SONYの旋律

とは、以前日本経済新聞に掲載された
大賀典雄さんの私の履歴書をまとめた本のタイトル。

20100429-1.jpg

私の愛読書のひとつですが、その本のタイトル通りの
「SONYの旋律」を昨日の大賀ホールで聴いてきました。

20100429-4.jpg

軽井沢の春の幕開けを告げる風物詩となった
春の音楽祭。今年は大賀ホール開館5周年の記念の年と言うことか、
大賀ホールの寄贈者である、軽井沢町名誉町民、
元ソニー会長の大賀典雄さん指揮の演奏会で開幕しました。

20100429-3.jpg

昨年は小林研一郎指揮、東京フィルの「悲愴」を聴きに行ったのですが、
今年は5周年のオープニングということで、
この大賀典雄さんの演奏会を予約。

20100429-2.jpg

ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」と、
メインが同じく交響曲第3番「英雄」という超ヘビー級プログラムです。
大賀さんは数年前に大病をされ、
歩行など、若干体に不自由があるものの、
総演奏時間2時間を超える大曲を、
矍鑠と指揮。
正直、演奏そのものはそれほど期待していなかったのですが、
特に後半の「英雄」は驚くほどのみずみずしい演奏で、
非常に感動しました。実によい演奏でしたよ。

さらに、アンコールは美しく青きドナウにラデッキー行進曲と、
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートかというほどの
華やかなアンコール。
そして、ホワイエでは上品な軽井沢別荘族とおぼしき
方々が優雅に挨拶を交わされるなど、
軽井沢の春を告げる音楽祭にふさわしい、
ゴージャスな演奏会でした。

20100429-5.jpg

それにしても、大賀ホールは本当に音響の良いホールだと思います。
オーケストラのコンサートは、この春の音楽祭が終わると
意外に少ないので、もっと開催されればよいのにと
切に思います。

この演奏会で奏でられた元会長によるSONYの旋律は、
実にすばらしかったのですが、
肝心の最近の「SONY」の旋律は、
どうも不協和音が多くて今ひとつ。
国産至上主義のソニー製品愛好者としては、
ここはひとつ、是非アップルやサムスンに負けない
ソニーらしい新製品の開発を、是非期待したいところです。
ipadなんて、絶対ソニーが先行して出すべきだったと思うんですけどね・・・
がんばれソニー!


・・・なんだか、本文と全く関係ない終わり方になってしまいましたね
と思った方はこちらからポチッと↓
ソニーがんばれと言う方もポチッと!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR