高崎の真言宗別格本山慈眼院って一体?

先週は良い天気でしたが、今週はもう一つでしたね。
我が家は昨日は所用があって東京に行っていたのですが、
きれいな紅葉は先週のうちに見ておいて良かったです。

さて、その先週群馬方面に下りた話題、まだまだ続きます。
昨日ご紹介した、少林山達磨寺を参拝しても、昼ちょっと過ぎたぐらい。
途中昼食を済ませても、まだ時間があるので、
もう少し足を伸ばしてみることにしました。
向かったのはこちら。また寺です。

20161113-29.jpg

なかなか由緒ある感じの山号ですね。別格本山とあります。
で、この寺はどんな寺かというと、
木立の間から上を見てみると分かります。
はい、上を向いてみましょう。
すると、あっ!

20161113-30.jpg

そうなんです、この慈眼院
有名な高崎白衣大観音がある寺だったのです。
こんな立派な寺だというのは、知りませんでした。

20161113-31.jpg

何でも、関東八十八箇所霊場の一番札所だそうですよ。

20161113-32.jpg

早速本堂で参拝。
しかし、毎日通勤の際に主に夜新幹線の車窓から見ている高崎観音ですが、
真下から見てみると、本当にでかい。

20161113-33.jpg

そもそもなぜここにこんな巨大な観音様が建っているかと言うことなのですが、
調べてみたら以外に古く、戦前の昭和11年(1936年)に
地元高崎の実業家井上保三郎が高崎の発展などを祈願して建立したものだそう。
つまり、今年でなんと建立80周年。
そんな昔からあるものだとは思いませんでした。
寺自体は、元々高野山の塔頭寺院として高野山にあったそうですが、
昭和16年に高崎に移転したそうです。
その後、境内を整備し、現在の本堂は昭和61年に建てられたとのことでした。

せっかくなので、正面から・・・と思ったのですが、
ちょうど逆光なので、少し右斜め前から参拝。

20161113-35.jpg

しかし、しげしげお顔を拝見すると、なかなか美形の仏様。

20161113-36.jpg

何度か修理もされているそうですが、
コンクリートで作られているにもかかわらず、
あまり古さを感じさせません。

この高崎観音がある慈眼院境内も、
高崎駅からそれほど遠くない所ながら、
そこそこ標高があるためか、結構綺麗に紅葉していました。

20161113-34.jpg

最後に御朱印を。

20161113-60.jpg

大白衣観世音と書かれていました。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

関連記事

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR