手打ちそば屋だけどうどんも旨い群馬・梅田屋

昨日倉賀野神社に詣でた話はご紹介しましたが、
実はこの日はなかなか盛りだくさんな一日。
なんだかいつも出かけているように思われている当家ですが、
さすがに、そんなに出かけているわけでもありません。
遠出するのは月2回ぐらいかな。
ただし、1度出かけるとそのついでにとあちこち巡るのが我が家流。
この日は、朝早く軽井沢を出て、
まずはたかべん食堂で朝飯
そのあと於菊稲荷神社に重陽の節句限定御朱印をいただきに。
こちらの御朱印はすぐにいただけるわけではないので、
御朱印帳を預けて、次に向かったのは高崎のディーラーさんに
我が家の2号機の点検に。
車の点検は1時間もかからずに終わったので、
終わったら於菊稲荷神社に預けていた御朱印帳をいただきに行って、
そのあと倉賀野神社に参拝、というところまでご紹介しました。

ここまでで、既に盛りだくさんな感じですが、
倉賀野神社の参拝を終えてもちょうど昼ぐらい。
せっかくなので、もう一カ所詣でようと思い、
まずは昼飯場所を探します。
いったん、高崎に戻ろうかと思ったのですが、
倉賀野神社から車を走らせていたら、
なんだか車がたくさん停まっている蕎麦屋を発見しました。
しかもナンバーをよく見ると、地元ナンバーが多い。
これは、地元民に愛される、旨い店の証拠です。
早速入ってみることにしました。
名前は、梅田屋さん。
場所は上手く説明できないのですが、立派なホームページがあったので
こちらをご参照ください。

20171005-8.jpg

国道や駅に近いわけでもないのですが、
駐車場も、店内もお客さんで一杯です。
でも、ちょうど入れ替わりの時期だったようで、
10分も待たずに入店できました。

早速メニューを見てみると、なかなかこだわりのそば屋さんみたいで、
店主さんの兄夫婦が栽培した、茨城県産の蕎麦のみを使った
蕎麦のようです。
当然蕎麦、と思って入店したのですが、
店内に「高崎うどん」の小さなのぼりも。
群馬は東のうどん県でもあります。
蕎麦は地元信州でもいただけるので、ここは一つ、うどんにチャレンジしてみようと
肉汁うどんを大盛りで頼んでみました。

しかし、群馬県で大盛りを頼むのは、ちょっと勇気が要ります。
というのは、日本屈指のデカ盛り文化圏。
とくに麺類の量の多さは半端ではありません。
この日も入り口で巨大な板そばなどを食べている人がいたので、
量が多いのではと待っている間にお客さんの元に運ぶ料理を
観察していたのですが、
板そば以外はそれほどの量でもない感じ。
うどんを頼んでいる人はいなかったので、ちょっと心配ではあったのですが、
え~い大盛りと、思い切って頼んでみました。
なにしろ、普段から蕎麦の量が多い佐久・上田、そして高崎のパスタの量で
鍛えられているもので、最近なまじの麺量では食い足りません。

まずは、うちの奥さんが頼んだ田舎蕎麦が先に運ばれてきました。
お、結構量が多い。

20171005-11.jpg

と思ったら、ざるが裏返しになっているので、
それほどの量ではない、というより、軽井沢盛りの量でした。
しかし、凄い色ですね。旨そうなので一口もらったのですが、
コシと香りが結構強く、なかなか旨い蕎麦です。

そして、続いてわたしの肉汁うどんもやってきました。

20171005-9.jpg

群馬なので、真っ黒なうどんが出てくるのかと思いきや
少し黄色っぽいものの、つややかなうどんが出てきました。

20171005-10.jpg

麺量はこのくらい。多いことは多いのですが、
群馬としては、それほど多いわけではありません。

早速いただきますが、まずは小麦の香りが最高。
そして、見た目通り驚異の粘りゴシです。
これは旨い!
さすがはうどん県です。
これは人気があるはずです。
思い切って入って、大正解でした。

今度は是非蕎麦をいただいてみたいと思います。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

北関東のローカル和食ファミレス「ばんどう太郎」に初潜入

話があちこち行って恐縮です。
先日の三連休の初日、墓参りから佐原に行った話は
既にご紹介しましたが、
下総国一宮の香取神宮に詣でても、時間はまだ昼ぐらい。
なので、せっかくここまで来たのだからと
再び東関道に乗り、終点の潮来インターを下りて
常陸国一宮の鹿島神宮も参詣することにしました。
まずはその前に、昼飯です。

検索したところ、鹿島神宮の参道にある店は・・・な感じだったので、
ほかにないか、探していたのですが、
一軒びびっと私の旨いものセンサーが反応した店があったので、
そこに行ってみることにしました。
こちらです。

20170922-2.jpg

その名も「ばんどう太郎」。
坂東太郎と言えば、利根川のこと。
その名前が付いたこの店、どこかで聞いた名前だと思ったら、
そういえば、昔秘密のケンミンSHOWに出てきましたね。
茨城県を中心とした北関東で、絶大な人気を誇る
和食ファミレスだと紹介されていました。
店舗もこんな感じの和風の造りです。

20170922-3.jpg

さすがは人気店で、店内は超満員。
個室や座敷もあり、この日も法事のお客さんなどが入っていました。
うちのお墓の近くにもあれば便利なのに・・・

それはともかく、我が家が入店したらちょうど上手いことに
入れ替わりの時期だったようで、さほど待たずに席に案内されました。
ついています。

さて、案内されたテーブルの大きさの割に
あまりにメニューが大きく、しかも分厚く、
メニュー写真が撮れなかったのですが、
ケンミンSHOWの情報によると、ここの名物は味噌煮込みうどん
うどん好きの私に取ってはかなり魅力的なメニューだったのですが、
結局、うちの父とうちの奥さんだけが味噌煮込みうどんを頼んで、
私はさすがにまだ暑い時期だったので、冷たいうどんと天丼のセットにしてみました。

しかし、その間にも席が空いてもすぐに次のお客さんが入ってきます。
連休初日だとは言え、それほどの観光地だとも思えない(おっと失礼)ところで、
次から次へと入ってくる大繁盛。
駐車場の車のナンバーを見ると、ほとんどが地元ナンバーの車でしたので、
やはり地元で絶大な人気を誇るのでしょう。

さて、そうこうしているうちに、うちの奥さんが頼んだ
味噌煮込みうどんが運ばれてきました。

20170922-4.jpg

おお、なんか凄い迫力。
中に入っているたまごの大きさから、鍋の大きさを想像してみてください。
本場愛知の八丁味噌を使っているとのことですが、
名古屋の味噌煮込みうどんよりは、少しあっさり目の見た目です。
ただ量は凄い量です。

そうこうしているうちに、私が頼んだうどんと天丼のセットも来ました。

20170922-5.jpg

縮尺がわかりにくいかと思いますが、
漬け物の皿の、胡瓜の大きさからうどんの量と
天丼の量をご想像ください。
これはうどんはミニうどんのはずなのですが、
どう見てもフルうどん。

20170922-6.jpg

少し黒ずんだうどんが、如何にも関東の歯ごたえ満点な
うどんの予感がします。私が好きな、うどんのタイプ。

そして、天丼はさすがにご飯は少し軽めながら、こちらも
しっかり天ぷらが載ったフルサイズの天丼です。

20170922-7.jpg

早速うどんからいただきますが、
予想通り、ワシワシとかみ応えのある関東風のうどん。
小麦の味もしっかりして、こりゃたまらぬ旨さです。
そして、天ぷらもごま油の香りが高い、関東風の天ぷら。
甘辛いタレが旨く絡んで、しかもそれがいい案配にごはんに染みこんで、
これまた好きなタイプの天丼です。大満足。

合間に、うちの奥さんの味噌煮込みうどんの汁だけもらったのですが、
こちらも絶品。見た目通り、本場愛知の味噌煮込みうどんに比べると
かなりあっさりした汁ですので、
のどが渇くこともなく、味噌汁代わりに美味しくいただきました。

表の看板に、めん処と書いてあるので、やはり麺類が一押しなのでしょうが、
ここのうどん、本当に旨かったです。
茨城を中心に、栃木や埼玉にも何店か店があり、
なんとお隣群馬県にも数件あるとのこと。
残念ながら安中などの西毛地区にはなく、
東毛の大泉町などにあるようですが、
あちら方面に行ったら、是非今度は絶品の味噌煮込みうどんを
いただいてみたいと思います。
こっちにも、出来ないかな?


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

たかべん食堂のお粥バイキング

さて、先週日曜日は車の点検に行きがてら、
於菊稲荷神社に限定御朱印をいただいた話は昨日ご紹介しましたが、
朝早かったので、朝食抜きで向かいました。
朝食抜きで、朝早く群馬方面に向かうとき、
いつもなら、途中の横川のおぎのやか、
その先のすき家などで朝食を済ませるのですが、
今回は思うところがあって、そこは素通り。
しばらく走って、到着したのはこちらです。

20170914-1.jpg

高崎駅南方の、旧中山道沿いにある
たかべん食堂です。
看板にダルマの絵が描かれていますが、
ご存じ高崎名物だるま弁当の発売元、高崎弁当がやっている
食堂なのです。

実はこの高崎弁当の、幻の駅弁と呼ばれているのが
名付けて「上州の朝がゆ」という弁当。
もの凄く少ない数しか製造しないそうなのですが、
この高崎弁当の工場に隣接する、たかべん食堂では
このたかべん名物の朝がゆが、しかもバイキングでいただけるというのです。
前から興味があったのですが、
新町の中山道沿いにある於菊稲荷に行くには、ちょうど途中にあるというわけで、
今回念願叶っていって見たのです。

若干掘っ立て感が高い店舗に恐る恐る入ってみると、
ありましたよ、お粥バイキング。何と驚きの500円で2度びっくり。

20170914-2.jpg

早速食券を買って、セルフでお粥をいただきます。
味噌汁もいただいて、こんな感じになりました。

20170914-3.jpg

お粥というと、地味なイメージですが、
ここのお粥バイキングはトッピングがとても豊富で、なかなか華やか。
しかもそのトッピングは、たかべんの弁当でおなじみのものばかりです。

20170914-4.jpg

手前から時計回りに、椎茸の旨煮、
鳥の照り焼き、鶏そぼろ、柴漬け、栗の甘露煮、
そして真ん中に薬味の小ネギです。

このラインナップを見て、何かお気づきじゃありませんか?
そうなんです、鳥の照り焼きも、そぼろも、栗の甘露煮も、椎茸も、
いずれもたかべん名物のとりめし弁当やだるま弁当の具でおなじみのものばかり。
お粥にはどうか?と思ったのですが、
これが非常に良く合います。

このほかに、鮭フレークやキムチ、ごま、明太子、練り梅など
まだまだたくさんのトッピングが。
なかなか旨いので、トッピングを変えて、
4杯もいただいてしまいました。

駅弁屋さんの工場ながら、駅からは結構離れているので
車でないと無理な場所。その分駐車場は広大です。
このお粥バイキングは10時までで、そのあとはそばやうどん、
定食など、これまたなかなか手軽で旨そうなラインナップ。
写真を見る限り、鳥唐定食など、見事な群馬盛りでしたよ。
今度はこちらも行ってみたいと思います。
場所は、たかべんのホームページでご確認ください。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

久方ぶりのキャボットコーヴ

久方ぶりと言えば、土曜日の昼、
本当に久方ぶりに、追分のキャボットコーヴさんに行ってきました。

20170910-1.jpg

我が家が軽井沢に引っ越してきて、ほぼ一年後に開店された
キャボットさん。考えてみたら、もうまもなく10周年なんですね。
開店当初はほぼ毎週のように伺っていたのですが、
あれよあれよという間に軽井沢を代表する人気カフェに。
今や休日ともなればなかなか入れぬプラチナカフェになってしまいました。
今年も何度か入ろうとチャレンジしたのですが、無理。
考えてみたら、昨年のこの時期に伺って以来という
大変なご無沙汰です。

この時期に伺うことが出来たのは、9月24日まで
完全予約制で営業されているから。
ということは、私が行かれる週末はあと2回を残すのみです。
今度の週末は所用があって行かれないし、
最終週も祝日との連休と言うことで、混むに違いない。
というわけで、行くならこの週末しかないと言うことで、
先週金曜日に土曜日、空席があるか電話してみたら、
早朝の1回目か、最後の昼の回ならば大丈夫とのこと。
朝は病院の予定が入っていたので、
最終回の予約をお願いしました。

この期間中は、ホリデーブランチメニューという特別メニューになっており、
サラダ、スープ、メイン料理、ドリンクがセットになっています。
今回は迷わず、基本中の基本、
ふわふわスクランブルエッグとホームフライのセットを
ソーセージ付きでお願いしました。
もちろん、パンではなくポップオーバーで。

まずはフレッシュなブルーベリーが入ったサラダと、
これまたキャボットコーヴ名物のクラムチャウダーが。

20170910-3.jpg

相変わらず、本当に旨いクラムチャウダー。
一番最初に伺って、お願いしたのがこのクラムチャウダーとポップオーバーのセットでした。
そしてそのあとはまったのが、こちらのスクランブルエッグ。

20170910-2.jpg

スクランブルエッグは、ホテルの朝食の定番ではありますが、
なんだか糊みたいで、あまり美味しくないケースもしばしば。
ところが、ここキャボットコーヴさんのスクランブルエッグは、
スクランブルエッグって、こんなにうまいもんだったんだと再確認させられた
絶品スクランブルエッグ。

2回目からは、このスクランブルエッグとソーセージ、ホームフライ付きの
セットにはまり、伺う度にこれをお願いしていました。
久方ぶりのスクランブルエッグは、やはり旨い。
今回は最後の回と言うこともあって、
食事後オーナー夫妻ともゆっくり話が出来て、
本当に良かったです。
しかし、居心地がとても良いんですよね、キャボットさん。
それが人気の秘密なんでしょうけど。

予約が終わると、紅葉シーズンが終わるまでは
また混むのだと思いますが、
タイミングを見計らって、せめて月1回程度は
うまくお邪魔できると良いのですが。
ちなみに、予約状況は、キャボットコーヴさんのホームページ
確認できます。
このブログを更新している11日の夜時点では、
まだ今週末も、そのよく週末も予約できるようですよ。
行きたいなと思った方は、参考にしてください。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐりグルメ編2-本場浜松で鰻をいただく

さて、不定期特集の東海道御朱印めぐりの旅。
もう一回復習すると、週末金曜日に仕事が終わったあと、
所用で名古屋に行って一泊したので、
翌日と翌々日の土日は信州が境を接する十カ国の一宮と
徳川家康ゆかりの寺社めぐりを兼ねて、東海道御朱印めぐりを敢行。
初日は熱田神宮美濃国一宮の南宮大社家康ゆかりの岡崎・大樹寺
三河国一宮の砥鹿神社、そして何と寺でびっくりした豊川稲荷の5社寺を参拝し、
御朱印をいただいてきました。

豊川稲荷で時間切れとなったので、というか5社寺も回れば
もういいでしょうというわけで、その日の宿に向かいます。
この界隈、風光明媚な三河湾を望む蒲郡や、
浜名湖を望む舘山寺温泉、浜名湖の入り口にある弁天島など
魅力的なところがいくつもあって、どこに泊まるか迷ったのですが、
結局ここに泊まることにしました。

20170909-1.jpg

JR浜松駅前にそびえ立つ、静岡県で最も高い建物らしい高層ビルに入る、
オークラアクトシティ浜松です。

20170909-2.jpg

温泉好きな私が、舘山寺温泉とさんざん迷って、
温泉がない、町中のホテルにに決めた理由は
こちらです。

20170909-3.jpg

せっかく浜松に来たのですから、本場のをいただきたい。
ということで、有名処屋さんが集まる、浜松駅前に宿を取ったのです。
上の写真は、浜松駅前に店を構える老舗の八百徳さん。
以前入って美味しかったのと、軽井沢でもおなじみの店名にひかれて
こちらでいただくことにして、早速のれんをくぐります。

20170909-12.jpg

幸い、団体さんがどどっと出たあとだったので、
すぐに席に案内されました。ラッキーです。
これも、この日詣でた寺社の御利益でしょうか。

さて、この日はもう車は運転しないし、
ホテルまで歩いて帰れるので、飲めます!
結構暑くて、のどが渇いていたので、
たまらない一杯です。

20170909-5.jpg

さて、こちらの、本場だからかよくわかりませんが、
小諸の藤舟並みの、財布に優しい料金体系。

20170909-6.jpg
20170909-7.jpg

せっかく本場まで来たので、ちょっと贅沢して、
うな重のほかに、白焼きを1つ頼むことにしました。
キンキンに冷えたビールに白焼き、最高です!
早速来ましたよ、白焼き。

20170909-8.jpg

わさび醤油でいただくのですが、
旨い!
のほのかな甘みと香ばしい香りが口にひろがり、
なんとも言えない旨さです。
ビールが進みます。

白焼きがなくなり、ビールもなくなったところで
タイミング良くうな重が運ばれてきました。

20170909-9.jpg

ドキドキしながら蓋を取ると、
こってりと焼き上がった、見事なお宝が。

20170909-11.jpg

まわりのご飯が少し見えていますが、
その分が埋まるぐらいのは、既に白焼きでいただいています。
しかし見事な照り。

20170909-10.jpg

見ているだけで、ジュルッと生唾が出そうです。

東京と大阪の中間にある浜松は、
店によって蒸しが入る関東風の焼き方と直焼きの関西風の焼き方が混じるそうですが、
ここ八百徳さんは関東風の焼き方とか。
ふわふわながら、まわりが香ばしく焼き上げられているのは
関東風の焼き方ならではです。
タレは、下諏訪の小林さんに比べると辛口。
なので、コクがありながらも、あっさりといただきます。
ビール効果もあって、お重1つ食ベ終わる頃には、
もう満腹です。
本場のを堪能できました。

腹ごなしのため、浜松駅の周辺をぶらぶら散策して
ホテルの部屋に戻ると、絶景が。

20170909-4.jpg

この日は雨で始まりましたが、翌日は良い天気になりそうです。
温泉はありませんが、鰻でパワーチャージして、
翌日は東海道御朱印めぐりの2日目。
どこを参拝したかは、続きをお楽しみに。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR