上田の松茸小屋で名残の松茸をいただく

今朝は寒かった軽井沢。
我が家は朝6時過ぎでこの冬で最も寒い、氷点下4度でした。
さすがにそろそろ厚いコートで出かけようかな。

さて、こんな寒くなってから行くところではないのですが、
先週末、上田の松茸小屋に行ってきました。
ちょうど我が家に来ていた山梨の家内の両親が
北向観音と、安楽寺の国宝八角三重の塔に行きたいというので、
それならばどこかまだ松茸が食べられないのか
調べてみたら、まだやっているところがあったのです。
よかった~。

いつも行く店ではないのですが、丸子と別所温泉の
中間ぐらいにある、その名も富士山という地区にある
見晴台さんという松茸小屋に行ってみました。

20131122-1.jpg

ほかの松茸小屋同様、赤松林の中にある、野趣たっぷりの店なのですが、
この店はあまり山道を歩くことなく、
駐車場からスロープとほんのちょっとの階段でたどり着く、
バリアフリーな感じの松茸小屋です。

しかも、大広間だけでなく、椅子席もあります。
今回はみんな足痛持ちなので、椅子席を予約しました。

20131122-2.jpg

これは結構楽ちんです。

さて、まずはテーブルの上にドドンと出てくるのは
すき焼き。

20131122-3.jpg

とても4人前とは思えないてんこ盛り状態です。
もちろん松茸もたっぷり。
そして見慣れぬ肉は、何かと思ったらなんと雉肉だそうです。
これは珍しい。
山盛りのネギ、こんにゃく、雉肉、松茸という
潔いシンプルなすき焼きですが、
ボリュームは満点です。

そして、ぐつぐつと煮えるのを待つうちに、
土瓶蒸しがやってきました。

20131122-4.jpg

これまた松茸のみと言うシンプルな土瓶蒸しですが、
その代わり結構厚く切った松茸がなんと三切れも。
猪口に注ぐたびに、素晴らしい松茸の香りが漂います。

そして、松茸ご飯に松茸のお吸い物。

20131122-5.jpg
20131122-6.jpg

いずれも松茸がたっぷり。特に松茸ご飯は絶品で、
おかわりしたいようでした。
最も既にすき焼きで腹一杯でしたが。

松茸のシーズンとしては既に遅い時期でしたが、
今年は豊作だったそうなので、まだいただけたのかもしれませんね。
名残の松茸をいただけて、良かったです。
一緒に行った家内の両親も大喜びで、
良い親孝行が出来ました。
よかったよかった。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR