北海道旅行紀-2「新日本海フェリーは信濃川河口から出航」

いよいよ新日本海フェリーに乗船し、出航を待ちます。
新潟港を朝10:30に出港し、小樽港には翌日早朝4:30に到着する
18時間の船旅。
鉄道や飛行機の旅と違って、乗船してからもゆっくりと時が流れます。
船室にいても良いのですが、何よりも船ならではの出発風景が見られるのは
甲板から遠く離れる陸地を見ること。
この日も、幸い雨が小降りになってきたので、
甲板に出てみることにしました。

20140729-12.jpg

銅鑼の音が響き終わり、ボーディングブリッジが船から離れると、いよいよ出港です。

20140729-9.jpg

この日は雨で、紙テープは飛んだりしませんでしたが、
陸上作業員の方が、一列に並んで、手を振ってお見送りです。

20140729-10.jpg

そして、後方を振り返れば、新潟の町が徐々に遠くなっていきます。
中央左手センターにあるのは、ホテル日航新潟の高層ビル。

20140729-11.jpg

その右手に水面がずっと続いていますが、
これはなんと信濃川の河口。
そうなんです、新日本海フェリーの新潟港・山の下埠頭は、
信濃川の河口に位置しているのです。

この河口から信濃川をたどると、長岡、十日町、
そして県境を越えて長野県に入ると、
千曲川と名を改め、栄村、飯山、長野、千曲市、上田、
小諸と続き、佐久で川上村に続く本流に、
軽井沢を流れる湯川が注いでいるのです。
つまり、トンボの湯の脇を流れるせせらぎが大河となり、
海に注ぐ、まさにその地点から、
新日本海フェリーは出航するのです。
なんだかちょっと感動してしまいました。

さて、これから18時間を過ごす船室ですが、
今回は両親も一緒の船旅。
我々はホテルのツインルーム並みのデラックスルームを、
そして両親にはスイートルームを予約しました。

我々のデラックスルームは、こんな感じのツインルーム。

20140729-3.jpg

ちゃんと、バストイレもついています。

20140729-4.jpg


そして、両親のスイートルームは扉からしてちょっと豪華。

20140729-5.jpg

中に入ると、とても広い、なかなか豪華なリビングがあります。

20140729-7.jpg

テレビボードが境になって、個室風になっているベッドルームも
我々の部屋に比べるとセミダブルベッドが入っていて、こちらもひろびろ。

20140729-6.jpg

そして更にうれしい設備がオーシャンビューのバスルーム。

20140729-8.jpg

大浴場も完備しているのですが、
何しろこのバスルームなら、人に気兼ねすることなく、
洋上の景色を独り占めしながらゆったりと風呂には入れます。
なんと素晴らしい。

この日も、まずはこのすてきな風呂で朝風呂と相成りました。
その後は、スイートルームのリビングで、ゆったりと。
そうこうしているうちに、早くも昼飯の時間となってきます。
18時間の船旅は、食っちゃ寝、食っちゃ寝の
極楽旅でもあるのです。
何を食べたかは、次のコーナーで詳しく。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR