南アルプス天然水の里にある「尾白の湯」

さて、3連休に我が家に来ていた伯父夫婦を小淵沢まで送った帰り道、
小淵沢駅近くにある尾白の湯に寄って帰ってきました。

20131112-1.jpg

最寄り駅は小淵沢になりますが、
釜無川の河岸段丘の反対側となる旧白州町にある
この尾白の湯。「尾白」と書いて、おじらと読みます。
近くを流れる尾白川は南アルプスから流れる清流として知られ、
その渓谷の近くに、白州・尾白の森名水公園べるがと言う公園があり、
尾白の湯はその中に2006年に出来た、まだ真新しい温泉施設です。

20131112-2.jpg

公共施設がやたら立派な山梨県。
ここもその例外ではなく、非常に立派な公園と温泉施設で、
非常に広大な立派な建物です。

20131112-3.jpg

良く整備された公園の向こうには、ちょっと曇っていますが
先ほど裾野を通ってきた八ヶ岳。

20131112-0.jpg

河岸段丘の高台にあるので、
風呂の露天風呂からも、こんな見事な景色が望めます。

さて、この温泉施設がある旧白州町は、
この公園の名称にもあるとおり、名水の里として知られています。
小淵沢駅から尾白の湯に向かう途中には、
サントリーの白州蒸溜所があり、
この清らかな名水を浸かって、ウィスキーの醸造が
行われています。
そう名水は、サントリーの南アルプス天然水で、
その水を使って醸されたウィスキーは、
名酒の誉れ高い白州なのです。

その清らかな水の里なのですが、
なんとここ尾白の湯の源泉は、有馬温泉や松代温泉のような金泉。
見事に濁った、金気色の湯です。
しかも、その金色の湯が楽しめるのは、露天風呂のみ。
何でもこの湯はものすごく濃い湯なので、
内湯は天然水を加えて、加温した湯とのこと。
それでも、温泉成分は非常に高いと、
説明書きに書いてありました。
泉質はナトリウム塩化物強塩泉。
ポカポカと温まる、非常によい温泉です。
加水した内湯も、天然水のおかげか、
非常にまろやかな入り心地で、
立ち湯の打たせ湯、ジャグジーなど、
浴槽が非常にバラエティーに富んでいるので、
湯に浸かっていても飽きません。

時折露天でクールダウンしながら、
ゆっくりと温まってきました。

設備が立派なためか、入浴料は信州に比べると700円とやや高め。
それでも、十分元が取れそうな良い温泉でした。
この界隈には、更にいろんな温泉がありそうなので、
行くたびにまたいろいろ入り比べてみたいと思います。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR