高崎の真言宗別格本山慈眼院って一体?

先週は良い天気でしたが、今週はもう一つでしたね。
我が家は昨日は所用があって東京に行っていたのですが、
きれいな紅葉は先週のうちに見ておいて良かったです。

さて、その先週群馬方面に下りた話題、まだまだ続きます。
昨日ご紹介した、少林山達磨寺を参拝しても、昼ちょっと過ぎたぐらい。
途中昼食を済ませても、まだ時間があるので、
もう少し足を伸ばしてみることにしました。
向かったのはこちら。また寺です。

20161113-29.jpg

なかなか由緒ある感じの山号ですね。別格本山とあります。
で、この寺はどんな寺かというと、
木立の間から上を見てみると分かります。
はい、上を向いてみましょう。
すると、あっ!

20161113-30.jpg

そうなんです、この慈眼院
有名な高崎白衣大観音がある寺だったのです。
こんな立派な寺だというのは、知りませんでした。

20161113-31.jpg

何でも、関東八十八箇所霊場の一番札所だそうですよ。

20161113-32.jpg

早速本堂で参拝。
しかし、毎日通勤の際に主に夜新幹線の車窓から見ている高崎観音ですが、
真下から見てみると、本当にでかい。

20161113-33.jpg

そもそもなぜここにこんな巨大な観音様が建っているかと言うことなのですが、
調べてみたら以外に古く、戦前の昭和11年(1936年)に
地元高崎の実業家井上保三郎が高崎の発展などを祈願して建立したものだそう。
つまり、今年でなんと建立80周年。
そんな昔からあるものだとは思いませんでした。
寺自体は、元々高野山の塔頭寺院として高野山にあったそうですが、
昭和16年に高崎に移転したそうです。
その後、境内を整備し、現在の本堂は昭和61年に建てられたとのことでした。

せっかくなので、正面から・・・と思ったのですが、
ちょうど逆光なので、少し右斜め前から参拝。

20161113-35.jpg

しかし、しげしげお顔を拝見すると、なかなか美形の仏様。

20161113-36.jpg

何度か修理もされているそうですが、
コンクリートで作られているにもかかわらず、
あまり古さを感じさせません。

この高崎観音がある慈眼院境内も、
高崎駅からそれほど遠くない所ながら、
そこそこ標高があるためか、結構綺麗に紅葉していました。

20161113-34.jpg

最後に御朱印を。

20161113-60.jpg

大白衣観世音と書かれていました。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

ダルマさんのふるさと、少林山達磨寺

さて話題は先週の妙義山~上州一ノ宮貫前神社の続きに戻ります。
妙義山の紅葉を見て、貫前神社に参拝しても、まだ11時前。
軽井沢からは、それだけ近いんです、この界隈。
まだまだ時間があるので、次に向かったのはこちら。

20161113-28.jpg

高崎と言えば、ダルマ
そのダルマさんのふるさと、少林山達磨寺です。
ここは、国道18号を高崎方面に向かうと、
高崎の市街地手前の碓氷川を越えるとすぐの場所にあり、
前は何回となく通っているのですが、行くのは初めて。
紅葉が見ごろだよという情報を得て、せっかくならばと立ち寄ってみました。
確かに結構綺麗に色づいています。

20161113-25.jpg

北向きの斜面に建てられているのですが、
駐車場は一番下と、一番高いところにあるという
ちょっと変わった造り。
我が家は一番高いところに駐めたので、
本堂からだんだん下がって境内を散策する形です。

こちらが達磨寺の本堂。

20161113-24.jpg

先ほどのダルマさんは、この本堂の両脇に
奉納されたものが積み上げられていたのでした。
しかし、この本堂、造りが寺っぽくありませんね。
よく調べたら、権現造りという、神社の様式で立てられたものでした。
なるほど、こうしてみると、神社みたいです。

20161113-26.jpg

この本堂に向かうには、この長い階段を上ります。
結構急なので、目が悪い私に取っては、下りるのが大変。
足が悪いお年寄りも大変でしょうね。

20161113-23.jpg

この右手に、もう少しなだらかな階段があるので、こちらの方が
下るときには楽かな。我が家もこちらを下りました。

20161113-27.jpg

途中に古いお堂があり、その前のモミジは特に綺麗に色づいていました。

さて、本堂から一段下りた場所が、寺務所などがある一角。
ちなみにこの達磨寺黄檗宗の寺院です。
禅宗の宗派は臨済宗と曹洞宗が2大宗派ですが、
それに次ぐのがこの黄檗宗
本山は京都の宇治市にある万福寺で、京阪電車の宇治線には
その名も黄檗という駅があります。子どもの頃は鉄道少年だったので、
全国の鉄道の路線図を見て、難しい駅名の読み方を調べていたのですが、
その中でも有数の難読駅名だったのを思い出します。
ちなみに「おうばく」と読みますよ。

少し話がずれましたが、この黄檗宗は、普茶料理でも有名です。
禅宗の中でも、とりわけ中国の影響が強いと言われる宗派で、
この黄檗宗の精進料理は、少し中華料理の影響がある精進料理と
言われています。
かつて、東京の根岸にこの普茶料理の専門店があり、一度行ったことがありますが、
少し長崎の卓袱料理にも似た、なかなか不思議な料理でした。
黄檗宗の寺ではいただけるところが多いので、達磨寺はどうなのか調べてみたら、
昔は普茶料理を出していたようですが、今は止めているようですね。

この寺務所の脇には建物を繋ぐ門のようなものがあり、
その下から下りの長い階段があります。

20161113-22.jpg

この門の上には、招福の鐘という鐘があり、
だれでも突けるみたいでした。

この下り階段がまた結構長くて急。
下から上がってくると、なかなか息が切れそうな階段です。

20161113-21.jpg

かなり立派な総門があるようでしたので、
次はここから頑張って上がってみますかね。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

雪かき道具勢揃い

今日はまたまた寒い朝だった軽井沢。
明日は朝から雨ですが、さっきの天気予報では、
朝方雪マークもついていました。
暖かだった昨年も、初雪は11月20日過ぎ。
そろそろいつ降ってもおかしくない時期になってきました。

といつことで、軽井沢のホームセンターは
ただいま雪かき道具大販売中。

20161113-37.jpg

我が家も引っ越した当初に買ったスコップが
ダメになったので、今年は一つ新調するようですが、
一回でもどかっと降ると突然売り切れたりするので、
早めに買わなきゃ。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

軽井沢駅に早くもクリスマスツリー

昨日の夜、軽井沢に帰ってきたら
改札前が何やら華やかに。



そうなんです、早くもクリスマスツリー
改札前に登場しました。
東京でも、昨日丸ビルの前を通ったら
クリスマスツリーが飾られていましたが、
軽井沢駅も負けず劣らず早いお目見えです。

私が軽井沢が最も美しいと思うのは、
クリスマスから初雪で真っ白になる頃まで。
この時期に来ない別荘の方は、
本当に勿体ない。
今年もバレンタインまで美しく輝く
冬の軽井沢を満喫したいと思います。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ゆかりは古し貫前神社

と、タイトルのこのフレーズを聞いて、おお!と思ったあなたは
群馬県の方ですね!
妙義山の次は、かの上毛かるたで「ゆかりは古し貫前神社」と詠まれる
上野国一之宮貫前神社に行って来ました。

20161113-16.jpg

「貫前」と書いて、「ぬきさき」と読みます。
場所は、軽井沢の隣町、富岡市にあります。

正直、今回御朱印帳を始めて、
信州が境を接する十カ国の一之宮に参拝しようと思って
いろいろ調べるまで、上州の一之宮が軽井沢の隣町にあるとは
全く知りませんでした。
よく見たら、高崎から下仁田を結ぶ上信電鉄の駅に
「上州一ノ宮」という駅があるんですけどね。
上野国一之宮貫前神社は、この上信電鉄・上州一ノ宮駅から
それほど遠くない場所にあります。
今回はあちこち寄り道しながら行きましたが、
直行すれば、下道でも軽井沢からも1時間かからないと思いますよ。

さて、さすがは一之宮。結構急な坂道の上に、
立派な大鳥居があります。

20161113-12.jpg

さらに、階段を上ったところから後ろの方向を振り向くと
先ほど写真を撮ったのは、ちょうど階段下の駐車場になっているところで、
そこからさらに坂道で道路が下っているのがおわかりいただけると思います。

20161113-14.jpg

つまり、一番上の写真の大鳥居があるのは、
結構標高が高いところになります。
神社は、神様をお祭りするところなので、天に近い、標高の高い場所に
お社があるのは、良くあることですね。
ましてや一之宮ですから、やはり高いところにあるのでしょう。

で、この階段を上ったところから、逆側を振り返ると、
神社の入り口となる、総門があります。

20161113-15.jpg

この日はちょうど七五三詣での日で、
結構な人が参拝に。

その七五三詣での人をすり抜け、
総門をくぐると、なんと驚きの光景が。

20161113-18.jpg

なんと、大鳥居の高さまで、結構登ったのですが、
総門をくぐったら、本殿に向けて階段を下るのです。
こんな神社、初めて見ました。

調べたら、日本三大下り宮の一つだとか。
ほかの二つは、いずれも九州にあり、
宮崎の鵜戸神宮、熊本の草部吉見神社だそうです。

しかし珍しい神社ですね。
創建は、西暦531年だそうですから、
なんと創建1500年も経つことになります。
このような場所に鎮座したのは、きっと何かのゆかりがあったのでしょう。
文字通り「ゆかりは古し貫前神社」ですね。

さて、本殿かと思ったのは楼門。
こちらも七五三詣での参拝客で、ごった返しています。

20161113-19.jpg

このごったがえす楼門裏に本殿があります。
何でもこれらの社殿は、徳川家光の時代に造営されたそうで、
本殿などは国の重要文化財になっているそうです。
道理で立派な社殿と思いました。

総門脇には、それは見事な大銀杏が。
真っ黄色に色づき、ちょうど見ごろでした。

20161113-20.jpg

最後に御朱印を。
先日の駿河国一之宮・富士山本宮浅間大社と同様、
実に力強い御朱印でした。

20161113-61.jpg

さあ、次は武蔵国一之宮・大宮氷川神社かな。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

先週末の紅葉前線は、ちょうど碓氷峠「めがね橋」付近に

妙義山の紅葉があまりにきれいで、少しでも早くと思って
先に紹介してしまったのですが、
日曜日の行動を整理すると、
朝起きたらとても良い天気で、家にいるのはもったいないと
どこかへ出かけようと思いつつも
少し体調が思わしくないので、近くで紅葉がきれいそうな
妙義山に行ってみようと出かけたのでした。

久し振りに、オキザリスさんで朝ご飯をいただいて、
この日は旧道を横川へ。そこから妙義山に向かう算段です。
途中、通称「めがね橋」の名で親しまれる、
旧信越本線横軽線の碓氷第3橋梁で途中下車。

20161113-4.jpg

軽井沢は既に紅葉が色あせてきましたが、
紅葉前線は一足先に碓氷峠をくだり、
先週末はちょうどこのめがね橋あたりからが見ごろになっていました。

20161113-5.jpg

レンガ色のアーチ橋の下に見える、黄色のコナラや
モミジがとても綺麗でした。
ここを鉄道で通ったら、さぞかしきれいな紅葉が見られたでしょうに。
どなたかお金持ちの方、ここに観光鉄道を復活させませんかね。
京都の保津峡のトロッコ列車並に、人気が出ると思うのですが。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今年は台無しな我が家のイロハモミジ

さて、昨日は美しい紅葉をご紹介したわけですが、
今日はダメな紅葉の話題を。
我が家の紅葉シーズンの大トリを務めるはずのイロハモミジ。
とにかく毎年色づくのが遅いのですが、今年はとにかく遅かった。
いつもならば、雲場池の紅葉とほぼ同じ時期に見ごろになるのですが、
10月末でもまだ青々。
ようやく色づき始めたと思ったら、恐れていた霜が。

20161113-3.jpg

もう、こうなったらダメです。
霜がかかったところは、ちりちりに茶色くなってしまいました。
せっかく下の方は結構綺麗に色づいたのに。

20161113-2.jpg

正面から見ても、なんだか全体的に茶色っぽい。

20161113-1.jpg

ことしはあきらめました。
来年に期待しましょう。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

絶景!錦秋の妙義山

昨日に引き続き、今日の軽井沢もとても良い天気。
朝は結構冷え込んだのですが、日が昇るとともに、結構暖かくなってきました。
こんな日は、家にじっとしているのはもったいない。
とは言っても、ちょっと体調が今ひとつで、遠出が心配だったので、
とりあえず、碓氷峠を下りてみることにしました。

軽井沢紅葉、特にモミジ系は、だいぶ色あせてきたのですが、
山を下ると、ただいまちょうど見ごろ。
いろいろ調べて、まさにこの週末が見ごろとのことだった
妙義山に行ってみました。

妙義山と言っても、あの水墨画のような山を登ったわけではなく、
目指すは妙義山の麓にある、妙義ふるさと美術館です。

20161113-8.jpg

この看板の後ろ側を見ると・・・

20161113-6.jpg

お~、満開のコスモスに、ほんのり色づく名峰妙義山
その手前にある、ちょっと変わった建物が、妙義ふるさと美術館です。
今年は全くコスモスを見に行っていなかったので、名残のコスモスを見ることが出来て
これはこれで良かったです。

それで、紅葉はというと・・・

20161113-13.jpg

これは美しい!でも、こんなのは序の口でした。
基本は美術館周辺の街路樹がモミジなのですが、
南向きの斜面で、しかも遮るものがなく日が当たるためか、
とにかく発色が素晴らしい。

20161113-9.jpg

ごつごつとした山肌の妙義山とのコントラストが、実に見事です。
10年も軽井沢に住んでいますが、
紅葉がこんなにきれいだったとは知りませんでした。

20161113-10.jpg
20161113-11.jpg

今年は、信州の紅葉が見ごろの時期に
全く見に行かれなかったのですが、
群馬に下りて、素晴らしい紅葉を見られて本当に良かったです。
来週はもつかなぁ・・・
もしお時間がある方は、是非お早めに。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

今年はスタッドレスタイヤの履き替えはお早めに

さて昨日の雨が嘘のように良い天気となった軽井沢
朝のうちは雲に覆われていた浅間山ですが、
雲がとれたら、あ、積もってる!

20161112-2.jpg

まだうっすらですが、結構広い面積で積もっています。

20161112-5.jpg

恐らく北軽側はもう少し積もっているかな?
おそらくは今年3度目の冠なのですが、
出勤時には雲に覆われていることが多くて、実際に見たのは今シーズン初めて。
いよいよですね、いよいよ。
次に降るときは、里にも積もるかも知れませんよ。

ということで、昨日降るのではないかと思っていたが降らなかったので、
なんとか滑り込みセーフで、今日の午後、スタッドレスタイヤに履き替えてきました。
いつもお願いしているのはこちら。

20161112-3.jpg

タイヤ館の小諸店です。

20161112-4.jpg

このところ、スタッドレスもノーマルタイヤもここで買っていて、
しかもありがたいことにタイヤの預かりサービスがあるので、
軽井沢からはちょっと遠いのですが、
もう何シーズンかこちらでお願いしています。

しかし上の写真、日光の加減が明らかに夕方ですよね。
実は先週予約をお願いしたのですが、既に午前中は予約がいっぱいで、
この時間になってしまいました。

ちなみに、手前の2台が我が家の車。
3つあるピットは、今日一日フル稼働だったそうです。

20161112-6.jpg

店内に、予約票が見えるように張ってありましたが、
既に来週もほぼ終日予約でいっぱいの状態。
帰りに、ガソリンを入れてきましたが、
ガソリンスタンドも、暗くなり始めても、ピットで
タイヤの履き替え作業をしていたので、
どこもこんな感じではないかと思います。
今年はスタッドレスの履き替え、早めに動いた方が良さそうですよ。
平年より寒く、が降るという予報の今年は、
いつまた、予報が出るか、分かったもんじゃありませんから。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

真田山長國寺と真田山長谷寺

この週末、軽井沢に来ようと思っていた方は
昨日の私の書き込みを見て、ビックリされたかも知れませんね。
幸い、今朝は雨に。
おかげさまで、雪にはなりませんでした。良かった!
まだスタッドレスに履き替えていなかったので本当に助かりました。
基本的に、路面に問題は無いとは思いますが、
この時期、落ち葉のピーク。
特に落葉松が落ち始めていて、気をつけないと、滑ることがあります。
朝早く軽井沢に来られる方は、十分気をつけてくださいね。

さて、この時期軽井沢に来られる方は、少し足を伸ばして、
現在放映中の真田丸ゆかりの地を訪ねる方も多いのではないでしょうか。
我が家も、今年はすっかり真田付いていて、
あちこち見て回っているのですが、先日高山村に行った帰り道、
こちらに寄ってみました。

20161111-1.jpg

真田家10万石の城下町、松代中心部にある真田家菩提寺
その名も真田山長國寺です。

曹洞宗のこちらの寺、北信の寺に良くあるように、
反っくり返った急な屋根が特徴的な本堂。

20161111-2.jpg

この寺は、松代藩の藩祖、真田信之が上田から移転させた由緒ある寺で、
写真の本堂の上には、大きな六文銭の家紋が。

20161111-3.jpg

そして、正面入り口の上には、瓦で出来た第2家紋の結び雁金。

20161111-4.jpg

そしてよく見たら、六文銭だらけですね。

六文銭は、こちらにも。

20161111-5.jpg

なんと庭の砂も六文銭状に掃き清められていました。恐れ入ります。

この寺、事前予約して、拝観料を支払うと
本堂裏にある、真田家歴代の墓所や、
藩祖真田信之の霊廟などを見学できるそうです。
今回は予約していなかったのでダメでしたが、
次回機会があったら、是非行ってみたいと思います。

さて、この松代の裏山を抜けると、実は真田家の本場、上田市真田地区。
途中には、我が家もよく行く十福の湯があります。
この日の最終目的地は別所温泉だったので、高速ではなくこの道を抜けて
別所に向かいました。
松代側はそこそこの山道ですが、地蔵峠を越えると、
真田に向けて緩やかな下り坂となります。
せっかく真田にやってきたので、
ついでにこちらにも行ってみました。

20161111-6.jpg

正面のアーチには、また六文銭。

20161111-7.jpg

階段を上り、このアーチをくぐると、正面にはまた寺の本堂があります。

20161111-8.jpg

本堂正面の香炉には、金色に輝く六文銭が。
そうなんです、この寺が、上田市真田地区にある、元々の真田家菩提寺
その名も真田山長谷寺です。
ちなみに「はせでら」ではなく「ちょうこくじ」です。
つまり松代の長國寺と同じ名前なんですね。
要するに、松代の長國寺は、この寺を移したのでした。
そのときに、字を変えて移したそうですよ。
真田信之も、徳川家に気兼ねして、元々の幸の字を代えたそうですが、
なかなか難しかったのでしょうね。

この本堂裏には、真田信之の父、真田昌幸の墓と、
その父、真田幸隆の墓があります。

20161111-12.jpg
20161111-11.jpg

今年は真田ブームで、さぞお喜びなことでしょう。

ということで、双方の寺で、御朱印をいただいてきました。

20161111-14.jpg

御朱印は、長谷寺に軍配!


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR