春日温泉「かすがの森」は東京聖徳学園セミナーハウスだった!

昨日は、軽井沢プリンスホテルスキー場で滑り終えた後、
いったん家に帰り、塵芥処理場のゴミ捨てと、家で所用を。
そして、夕方からは、たまには違う温泉に行こうと思案した結果、
これまで行ったことのない、こちらの温泉に行ってみることにしました。

20160207-2.jpg

佐久の春日温泉にある大型リゾート施設「かすがの森」です。
これまで春日温泉は公共施設のもちづき荘かゆざわ荘に行っていたのですが、
もちづき荘は露天風呂が無く、内湯だけ。
そしてゆざわ荘は内湯も露天も少し風呂が小さい・・・というわけで、
泉質は素晴らしいものの、ちょっと難ありでした。

ということで、今回前から気になっていた、
大型施設のかすがの森に行ってみたのです。

20160207-1.jpg

建物全体が、カメラに収まらないほどの大規模施設。
実は何度かトライしたのですが、研修や合宿などが入っていると
外来入浴出来ないので、今まで入るチャンスがなかったのですが、
今回は幸い、外来入浴可能になっています。

実は調べたら、こちらは松戸駅前にある聖徳大学などを運営する、
東京聖徳学園のセミナーハウスだそうです。
てっきり佐久市の施設だと思っていたら、違ったみたいです。
ただ、合宿や研修などが無いときは、一般も利用できる施設になっているようですよ。
もちろん宿泊も出来るし、上の写真の左手の灯りは、
大きな体育館がありました。
その向こうには、営業していませんでしたが、プールもあるようですよ。

さて、入浴料は大人500円とこの辺り価格。
早速大浴場に向かいますが、予想通り、春日温泉の中では最大の浴槽。
そこになみなみと名湯春日温泉の湯がたたえられています。
浴槽は二つに仕切られており、源泉浴槽と、あつ湯に分かれています。
源泉浴槽は、湯温が39度とぬるめ。
一方あつ湯は、恐らく44度ぐらいある、結構熱めの湯です。
あつ湯好きの我が家にとっては大歓迎な湯温です。
このほかに、外に庭園露天風呂が。
こちらは一般的には適温の浴槽ですが、やや小さめの浴槽です。

春日温泉は、ph8.6もあるアルカリ泉。
肌がすべすべする美肌の湯なのですが、
ここの湯温違いの湯は、交互に入っていると、
それに加えて代謝が良くなる気がします。

調子扱いてあつ湯にしっかり入っていたら、
汗が爆発。その後しばらく体の火照りが消えないぐらい、良く温まりました。
もちろん、しっかり滑ったあとの筋肉痛も、すっきり解消です。

施設がややくたびれているのが、難点ではありますが、
施設がくたびれているのは、ほかの施設も一緒。
春日温泉に行って、かすがの森が入浴出来るときは、
これからはここかな。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR