なぜ割れる?足踏み式薪割り機の原理

と銘打つほど大げさなものではありませんが、
昨日の夕方、けろけろキッチンに伺った際、
おにぎりが出来上がるのを待つ間、
どういう原理で薪が割れるのかと
ぽんきちさんとひとしきりその話題で持ちきり。

そんなこともあろうかと思い、昨日薪割りをした際、
別の写真も撮っておきました。
先日は少し細めの薪でチャレンジしてみたので、
今回は思い切って直径25cmと説明書に書いてあるぎりぎりの
サイズの薪割りにチャレンジしてみました。

20080324-1.gif

まずは上の写真のように、玉切りした丸太を薪割り機にセットします。
で、ポイントはセンターのバーに取り付けられたストッパーです。

20080324-2.gif

写真に写っている黒いものですね。
このストッパーの下にはおもりが付いていて
バーが斜めに跳ね上がっている際には
そのおもりのおかげで丸太を挟み込んだ
上のような写真の状態でとまっています。
このとき、丸太は斜めのバーにセットしていますから、
重みでどんどんしたに下がろうとしていますね。
ところが、その下には刃が付いています。

20080324-3.gif

そうすると、バーを踏み込んだ際にストッパーのおもりが勢いではずれ、
薪が下に落ちようとした分、一緒に下に下がります。
そうすると、その下に下がった分が刃に食い込むという仕掛けです。
よくわかりませんが、多分そうです。
ちなみに食い込み方ですが、パリっではなく、メキメキといった感じ。
踏み込む都度どんどんめり込んでいくと行った感じです。
もちろん、木の繊維に沿って割れるわけですから、
節があったりするとそうは上手く行きません。
上の丸太も、セットはしてみたものの、ちょうど節の部分に当たったみたいで、
最初は上手く行きませんでした。

それで、丸太の向きを変え、節のないところで試してみたところ、
踏み込むこと数度。

20080324-4.gif

このように、真っ二つに割れました。
本当は、こんな丸太、斧で割れれば格好いいのでしょうけどね・・・
薪割り初心者としては、変なところに当たって斧が食い込んでしまったり、
手前に当たりすぎて小さな薪になりすぎてしまったりと、
なかなか思い通りに生きません。
きれいに4つ割、8つ割に出来る足踏み式薪割り機は
当分我が家で重宝しそうです。

ということで、ますます気になる方、うちもほしいという方は、
こちらをポチッと!↓




参考になったよという方はこちらもポチッとお願います↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR