途中で中止になった諏訪湖祭湖上花火大会

あ~ひどい目に遭いました。
1年前から予約して、満を持して向かった昨日の第65回諏訪湖祭湖上花火大会。
既に全国ニュースでも大きく取り上げられていたみたいなので、
皆さんご存じだとは思いますが、
ものすごいゲリラ豪雨のため、開始後わずか30分足らずで
史上初めて中止になってしまいました。
幸い我が家は湖岸のホテルを予約して行ったため、
花火見学も部屋から。
おかげで、雨には当たらずに済みましたが、
窓の外では、ものすごい雷鳴と豪雨の中、薄い雨合羽一枚で
身をすくめる方々が。こちらも気が気ではありません。
何とか全員が待避出来たのを見届けた際には、
なんだか自分事のようにぐったりくたびれてしまいました。

これもニュースで紹介されていましたが、
当日の諏訪地方は史上最高の1時間雨量だったとか。
そのおかげで、中央線も高速も一時不通になり、
諏訪市内は人であふれたそうです。
公共施設やホテルのロビーなどを開放し、
中には一夜を過ごした方々もおられたそう。
50万人という人出だったそうですから、
それは無理もありません。
低体温症で気分を悪くされた方などはおられたようですが
大事に至らなかったようで、本当に良かったです。

実は我が家にとって、8/15の花火は初体験。
これまで9月上旬の新作花火はここ3年ほど毎年出かけていたのですが、
一度4万発を見てみたくて、今回は1年前から日程を調整して
万全の準備をして、諏訪に向かったのでした。

この日は新作花火の日以上に混むよと言うことだったので、
我が家を朝早くでて、11時前には諏訪に到着。
今回も、昨年に引き続き、諏訪湖岸のホテル紅やに泊まりました。

20130815-0.jpg

打ち上げ場所を真っ正面にのぞむ、絶好の場所にあるホテルです。

チェックイン後、部屋からのぞんだ花火会場はこんな感じです。
このときはとても良い天気で、まさか夕方あんなゲリラ雷雨が来るとは
夢にも思っていませんでした。

20130815-1.jpg

ところが、夕方4時を過ぎると、なにやら岡谷方面から雷鳴と不穏な黒雲が。
そして、あっという間に諏訪湖対岸の岡谷の町が白いベールに覆われてしましました。

20130815-2.jpg

そして、急に風が強まり、場所取りのために敷いたブルーシートが
ばたばたとはためき、皆必死に押さえ始めたと思ったら、
きゅうにザザーっと大粒の雨が。

20130815-3.jpg

それでもこのときは、1時間ぐらいたてば止むだろうと
タカをくくっていたのです。ニュースでは、あくまでも「夕立の可能性」と言っていましたから。
実際、早めの夕食を終え部屋に帰ってきた際には雨が上がり、
遠くの空が明るくなるほどでした。

20130815-4.jpg

ところが、開始直前になり、空もかなり暗くなってきたところで、
またまた岡谷方面からなにやら黒い雲が。

20130815-5.jpg

しかしその後、
遠くの雷鳴と、ぱらぱらと雨が降ってきたようではありましたが、
先ほどの夕方ほどのことはなく、花火大会は無事スタートしたのでした。

20130815-6.jpg
20130815-7.jpg

ところが、雷鳴がどんどん近づき、またまた雨音が大きくなってきました。
それでも花火はあがります。

20130815-8.jpg

どなたか、上諏訪駅前でインタビューを受けていた方がおっしゃっていましたが、
花火と雷のコラボレーションです。
花火がどーんと上がると、雷がどかんと落ちる。
その落ちる雷が更に近づき、目の前の会場近く辺りにもどかんどかんと落ち始めました。
花火より、稲光が気になるほどです。
そして雨も更に強くなり、ついにカメラのピントも、
花火ではなく窓の水滴にあってしまうようになってきました。

20130815-9.jpg

そして上の写真の花火を持って、打ち上げは一時中断。
その後も更に雨脚が強くなり、もはや眼下の観客も見えないほど
辺りが真っ白くなってきました。
やきもきしていると、雷鳴の中何度かアナウンスが流れ、
どうも中止になったみたい。
なぜ伝聞形かというと、あまりにも雷鳴と雨音が大きく、
聞き取れなかったのです。

こうして、湖上花火大会史上初の中止に追い込まれる結果となりました。
まあ、ある意味滅多にない経験です。
ちなみに今回一緒に行った我が家の両親、
今年は花火大会についておらず、地元の花火大会も雨で中止、
行くはずだった隅田川も中止と、これで花火大会三連敗。
今日は矢ヶ崎公園の花火大会でしたが、
行くと聞いたら、さすがにもういいですと返事が返ってきました。

いずれにしても、雨が少なく、降ってほしい日には降らずに、
よりによって一番降ってほしくない日に大雨。
天候不順も、もういい加減にしてほしいです。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして 信濃追分に年間100日くらい住んでいます。 諏訪の花火、ホテル取るのは大変だったし、花火の日は特別料金と聞いていましたので残念でしたね。 私は、八ヶ岳の反対側、望月宿の榊祭りを見ていました。雨がボツボツで雷は祭りを景気づける程度でしたが、山ひとつ越えただけですごい違いだねと話していたところです。 諏訪の花火は数年前に湖上に突き出た船着き場から見ましたが最高でした。 が、軽井沢に帰るのが大混雑で夜中の二時半に戻ってから懲りて見に行っていません。 夜のアウトレット情報ありがとうございます。最終日25日に行こうと思っています。 これからもいろいろ情報教えてください。よろしくお願いします。

No title

ヘンゼルさん 初めまして これまでいつも新作花火しか見たことがなかったので、せっかくがんばって予約したのに、本当に残念でした。1回は見てみたいと思っているので、またリベンジしたいと思います。しかしよりによって、花火の当日に限って、しかも諏訪湖周辺だけ雨が降るとは・・・・今年はなんだかついていないです。
アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR