FC2ブログ

2018年を振り返る-2 燕三条ラーメンの元祖、杭州飯店へ

しかし、今日は暑かったですね。特に東京は異常。
朝はそうでもなかったのですが、日中ちょっと近くまで出かけたら、
あまりの暑さに大汗をかいてしまいました。
軽井沢も18度ぐらいまで気温が上がったそうですよ。
おまけに、私が帰ってくる直前には大雨。
スキー場、大丈夫でしょうか?

さて、今日もたまっていた話題を片付けることにします。
弥彦神社を詣でた話は昨日書きましたが、今日はその続き。
弥彦神社は、北陸道の三条燕インターを降りて向かうのですが、
新幹線の駅は燕三条。さらに言うと、燕と三条は別の市です。
ややこしい。

その三条燕インターを降りて、燕市内を抜けて、弥彦神社に向かうわけですが、
道中に目立つのがラーメン屋。
そうなんです、燕と言えば、今や燕三条系背脂ラーメンとして
全国に知られるラーメンの本場。
せっかく来たので、昼飯は燕三条系ラーメンを食べに行くことにしました。
向かったのはこちらの店です。

20181108-3.jpg

燕三条系ラーメンの元祖と言われる、杭州飯店です。
せっかくなら、元祖に行こうかと。
さすがに人気店らしく、店頭には行列ができていましたが、
昼時を少し回った時間だったためか、
少し待っただけで、入店できました。ついてます。

頼んだのは、基本の中華そばと餃子。
背脂の量を調節できるそうですが、私は普通にしてもらいました。
しかし、コップがモロゾフのプリンのカップというのが、
ちょっと大阪みたいな感じです。

20181108-4.jpg

しばらくすると出てきたのは巨大な餃子!

20181108-5.jpg

事前に調べていて、大きいとは聞いていたのですが、
バナナ並の大きさの銀座・天龍の餃子よりは小さかったので
ちょっと安心しました。

かりっと焼き上げられた餃子に、
野菜の甘みたっぷりの餡がしっかりと入っていて、
なかなか旨い餃子でしたよ。

そして、お待ちかねの中華そばが登場。

20181108-6.jpg

背脂で真っ白だったらどうしようと思ったのですが、
スープのイロハ判別できる程度の色でした。
それにタマネギとしっかり味がついたメンマ、
そしてチャーシューがのっています。

しかし具材よりも、背脂よりも、
何よりも存在感抜群なのは麺でした。

20181108-7.jpg

うどんか!と思うほどのしっかりとした極太麺。
麺好きとしては、これはたまりません。
背脂のこってり具合がちょっと心配ではあったのですが、
麺のうまさと、スープのうまさ、そして刻みタマネギのさっぱり感で、
非常に美味しくいただきました。

背脂をこってりとのせるのは、雪深い新潟で、
熱々の麺を、ということで、このようになったようですよ。
わざわざ行った甲斐がありました。

何しろ日帰りなので、あまり時間がないのですが、
燕、三条と言えば名物がもう一つあります。
腹一杯になったあとは、そちらにも行って見ることにします。
続きは、また明日。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

秩父名物・わらじカツ丼

昨日の祭の湯の話、まだ続きがありました。
さすがに昼過ぎから立川に行って、そのあと風呂に入ったら
さすがに結構よい時間に。
ここから軽井沢に帰るには、なかなか人里離れたひなびたエリアを抜けていくので、
途中にはあまり食べて帰るところがありません。
軽井沢に帰ってからだと、遅くなってしまって店が閉まってしまうので、
祭の湯で食べていくことにしました。

実は、フードコートとは別に、
祭の湯エリアの中にも「秩父湯台所」という
食事ができるスペースがあるのです。
大箱のフードコートより落ち着いたスペースなので、
風呂上がりにゆっくりと食事ができるようになっています。
フードコートで食べると、昼と同じになってしまうので、
夕食はこちらでいただくことにしました。

私が頼んだのは、秩父名物のわらじカツ丼

20180918-69.jpg

薄めのさっくりと揚がったカツを、甘塩っぱい醤油だれに
さっとくぐらせて、どんぶりにのっています。

20180918-70.jpg

群馬だとソースカツ丼になりますが、
それよりはさっぱりした味付けで、私はこちらの方が好み。
以前紹介した、藤岡の甘楽亭のカツもこんな感じのたれカツです。

これに夜もまた、みそポテト。

20180918-68.jpg

ちなみに左上に少し付いている白っぽい菜っ葉が
昨日ご紹介した秩父名物の漬け物、しゃくし菜です。
ほのかな酸味と香りが、本当にたまりません。

野菜がない・・・というご意見はさておき、
昼も夜も、秩父名物をいただき、ご満悦な一日でした。
このあと、軽井沢に帰りましたが10時近くに。
ちなみにこの日は三連休の中日だったので、
翌日も休みです。さすがに翌日会社だと、
こんな無茶はしません。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

水沢うどんが食べられるサービスエリア

さて、先日苗場に行く際は行きは上信越で藤岡まで行き、
そこから関越で月夜野インターまで行って、
あとは三国峠を越えて17号で行ったのですが、
軽井沢からは2時間かからないで行かれます。
高速だとちょっと遠回りなのですが、意外に近い。
最も冬だとこうはいかないでしょうが。

で、この日は朝用事を済ませて、昼前に出かけたので、
苗場に着く前に、すでに昼ご飯の時間帯。
月夜野インターを下りてしまうと、食べるところもあまりないので、
沼田インター手前の赤城高原サービスエリア
昼飯を食べていくことにしました。

で、この赤城高原サービスエリアなのですが、
我々が立ち寄った、下り線のレストランがちょっと変わっているのです。
だいたい高速のサービスエリアのレストランと言えば
ファミレス系の品揃えが定番で、
営業主体によって、少し地元の色が出ている、
たとえば横川の上り線だと荻野屋がやっているので、
釜飯定食がある、といった具合なのですが、
この赤城高原サービスエリア下り線のレストランは、
なんとうどん屋。
それも、水沢うどんの松島屋さんが入っているのです。

20181106-1.jpg

手前がフードコートで、奥が松島屋さん。
メニューも当然、水沢うどんです。

うどん好きの我が家、これは入らないわけにはいきません。
迷うことなく入店しました。
頼んだのは、もちろんうどん。
でも天ぷらはやめて、じゃがいも田楽というのを頼んでみました。

程なく来ましたよ、美しいうどんが。

20181106-2.jpg

あ、これは大盛りです。

しかし、本当に美しいうどん。
つやつやと光り輝くうどんは、まるで群馬名産・シルクのような光沢です。

20181106-3.jpg

あまりに輝いていて、少しピンぼけでしたね。
讃岐うどんも旨いのですが、
この水沢うどんのなめらかながら、しっかりとコシがある、
独特ののどごしは、たまりません。
この間から、水沢うどんを食べに行きたくて仕方がなかったのですが、
まさか高速道路のサービスエリアで、
こんなに旨いうどんを食べられるとは思っていませんでした。

そして、じゃがいも田楽。

20181106-4.jpg

素揚げにした小ぶりなじゃがいもに
こってりと甘じょっぱい味噌だれをかけた、
希望通りの逸品。
茶色い食べ物が多い、群馬ならでは食べ物です。
もちろん、茶色くて、甘塩っぱい食べ物は
私も大好物。
マイタケ天ぷらにしなくて、本当によかったです。
マイタケ天ぷらは、どこでも食べられますからね。
このあたりならば。

秩父のみそポテトといい、このじゃがいも田楽といい、
この界隈の茶色い食べ物、なんて素晴らしいのでしょう。
・・・うどんの話でしたね。もちろん、うどんも素晴らしい。
さすがは西のうどん県讃岐うどんに負けない、
東のうどん県を代表するうどんです。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

秩父名物、みそポテトにはまる

またまた紅葉の話が続いてしまったので、
少し違う話題にします。

この夏、何度か秩父に行った話はすでに二回に分けて
ご紹介しました。
まだ三回目、四回目と続く予定なのですが、
この秩父詣でで、はまってしまったものがあります。
それがこちら。

20180918-16.jpg

看板にもあるとおり、先日秘密のケンミンSHOWでも話題になった、
秩父名物、みそポテトです。

秩父に行くと、あちこちでうまそうな香りが。
上の写真の看板もそうなのですが、
三峯神社の参道の土産物やさんにも、
みそポテトの屋台が出ていました。

20180918-17.jpg

みそポテトは、ふかしたジャガイモに天ぷらの衣をつけて揚げて、
それに甘塩っぱい味噌だれをかけた、
秩父名物です。

もちろんここでも買っていただいたのですが、
写真を撮る前に食べてしまったので、
別のところ(同じ日に)食べたものの写真で恐縮ですが、
こんな感じの食べ物。

20180918-52.jpg

B級グルメを標榜していますが、味はA級。
群馬などの西関東ではおなじみの、
甘塩っぱいたれと、外はかりっと、
中はホクホクのじゃがいもがベストマッチ。
いくらでもいただけそうです。
あ~写真を見ただけで、腹がぐうと鳴きそうです。

秩父周辺では、ベルクやヤオコーなど、
埼玉地盤のスーパーの総菜売り場でも売っています。
どうやら、高崎のベルクでも打っているらしいとの情報を得たので、
今度高崎に行ったら売り場を見てみようかな、と思います。
もちろん、秩父まで行ってもよいのですが。
実は先日山梨に行った際も、行きは塩山待ち合わせだったので
秩父から雁坂峠越えで行きました。
そのときに食べそびれたのが、悔やまれます。
また、行かなきゃ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

デカ盛りだけど旨い!洋麺亭

さて、軽井沢は言うに及ばず、
信州は旨いものの宝庫。
長野県民となって10年以上も経って、
県内あちこち出向いているので、
佐久、東御、上田、小布施、中野、諏訪、松本、白馬と、
それぞれに行きつけの旨い店があります。
・・・あれ、一つ抜けましたね。
それが県都・長野

何度となく出かける長野ですが、
その町の規模の割に、次も来たい、と思った
特に地元の店がもう一つ少ない。
長野で飯を食べる、となったときに、結構悩みます。

そばだけは、善光寺近くの小菅亭、という大のお気に入りそば店があるのですが、
それ以外はどうも。
信州新町や、戸隠まで広げればもう少しあるのですが、
長野でそば以外のものを食べるときは、全国チェーンのファミレスや
県外資本のレストランなどに入ってしまいます。
特に頻度が多いのがこちら。

20180818-22.jpg

なにやら緑豊かな店舗ですが、
れっきとした長野市内の、それも中心部にある店舗。
ここがどこかというと、長野駅の南、ホクト文化ホールがある
若里公園ちかくにある、パスタの店「洋麺亭」さんです。

20180818-23.jpg

この洋麺亭さん、本店は群馬。
そう、パスタの町、高崎に本拠を置く、群馬のパスタチェーンです。
長野にはここと、川中島に店があります。
我が家は、長野で食事をするときは、かなりの頻度でこちらへ。

このひは、両親もともに行ったのですが、
私が頼んだのは、オーソドックスにミートソース。
しばらくすると、出てきたのはこちらです。

20180818-21.jpg

右にフォークとスプーンが置かれていますが、
何か小さくないですか?

いえ、フォークとスプーンが小さいのではなくて、
皿がでかいのです。
ちなみに、うちの奥さんが頼んだ皿と比べてみると、
こんな感じに。

20180818-20.jpg

ちなみに、私が頼んだのはMサイズ。
そして、うちの奥さんが頼んだのはSサイズ。
さすがはデカ盛り県、群馬の店です。
ちなみに普通サイズのはずのMがこれだけでかいということは
大盛りのLはどれだけでかいかというと、
なんと銀色のパーティープレートにのって出てきます。
麺類は底なしの私も、あれは無理。
でも、女性の方がすました顔でそのパーティープレートを
平らげているのを見たときは、びっくりしました。

量が多いだけではなくて、何よりパスタそのものが旨い。
ゆで加減は理想的なアルデンテで、
何よりソースが旨い。
トマト味が強そうに見える色のミートソースですが、
なんとコクがある、絶妙の味わい。

さて、ここのお楽しみはもう一つ。
プリンが非常に旨いのです。

20180818-25.jpg

卵の風味が強く、適度な甘さ。
何より、ちゃんとしたカラメルソースが非常に旨い。
プリン好きとしては、理想的なプリン
洋麺亭に言ったら、このプリンは欠かせません。

写真は取り忘れましたが、サラダにメインのパスタ、そしてプリンなどのデザート、
ドリンクがついたお得なセットもあるので、我が家はだいたいそのセット。
個人的には高崎のシャンゴ、おなじくボンジョルノ、そしてこの洋麺亭
群馬三大パスタだと思います。
あ、長野の話でしたね。
この週末、所用で長野に行くのですが、
ここのほかに、どこか旨いところがないかなぁ。
なかなか見つからずに、困っています。
もっとも、この日は飯を食べている時間がないと思うのですが・・・


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR