FC2ブログ

ちゃたまやのシューラスク

以前いつの間にか閉店してしまった軽井沢駅前の
プリン屋さんの話題に触れましたが、
同じように、気づいたらいつの間にか店が閉まっていたのが
卵の名店、ちゃたまやさんです。
どちらも共通なのは、軽井沢から少し離れたところにある本店は
大盛況営業中だということ。
そんな、ちゃたまやさんの本店に久しぶりに行って来ました。

15333041680.jpeg


濃厚な産みたて卵と、それを使ったスイーツ等が売りの
ちゃたまやさんは、佐久の旧浅科村にあります。
佐久平駅のゼビオがある交差点から、ただひたすら
望月方面に向かって、浅科の広大な田園が広がってくると、
その真ん中の道沿いにあります。

出かけたのは、台風が近づく前にと布施温泉にいった際だったのですが、
そんな天候にも関わらず、車が続々とやって来て、大盛況。
皆さん、旨い店は良くご存じですね。

そんな中、我が家がまずは求めたのは、
こちらの商品。

15333041290.jpeg


これはシューラスクといって、
名物のシュークリームの皮をラスクにしたものなのです。
売り切れていることも多いのですが、
久しぶりにゲット出来ました。

なんとも素朴なこのラスク、
小腹がすいた時のお供には最高。
早くも食べ尽くしてしまいました。
この日は、シュークリームを食べ損ねたので、
また買いに行かなきゃ。
ちょっと、遠いのですけどね。



次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

甘楽パーキングエリア(上り線)

さて軽井沢にお住まいの方は高速で東京方面に行く際に
軽井沢にお越しの方は高速で東京方面に帰る際には
上信越道に乗ると思いますが、
甘楽パーキングエリアって寄られたことありますか?

それどこ?ってお思いかも知れませんが、
富岡インターと吉井インターの間にあります。
実は我が家、軽井沢に越してきてからはもちろん、
その前に軽井沢に来ていたときも一度も寄ったことがなかった
このパーキングエリアに、先日初めて寄ってみました。

理由は、横川サービスエリアに飽きたから。
おぎのやが経営する、横川サービスエリアはなかなか充実していて
好きなサービスエリアなのですが、
横川に寄るときは、だいたい朝飯狙い。
朝飯で寄るような時間帯には釜飯は売っていないので、
だいたい蕎麦をいただくことになりますが、
おぎのやの蕎麦ならば、軽井沢駅でもいただけるし、
おまけに軽井沢駅の方が旨く感じます。

なので、今回別の場所に行ってみようと言うことで、
あえて甘楽パーキングエリアに寄ってみたのでした。
パーキングエリアは、サービスエリアに比べると限られた施設ではあるのですが、
最近パーキングエリアの充実ぶりはなかなか。
この辺りでも、佐久平のパーキングエリアや、松代のパーキングエリアは
食べ物も美味しく、我が家はよく利用しています。
ならば、ということで、今回期待半分、不安半分で、
寄ってみたのです。

建物はこんな感じ。レンガ造りの富岡製糸場をイメージしたのでしょうか?

20180720-39.jpg

なかなか綺麗な建物で、トイレなども真新しかったので、
最近リニューアルしたのかも知れません。

しかし、甘楽と言えばこんにゃくパーク。
中山秀征さんのコマーシャルは、きっと東京エリアでもやっているのでしょうが
あのこんにゃくパークはここの近くにあります。
なので、食堂もこんにゃくばかりじゃ嫌だなと思っていたのですが、
なかなかメニュー豊富。
でも朝なので、蕎麦にしてみました。
・・・結局蕎麦か。

しかし、横川にはない、冷たい蕎麦、しかも舞茸天ぷら付きというのがあります。
この日は海の日の三連休中日で、朝からとびきり暑かったので、
冷たい蕎麦は、願ったり叶ったりです。

ほかのサービスエリアと同様、食券を買いますが、
ここは昔ながらカウンターに持って行く方式。
食券を出してしばらく待っていたのですが、
待てど暮らせど蕎麦は出てきません。
これは、だめなパーキングエリアか、と思ったところで、
番号が呼ばれました。

出てきたのは、なかなかな蕎麦。

20180720-40.jpg

打ちたてではないと思いますが、なかなかコシのあるそばです。

20180720-41.jpg

そして、時間がかかった理由はこちらでした。
なんと揚げたて、熱々の舞茸天ぷらです。

20180720-42.jpg

しかも、さすがは群馬の舞茸天ぷらで、
あごが外れそうなこぶし大サイズ。
香りも良く、非常に旨い舞茸天でした。
待った甲斐がありました。

隣の方は朝からカツカレーを食べていましたが、
横目に見たら、これもなかなか旨そう。
ここ、甘楽パーキングエリア、中々良いです。
パーキングエリアなので、営業時間が短いのが残念ではありますが、
横川に飽きたときは、寄ってみる価値、ありですよ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

神社にパン屋

さて、昨日ご紹介した山名八幡宮
その随神門の写真を載せましたが、随神門前に看板が二つ出ていたの、
お気づきでしたか?

20180720-1.jpg

右側の看板をよく見ると、なにやらちょっと神社には似つかわしくない文字が
書かれています。

20180720-12.jpg

え、パン
確かにその矢印が指す方向の先には、なにやらこぢんまりとした店らしきものが。

20180720-11.jpg

半信半疑で近づいて見ると、あ、本当にパン屋です。

20180720-13.jpg

しかも、ディスプレイがとてもおしゃれ。
凄く気になって、しかも漂うパンのよい香りに導かれて
入ってみました。

このパン屋さん、小麦の産地である群馬産の小麦と
天然酵母、そして岩塩と水だけを使った、
自然派のパン屋さん「ピッコリーノ」さんでした。

早速買って来たのですが、これは旨い!

20180720-14.jpg

噛みしめるほどに、小麦の旨みと甘みが口にひろがります。
特に、手前に写っているカンパーニュが絶品でした。

しかし、なぜ神社にパン屋さん?と思って調べてみたら、
この山名八幡宮、なかなか凄い神社で、
なんと昨年、グッドデザイン賞を受賞されていたのでした。
その受賞理由が、「神社から広がる地域再生」。
元々、山名八幡宮は安産と子育てに御利益があると言うことで
崇敬を集めていた神社だそうですが、
その「子育て」をキーワードに、子育て中のお母さんが気軽に集まれる、
カフェを作ったり、地元の食材と天然酵母を使った、
自然派のパン屋さんを境内に誘致することで、
食育にもつなげることを目指して取り組んでいたそうなのです。
そういったことが、神社からひろがる地域再生と言うことで、評価された、
ということだそうです。
確かに、随神門前の左側の看板は、カフェの看板で
ジェラートなども売っていたようです。
最初、ここで御朱印をいただくのかと思ってしまいましたが、
どうやら様子が違うので、よく見てみたらカフェで、本当にびっくりしました。

元々、鎮守の森は人が集う場所。
でも、少子高齢化や地域の疲弊で、すっかり寂れてしまったお社や
寺院も結構ありますが、
こうして新たな取り組みで、また人が集う場所になるのは本当に素晴らしいですね。
この神社、是非またお参りに行ってみたいと思います。パンも買いに。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

軽井沢駅近くで昔ながらのカツカレーを頂く

我が家では、突然あるものが無性に食べたくなると、
「下りてくる」と言います。
まあ、神様のお告げみたいなもんです。
ただいまご降臨中なのは、カレーライス
しかも、今風のこじゃれたカレーライスではなくて、
昔ながらのジャガイモとタマネギと人参と豚肉だけの
シンプルな具で、真っ黄色でどろどろしているやつ。
子どもの頃の、キャンプファイアーか、
ロコスキー場のゲレ食で出てくるやつです。
あれが無性に食べたくなってしまいました。

こんなの、自分で作ればよいのですが、
カレーはすぐには間に合わない。
結構煮込まないと、美味しくなりません。
しかもこの日は日曜日。
恐らく理想的なカレーをいただけそうな、町役場前の
丸屋食堂は休み。

いろいろ考えて、ここならと思い出した店に行ってみました。
それが、軽井沢駅前の路地を、少し入ったところにある
キッチンハイツさんです。

20180618-1.jpg

店構えからして、古き良き、正しい洋食をいただけそうな作りです。
実際、生姜焼き定食やハンバーグなど、
東京の学生街も彷彿とさせる、懐かしい洋食がいただける店で、
駅から近いこともあって、これまでも何度かお伺いしています。
考えてみたら、当ブログへの登場、初めてかな?

で、この日は迷うことなくカレーライス
の積もりだったのですが、サラダ付きのカツカレーをお願いしました。
待つことしばし、来ました!カツカレー

20180618-2.jpg

シルバーのプレートに、カツとご飯とサラダが盛り付けられ、
カレーはちゃんと、カレーポットに入って出てきます。
今ではこうしてカレーポットでカレーが出てくるのも、
神保町のガビアルなど、一部のカレー屋さんだけになりましたね。
懐かしい、カレーポット。
しかも、そこに入っているのは夢に見た
ドロドロのカレーです。

20180618-3.jpg

この写真を見て、味が想像できますか?
ご想像通りの、昭和のカレーライス、な味です。
香辛料たっぷり、の最近のカレーとは異なり、
少し甘口ですが、実にコクがあるカレーライスのカレールー。
決してインド料理ではなく、洋食のカレールーです。
たっぷりとカツとご飯にかけて、時折福神漬けを混ぜて頂きました。
理想通りのものがいただけて、本当によかったです。

なんだかまださめやらぬカレー問題。
今週末も、カレーを頂くことになりそう、かな?


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

創業明治38年のとんかつの老舗、甘楽亭

今週はなんだか藤岡ウィークになってしまいましたね。
昨日の虎屋本店に続いて、今日も藤岡の旨いもの情報です。

昨日も書きましたが、古くから絹で栄えたところには、
必ず旨いものがあります。
で、まずは「うなぎ」というのがひっかかったのですが、
このところの価格高騰で、チト懐具合的には厳しい感じ。
もう少し何かないか、と思って探したのが、そばととんかつでした。
そばは、何も群馬まで来なくても、信州に安くてうまいところがたくさんあります。
ということで、とんかつ屋に行ってみることにしました。
お目当ての店は、既に車のディーラーさんに行く途中に目をつけていた、
こちらの店です。

20180617-12.jpg

ちょっと地味な作りの店ですが、店内はほぼ満員。
のれんもこざっぱりしているし、なにより続々とお客さんが入っていきます。
こういう店は、旨いに決まっています。
まずは虎屋本店でお菓子を買い占めたあと、
一時近くになって、こちらの店に向かいました。
行きがけに見たとこはとても混んでいるように見えましたが、
ちょうど入れ替わりの時期だったようで、
無事店内に入れました。

店内はとても広く、ボックスシートのほかに小上がりや
奥には大きな座敷も。結構お客さんがいたようなので、
本当に人気なのでしょうね。

さて、店内に入って分かったのですが、ここの名物はタレかつらしい。
正直、ソースカツよりタレカツの方が好みなので、これは期待できます。
なにより、店内には食欲をそそる、なにやら甘塩っぱい香りが。
一応、普通のカツも食べたかったので、
タレカツと普通のひれかつがセットになった、
スペシャルランチを頼みました。

で、実際に来てみてびっくり。

20180617-13.jpg

とんかつのほか、ご飯に味噌汁、
さらに小鉢にサラダ、茶碗蒸し、さらにはミニデザートも付いています。

20180617-15.jpg

小鉢とミニデザートは自分で選ぶことが出来ます。
なんだかボリュームが多そうだったので、わかめの酢の物と、
黒蜜かんてんを私はお願いしました。

そして、肝心なとんかつの、まあ何と立派なこと。

20180617-16.jpg

黒い方がタレカツで、そうでない方が普通のひれかつ。
それが、たっぷりの千切りキャベツの上に乗っています。
この写真で厚さが分からないと思いますが、
いずれもさっくりと薄いひれかつ。
タレカツの方は、そのひれかつがしょうゆベースの甘辛ダレに
たっぷりと浸されて出てきます。
タレがかかっていても、揚げたて感は損なわれていない、
絶妙なタレの廻し加減。
こちらは明治38年から続く老舗だそうですが、
この辺りが老舗の秘伝なのでしょうか。

早速頂きましたが、このしょうゆベースの甘辛ダレが最高。
何でも創業当初はすき焼きがメインだったそうで、
その割り下がベースになっているそうです。
群馬と言えば、甘塩っぱい。
まさにここのとんかつは、ドストレートなお味。
おそらくは甘塩っぱい物好きのグンマーの心をわしづかみしているのでしょう。
私もわしづかみされました。

忙しくて、弁当消費量日本一の群馬県ですから、
ここもお願いすれば、いろいろ弁当にしていただけるそうです。
我々が食べている間にも、このタレカツを使ったタレカツ丼などを
ずいぶん買いに来ていました。
帰る頃には、甘塩っぱいタレがご飯に染み渡り、旨いでしょうね!
そしてこの弁当が買える専用店舗は、前橋市内にもあるそうですよ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR