軽井沢で、東洋一のクリスマスを過ごしてみたい

さて、昨日でクリスマスが終わり、一気に年末モード。
今朝の軽井沢駅にはまだクリスマスツリーが飾ってありましたが、
東京駅に着いたら、丸の内のビルの前には、
既に門松がお目見え。一夜にして、クリスマスから正月に切り替わっていました。
毎年のことながら、この変わり身の早さは、素晴らしいですね。
やる方々は、大変でしょうが・・・

さて、今年の我が家のクリスマスは、
既にご紹介の通り、沢山あるクリスマス用品を
飾り付けるまもなく終わってしまったのですが、
それだけではなくて、なんだか気分的に盛り上がらなかったのも事実。
一つの大きな原因が、これです。

15318022_1048832298561667_1218388874853687320_n.jpg

かつては、軽井沢ウインターフェスティバルのスタートに合わせ、
我が家もクリスマスツリーを飾り、ささやかなイルミネーション
家のまわりに施したりしていましたが、
年々イベントそのものが訳分からない状態になり、
かつて美しいイルミネーションに彩られた矢ヶ崎公園から
軽井沢駅前に会場が移ってからは、
さらに規模が縮小。
今年の軽井沢駅前に至っては、ツリーなしのショボさ満点のイルミネーションに。
おまけに、駅前などで配られているフライヤーと、
ホームページでは、開催日時が異なっています。
ちなみにホームページでは、昨日までですが、
フライヤーでは2月11日まで。
いつ、どこで、何をやるか、全く分からない告知です。
少し厳しい言い方ですが、本当にお粗末。

それでも、町内を巡ってみれば、星野エリアを筆頭に
素晴らしいクリスマスイルミネーションやキャンドルナイトなど、
クリスマスらしい夜を彩る場所は多数。
先日、旧軽井沢のチャーチストリートの前を通ってみましたが、
こちらはなかなか綺麗でしたよ。

20161224-12.jpg

こちらは聖パウロ協会側。ちょっと寒々しいですが、単色で
これはこれでなかなか見事でした。

20161224-13.jpg

さらに、昨年は酷かったですが、昨年よりは少しまともになった
旧軽ロータリー。

20161224-14.jpg

このほかにも、雲場池近くのヴィラ・デ・マリアージュなど、
ホテルや、結婚式場なども綺麗な灯りで彩られています。
こうした、民間企業で実施するクリスマスの催しなどは、
一切「軽井沢ウインターフェスティバル」では紹介されていません。

軽井沢に住んで10年。
よくわかったことは、「バラバラ」だということ。
このバラバラは結構根が深そうで、
別荘と地元住人がバラバラ、そして地元の方でも
日常会話に「旧道」「新道」「中軽」「追分」と言う言葉が登場するように、
住む場所によってバラバラ。
もちろん、軽井沢プリンスを頂点とする西武グループと、
中軽から、今や世界に君臨する星野リゾートもバラバラ。
とにかく、町内のまとまりがないこと、この上ありません。
せっかくの「ウインターフェスティバル」も、このバラバラ以外の何物でもなさそうです。

黙っていても、客が大勢押し寄せるので、
あえて面倒なことをしなくて良かったのかもしれませんが、
軽井沢ほどのポテンシャルがあるのに、もったいないなぁと思います。

今年の大賀ホールのメサイアのプログラム。

20161226-1.jpg

その表紙裏に、こんなことが書かれていました。
読めるかな?

20161226-2.jpg

浅間山の写真を背景に、
「アレキサンダー・クロフト・ショーの来軽から130年。
 先達に想いを馳せる2016年のメサイア。
 そして今年は、ショーの生誕170周年。
 浅間山の麓、荒涼とした軽井沢は、
 カナダ人宣教師らによって見いだされて以来、
 キリスト教関係者や文化人に愛され、発展してきました。
 軽井沢で聴くメサイアは、キリストの生涯とともに
 この町を導いた先達たちに想いを馳せる、特別なメサイアです。」
と書かれています。

この「軽井沢で聴くメサイア」と「特別なメサイア」の部分を
「軽井沢で過ごすクリスマス」と「特別なクリスマス」に変えれば、
私がまさに今日のブログで言いたいことになります。

週末ともなれば、町のあちこちでクリスマスマルシェが開催され、
教会などではクリスマスキャロルが響く。
そして、夜ともなれば、あちこちで柔らかな灯りがともる、
あちこちのレストランでは、クリスマスディナーに舌鼓を打ち、
そして締めは大賀ホールのメサイア・・・
おそらくは、今でも実施されていることばかりです。
ただ、それが「軽井沢」として、一つの情報、一つの方向性にくくられていないだけ。
たとえば、イルミネーションはシャンパンゴールドを基本にするとか、
一般の家でも、家のまえにキャンドルを一つ置く、リースを飾る、
といったことを広めるだけでもだいぶイメージは統一できると思います。
そして、何より、そうしたクリスマスにまつわるイベントが
いつ、どこで開催されているのかを一覧できるものが、全くありません。
町内であまたあるレストランのクリスマスディナー紹介もしかり。
クリスマスにまつわるいろんな情報を一つにまとめ、それを戦略的に広めれば、
アジアの人を含め、様々な人が軽井沢でクリスマスを過ごしたいと
なるのではないかなとおもうのです。
とにかくバラバラなのが、本当にもったいない。

一つの方向さえ向けば、みんながあこがれる、
東洋一のクリスマスタウンになることも
夢ではないと思います。
本場の欧米には適わないでしょうが、少なくともアジアという単位で考えれば、
軽井沢にはそのポテンシャルは十分あるはずですから。

まずは来年のウインターフェスティバル、
企業の壁を越えて、町内のイルミネーションマップ紹介から
変えてみませんか?


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR