さようなら、平安堂軽井沢店!

今日はちょっと寂しい話題です。
軽井沢駅の近く、
マツヤ軽井沢店の隣にあった軽井沢随一の大型書店
平安堂軽井沢店が、今日をもって閉店となりました。
私もこの話題、先日書き込んでいただいたコメントで知ったのですが、
営業最終日となった今日、ようやく会社帰りに
滑り込みで行ってきました。

20150901-1.jpg

正直、この張り紙を見るまでは半信半疑でしたが、
本当に閉まってしまうのですね。

20150901-2.jpg

軽井沢に引っ越すことを決意した際に、
いくつかの条件の中で、近くにちゃんとした本屋がある、
と言うのも一つの条件でした。

この平安堂軽井沢店、何が素晴らしかったかというと、
地元の本を店頭の一番目立つところで売っていたこと。
まだ軽井沢に引っ越すかどうかを迷っていた際に、
地元の情報がないかと立ち寄り、その際に、
この地元の本コーナーを見て、痛く感動した覚えがあります。
地元の郷土史の本、ログハウスの本、アウトドアの本、
果ては、信州の温泉の本など、ここで買った地元情報は、
引っ越してきた当初の我が家の情報源でした。
佐久にも先年平安堂が出来ましたが、
地元の本の品揃えでは、軽井沢の方が抜きんでていました。

さすがは、数多くの現役作家さんをはじめ、文化人の方が
定住、もしくは別荘を持っている軽井沢の本屋さん。
こぢんまりとしながらも、ポリシーを持った品揃えは
本当に素晴らしかったと思います。
それが閉店すると聞いて、ぽっかりと心に穴が空いたようです。

信州は、活字の国だと思います。
地元紙、信濃毎日新聞も、以前読んだほかの県の新聞に比べると、
断然面白いし、
なにより地元の出版社がこんなにある県は、ほかにそうそうありません。
そんな活字の国、信州の中でも、最も文化的であるはずの軽井沢から
大型書店が消えるのは、かなりの衝撃です。

一説には、鳥井原にTSUTAYA進出という噂もありますが、
まだまだ影も形もありません。
仮に出来たとしても、平安堂のあの素晴らしい品揃えには
とうてい適わないと思います。
我が家も、それなりには買っていたつもりでしたが、
もっと沢山買って、売り上げに貢献して差し上げれば良かった。
まあ、焼け石に水だったかも知れませんが・・・

今日は、せめてもの罪滅ぼしに、
この間から買おうかどうか迷っていた本を
まとめて大人買いして帰って来ました。
精算の際、長い間ごひいきいただきありがとうございましたと
店員の方から言われましたが、
御礼を申し上げたいのは、こちらの方です。
軽井沢の暮らしを、豊かにしていただけたことの一部は、
平安堂軽井沢店さんのおかげ。
改めてこの場をお借りし、御礼を申し上げたいと思います。

そしてこのまま閉店じゃなくて、是非そのうち気が変わって、
軽井沢に帰って来てください!
とりあえず、集客力抜群のツルヤの近くにありながら、
あまり流行っていないヤマダ電機の代わりに
あそこに再出店しては、どうですか?
今の店舗より広いし、駐車場も充実していますよ。
なんちゃって・・・・

しかし、明日からマツヤの隣が暗闇になっているの、
なんだか寂しいなぁ・・・


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR