秋の温泉三昧-2 奥日光「休暇村日光湯元」のエメラルドグリーンの湯

またまた日光の話題なのですが、
2日目は戦場ヶ原の紅葉を見た後、日光湯元まで行き、
昼食もかねてこちらに向かいました。

20151101-4.jpg

公共の宿、休暇村日光湯元です。
ここは、ランチと日帰り入浴が出来るのです。

日光湯元は、日光白根山の麓にあるのですが、
同じ白根山と名の付く草津白根山と同様、
高温の硫黄泉が湧き出しています。
しかし、草津が硫黄泉でも強酸性なのに対し、
日光湯元はph6.6とほぼ中性。
なので、同じ硫黄泉でも、湯あたりが柔らかで入りやすい湯です。
どちらかというと、野沢の湯に似ている感じですかね。

とはいえ、源泉温度が70.3℃と高温なので、
比較的熱めの湯。その意味では刺激的な湯でもあります。
昨日もご紹介の通り、我が家はあつ湯好きなので
我が家にとっては願ってもない入り心地の湯です。
この前の日に入った、日光星の宿の柔らかなアルカリ泉も良かったのですが、
この日光湯元の湯は最高でした。

硫黄泉としては草津、万座、野沢、そして別所など、
我が家周辺には沢山の温泉があるので、
わざわざここまで入りに行く機会はそうそうないと思いますが、
日光に行った際には是非足を伸ばしたい温泉です。


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR