飛騨牛専門・旅館「清瀧」

さて、既にご紹介した通り、飛騨高山で泊まった宿は
こちらの旅館「清瀧」さん。

20150505-1.jpg

高山市内中心部にあるこの宿、なんと飛騨牛専門を標榜する旅館。
さすが牛都飛騨高山の宿です。いったいどんな夕食なのか、
わくわくしていたのですが、いよいよその夕食タイムがやってきました。

手元のメニューを手に取ると、「飛騨牛」の文字のオンパレード。

20150505-12.jpg

実際、部屋食のお膳に並んだ料理は、こんな感じです。

20150505-5.jpg

まずは、飛騨牛のしゃぶしゃぶ。

20150505-6.jpg

そして、メインの飛騨牛サーロインステーキ。

20150505-8.jpg

蒸し物は、熱々の飛騨牛牛まん。

20150505-9.jpg

中も肉がぎっしりです。

20150505-10.jpg

そして、とどめは飛騨牛のロースト。

20150505-7.jpg

一品ずつの量は、それほど多いわけではないのですが、
これだけいろんな部位の飛騨牛がそろうと、非常に食べた感じがします。
しゃぶしゃぶ、サーロインステーキは、手元のコンロで自分で火を入れていただくのですが、
特にサーロインステーキの焼ける香り。

20150505-13.jpg

飛騨牛はとろりととろける油が命だそうですが、
サーロインステーキからにじみ出て、香ばしく焼き上がる
良質な牛肉ならではのかぐわしい香りを、Webではお届け出来ないのが本当に残念です。
もちろん、肉は口に入れるととろけるようで、
じゅわっと甘みだけを残して溶けてしまうような肉でした。
旨かったなぁ。

前菜と、デザート以外は、ほぼ飛騨牛、そんな感じの贅沢なコースでした。

20150505-22.jpg

ちなみに、翌朝の朝食。

20150506-9.jpg

小鉢が並ぶ、あっさりした朝食かと思いきや、
なんと朝食にも飛騨牛が!

20150506-10.jpg

飛騨牛専門と名乗るだけあって、その徹底ぶりには恐れ入ります。
部屋は正直狭く、部屋からの眺望も隣の家の屋根などが見えてしまい、
決して良いとは言えないのですが、市内の中心にあり、
主な観光地はほぼ徒歩圏内なのと、
この豪華な飛騨牛料理をいただくだけでも価値があります。
次回も高山にいったら、是非お世話になりたい良い宿でした。


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 飛騨高山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR