ソーラーライトが倒れると春が来る

さて、下の写真はある朝の我が家の玄関先の写真です。

20090402-1.jpg

何かがおかしいと思いませんか?

よく見ると、通路の脇に設置した
ソーラーライトが「こてっ」と倒れています。

20090402-2.jpg

実はこれ、凍結していた地面が溶けたから。
ある意味、暖かくなり、春が近づいた証拠です。
それにしてもこの時期、いろんなものが傾きます。
地面に埋めたポスト、芽を出した球根、
そして何を植えたかを示す花の名前を書いた札など。
それらが地面が凍ったことにより
少し盛り上がったようになるのですが、
今度は溶けると周りがゆるんで、
傾いたり倒れたりするのです。

地面が溶けたと言うことは、暖かくなり春が来た証拠。
と書こうと思っていたら、
先週から急に寒くなってしまい、
冬に逆戻りというような感じでしたが、
ようやくこの週末から徐々に暖かくなって来るようです。
もう傾いたり、倒れたりすることも・・・・ないかな。

しかし、我が家を建築する際、「凍結深度」という言葉を
何度も聞きました。
これは地面が凍ってしまうため、
基礎や水道管などをそれより深くすると言うことです。
軽井沢では80cmから1mと言われています。
我が家はおまけに地盤が元々軟弱だったので、
地下5mまで杭を打ちました。我が家はその上に乗っています。
冬になると、我が家の周りの地面は場所にも寄りますが
10cmから15cmぐらい凍結して盛り上がるような感じがしますので、
このくらいしておかないと、家自体も盛り上がってしまうのでしょう。
こうして倒れてしまったソーラーライトを見ると、
寒冷地に住むことの厳しさを、改めて実感します。

ちなみに我が家のソーラーライト、
「ゴルトランタンソーラーライト」と言います。
なかなか人気商品みたいですよ。
本当のローソクが点いたように、
揺らめく優しい光が特徴です。
ご興味のある方はこちらから。




やはり地面の凍結恐るべしと言う方はこちらをポチッとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR