久しぶりに下諏訪「うなぎ小林」の絶品うなぎを堪能

先週諏訪に行ったのは、花火はもちろんですが、
もう一つ目的が。
それがこちら。

20150913-1.jpg

そう、諏訪に行ったらのお楽しみ、下諏訪にある「うなぎ小林」さんに行くことです。
昨年の秋に行って以来なので、ちょうど一年ぶりの訪問です。
上の写真は、うなぎを堪能して帰る際に撮影したのですが、
早くも行列。
我が家は幸い開店前に到着したので、すぐに店に入ることが出来ましたが、
うなぎ高騰の中でも、こちらは相変わらずの大人気店です。

さあ、早速うなぎを注文です。
このところ、毎年お品書きを開く際に若干ドキドキするのですが、
今年も恐る恐る開いてみると、
いつもお願いする特重は昨年より500円アップの4200円。

20150913-2.jpg

想定の範囲内だったので、早速注文しました。
なにしろ、この日に備えてうなぎ貯金してましたから・・・

今年非常に良かったのが、店内がリニューアルされ、
テーブル席が増えたこと。
先日ちょっと足を痛めたので、座敷はきついなと思っていたのですが、
テーブル席が増えて、本当に良かったです。
やはり時代の流れですかね。


さて、店内に漂う香ばしいうなぎの香りだけでご飯一杯食べられそうな中、
いよいよ我が家のうな重が運ばれてきました。早くもテンションMAXです。

20150913-3.jpg

ドキドキしながら、お重の蓋を取ります。

20150913-4.jpg

でました、極上うなぎ蒲焼きと、白いご飯の中に潜む、もう一枚のうなぎ。
相変わらず、見事な照りの蒲焼き。

20150913-5.jpg

今この写真を見ながら、生唾を飲み込んでいます。
いやいや、本当に見事な蒲焼き。これを食べに、早起きして諏訪まで来た甲斐がありました。
こってりしたうなぎを白いご飯に載せて、中でいい案配に蒸れているうなぎとともに
口に運びますが、うなぎとご飯が別々になっていることで、
うなぎの香りがごはんに移りきっておらず、
炊きたてのご飯の香りと、焼きたての香ばしいうなぎの香りが一体となって、
極上の旨みが口の中に広がります。
こってりとした、強めのタレが、また最高。
諏訪でもほかのうなぎ屋さんにも行ってみましたが、
ここ下諏訪うなぎ小林さんは、
まさに交通費をかけても食べに行きたい、信州うなぎの最高峰だと思います。

うなぎ貯金、もう少し残っているので、少し積みまして、
年内はもう一回食べに行かれるかな?
早くもその日が楽しみです。


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR