秋の温泉三昧-6 ダム湖に沈む川原湯温泉の新立ち寄り湯「王湯」

吾妻渓谷からの帰り道は、川原湯温泉を通って、
長野原から国道146号で軽井沢に戻ってくることになります。
せっかくなので、川原湯温泉でひとっ風呂浴びて帰ることにしました。

この川原湯温泉は、八ッ場ダムが出来ると湖底に沈む温泉。
なので、大規模な移転工事が吾妻川の両岸で進められており、
温泉地は南側の台地の上に移転しつつあります。

今回は、その川原湯温泉の立ち寄り湯「王湯」に寄ってみることにしました。

20151111-1.jpg

この王湯も、元々はもっと低い場所に昨年まであったのですが、
昨年7月に高台に移転。
なので、まだ真新しい、綺麗な施設です。

20151111-2.jpg

王湯と書かれた立派な額が掲げられた玄関を入ると、
正面にカウンターがあり、その後ろはすぐに脱衣所というシンプルな造り。
それでもさすがは新しい施設なので、ちゃんと鍵付きのロッカーなどもあり、
シャンプーやリンスなども整っています。

泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物・硫酸塩泉。
無色透明ですが、ほのかに硫黄が香る、
これはなかなか良い温泉です。
何より、ここも熱いのがよい。
源泉は79℃もあるそうで、それを加水して使っているそうです。
内湯はそうでもないのですが、露天風呂はかなりのあつ湯。

この露天風呂は、現在はダム湖に沈む旧川原湯の町を見下ろすだけなのですが、
ダム湖が出来れば、雄大なダム湖を望む、絶景のロケーションになりそう。
とにかく高台にあるので、風は少し冷たく感じられるほどでしたが、
露天の温度がかなり熱いので、ちょうどクールダウンになって良い感じです。
非常に気持ちよく入ってきました。

残念なのは、洗い場が少ないこと。
もう少しスペースはありそうなので、作れば良かったのにと思います。

とはいえ、泉質が非常に良い。
またまた近くの温泉バリエーションが増えました。


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR