北海道旅行紀-7「本家五稜郭は大きい」

積丹半島で豪華うに丼朝食をいただき、満腹になったあとは
一路渡島半島を南に向かいます。
目指すは北海道の玄関口函館。
何年ぶりだろう?私も2度目の函館です。
今回は、よほど青森まで車で行って、そこから青函フェリーで行こうかと思ったのですが、
新日本海フェリーの魅力に負けて、無駄なようですが
いったん戻ることにしました。

まずは向かったのはこちらです。

20140808-0.jpg

函館のシンボルの1つ、五稜郭を見下ろす、五稜郭タワーです。
前回は下から見てしまって、星形がよくわからなかったので、
今回は迷うことなく登ることにしました。
早速到着し、下を見下ろしますが、
おお~っ、綺麗な星形がよくわかります。

20140808-1.jpg

この五稜郭、日本には2つあり、もう一つは軽井沢の隣町、
佐久にある龍岡城五稜郭。
こちらも地図で見ると綺麗な五角形になっているのですが、
残念ながら上から見ることが出来ないんですね。
桜は綺麗だけど。

そして反対側の窓から覗くと、函館の市街の先に、
もう一つの函館のシンボル、函館山が見えます。

20140808-2.jpg

ちなみに、画面の中にゴミのように写っているのは、函館空港に着陸する
飛行機ですよ。
この函館空港、福岡などと並んで、市街地すぐの所にある空港で、
市内を散策していると、驚くほどの低空で飛行機が飛んでくるので驚きます。

五稜郭の形を確認したら、いよいよ城内へ。

20140808-3.jpg

前回は非常に慌ただしい日程で、
五稜郭は外から見ただけだったので、
今回中に入ってみるのも初めて。

20140808-4.jpg

中にはこんな立派な代官所が復原されていたのですね。

しかし、朝5時から起きていると、1日が本当に長い。
宿にチェックインするのにはまだ少し早かったので、
翌日じっくり回る予定にしていた
函館山地区を下見したあと、この日の宿、湯の川温泉の旅館「一乃松」に到着しました。

20140808-5.jpg

大型の観光温泉ホテルが並び、外国人客も多い湯の川温泉ですが、
この一乃松はこの界隈でも探すのに苦労した純和風旅館。

20140808-6.jpg

見事な庭園を取り囲むように客室が並ぶ、
落ち着いた宿でした。
まずはここで、ひとっ風呂。

北海道の名湯の1つ、湯の川温泉は、
海辺にあることもあって、塩化物泉。
疲れが取れる、とても良い温泉です。
長旅の疲れが、一気に取れました。

さあ、函館山の夜景ツアーに備えて、
ちょっと昼寝です。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR