FC2ブログ

奈良井宿も「おひさま」の舞台だそうで


先週末の安曇野小旅行。とりあえずの最終目的地は、奈良井宿となりました。



20110520-1.jpg



この奈良井宿も、NHKの朝ドラ「おひさま」の舞台だそうですよ。



もちろん両親は初めて。我々夫婦は、昨年9月の諏訪湖の新作花火大会の際に



訪れて以来の奈良井宿です。やはり何回来ても、この古い町並みは落ち着きます。



20110520-2.jpg



時代がタイムスリップしたみたいですね。だからこそ、ドラマのロケ地ともなったのでしょう。



そのロケ地となったのが、ひときわ人だかりが多い、こちらの旧中村家みたいです。



どうやらドラマでは「飴屋」だったらしいですね。うちの父が、「飴屋はどこだ」と



奈良井に来るなり話していたので、そんなことらしいです。



と言うことで、息子が息子ならば、親は親というわけで、ひときわ物見高いわが父、



あらら、一番前でかぶりつきになって看板を読んでいます。



20110520-3.jpg



どうやらそこにロケ地になった説明などが書かれているようですよ。



次から次へと人が来るのと、見終わったら三々五々とっとと歩いて行ってしまう



人たちと一緒に行っていたので、私は証拠写真を撮りそびれました。



この旧中村家、何でも奈良井を代表する民家だそうで、中は資料館になっているようです。



20110520-4.jpg



奈良井宿もまだまだ花が見頃で、こちらは多分八重桜が満開でした。



帰りがけ、2ショットで歩く珍しい両親を発見。



20110520-5.jpg



父AB型、母B型でお互い超マイペース。



子供の頃から一緒に出かけても、とにかく自分の気になったところで



足を止めてしまうので、夫婦そろって並んで歩いているのなど、



見たことがありません。珍しいことがあるもんだと思っていたら、



20110520-6.jpg



いつの間にか道を歩いているのは母一人。



父は、勝手にどっかに立ち寄っていたようです。



やれやれ。



ということで、安曇野小旅行、これでおしまい・・・ではなく、



最後にお楽しみがまっていたのでした。



一日歩き回ったあとのお楽しみと言えば、あれしかないですよ。



その話題はまた明日。



 



奈良井宿、何遍行ってもよいところですねと思った方は



こちらからポチッと!



ツイートボタンも付けましたので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif



盛りがよいそば屋発見


ということで、私はテレビを見ておらず、連れて行った両親と



奥さんだけがやたらに盛り上がる「おひさま」の舞台である安曇野小旅行。



実は結構朝早くから出かけていたので、これだけ回ってもまだ昼前。



「どうする?」「ついでだから奈良井宿も行っちゃえ・・・」。



・・・・・え、奈良井宿?なんと、この奈良井宿も「おひさま」の



舞台の一つだったんですね。



と言うことで、一路進路を南に向け、奈良井宿に向かいます。



とはいえ、経路は適当。長野県の場合、周囲に山がありますから、



目印になる山を見ながら向かえば、ほぼ間違いなく到着します。



この場合、松本平の西側に北アルプスがあるわけですから、



北アルプスを右手に見れば南へ向かっており、



背後になれば、東へ向かっていることとなります。



しかも、南へ向かう主要な道は国道19号しかないので、



どこかできっと合流するはずです。なので、まずは北アルプスを右手に見ながら



どんどんと南へ進みます。気がついたらなんと、塩尻の桔梗ヶ原も通り過ぎ、



洗馬まで行ってしまいました。



ここで誤算だったのが昼飯。安曇野を出た際には、まだ昼飯には少し早そうだったので、



途中の松本あたりで食べればいいやと思って向かったのですが、



適当に行った道は、近道らしいのはよいとして、途中には何もありません。



さすがに少し腹も減ってきました。



国道19号に出たら、一番最初にあったそば屋に入ろうと心に決め、



さらに南に向かったら、ありました、そば屋!



20110519-1.jpg



看板には、手打ちそば 宗月とあり、その脇にある看板には大きく「大盛そば」と書いてあります。



なんと耳寄りな話の、そば屋じゃありませんか。迷うことなく入店です。



20110519-2.jpg



店構えもこざっぱりしていて、なかなか期待できそうですよ。



元気で感じのよいおばちゃんに案内されると、店内は結構な人出です、



こちらも期待できそうです。



初訪の店だったので、まずはざるそばからいただきます。



ざるそばは普通(700円)、中盛り(850円)、大盛(1000円)と3種類あって



写真を見る限り大盛はものすごい量です。草笛並みな感じ。



なので、とりあえず中盛りを頼んでみました。



で、まつことしばし、運ばれてきたのはこちら。



20110519-3.jpg



漬け物がついているのが、なんだか信州風な感じ。



そばの量が、この写真ではよくわからないと思いますが、



横から見るとこれくらいの量があります。



20110519-4.jpg



向かい側に座る父も中盛りを頼んでいて、それも重なってしまってものすごい大盛に見えますが、



手前のピントが合っている部分が中盛りです。



にしても、なんだか結構な量ですね。



早速いただきましたが、なかなかそばの香りが高いそばです。結構美味いですよ。



20110519-5.jpg



細打ちながらものすごくコシがあり、そばの香りも結構します。



うちの奥さんが遺した分も含め、ぺろっといただいてしまいました。



ああ、美味しかった!



近くに行かれたら、一度是非お試しください!



 



なかなか美味そうだなと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

正真正銘「おひさま」のロケ地発見


と言うことで、安曇野小旅行の3回目のご紹介は、



いよいよ正真正銘、「おひさま」のロケ地です。



さちさん、そばの話題じゃなくてごめんなさい。



そばの話題は明日の予定です。



しかし、おひさまと言っても、私はその頃新幹線車内で通勤中なので



見ているわけもなく、長野県が舞台になっているのを聞いただけ。



どんな話なのかよくわからないのですが、



毎朝見ているうちの両親と、奥さんはなにやら車中で盛り上がっている様子。



ならばと言うことで、事前に情報をゲットしていた



ロケ地に向かったというわけです。



その場所は、国営アルプスあづみの公園のそばにあります。



近づくと、「ロケ地はこちら」の看板が、あちこちにあるので



すぐにわかると思いますよ。



で、公園の駐車場に車を止め、その場所へ向かって歩き始めて



程なく、立派な門構えのお屋敷が見えてきます。



20110518-1.jpg



このあたりの大庄屋である、山口家の屋敷だそうで、有料で内部の拝観も出来るようです。



そしてこの山口家の屋敷の隣が、目指すロケ地でした。



20110518-4.jpg



レンゲ畑の向こうに、古き良き日本へタイムスリップしたかのような



景色が見えてきます。この辺り一帯でロケが行われたそうで、



背景のわらぶき屋根の小屋は、なんとセットらしいですよ。



入り口には、しっかりとこんな看板が立っていました。



20110518-2.jpg



ここから、こんな自然のせせらぎに沿って歩いて行くと、



現地に到着します。



20110518-3.jpg



わらぶき屋根の古い家に近づくと、一つは水車小屋だったのですね。



20110518-5.jpg



なんだか、本当に江戸時代からここに建っていたかのような感じです。



そして、その前に建つこの道祖神ももしかしてセット?



20110518-8.jpg



この花はまさかセットではないと思いますが、背景のかやぶき屋根の家が



実に引き立つ位置にきれいな白い花が咲いていました。



20110518-7.jpg



しかしこの場所、ロケ地にしたくなるような、実にきれいな景色の場所ですよ。



遮るものが全くないので、北海道の富良野や美瑛みたいな感じの景色が



あちこちにあります。こちらは、上の写真の花畑のところから



等高線沿いに遠くを見たもの。



20110518-9.jpg



美しい景色ですね。この真ん中の木々は、遠く先ほど行った大王わさび農場の



あたりからも、とてもよく見えます。



そしてここから、安曇野市内の方向を見ると、こちらも絶景。



20110518-6.jpg



どの方向を見ても、本当に絵になります。何度も言いますが、



こんなによいところだとは思っていませんでした。



道理で人気があるわけですね、安曇野。



さて、安曇野はこれくらいにして、次はいよいよ昼ご飯ですよ。



その話題は引き続きまた明日ご紹介しますね。



 



確かにおひさまにこんな場所が出てきたのを思い出した方は



こちらからポチッと!



連れて行った本人は、全くちんぷんかんぷんでしたが・・・



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

安曇野といえば大王わさび農場


NHKの朝の連続テレビ小説「おひさま」の舞台となった



安曇野への小旅行のご紹介企画第二弾は、大王わさび農場です。



20110517-4.jpg



安曇野を代表するスポットですので、



初めて行った私としては外すわけにはいきません。



しかし、この大王わさび農場、清浄な水で育つわさびを栽培しているのですから、



もっと人里離れた山間地にあるのかと思ったら、



意外や意外、中央高速にも近い町中にあるのですね。



しかし地図を見て納得。梓川や奈良井川、穂高川などが合流する、



水が集まる低地にあります。道理で豊かな水の風景が広がるわけです。



20110517-1.jpg



千曲川の河岸段丘上に街が広がるケースが多い



東信にはなかなかない光景です。



古き良き、日本の伝統風景といった感じですね。



そして、柔らかな若葉色のわさびが並ぶわさび田もなかなか壮観です。



20110517-2.jpg



ここへ来る途中見た梓川などは、数日前からの雨による増水で、



土色に濁った濁流が渦巻いていましたが、



ここ大王わさび農場では実に清らかな水が流れています。



わさびの生育には欠かせないことなのでしょう。



この環境を、守り続けているのがすごいことだと思います。



園内を歩き回っていたら、くいしんぼセンサーが反応し、



こんなポスターをみつけてしまいました。



20110517-5.jpg



本わさびソフトですよ、わさびソフト。



歩き回ったことだし、いくでしょ、ちょっと高いけど・・・と言うわけで、



早速購入です。



20110517-6.jpg



辛くないとは書いてあったので、安心していただいたのですが、



なるほど、わさび独特のつ~んとした辛みは全くなく、



わさびの香りだけが香ります。そして、甘さは控えめです。



結構日差しも強く、のどが渇いてもいたので、



さっぱりと、おいしくいただけました。



この大王わさび農場からは、見事な北アルプスの雄姿も望めます。



20110517-3.jpg



小腹も満ち足りたところで、よりきれいな風景を求めて、



さらに安曇野市内をうろうろしましたが、またまた長くなりますので、



その続きは明日ご紹介しますね。



 



大王わさび農場、とてもきれいですよねと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

「おひさま」の舞台、安曇野へ


この週末、久しぶりに両親が軽井沢へやってきていました。



祖母が施設に入り、一段落したためなのですが、



この2カ月間、さすがに心身ともに疲れ果てたらしく、



何よりゆっくり温泉に入りたいというのが、軽井沢に来た最大の目的なのですが、



もう一つ所望が。



それは、「安曇野に連れてけ」というもの。



現在、NHKの朝の連続テレビ小説で放映中の「おひさま」の舞台である



安曇野が、どうやら気になっていたみたいです。



と言うことで、急遽週末に安曇野に行くこととなりました。



先週は雨が多かったのですが、幸いにもとてもよい天気でした。



軽井沢から安曇野へはどう行くか考えたのですが、



計算上、あまり時間は変わらないだろうと言うことで、



東御から丸子~鹿教湯経由で三才山トンネルを抜けて向かうことにしました。



これまで、何百回と中央高速で通っている場所なのですが、



実は安曇野に行くのは初めて。



とりあえず、ちょうど菜の花が見頃らしいので、きれいな菜の花畑があるらしいと言う



場所に向かいました。



それがこちらです。



20110516-1.jpg



おおっ!なんだか絵になる風景です。



木立の間に見える雪をかぶった山は常念岳だそうですが、



いかにも信州の春といった感じですね。



かなり興奮して写真を撮りまくってしまいました。



初めて来ましたが、いいじゃないですか、安曇野。



この場所がどこにあるかというと、安曇野スイス村という、



道の駅みたいな施設の真ん前にあります。



20110516-3.jpg



店の前では、色とりどりの花をかなり格安で売っていたのですが、



さすがに移動距離が長くなるため、ちょっと断念しました。



20110516-2.jpg



それにしても、信濃の国の4つの平の一つ、松本平は



文字通りの真っ平らで、普段私が住む東信や、



善光寺がある北信とは違って景色が実に伸びやかです。



正直、こんなによいところだとは思いませんでした。



すっかり盛り上がってしまい、このあとおひさまのロケ地も含め、



安曇野の名所を次々と回ることになりましたが、



長くなりそうなので、続きはまた明日。



 



安曇野の菜の花、きれいですねと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

いろいろ花が咲いてます


さて、このブログを再開して2週間。



一応今のところ一日一本のペースで投稿していますが、



何しろ50日もお休みをいただきましたので、



いろんな話題が山ほどたまっております。



おまけに、一気に春が来て、いろんな花が咲き始めるし、



その間、ささやかながら小旅行にも行っているので、



はっきり言って一日一回の更新では足りません。



ということで、現在見頃な花の話題を一気にご紹介しましょう。



まずは白ミツバツツジ。



20110515-6.jpg



昨年植えたものですが、今年もしっかり花を付けてくれました。



そして、こちらは普通のミツバツツジ。



20110515-7.jpg



早いお宅ではGW中に見頃でしたが、花が遅い我が家では



ようやく8分咲きと行ったところです。



このミツバツツジ、ちょうど玄関前に咲くように植えてあるので、



我が家のシンボルフラワーの一つになっています。



20110515-3.jpg



そして、我が家の庭もようやく花が咲きそろいました。



まずはこちらも昨年植えた山吹。



20110515-5.jpg



レンギョウ、ユキヤナギ、コデマリとともに植えたのですが、



どうもこの山吹が一番よく根付いたようで、



たくさん花を付けてくれました。まだまだつぼみがたくさんあるので、



もう少し咲くのではないかと思います。



そして、水仙とチューリップもようやく咲きそろいました。



20110515-1.jpg



真っ赤なチューリップは紅美人、白とピンクのツートンカラーのものは初桜、



ピンクのは普通のピンクダイヤモンドです。



20110515-2.jpg



こちらの水仙は、モダンアートという品種。よく写っていませんが、



真ん中の濃いオレンジ色の部分は少しフリルになっています。



20110515-4.jpg



そしてこちらは水仙のマウントフットとムスカリ。



ちょっと密集して植えすぎました・・・でもコントラストが意外にきれいですよ。



20110515-8.jpg



そして、今年も株がかなり増えた軽井沢町花のサクラソウと、



紛らわしいシコクカッコソウが咲き始めました。



葉っぱが長い方がサクラソウ、丸い方がシコクカッコソウです。



影になってしまっていますが、この奥の方にも続々と咲いていて、



ちょっとした群落になってきました。



希少なものだそうなので、増えてよかったです。



このあとは、サラサドウダン、ヤマツツジ、コデマリと咲いていく予定なのですが、



コデマリがあまり葉を点けていないのがやや気がかりです。



本格的に庭を整備して2年目。果たしてどのくらい草花が育つことやら。



手入れやらあれやこれやで、週末は何かと忙しくなりそうです。



 



花がいろいろ咲き始めて、軽井沢中きれいになってきましたねと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

自家製タラの芽で天ぷら


予定より1週間ほど遅くなりましたが、



今年も春のお楽しみの時期がやってきました。



自家製タラの芽がいいあんばいに育ってきたのです。



20110514-4.jpg



・・・・・育ちすぎました。先週末はまだ食べ頃ではなかったのですが、



ちょっと目を離したすきににょろりんと育ってしまい、



さすがに上のタラの芽は食べるのをためらわれたもの。



で、いいあんばいの大きさのものだけを天ぷらにしました。



幸い今週は、週中から祖母が施設にはいってちょっと一段落した両親が、



トンボの湯に入るために軽井沢にやってきたのです。



と言うことで、天ぷら名人の母が修行中のうちの奥さんと共同で揚げたテンプラがこちら。



20110514-1.jpg



タマネギ、竹輪、蚕豆・・・・あれ、タラの芽がいませんけど?



20110514-2.jpg



ちゃんといました。タマネギの下敷きになっていました。



左側の、にんじんのかき揚げの上にあるのがタラの芽の天ぷらです。



右手の緑色のものは、お裾分けをいただいたこごみ。



ちなみに蚕豆もお裾分けをいただいたものです。



ありがたく、おいしくいただきましたよ。



さて、我が家の自家製タラの芽ですが、やはりツルヤで売っているものに比べると



明らかに味が濃くておいしい。もちろんツルヤのもおいしいのですが、



やはり天然のものは味の濃さが違います。



おいしい天ぷらには、美味しいそばが欠かせません。



今回は、なんとツルヤの生そば。



20110514-3.jpg



袋の写真がありませんが、2~3人前でなんとたったの198円!



この値段としては、かなりおいしい本格的な生そばですよ。



スーパーなどで売っている生そばでよくありがちな、



酒精臭がしないのがよいですね。普段家でいただくには、十分な味です。



ちなみにこの前には自家製ふきのとうを天ぷらにしたのですが、



まだまだ震災後の混乱のさなかだったので、写真を撮りそびれました。



どちらも一年に一回のお楽しみですので、



来年も楽しめるよう、ちゃんと手入れをしておきたいと思います。



 



自家製タラの芽の天ぷら、美味そうですねと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

2011年の花見その1-信州国際音楽村の水仙


軽井沢に越してきて以来、



我が家の花見は3月中旬の秋間梅林の観梅からスタートするのですが、



今年はちょうど祖母の入院に震災が重なり、



秋間梅林の梅は見そびれてしまいました。



4月には行って少し落ち着いてきたので、



今年は信州国際音楽村の水仙から花見をスタートしました。



旧丸子町の高台にある信州国際音楽村は、



昨年初めて水仙を見に行ったのですが、水仙が実にきれい。



今年も、ちょうど満開に近くなった時期に行くことが出来ました。



出かけたのは、ちょうど一ヵ月ほど前の4/10。



ほかの花と同様、見頃が1週間ほどあとになってしまったようですが、



上手いこと休みと重なり、一番の見頃に見に行けたようです。



20110513-1.jpg



黄色の絨毯のように咲く水仙。これだけ咲きそろうと、壮観ですね。



色がそろっているので、余計にきれいに見えるのかもしれません。



20110513-2.jpg



こちらもほぼ満開ですね。



20110513-3.jpg



斜面に沿って、一面に水仙が咲くさまは、本当にきれいです。



午後少し遅い時間帯でしたが、まだまだ多くの人が水仙見物をしていて、



人が入らないように写真を撮るのは無理でした。



昨年は少し早かったので、上の写真の斜面の水仙は、



まだ7分咲きぐらいだったのですが、今年は文字通り満開。



逆に、去年はきれいに咲いていた芝桜は、今年はまだまだでした。



満開になったらきれいだったでしょうね。



20110513-4.jpg



そして、花見が終わったら温泉、温泉!



と言うことで、千曲川沿いに上田原に向かい、そこから昨日ご紹介した



ささらの湯に向かったのでした。



花見して、風呂入ってと、信州で過ごす休日は、実に有意義です。



 



信州国際音楽村の水仙は、毎年本当にきれいですよねと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

室賀温泉 ささらの湯


さて、先日もご紹介した通り、ブログを休んでいる最中にも



せっせと温泉通いは励んでおりました。



本日ご紹介するのは、上田の郊外にある「室賀温泉 ささらの湯」。



20110512-1.jpg



肌がすべすべになる美肌の湯として売り出し中のこの温泉、



うちの奥さんが昨年お友達と出かけて、とてもよかったというので



是非行って見たかったのですが、行こうと思ったときには改修中だったりして



なかなか行く機会がなく、ようやく出かけられました。



上田原から青木村方面へ向かい、そこから少し道を折れて里山の方に入っていくと



このささらの湯があります。そんなに新しくはありませんが、なかなか斬新な建物です。



20110512-2.jpg



泉質は単純硫黄泉。どちらかというと、別所温泉系の泉質で、



確かに肌がすべすべになります。とても気持ちのよい湯でした。



地元の方にはとても人気の温泉らしく、先日の布施温泉に比べると



館内も広々しているにもかかわらず、かなり混雑。



この泉質ならば、宜なるかなという感じですね。



と言うことで、東信地区の日帰り温泉施設は、なんだかんだ制覇した形になりますが、



その中でもここの泉質はかなり上位に入ります。



肌が荒れがちになる冬場にまた是非行ってみたいと思います。



 



ささらの湯、なかなか良さそうな温泉ですねと思った方は



こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

一雨ごとに育つ草木


今朝は本格的な雨の朝。昨日も天気がぐずついていましたので、



これで2日連続の雨模様です。軽井沢はそれほどでもなかったようですが、



北信や南信などではずいぶん強い雨が降ったようですね。



特に、地震で大きな被害を受けた栄村が心配です。



せっかく復興に向けて歩みを勧めているので、



どうかそれを邪魔するような雨は降らないで欲しいものです。



さて、災害の危険を高めるような雨は困りますが



この時期の適度な雨は植物にとってはまさに恵みの雨。



ここ数日の雨模様で、植物の生長が一気に進んだようです。



我が家のモミジも白樺もいつの間にかここ数日で葉がついて、



今朝会社に出かける際には結構青々としていました。



さて、我が家の庭で今一番花盛りなのはこちらのチューリップたち。



20110511-2.jpg



一足早く咲き始めた黄色のチューリップに加えて、



赤いツートンカラーのチューリップも咲き始めました。



なかなかきれいですよ。



2カ月前、ちょうど震災の翌々日に撮影した同じ場所では、



ようやく小さなスノードロップが咲き始めたところでした。



20110511-1.jpg



遠くにはうっすらと雪も見えますね。チューリップを植えた位置には



まだ何にもなかったのですが



わずか2カ月でこんなきれいに咲き誇るとは、



植物の力はすごいものです。



そして、我が家の庭ではほかの植物も次々と育ってきました。



こちらは昨年植えたジャーマンカモマイル。



20110511-3.jpg



冬越し出来るか心配だったのですが、何とか越せたみたいです。



そしてこちらはようやく芽が出始めたギボウシ。



20110511-4.jpg



これは昨年一番形がきれいだったのですが、



ちゃんと上手く育ってくれますでしょうか。



明日ぐらいまで雨が降るようですが、



週末はさわやかな天気になりそうです。



雨上がりの我が家の庭がどう変化を遂げているか、



この週末がちょっと楽しみです。



励みになりますので、是非こちらからポチッと!



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ



banner_03.gif

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR