片倉館のライトアップがまたすごい

さて本日もまだまだ諏訪の話題。
とにかく、花火の余韻がまだおさまりません。

で、今回我々が花火見学をしたのは何度もご紹介した
片倉館なのですが、以外の多くの方から
「いくらだったの?」と聞かれました。
ひとり4000円です。
そのほかに、弁当が別料金でかかります。
2500円は銀座の大増の幕の内弁当で、
うちが頼んだ1000円の弁当は、
どこのだか分かりませんでしたが、
トンカツ弁当でした。
ということで、我が家はふたりで1万円。
まあ結論から言うと、元は取った感じです。
ちなみに、8月の花火はもう少し高いようですよ。

どんなところから見たかというと、こちらのバルコニー。

20100905-10.jpg

ちょうど、浴室の真上になるのだと思います。
上の写真、ますますライトアップされたモスクみたいですね。
先週撮影した明るいときの写真だと、こちらです。

20100902-7.jpg

ちょうど、煙突の下に小さな尖塔のようなものがありますが、
そのあたりに300席弱のパイプ椅子が置かれ、
そこから観覧するのです。
ちょうど打ち上げ場所が真っ正面になりますので、
非常にきれいに見ることが出来ました。

さて、この片倉館ですが、
昼間の壮麗な感じもすばらしいですが、
夜のライトアップがまたすばらしい。

20100905-11.jpg
20100905-12.jpg
20100905-13.jpg

東京は、バブル期の乱開発をくぐり抜けてかろうじて残っていた
都心の風格ある古いビル群・・・日比谷の三信ビルや銀座の交洵会ビル、
東邦生命ビルなどが続々と壊されているので、
この諏訪の地に残ったすばらしい建物は、
是非後世に引き継いでいっていただきたいと切に思います。

ちなみに、先週は来歴がよく分からなかった片倉館前の
諏訪市美術館。
こちらも、いわゆる帝冠様式で建てられた
貴重な様式の建物ですが、
調べたら、片倉製糸の美術品などを展示する
懐古館として建てられたものだそうです。

20100905-14.jpg

この帝冠様式の建物も、銀座の歌舞伎座が取り壊され、
いよいよ上野の国立博物館など、数が少なくなってきました。
ぜひこちらも長く大事に残していっていただきたい建物です。

ということで、長々続きましたこの夏の大イベント、
諏訪の花火大会のレポートも本日で終了です。
明日からは違う話題・・・あ、諏訪ネタもう一つあった。
もうしばらくおつきあいを。


片倉館のライトアップ、とてもきれいですねと思った方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR