沼田にきたんなら、とんかつだっぺ

だそうです、沼田。

20160820-0.jpg

先日沼田城に行って、さあて、昼飯どうしようと思って
入った沼田城の観光案内所に置いてあったのがこのパンフレット。
その有無を言わせぬ上州弁のキャッチコピーに乗せられて、
昼飯はとんかつに決定しました。

沼田市街から片品村、金精峠を越えて日光に向かう国道120号線は
沼田とんかつ街道と言うそうです。
いつからそんなことになっているのかは、よくわかりませんが、
ここは東京在住時代に、高校の合宿や社会人になってからも
片品村のスキー場に行く際などに良く通った道。
確かに、とんかつの看板を掲げる店が多かった記憶があります。
あと、焼肉も多かったかな。
今でもありますが、沼田インター手前にある「あおぞら」という焼肉屋さんは、
スキーが終わって帰ってくるときの定番でした。
当時は、激しい関越道の渋滞に備えて、しっかりと焼肉で腹ごしらえして
帰って来たものです。

さて、数あるとんかつ屋の中から選んだのは、こちらの「あづま」さん。

20160820-1.jpg

みそかつの看板にひかれて入ってみました。

もちろん頼んだのはみそかつ
そして、過去の経験から、
群馬のとんかつは厚くてでかいというのが経験則。
ロースカツはさすがにヘビーだったので、
みそひれかつをたのみました。

我々が入店したときは、まだ空席がかなりありましたが、
その後次から次へとお客さんがやってきて、あっという間に満席。
そのせいもあったのかもしれませんが、
結構待って、料理が運ばれてきました。

20160820-2.jpg

上から見ると、普通のヒレカツに見えますが、
横から見ると

20160820-3.jpg

上から見た大きさと、横から見た大きさがほぼ同じぐらい、厚い。
これは、揚げるのに時間がかかったはずです。
時間がかかったのも、ちょっと納得です。

からりと揚がったひれかつは、胃もたれしない感じ。
みそも、少し田舎みそも混じっているのかな?
なかなか風味がある味噌だれで、
非常に美味しくいただきました。

肉好きには看板を見ているだけでもたまらない、沼田とんかつ街道
なかなか攻略しがいがありそうです。

ところで、ずいぶん前に秘密のケンミンSHOWでやってきましたが、
群馬は世帯あたりの肉類消費量が少ないとか。
これ、本当かと思ってしまいます。
とんかつの看板が続く沼田とんかつ街道は論外としても、
たとえば国道18号を軽井沢から群馬方面に下りていっても、
ホルモン、焼肉、とんかつと、肉々しい看板が続きます。
高崎市内に入ると、これにパスタの看板が加わりますが、
やはり肉系の看板が多い。
前橋のゆるキャラは「ころとん」という豚だし、
だいたいとんかつ屋のとんかつはほぼ100%想像していたより
でかい肉が出てきます。
私に取っては、群馬は肉好き県民のイメージなのですが、あの統計は謎です。

あと、今さらながらパンフレットを見ていて思ったのですが、
上州弁なら「とんかつだんべ~?」では。
まあ、どちらでもよいのですが。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR