい。
非常に楽に上り下りできました。

一方、参拝客の中には、驚くことにヒールにロングスカートを履いた女性も。
その格好では厳しいよなあ。なんとか上がってきたみたいですが、
よく上がってこられたと思います。

さて、思っていたよりは苦しくなく登ってこられたのですが、
のぼり終わったら、めまいがしました。
いや、苦しかったからではなくて、こんな光景を見たからです。

20170815-9.jpg

なんと、奥社に参拝する人が列を作って並んでいます。
考えてみたら、そりゃ無理もないですよね、凄い参拝客の数でしたから。
ちなみに、左手に奥社と逆向きに並んでいる人が
何名か写っていますが、これは社務所に御朱印やおみくじをお願いするために
並んでいる列となります。ひょえ~です。

せっかくここまで来たので、我が家も並んで参拝します。

20170815-10.jpg

奥社の社殿は、コンクリート造りで意外と近代的。
「戸隠」の由来となった、天岩戸伝説を彷彿とさせる
岩窟を利用した社殿だそうです。

20170815-11.jpg

紆余曲折あって、念願叶っての参拝なので、
心を込めてお参りしてきました。

奥社の狭い敷地の中には、もう一つお社が。
それが、戸隠五社の一つ、九頭龍社です。
こちらは、ちょうど例祭の真っ最中でした。

20170815-8.jpg

神職の方はもちろんですが、氏子の皆さんも
背広を着た正装で、ここまで上がってこられたのですね。
ハイヒールを履いた方にも驚きましたが、
氏子の方にも驚きました。

さて、参拝が終わったので、再び参拝の列とは逆向きの列に並んで
御朱印をいただきます。
途中、ぽつぽつと雨が降り始めたのでちょっと肝を冷やしましたが、
幸いそれ以上強くなることはありませんでした。
これも戸隠神社の御神徳のおかげでしょうか。

しかし、御朱印をいただくために並んでいる場所から見ると、
奥社参拝に並ぶ人が、凄いことになっています。

20170815-12.jpg

結局、参拝と御朱印をいただくために、1時間ほど奥社の敷地内にいたでしょうか。
その間、雨に降られなくて本当に良かったです。

そうして、ようやくいただいた御朱印がこちら。
上が戸隠神社奥社で、下が九頭龍社。

20170815-29.jpg
20170815-28.jpg

どちらも力強い、御朱印です。

帰りも雨に降られることもなく、無事に帰ってきました。
駐車場の係りの方に、「何もこんな日にお参りに来なんでもいいだに」と言われましたが、
思い切って奥社までお参りして良かったです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐり-4 三河国一宮・砥鹿神社

さて、念願の岡崎の大樹寺に詣でたあと、
再び岡崎インターから東名高速に乗って、さらに東に向かいます。
次に詣でるのは、三河国一宮砥鹿神社
愛知県の東端、豊川市にある神社です。

20170812-22.jpg

豊川インターの近くにある社叢はなかなか広大。
そして深い森に覆われているのは、古社ならではです。
創建は何と大宝律令が発布された701~704年の大宝年間とのことなので、
飛鳥時代に遡ります。

ところが、そんな古社ながらご社紋が非常に現代的。

20170812-26.jpg

亀甲の中に、砥鹿神社の「ト」とも、占いの「卜」とも読める
マークです。いつ頃から使われているものか、調べたのですが、
よくわかりませんでした。おそらくは古くからのものだと思うので、
だとすると、非常に先進的なデザイン力だと思います。

社殿も非常に広壮。

20170812-24.jpg

拝殿の前に、新車のお祓いらしく、車が停まっていましたが、
さすがはトヨタのお膝元、かなり何台も駐められるようでしたので、
きっと頻繁にお祓いが行われているのでしょう。

拝殿内の御簾にも、すべて特徴的なご社紋が描かれていました。

20170812-25.jpg

社殿の中なので、拡大しての撮影は控えましたが、
なかなか壮観でしたよ。

最後に御朱印をいただきます。

20170819-1.jpg

この日は格式を誇る熱田神宮、
そして美濃国一宮の南宮大社と参拝して、大樹寺をいれて
4カ所目の参拝となりましたが、
この日いただいた神社はいずれも典雅な御朱印だったのに比べると、
とても力強い御朱印です。
ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、つまり大国主命とか。
日本の国を鎮め、国造りの基本を築いたと尊崇を集める
神様ですので、そんなことも、影響しているのでしょうか?


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐり-3 徳川家菩提寺の岡崎・成道山松安院大樹寺

さて、東海道御朱印めぐりの旅、熱田神宮、南宮大社を参拝し、
再び名神高速にのって今度は東に一直線。そのまま東名高速に入り、
向かうは岡崎
今回、最も参拝したかった寺の一つ、岡崎大樹寺に向かいました。
正式には成道山松安院大樹寺といい、徳川家の菩提寺として
あまりにも有名です。

20170812-12.jpg

さすがは天下の徳川家の菩提寺だけあって、
非常に立派な山門がそびえています。

20170812-14.jpg

山門には、大樹寺の扁額が。
これは、後奈良天皇の勅額だそうです。

20170812-15.jpg

そして、まずはこの門を背に、反対側を見てみましょう。
恐らく昔は寺の敷地だったと思われる場所には
現在小学校があり、その校庭の先にもう一つ門があります。
これは元々大樹寺の総門だったそうです。

20170812-13.jpg

その総門の中を、望遠でのぞいてみると、

20170812-16.jpg

民家の屋根越しに、うっすらと岡崎城が見えます。
岡崎城は、徳川家康が生まれた当初の徳川家の拠点。
その菩提寺から、居城が見えるようにとの景観規制があり
この延長線上には、マンションなどの高層建築物は建ててはいけないそうです。
あとは、電線がなくなれば、もっとよろしい。

さて、今度は逆側を振り返ると、
大樹寺本堂が。

20170812-17.jpg

参道はなかなか長いのですが、
徳川家が創建したほかの建築物に比べると、
地味な印象があります。

20170812-18.jpg

というのも、幕末に火災で焼けてしまったから。
すぐに再建されたそうですが、
やはり江戸幕府末期ということで、規模を縮小して
再建されたため、今のような規模になっているそうでした。
それでも瓦には徳川家の葵のご紋入り。

20170812-19.jpg

外は質素な感じですが、内陣はなかなかきらびやかです。
特に撮影規制はなく、ほかの方も撮影していたので、
一緒にとってしまいました。

20170812-20.jpg

内陣の両脇には、徳川家康の旗印にも書かれた
有名な「厭離穢土 欣求浄土」が掲げられています。
これは、桶狭間の戦いで今川義元が討ち取られた際、
当時は松平元康と名乗った徳川家康が大樹寺で自害しようとしたのを、
住職の登誉上人が「厭離穢土、欣求浄土」と説得し、
切腹を思いとどまらせ、のちに旗印にしたとの逸話ですが、
元々は浄土宗の教えの一つだそうです。

この大樹寺でもう一つ有名なのが、歴代将軍の位牌。
いずれも等身大だと言われており、現在は空調設備が整った
位牌堂に安置されていました。ちなみにこちらは拝観料400円がかかります。

最後に、御朱印をいただきました。

20170815-30.jpg

ここにも、厭離穢土 欣求浄土と書かれています。
これまでいただいた御朱印の中でも
ひときわ目立つ御朱印となりました。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

お盆に善光寺参り

昨日は速報だけご紹介しましたが、
終戦記念日の8月15日は、ここ数年善光寺に参拝しています。
8月15日は元々月遅れのお盆で、亡くなった方の霊をお迎えし、
供養する日。
奇しくも、戦没者を慰霊する日と重なっていることもあって、
東京の靖国神社などは、今年も慰霊には似つかわしくない、
物々しい感じだったようですが、
庶民のお寺、善光寺のお盆は実にほのぼの。
その雰囲気がすっかり気に入り、
今年も善光寺を参拝したのです。

昨年は天気が悪かったこともあって、日中詣でて、
夜のお盆縁日はパスしたのですが、

今年は朝早く天気が悪い軽井沢を脱出。
ここ数日、軽井沢は雨でも、すぐ近くは降っていないと言うことが
結構あったのです。

これが大正解で、ず~~~~~~~~~っと雨が降っている
軽井沢とは異なり、既に小諸に入った時点で、雨は落ちていませんでした。
順次ご紹介しますが、あちこち巡って、風呂も入って
善光寺に着いたのは夕方6時前。
それでもお盆縁日があるためか、表参道はかなりの人出です。

20170815-13.jpg

善光寺山門の奥の空にひろがる雲を見ていただいてもおわかりの通り
今にも雨が落ちそうな雲ではありましたが、
どうやら長野では日中は雨が落ちていなかったようで、
山門も濡れてはいない状態。
それもこれも、善光寺如来のパワーのおかげでしょうか。

参道には、気のせいかやはり子どもさんの姿が
いつもより多い気がします。
お盆に祖父母とともに善光寺参り、良いですね!

20170815-14.jpg

そして、浴衣を着ている子どもさんは、盆踊りか精霊会かな?

20170815-15.jpg

山門をくぐると、今年も本堂の前に立派な盆踊りの櫓が組まれていました。

20170815-17.jpg

壮大な国宝、善光寺本堂に引けをとらない
非常に立派な櫓で、そんじょそこらの公園の櫓とは
訳が違います。
櫓には、善光寺お盆縁日のロゴ入りの幔幕が張られていました。

20170815-16.jpg

この櫓を通り過ぎ、まずは本堂で参拝。
実は7月にも一度参拝していたので、この夏2回目の善光寺参拝。
今年上半期、無事に過ごせた御礼と、
下半期の安寧を祈願いたしました。

念のため、御朱印はもういただけないかなと思ったら、
さすがは善光寺、ちゃんといただくことが出来ました。
今回は、撫仏、つまりびんずる尊者の御朱印をいただきました。

20170815-26.jpg

ちなみに、7月に参拝した際にも御朱印をいただいていて
それはこちらの御詠歌。

20170815-27.jpg

あまりに達筆なので、何と書いてあるかというと、
「身はここに 心は信濃の善光寺
 導きたまへ 弥陀の浄土へ」
と書かれています。

善光寺でいただける御朱印は、全部で5種類。
今回でうち4種類をいただいたので、残すはあと1種類。
次回参拝の際には、残る「おやこ地蔵」をいただきたいと思います。
これは、たまたま日曜日と重なる来年の3月11日かな。
おやこ地蔵は、東日本大震災で被災した、高田松原の松を
使って刻まれた、震災犠牲者を追悼するお地蔵様なので、
祥月命日に参拝したいと思います。

御朱印の話が長くなりましたが、善光寺のお盆縁日が本題でした。

早い時間帯は、子どもたちによる盆踊りが行われています。
必ず善光寺の僧侶の方が混じって踊るので、
お坊さんと子どもたちが踊るのは、良寛さんの昔話のようです。

それが終わると、これまた子どもが主役の精霊会
盆踊りの櫓の上で、善光寺一山の僧侶が集まり、
蓮の花のかぶり物を点けたお稚児さんが櫓の上に上がって
先祖供養と子どもたちの健全育成祈願を受ける法要です。

20170815-18.jpg
20170815-19.jpg
20170815-20.jpg
20170815-21.jpg
20170815-23.jpg

法要中には、散華がまかれ、これは法要終了後に
参列者が拾って持って帰ることが出来ます。

20170815-22.jpg

ただの盆踊りではなく、こうした法要が一緒に行われるのが
お寺でのお盆行事ならでは。
ほのぼのとしながらも、厳粛に執り行われる行事は
見ていても心洗われます。

精霊会が終わると、いよいよ大人の盆踊りがスタート。
どこからともなく、そろいの浴衣に身を固めた
ベテラン踊り子シスターズが集まり、
スタンバイしています。

20170815-24.jpg

櫓の上には踊りの見本を披露する地元の花柳社中の皆さまと、
善光寺のお坊さん2名。じぜんに「あまり練習していないんですよ~」と
ぼやいているのを聞いてしまいました。

さあ、いよいよ盆踊りスタートです。
その模様は、動画でご覧ください。



このあと、夜21時まで行われたそうですが、
さすがに軽井沢まで帰らないといけないので、
途中で引き上げてきました。

20170815-25.jpg

幸い、我々が見ている間は雨は降らなかったのですが、
恐らく最後まで大丈夫だったのだと思います。
軽井沢に夏の訪れを告げる長倉花火や
御代田の龍神まつり、
以前は毎年見に行っていた長野びんずる、
昨年初めて見に行った上田わっしょいなど、
夏祭らしいものは一切見に行けなかったので、
今年の夏の終わりに、ようやく夏らしい催し物を見ることが出来ました。

今日は矢ヶ崎の花火大会ですが、
軽井沢は朝から雨。いまも、降ったり止んだりの状態です。
去年と一昨年は、途中で雨が降り始め、霧で全く見えない花火大会に。
今年もダメかな、こりゃ。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐり-2 美濃国一宮・南宮大社

さて、念願の熱田神宮に詣でたあとは、
車をかっ飛ばして一路岐阜県へ。
向かった先はこちらです。

20170812-5.jpg

美濃国一宮南宮大社
もちろん、信州が境を接する十カ国の一宮めぐりなのですが、
多治見とかにあれば信州からも近いのに、
この南宮大社があるのは大垣よりさらに西、隣は関ヶ原という
岐阜県の西部にあり、すぐそこは近畿圏の滋賀県。
ずいぶん西に位置しているのです。

そもそも、「南宮」という地名にピンときたかたはいらっしゃいませんか?
そうなんです、この南宮大社が立地するのは南宮山の麓。
そして、この南宮山は天下分け目の関ヶ原の合戦の際に
西軍の毛利秀元や安国寺恵瓊が着陣した場所。
なので、こんな案内看板もありました。

20170812-6.jpg

しかし、この南宮大社、先ほど詣でた熱田神宮とは異なり、
なかなか豪壮な社殿です。
古くからの社殿は関ヶ原の合戦の際に焼失してしまったそうなのですが、
徳川三代将軍家光が、社殿を復興したそうで、
現在の社殿はそのときのものだそうです。

そもそもこの神社、非常に珍しいことに、
社殿の前に鳥居がありません。
その代わりに立派な朱塗りの楼門が。

20170812-11.jpg

いずれの建物も鮮やかな朱塗りで、
とても300年以上建つ建物とは思えません。

そして、この楼門をくぐると、正面には神楽殿があり、

20170812-8.jpg

その背後に非常に幅広い拝殿があります。

20170812-9.jpg

神社と言われれば神社なのですが、
なんだか寺院と言えばそんな気もしなくもないなかなか不思議な建物。
調べたら、南宮造りというこの神社独特の様式で建てられたものだそうで、
唐様が混じっているそうです。
鳥居もないし、参拝の時に迷ってしまいそうな、
摩訶不思議な神社でした。

境内の片隅には、こんな絵馬奉納スペースが。

20170812-10.jpg

今も昔も、受験は天下分け目なのですね。
私も第一志望校には振られたので、
もう少し早くこの神社に詣でていたら、
人生変わったかも知れません。
まあ、結果的に軽井沢に出会えない人生になってしまったら
つまらなかったので、
人生なるようになるで生きてきたことが、
結果的には良かったのですが。

ちなみに、この神社のご祭神は金山彦命で
全国の鉱山、金属業の総本宮だそうです。
「金」と言うことで、金運祈願の方もおられるそうですよ。
受験はもう用済みなので、
私も少し金回りが良くなるように、よ~く祈願してきました。

そんな下心ありありの参拝を終えて、
御朱印をいただきました。

20170812-29.jpg

御朱印をいただき、次に向かうべく車に乗ったら、
私が来た道とは反対側の遠くの方に、
結構大きそうな鳥居が見えました。
一応、鳥居があるようですよ。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR