FC2ブログ

スキー帰りに雷電くるみの里で天ぷらそばとくるみおはぎを堪能

さて、三連休も2日目ですが、寒いものの
昨日今日は良い天気に恵まれましたね。
私は昨日は朝滑りに行ったものの、まだ風邪が完全に治っておらず、
なんだか不完全燃焼な一日だったのですが、
今日はだいぶ状態も良くなり、たまっていた初詣にあちこち行って来ました。
それはオイオイご紹介するとして、
先日、軽井沢プリンスホテルスキー場にあるそば処、丁字庵をご紹介したところ、
結構多くの方にご覧いただいたので、
スキーとそば、というテーマでもう一つご紹介します。

昨年末、パルコール嬬恋スキーリゾートに行って、
その帰りに菅平の道光神社に参拝した話は、既にご紹介しましたが、
実はこの日は昼飯がまだ。
11時過ぎに滑り終える予定だったのですが、
何と最後に乗ったリフトが故障し、40分近くリフトの上で
待ちぼうけしていたのです。
正確には、何度か止まったリフトを再起動しようとしたところ機械故障で
作動しなかったため、
非常用エンジンでそろりそろりと巻き上げる作戦。
1分間に1メートルも動かないのではないかというゆっくりした速度で、
普段なら数分で上がる全長約1kmのリフトが山頂に到着するのに、
40分近くもかかってしまった、というわけです。

結局スキーが終わったのは昼12時前。
本来ならば、スキー場内のレストランで食べていけばよいのでしょうが、
残念ながら、パルコールの食事はどうも・・・
ということで、とにかくスキー場を離れ、
菅平の道光神社と、真田の山家神社に詣でたというわけです。

菅平も、真田も食べるところはあまりないので、
そのまま走ってたどり着いたのが、東御の雷電くるみの里
この時点で、2時近くになっていましたので、腹ぺこぺこです。
でも、ここは道の駅としては恐らくトップクラスの味を誇る食堂があるので、
そこでお気に入りの天ぷらそばと、くるみおはぎをいただくことにしました。
これ、湯の丸や菅平に行ったときの私の定番コースです。

まずは、くるみおはぎ

20180104-3.jpg

擂り立ての香りの良いくるみと、
砂糖と塩が絶妙の配分で大きなおはぎにまぶされています。
少し塩分があるのが、くるみの香りと甘みを非常に良く引き立てます。

20180104-4.jpg

これは、持ち帰りも出来るのですが、
なんと言っても出来たてが一番。
持ち帰ると、ご飯の水分を吸ったくるみが、べちゃっとしてしまい
香ばしさがなくなってしまうのです。これは、出来たてならではの旨さです。

そして、もう一つが天ぷらそば

20180104-5.jpg

立ち食いそば的なそばとしては、軽井沢のおぎのやの駅そばと双璧。
コシのあるそばと、香りが良い出汁、
そして、手揚げの野菜たっぷりのかき揚げが絶妙。
何度いただいても、安定の旨さです。

この天ぷらそばと、くるみおはぎは鉄壁の組み合わせ。
雷電くるみの里に行ったら、これ以外の組み合わせは
考えられません。

明日は連休最終日。
菅平や、湯ノ丸方面に滑りに行った方は、
是非帰りにお試しください。おすすめです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR