FC2ブログ

本州での観測史上最低気温更新の菅平でスキー

今朝も寒かったですね。
朝8時前の、我が家の温度計は氷点下14度以下。

20120219-1.jpg

外気温より1度から2度高く表示される我が家の車の温度計も、
氷点下14度を示していましたので、
実際には氷点下15度ぐらいだったと思われます。

20120219-2.jpg

軽井沢の最低気温としては、氷点下16.9度を記録したみたいですね。
先日の氷点下18.6度に続く、この冬2番目の寒さだったことになります。

しかし、同じ長野県で、それどころではなかったところがあります。
それが菅平。なんと、本州での観測史上最低気温を更新する、
氷点下29.2度だったそうです。

で、朝早く起きて、我が家が向かったのがどこだったのかというと、
その極寒の菅平にスキーに出かけたのでした。

20120219-6.jpg

道理で寒かったわけだ・・・
軽井沢からは1時間ほどなので、
9時ぐらいには現地に到着したのですが、
ゲレンデに着いた時点で、まだ氷点下10度ぐらいでした。

そんな寒い菅平でしたが、ゲレンデはすごい人出です。
特にちびっ子がたくさん。

20120219-7.jpg

なぜかと思ったら、今日は子供のリフトがただの日だったのですね。
なので、ものすごくたくさんのちびっ子&その親やおじいちゃんたちなどで、
大賑わいでした。

ちびっ子が多いのを当て込んでか、こんな方も登場。

20120219-9.jpg

ローソンのPontaカードのキャラクタ-、ポンタがなぜかゲレンデに。
どうやらPontaカードのキャンペーンに来ていたみたいです。

そんな菅平ですが、寒いのを除けば絶好のスキー日和。
雪質は極上のパウダースノーで、
歩けばキュッと音がするほどです。

20120219-3.jpg

豪雪が続いていた北信も今日は晴れたようで、
飯綱高原や戸隠などのスキー場と、北アルプスの峰々が
とてもよく見えました。

20120219-5.jpg

写真にはよく写らなかったのですが、
奥ダボスからだと長野市の中心部もよく見えるのですね。
今度長野市側から注意してみてみたいと思います。

今日はうちの奥さんも一緒に滑りに行ったのですが
あまりのコンディションの良さにご満悦です。
完全防寒で、どこの誰だかわからないので、
そのまま載っけてしまいます。

20120219-4.jpg

菅平が素晴らしいのは、標高が高く雪質がよいのに加え、
今日のように晴天率が高く、しかもいろんなコースがあるので
ツアー的に楽しむことが出来るのが魅力です。
遮るものがない大ゲレンデが多いので、
スキーの滑走感は格別です。
今日も大満足のスキーでした。

今年は昨年末に湯の丸に行って以来、
ずっと軽井沢プリンスでばかり滑っていたので、
たまにはほかのスキー場も行ってみたいと思っていたところでした。
軽井沢から下道通ってちょうど1時間ほどなので、
これからシーズン終盤にかけて、
いよいよ軽井沢の雪質も緩んでくるので、
どんどん菅平に行きたいと思います。


そんな寒い菅平に、わざわざ出かけたのですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

第9回長野灯明まつり

さて湯田中をあとに、いよいよスノーモンキーで
長野へ向かいます。

20120218-1.jpg

車内はほとんど成田エクスプレスの時代と変わらないですかね。
湯田中からは40分あまりで長野に到着します。
湯田中に行く際は屋代から各駅を乗り継いでいったので
ずいぶん時間がかかりましたが、特急だと快適な列車の旅です。

20120218-2.jpg

長野駅では、田園都市線の車両と旧成田エクスプレスの車両がご対面と、
なんだかちょっと不思議な感じです。
そして終着長野駅は、地方都市では珍しい地下駅。
この駅も、いいあんばいにレトロ感あふれる駅です。

20120218-3.jpg

地下駅を上がると、そこはJR長野駅前の広場になります。
ここから軽井沢へ戻る・・・のではなく、
そのままバスで善光寺で開催中の長野灯明まつりに向かいました。
これが今回のもう一つの目的です。

長野オリンピックを記念して始まった長野灯明まつりも
今年で9回目だそうです。
昨年はかなり強い雪が降っていましたが、
今年は比較的暖かい観覧日和となりました。

まずは、仁王門。今年もオレンジ色にライトアップされています。

20120218-4.jpg

仁王門に安置されている仁王像がライトアップされ、
なんだかすごみを増した感じです。

20120218-5.jpg
20120218-6.jpg

仁王門を抜けると、土産物屋などが並ぶ善光寺の参道になりますが、
比較的暖かかったことと、始まって初めての週末ということで、
結構な人出でした。

20120218-7.jpg

暗いので押し合いへし合い、参道を進むと
次は山門が青紫色にライトアップされています。

20120218-8.jpg
20120218-9.jpg

そして、その山門を抜けるといよいよ善光寺本堂。
こちらは昨年と同様、正面は深紅のライトアップです。

20120218-10.jpg
20120218-11.jpg
20120218-13.jpg

ただし側面は紫色にライトアップ。
ちょうど正面に回るところがグラデーションになり、
とてもきれいです。

20120218-12.jpg

そしてもう一色は鐘楼。こちらは緑にライトアップされています。

20120218-14.jpg

長野灯明まつりではもう一つ恒例なのが
表参道を通行止めにして行われるゆめ灯り絵展。

20120218-17.jpg

こちらは毎年テーマを決めて、一般公募した切り絵を行灯にしつらえ、
表参道に展示して、コンテストを実施するというものです。
今年も、玄人はだしの作品が数多く展示されていました。

20120218-15.jpg

表参道では、こちらの夜景もきれいでしたよ。
昼間も堂々たる建物の藤屋御本陣。

20120218-16.jpg

是非ここのレストランに行ってみたいのですが、
いつもは昼に来ることが多く、ブライダルで貸し切りというのがほとんど。
今回はなんと一般営業中だったみたいなのですが、
残念ながらしなの鉄道の終電の時間が迫っていて、
あきらめざるを得ませんでした。いや、残念。

ということで、今回は列車の旅だったので、
バスで長野駅へ向かいます。
軽井沢行きのしなの鉄道の最終は21時4分。
何とか間に合い、長い長い一日が終わりました。
帰りのしなの鉄道は、ほとんど夢の中だったことは
いうまでもありません。
でも、久しぶりに在来線だけをつかった鉄道の旅、
なかなか楽しかったですよ。
機会があったら、また別の路線も乗ってみたいと思います。

ちなみに長野灯明まつりは、明日までです。


灯明まつり、きれいですねと思った方はこちらからポチッと!
そして在来線の旅も面白そうと思った方もこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

湯田中駅前温泉「楓の湯」

さて、4月1日に廃止になる長野電鉄屋代線に乗車し、
次はいよいよ須坂から目的地の湯田中を目指します。
この湯田中までの長野線は、学生時代から
志賀高原に行くために、何度か乗ったことがある路線です。
りんご畑の中を走る風情ある路線で、
途中駅の信州中野を過ぎると、
ちょっとした山岳路線となり、高社山を望みながら
終点湯田中へ向かいます。

この日は軽井沢を午後1時頃出たのですが、
かなり遠回りをしたこともあって、
湯田中についたのは、すでに日が傾き始めた夕方5時頃となりました。

20120217-0.jpg

雪が多い今年ですが、中でも北信はひときわ雪が多いので、
湯田中ももっと雪が多いのかと思ったら、
それほどでもありません。
軽井沢よりもう少し多い程度です。

今回は、この湯田中の駅前にある、
湯田中駅前温泉「楓の湯」が目的地です。

20120217-3.jpg

どこにあるのかと思ったら、
今乗ってきた電車の反対側のホームの上にあります。
駅前、というよりほぼ駅ナカですね。

20120217-1.jpg

現在の湯田中駅の反対側にある、旧湯田中駅舎を利用して
建てられたのがこちらの楓の湯。
気軽に開湯1300年を超える名湯湯田中温泉の湯を楽しむことが出来る
町営の日帰り温泉施設です。
駅前ではあるのですが、駅から直接は入れず、
いったん湯田中駅を出てから線路沿いにぐるりと反対側に回ります。

20120217-2.jpg

手前が旧湯田中駅舎で、
その奥に「ゆ」と書かれたのれんが掛かっている建物が
楓の湯です。その前には大きな足湯もありました。

20120217-4.jpg

早速中に入ります。ホームの上に建てられているため、
建物はとても横長。
うなぎの寝床のような廊下をまっすぐ行くと、
左手に湯田中駅が望める休憩スペース
その奥に男女別の浴室があります。
やはりスペースに限りがあるため、
脱衣所や浴室はかなり狭め。
洗い場の数もとても少ないので、
人が多いと待っている必要があるほどです。
内湯のほかに露天風呂もあるのですが、
こちらもスペースが限られているためか、
ものすごく横長の風呂で、7~8人も入ったらいっぱいになりそうです。
とはいえ、湯はさすがに名湯湯田中温泉の湯。
泉質はナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉で、
とろりとした、肌がつるつるになる本当によい湯です。

内湯は熱めで、露天はぬるめ。
やはりこの時期、外は寒いので仕方がないですね。
でも、かわりばんこに入っていると、
新陳代謝がよくなり、ぽかぽかに温まってきます。
内湯は結構熱い湯なので、露天でクールダウンできるのが
ちょうどよい感じです。

入浴料は大人300円なのですが、
今回我々が使ったのがこちらの切符。

20120217-10.jpg

長野電鉄の往復乗車券と楓の湯の入浴料がセットになった切符で
出発地からのゾーン制の運賃になっています。
ゾーン制なので、今回の我々みたいに、
屋代から乗って、長野で降りるというのもOK。
しかも特急にも乗車できます。
長野からも屋代からも、湯田中までは片道1130円で
特急券は100円なのですが、この入浴料セットの切符は1500円と
ものすごくお得です。

さて、ゆっくり温まり、楓の湯を出ると、辺りはもう真っ暗。

20120217-5.jpg

ちょうど湯田中始発の特急長野行きの時間が迫っていたので
湯田中駅へ急ぎます。

20120217-7.jpg

この湯田中駅、先ほどの楓の湯があったのが旧駅舎ですから、
「新駅舎」のはずなのですが、相当年季が入っています。
屋代駅も相当レトロな感じですが、
こちらも3丁目の夕日の世界にタイムスリップしたみたい。

20120217-8.jpg

LEDの電光表示がなければ、まるで昭和30年代です。

20120217-9.jpg

駅の構内には、湯田中温泉の各旅館の方が、
昔ながらの小旗を持って迎えに来ていたりして
まさに日本の正しい温泉地の玄関口といった風情です。

しかも、列車が到着するたびに、
ブンチャカブンチャカと古風なBGMが。
これは、古賀政男作曲、西沢爽作詞の「美るわしの志賀高原」と
いう曲だそうです。
YouTubeに動画がありましたので、リンクしてみました。



長野電鉄、なんだかレトロを売り物にしているでしょうか?

しかし、車両は別です。
この日の特急車両は、昨年新登場した
旧成田エクスプレスの愛称「スノーモンキー」。

20120217-11.jpg

いよいよこの車両に乗って、長野に向かいます。

20120217-12.jpg

はぁ、大旅行ですね、今回は。


湯田中温泉、良さそうな温泉ですねと思った方は
こちらからポチッと!
今度は旅館の日帰り湯に行ってみたいと思っています。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

4月に廃止になる長電屋代線に乗ってみた-3

さて、初めて乗った、そしておそらくは最後になるであろう
長野電鉄屋代線の旅、いよいよ列車が動き始めました。
屋代駅からは、ほぼ1時間に1本の割で発車ですが、

20120215-7.jpg

始発駅の屋代駅での乗客はまばら。
わずかにいる乗客は、我々も含め、
今回廃止になるのを聞きつけて乗りに来たと思われる人たち。
かなり鉄ちゃん率が高い列車です。

20120215-10.jpg

屋代線は、元々長野電鉄河東線と呼ばれ、
屋代から木島までを結ぶ路線だったそうですが、
途中駅の須坂から木島までは2002年に廃止に。
残った屋代から須坂までの13駅の区間が
屋代線と呼ばれるようになったそうです。

20120215-11.jpg

この屋代線、乗客が少ないためか、
料金回収のシステムはまるでバス。
乗車するときには、運転手のすぐ後ろにある入り口から入り、
整理券をとって乗車します。

20120215-12.jpg

そして、整理券の番号ごとに、料金が表示されるので、

20120215-13.jpg

その表示された料金を、運転手の脇にある料金箱に入れて
下車します。

20120215-14.jpg

何度も言いますが、まるでバスです。
あ、肝心なことを書きませんでしたが、
須坂や松代、屋代などめぼしい駅以外では、
運転手のすぐ後ろのドアしか開きません。
なので、こんなバスみたいな乗り方が可能なのです。

真田家の城下町で、濃厚な温泉が有名な松代を過ぎると、
程なく終着の須坂に到着。屋代~須坂間およそ24キロを
40分ほどかけて走ります。

2012026-2.jpg

この須坂で長野から来る長野線に乗り換え、
湯田中を目指すことにしました。
こちらは長野電鉄の本線と言うことで、
結構本数があります。

20120216-3.jpg

とはいえ、少し待ち時間があるので、
ホームで電車を待っていたら、
なんと反対側に入ってきたのは、田園都市線の車両。

20120216-1.jpg

この車両、今でも田園都市線と、乗り入れしている半蔵門線を走っていますし、
我が家は夫婦ともども半蔵門線、田園都市線を利用していたので、
なんだか長野にいることを忘れそうな感じです。

ちなみに須坂駅の片隅に、長野電鉄オリジナルの車両が留置されていましたが、
どうもかなり痛みが激しいようなので、
今の主流はこのような東京の地下鉄、私鉄の払い下げ車両なのでしょうね。

20120216-2.jpg

そうこうしているうちに、湯田中行きが入ってきました。

20120216-4.jpg

こちらも旧日比谷線車両ですが、
赤いラインが加えられ、冷房化もされています。
ちなみに屋代線の車両は、冷房なしでした。
夏は暑かったでしょうね。
さて、発車となりましたが、
またまた長くなりましたので、続きはまた明日。


バスみたいな電車だったのですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

4月に廃止になる長電屋代線に乗ってみた-2

昨日の見出しは間違えていましたね。
長電屋代線に乗ってみた・・・という見出しにしてみましたが、
正しくは乗車駅の屋代駅に行ったところで書き込みを終えてしまったので、
まだ屋代線には乗っていませんでした。
しかも廃止になるのは3月いっぱいかと思っていたら、
4月1日廃止でした。なので謹んで、昨日の分も含め
タイトルを変更いたします。

ということで、今日はその続きです。
いよいよ屋代駅でしなの鉄道から乗り換えて、
長野電鉄屋代駅に向かいます。
この駅がすごかった。

20120215-1.jpg

しなの鉄道の跨線橋を上がると、昨日もご紹介した
長野電鉄乗り場の看板が設置されており、
それをくぐると長野電鉄の屋代駅に続き跨線橋になるのですが、
上の写真を見ていただいての通り、
なんと木造の跨線橋なのです。

20120215-2.jpg

床も板を張っただけ。そして通路の幅も、びっくりするほど狭くなります。
今時こんなレトロな駅があったのですね!
驚いてしまいました。

20120215-3.jpg

そして突き当たりの看板通りに階段を下りると、
そこはもうタイムスリップの世界。
21世紀の今日の駅とは思えません。

20120215-5.jpg

3丁目の夕日が、CGではなく、実車で撮影できそうです。
何しろ、ホームの屋根はすべて木造。見事な木組みの小屋裏ですね。

20120215-6.jpg

そして、駅名標はほぼ高松塚古墳状態です。
いつ作成したものなのでしょう!
完全に下地の色が抜けてしまって、
透明の地にうっすらと「やしろ」という文字が見えるだけです。

20120215-8.jpg

待合室は、2回ほど体当たりしたら壊れそうなほど
もうボロボロです。
おそらくは大赤字の路線だったのでしょうから、
設備投資などもう何年もしていなかったのでしょう。
しかし、ここまでレトロなまま放置されていると、
文化財としてこのまま残したいようです。

そうこうしているうちに、2両編成の折り返しの列車が入ってきました。

20120215-9.jpg

なんと、子供の頃走っていた営団地下鉄(現東京メトロ)
日比谷線の車両ですよ。
なつかしいなぁ。
丸っこいステンレス車がとても印象的な日比谷線でしたが、
まさか長野でまた見られるとは思いませんでした。

いまは、2両の細々とした編成ですが、
長野新幹線が開業するしばらく前までは、
上野から湯田中までの直通急行が走っていて、
この屋代駅から長野電鉄に乗り入れて、
志賀高原の玄関口である湯田中まで結んでいたそうです。

今回は、せっかくなのでその湯田中まで行ってみることにしました。
湯田中駅に隣接するという日帰り湯に立ち寄り、
帰ってくるという企画です。
さあ、いよいよ発車ですよ・・・
と、また長くなってきましたので、この続きはまた明日。


すごいレトロな電車だったのですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

4月に廃止になる長電屋代線に乗ってみた-1

今日も軽井沢は夕方から雪。雪の量も、昨日より多い感じでしたが、
雪質は上雪と呼ばれる水分の多いべちゃっとした雪です。
そのため、交通量の多い国道などはすでに溶けていましたが、
始末が悪いのが1月20日の雪が凍り付いている裏通り。
我が家の近くの道は日あたりも悪く、
しかもひときわ雪が多いエリアなので、
まだまだ凍結路がたくさんあり、そこに水分の多い雪が降ったことで、
滑る滑る。
昨日は、私がすってんころりんしましたが、
今日は車が一回転しました。いや、恐ろしい。
おかげさまで道幅があり、対向車などいなかったので
車も私も何ともありませんでしたが、
氷の上に水分の多い雪が積もると、スリップしてきわめて危険です。
明日の朝もきっと注意が必要ですね。

さて、昨日ご紹介しようと思って、
雪の話題をご紹介したので、1日遅れてしまったのですが、
先週末、突然思い立って、
3月で廃止になる長野電鉄屋代線に乗りに行ってみました。

軽井沢からは、しなの鉄道で屋代へ。
そこで長野電鉄に乗り換えます。
まずはしなの鉄道です。

20120213-3.jpg

しなの鉄道に乗るのは、かなり久しぶりです。

20120213-4.jpg

車両がオンぼろいのが玉に瑕ですが、
車窓の風景は絶景。
軽井沢から先の長野新幹線はトンネルばかりなので、
景色を眺めるならば、断然しなの鉄道です。

特に素晴らしいのが、追分、御代田間の車窓から見る浅間山。

20120213-5.jpg

遮るもののない畑の先に望む浅間山はまさしく絶景です。
今回は下りに乗車していましたが、
もっと素晴らしいのは御代田から上りに乗ると、
浅間山に向けてカーブを描きながら、大パノラマが望める
素晴らしい車窓が楽しめます。もっと観光化すれば、
このためだけに金を払って乗る価値があると思いますよ。
今のようなオンボロ車両だけを走らせるのは、実にもったいない。

さて、しなの鉄道、軽井沢から長野方面は、
かなり多くの列車が小諸駅で乗り継ぐ形になります。
なぜこのような運用になっているかはわからないのですが、
長野行きの連絡に10分ほど時間差があります。

退屈なので、ホームをぶらぶらしていたら、
ちょうど反対ホームに小海線の列車が入ってきました。

20120213-6.jpg

おそらく、小海線の接続を待って発車というダイヤになっているのでしょうね。
小海線の到着後数分で、しなの鉄道も発車となりました。
上田、坂城と過ぎて、乗換駅の屋代までは1時間あまり。
長野電鉄は1時間に1本あるかどうかのダイヤなので、
今度は、屋代駅で30分の待ち合わせとなりました。

いよいよ30分経過し、屋代線のホームに向かいます。

20120213-7.jpg

が、ここからはいろいろ驚きの連続。
長くなりそうなので、続きはまた明日ご紹介しますね。
いずれにしても、なんだか思わぬ大旅行になってしまいましたので、
お楽しみに。


続きが楽しみだよと言う方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

久しぶりに雪の軽井沢

先月20日ぐらいに結構な雪が降った軽井沢でしたが、
その後はあまり雪が降りませんでした。
とはいえ、厳しい寒さのため、
1/20の雪がまだまだ溶けずに残っていたのですが、
今日は久しぶりに本格的な雪となりました。

20120213-1.jpg

8時半頃軽井沢駅に着いたときの駅前広場は、
上の写真のような感じで、うっすら道路にも雪がある程度でしたが、
軽井沢町内でもひときわ雪が多い我が家周辺は、
今現在3~4cmほど積もっている感じです。

20120213-2.jpg

今はどうやら止んだようですので、これ以上は積もらないと思います。
気温があまり低くはなく、水分が多い雪なので
明日には溶けてしまうのではないでしょうか。
しかし、その下には先日降った雪がバリバリに凍っていますので
完全に溶けるまでは滑ってとても危険です。
私も駅から駐車場までの間のわずかな距離で、
今日は2回も滑って転んでしまいました。
歩くのも、車も、明日の朝は注意が必要ですね。
私も気をつけます。


いや、今日は滑って怖かったですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

軽井沢のバレンタインを彩るイルミネーション

さて、早いものであさってはチョコの日・・・ではなく、
バレンタインデーですね。
例年、軽井沢ではクリスマスと並んで、
イルミネーションやラブソングアワードなど、
いろんな催し物が開かれます。
昨日は夕方から花火も開催されたとのことですが、
15分間と超短縮バージョンの花火大会となったらしいので、
そちらはパスし、今晩イルミネーションだけ見に行ってきました。
ちなみに今年は「軽井沢の真ん中には愛がある」と題し、
例年以上に気合いが入っている感じです。
・・・Karuizawaとローマ字で書くと、ちょうど真ん中に「i=愛」がある
ということらしいです。

ということで、イルミネーションですが、
昨年末のクリスマスイルミネーションを元に、
アレンジをした感じです。

20120212-2.jpg

矢ヶ崎のイルミネーションならではの
ミニチュアハウスによるイルミネーションや、

20120212-5.jpg

節電が叫ばれるなかのイルミネーションイベントと言うことで登場した
キャンドルイルミネーションなどは、
ほぼクリスマスイルミネーションと同じです。

20120212-3.jpg

異なるのは、そこここにハート型のイルミネーションがおかれていること。

20120212-4.jpg

上にも下にも、無数のハート型のイルミネーションが
ちりばめられています。

20120212-6.jpg

クリスマスのイルミネーションに比べると
こぢんまりした感じではありますが、
それなりにきらびやかで見応えのあるイルミネーションです。
ところが、厳しい寒さが応えたのか、観客はまばら。

写真を撮るにはちょうどよい感じでしたが、
せっかくの気合いが入ったイルミネーションが、
ちょっともったいない感じです。
2月1日に点灯したあとは、週末のみの点灯でしたが、
明日、明後日は連続で21:00まで点灯されるそうです。
お近くの方や、軽井沢に来られる予定の方は、
是非会場を覗いてみてくださいね。

ちなみに、軽井沢プリンスショッピングプラザでも
ウインターイルミネーションを開催中。

20120212-1.jpg

こちらは2月29日まで開催しているそうです。
こちらは通りがかりに撮影しただけなので、
もう少しちゃんと写真撮りに行こう。
冬の軽井沢も、まだまだイベント盛りだくさんで
忙しい・・・・今週はかなり冬のイベントネタを仕入れましたので、
明日以降順次お届けしていきますね。


バレンタインのイルミネーション、きれいですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

軽井沢プリンスショッピングプラザのシークレットセールに行ってきた

先日もご紹介した、軽井沢プリンスショッピングプラザの
町民限定シークレットセールに、
本日午前中行ってきました。
今日は朝からとてもよい天気・・・なのですが、依然として寒い!
昨日の夜の新幹線がものすごく混んでいて、
別に関係ないだろうと思っていた祝日の土曜日は、
意外に混むと言うことが想定できたので、
寒さに耐える完全防寒で、少し早めに出かけてみました。

20120211-1.jpg

雪が降ったのはもう3週間も前の話なのですが、
先週末の雨にも溶けることなく、まだまだ結構厚い雪に
地面が覆われています。
こうしてみてみると、まだまだ真冬な感じですね。

早く出かけたせいか、駐車場もとても空いていて・・・
とおもったら、どうやら関越がかなり混んでいたようですね。
帰る頃には車がびっしりで、
スキー場からの車もあふれて駐車しているようでした。
とはいえ、車が混んでいたのはスキー場の車があふれたからで、
肝心なプリンスショッピングプラザの方の人出は
それほど多くありませんでした。

20120211-2.jpg

おかげで、ゆっくりと買い物が出来ました。
いくつかの店では、本当にアウトレット価格からさらに割り引いてくれる
町民限定割引が有効で、
とてもよい買い物が出来ましたよ。
来週日曜日までやっているので、
明日もスキーの帰りに寄ってみたいと思います。

そして、町民だけがお得なのでなく、
この時期は店頭でお得なクーポン券を配っていたり、
大幅値下げになっていたりで、
町民以外の方も意外にお得な買い物が出来るチャンスがありました。
シーズンオフな今こそ、思いがけない掘り出し物を
安く買えるチャンスなのかもしれませんね。
この時期のプリンスショッピングプラザは、要チェックです。


シークレットセールなんてうらやましいと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

塩沢通りの隠れ家イタリアン「ロゼッタ」

先日も書きましたが、2月になって冬眠する店が増え、
「あれが食べたい!」とおもっても、「あ、今月は休みだ」
なんていうことが、この時期はとてもよくあります。

そんな軽井沢ですから、2月に営業している店はとても貴重で、
しかも食べて美味しくて、開いている店となると
本当に本当に貴重な存在です。

そんな店の一つが、塩沢通りを少し入ったところにある、
トラットリア「ロゼッタ」さん。
先日出かけた帰りに、今年初めて伺ってきました。

20120210-1.jpg

場所は、国道18号のバイパスの南側、
塩沢通りをタリアセンの方向に向かって一つ目の角を
左に曲がったところにあります。

今回は夜伺ったので、アラカルトでお願いしました。
まずお願いしたのが、生サラミとモッツァレラチーズのサラダ。

20120210-2.jpg

その名の通り、新鮮な野菜の上に、
生サラミとモツァレラチーズがたっぷりのサラダです。
新鮮な野菜の中でも、ここのトマトはかの有名なアメーラトマト。
貴重なトマトが、たっぷりと入っています。
もちろん味は絶品。とてもトマトらしいトマトの味がします。

美味しいサラダのあとはいよいよピッツァ。
今回はベーコンと黒オリーブのピッツァをお願いしてみました。

20120210-3.jpg

こちらの生地は、クリスピータイプ。
薄手で軽い生地に、たっぷりの刻み黒オリーブと、
たっぷりの細切りベーコンがトッピングされ、
濃厚なチーズが載せられて焼き上げられています。
生地の軽さに反して、味はこってりとした味。
これがやみつきになるのです。

もう一品、お願いしたのはパスタで、
今回は明太子と彩り野菜のクリームリングイネをお願いしました。

20120210-4.jpg

このリングイネは、生パスタだそうですが、
もちもちでとても美味しい。
野菜たっぷりの明太子風味のクリームソースは
結構濃厚な味で、もちもちのパスタに実によく合います。
昨年末にランチに伺った際にはやはり生リングイネで
冬限定メニューの牡蠣とキノコのクリームソースをお願いしたのですが、
こちらも絶品でした。

この日はとても腹が減っていたので、悩んだ結果
ピッツァをもう1枚注文。
悩んだ結果、辛口ソーセージとアメーラトマトをお願いしました。

20120210-5.jpg

ぴりっと辛いスパイシーなソーセージと、
焼き上げられて甘みを増したアメーラトマトがよいコントラストとなる
パンチの効いたピッツァになっています。
これもとても美味しくいただきました。

こちらの店に伺う楽しみは、
料理の味もさることながら、
気さくなオーナーご夫妻との気の置けない会話も楽しみ。
お忙しいときにはなかなかそうも行きませんが、
この時期はゆったりした雰囲気なので、
お伺いするたびについつい長話をしてしまう
とても居心地のよい店です。

夏はお忙しくなるので、
忙しくなる前に、またどんどんお伺いしようと思います。


ピッツァが美味そう!と思った方はこちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR