北海道旅行紀-8「函館山中腹からの夜景」

湯の川温泉の落ち着いた旅館「一乃松」でひとっ風呂浴びたあとは、
いよいよ夕食です。

20140810-2.jpg

旅館らしく、大きなお膳の上に、所狭しと料理が並びます。

20140810-3.jpg
20140810-5.jpg

そして、中にはお待ちかねのいかそうめんが。

20140810-4.jpg

そのほかにも毛蟹、

20140810-8.jpg

うにの小鍋、

20140810-7.jpg

キンキの唐揚げ、

20140810-6.jpg

そして、森駅名物のイカめしも登場です。

20140810-10.jpg

腹一杯になったところで、いよいよ函館山の夜景に向かいます。
ここまでは意気揚々だったのですが、
実はちょっとショッキングなことが。
なんと、ちょうど梅雨明け間近だったこの時期、
梅雨がないはずの北海道も、湿気が多く、
函館山に霧がかかってしまったのです。
今回は観光タクシーで向かったのですが、
山頂は軽井沢もびっくりの濃い霧が立ちこめ、全く下が見えません。
ああ、ショック。

しかし、気を利かせた運転手さんが、とっておきの場所に案内してくれました。
函館山中腹で、唯一夜景が見える場所。
少し半島のくびれは小さいですが、見事な函館の夜景を見ることが出来ました。

20140810-11.jpg

まあまあ、一応見られたからいいかと、若干失意のうちに
宿に帰ったら、宿の方からちょっと耳寄りな情報が。
この時期は、朝行くとそれはそれでとても綺麗ですよとのこと。
しかも、夜は自家用車は進入できないのですが、
日中なら上れるとのこと。
良し行ってみようと言うことで、明日朝のリベンジを誓い、
この日は海風が涼しい、海辺の宿で、ぐっすりと休むことにしました。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR