肉屋だらけの「牛都・飛騨高山」

美味しいとろろ飯でさっぱりと昼飯を済ませたあと、
連休中で少し渋滞も覚悟していたのですが、
2時過ぎに無事飛騨の小京都、高山市に到着しました。

今回宿泊するのは高山市の中心地にある旅館「清瀧」。

20150505-1.jpg

古い町並みが続く上三之町や、高山陣屋も徒歩圏内。
しかも、飛騨高山温泉を引湯する温泉旅館でもあります。
早速チェックインを済ませ、荷物を預かってもらって
上三之町散策に繰り出しました。

20150505-2.jpg

さすがに、今や日本を代表する観光地の一つで、外国人も多い飛騨高山
もの凄い人出でした。
私も、飛騨高山に来るのは、本当に久しぶり。
まだ結婚前に大阪転勤になった際に、
近くのスキー場にスキーに来たときに寄って以来なので、
10年以上経っていますが、ずいぶん商店も変わってしまいました。
そして、売っているものも、かなり信州とダブるところもあって、
結局何も買わず。

結局、ぶらぶらと高山陣屋まで歩いてしまいました。

20150505-3.jpg

しかし、市内をぶらついて、気づいたことが。
こんなに肉屋、多かったでしたっけ?
飛騨と言えば、飛騨牛の産地ではありますが、
日本中に○○牛と呼ばれるブランド牛の産地は数あれど、
高山の肉屋、肉料理屋の集積ぶりは、半端ではありません。
とにかく、通りを挟んで、肉屋だらけ。

20150505-14.jpg
20150505-15.jpg
20150505-16.jpg
20150505-17.jpg
20150505-18.jpg
20150505-19.jpg
20150505-20.jpg
20150505-23.jpg

あまりに多いので、写真はこのくらいにしておきましたが、
とにかく右を向いても、左を向いても飛騨牛の看板が掛かる店ばかり。
松坂も多いなと思いましたが、その比ではありません。
長野は「仏都」、松本は「岳都」とよばれますが、
さしずめ高山は小京都改め、「牛都」といった趣です。
かつて来たときは、ここまで多くはなかったような気がしますが、
やはりそれだけ観光客需要が多いのでしょうね。
上三之町の町並みは変わっていませんでしたが、
肉屋の増えようには本当に驚きました。

そして、なんと我々が泊まった旅館「清瀧」は、
飛騨牛専門」を名乗る料理旅館でもあったのです。

20150505-11.jpg

旅館のロゴマークが、牛マークですよ。
さらにお茶請けが、ビーフジャーキーだったのには驚きました。

20150505-21.jpg

当然、夕食は飛騨牛づくし。腹を減らして、夜を待ちます。
どんな料理だったかは、次の章で。


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 飛騨高山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR