国宝 松本城

しかし、昨日は疲れて眠くて眠くて、
半分寝ぼけながら更新したのですが、
なぜか同じ内容が二つアップ。う~ん、一体どんな行為をしたのだか。
それぞれに拍手をいただいてしまったので、
ちょっとおかしいですが、そのままにしておきます。
どうもすみません。

さて、話題がちょっと遡り、セイジ・オザワ松本フェスティバルに行った、
松本の話題ですが、演奏会のあと、美ヶ原温泉で一泊したのち、
翌朝は、こちらに行ってみました。

20160901-0.jpg

国宝松本城です。

松本には年数回は行っていて、もちろん城のまわりは通るのですが、
わざわざ見に行ったのは本当に久し振り。
今回は、両親も一緒だったので、
せっかくと言うことで行ってみました。

この日は背後の北アルプスの山並みがよく見えなくて、残念でしたが、
それでも、小ぶりながら威風堂々たる構えは、
さすが国宝の名にふさわしい名城です。

20160901-2.jpg

この角度から見るのが、個人的には一番好き。

20160901-1.jpg

こうやってみると、本当に大きく見えますね。

ところで、改めて思うに、この城、だれの城?
・・・といわれて、一瞬あれ?と思う方も多いのではないでしょうか。
私もとっさに、だれの城か、よくわかりませんでした。

今さらながら調べてみたら、
正確な築城年は不明ながら、ほぼ安土桃山時代。
ちょうど、現在真田丸で取り上げられている時代とほぼ一致します。
築城したのは、当時の城主、石川康長といわれているそうです。

そもそも、仙台=伊達氏、加賀=前田氏、長州=毛利氏、薩摩=島津氏など、
大藩で、しかも藩主が代々連綿と続いている所とは異なり、
信州は小藩が分立。
一番有名なのは、幕末まで続いた松代藩=真田氏ですが、
とにかく藩主がころころと変わっています。
かの上田城も、真田氏のイメージが非常に強いですが
その後仙石氏の居城となり、さらに幕末まで続いたのは松平氏。
松本もその例外ではなく、石川氏のあと、小笠原氏、戸田氏、松平氏、堀田氏、水野氏、
そして再び戸田氏と、めまぐるしく城主が変わります。
信州が、江戸と上方、そして北陸とをつなぐ要衝だったがために、
古くは北条、武田、上杉、織田の草刈り場となり、
その後は徳川氏の政策により、自らの息のかかったものを据え、
今風に言えば、頻繁に人事異動を行ったというような感じ。
これでは、だれの城だったのか、イメージが希薄なのも頷けますね。

さて、この松本城、現在幕末期の姿を取り戻すために、
大規模な復元工事が始まっているそうです。
今回初めて行ったのですが、
東側にある、太鼓門は、平成11年に復元。

20160901-4.jpg
20160901-5.jpg
20160901-6.jpg
20160901-3.jpg

ここには枡形も復元されています。

この後、現在は外濠の復元工事に着手。
数年前に中華料理店があったところも立ち退きが進み、
この辺りに外濠が復元されるそうです。
そうすると、また違った松本城が見られるかも知れませんね。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR