高崎・新町の於菊稲荷神社で七夕限定御朱印をいただく

今日も暑かったですね。
今年は暑いという長期予報でしたが、本当に当たってしまったみたいです。
それでも軽井沢の最低気温はおよそ18度。
朝晩はひんやりして、夜も気持ちよく眠れます。
ありがたいことです。

さて、今日に負けず劣らず暑かった昨日、
車のエアバッグリコール対応で高崎まで行っていたと
ご紹介しましたが、
作業は丸一日かかるとのこと。
なので、代車を借りて、もう一つの目的地に向かいました。
それがこちら。

20170709-1.jpg

赤い鳥居がたくさんあるからお稲荷さんですね。
ちょうど夏越しの大祓で設えられたと思われる、
茅の輪がまだそのままになっています。

ここがどこかというと、高崎市の南方、旧中山道の
江戸から数えて11番目の宿場町、新町宿にある
於菊稲荷神社です。

20170709-2.jpg

かわいらしい名前のお稲荷さんですが、
由緒は結構雄々しい感じで、
時は戦国時代、ちょうど昨年真田丸にも登場した、
滝川一益と北条氏政が神流川で戦った際、
北条氏政が稲荷大明神に必勝祈願をしたところ、見事に勝ったため、
その分霊を当地に祀ったのが期限だそうです。
その後、新町宿の娼妓で於菊という美人妓が重い病にかかった際、
このお稲荷さんに願をかけ、3年間詣で続けたところ、
お稲荷さんが夢枕に立ち、今後日との役に立つことを条件に
病気を治したとのこと。
不思議なことに、病が治ったのちはお稲荷さんのパワーをいただいたためか、
於菊に霊力が付いたため、この神社の巫女として、
多くの人のために尽くしたそうです。
その噂は近隣に広まり、多くの崇敬を集めたことから、
於菊稲荷神社と呼ばれるそうになったそうです。
小さな社叢ですが、中にはなかなか立派な神楽殿もあります。

20170709-4.jpg

でも、普通の町中にあるさほど大きくはないお社が
何で有名になったかというと、限定の御朱印
これが実に見事なのです。
ちょうど七夕の時期は、その限定御朱印をいただけるとのことで、
最終日の9日に行ってみたというわけです。

で、先日落成したばかりという、まだ真新しいお社にまずは参拝。

20170709-3.jpg

そのあと、神楽殿裏にある社務所で、御朱印をいただくのですが、
何と驚きの2時間待ち!
さすがにその場で待つのではなく、整理券をいただいて
お預けしておくスタイルです。
もう一カ所、高崎駅前のヤマダ電機にも行きたかったので、
いったん高崎市街に戻り、食事も済ませておよそ2時間後、
整理券を持って、御朱印をいただきに上がりました。

で、いただいたのがこちら。

20170709-5.jpg

どうです、可愛いでしょ。
見開きで、右側にはきつねの織り姫とひこぼしが、
きらきらの天の川を挟んで微笑んでいる絵柄。
見ているだけで、なんともほほえましくなる御朱印です。
ちなみに於菊の菊の字がくるんと丸まっていますが、
これはきつねのしっぽをあらわしているそうですよ。
暑い中、わざわざ頂きに上がった甲斐がありました。

この於菊稲荷神社、なかなか新しい神社で、
この斬新な御朱印のほか、
オフィシャルのFacebookページや
Lineのスタンプもあるそうです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越中富山の御朱印めぐり-3 越中国一宮・高瀬神社

さて、越中富山御朱印めぐり、射水神社に続いては、
高岡市から離れて、砺波平野の真ん中を一路南砺市へ。
砺波平野と言えば、散居村。

20170627-0.jpg

一軒あたりの床面積が日本一という、かなり大きな家が
屋敷林を背負って田園地帯の中に点在する光景は、
非常に美しい日本の原風景な感じです。

そんな散居村の中を、しばらく進むと、これまた田園地帯の真ん中に
こんもりとした社叢があらわれるのですが、それが目指す高瀬神社
こちらも越中国一宮の一つで、射水神社と並んで社格が高いお社です。

20170627-1.jpg

社殿はこぢんまりとしていますが、社務所やバンケットホールなどもあり、
今でも多くの方の崇敬を集める神社のようです。

20170627-2.jpg

さて、この高瀬神社の社殿で見逃せないのが、
破風の下などに施された見事な彫刻。

20170627-3.jpg
20170627-4.jpg

実はこの高瀬神社がある南砺市に井波という地区があるのですが、
ここは彫刻の街と言われるくらい、彫刻が盛ん。
おそらくはその職人の手による、非常に見事な彫刻が
社殿のあちこちに施されています。

20170627-5.jpg

軽井沢から高速で来て、二社一寺を一気に参拝。
さすがにこの日はこれくらいにして、宿に向かいました。
その前に、高瀬神社御朱印です。

20170627-6.jpg

さ、次は温泉と白エビが待っています!


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越中富山の御朱印めぐり-2  越中国一宮・射水神社

ゴールデンウィークに行った、越中富山の御朱印めぐり。
国宝・瑞龍寺のあとは、高岡駅北側の旧高岡城址にある
越中国一宮・射水神社へ向かいます。

20170626-9.jpg

さて、この高岡市、新幹線も停まる、富山県第2の都市で、
市中心部には「高岡城址」なる城跡もあるので、
歴史ある城下町かと思いきや、
実は、前田家が金沢に本拠を移してからは、城は廃城。
でも、北陸有数の商工都市として栄えたのがこの高岡と言うことになります。
なるほどね。

廃城になったといっても、見た目はしっかり城跡。
周りには堀もあり、石垣もあります。
石垣の中は、ほぼ緑豊かな公園に。
その真ん中に、越中国一宮・射水神社があります。

20170626-13.jpg

さて、富山県の一宮事情はかなり複雑です。
一宮、というくらいですから、本当は一つのはず。
でも、県によっては一宮がいくつかあるところがあります。
この辺りでは、静岡県がそう。
理由ははっきりしていて、現在は静岡県と一つになっていますが、
旧国名は伊豆、駿河、遠江の三カ国。
ということで、それぞれに一宮があるので、まずは三つあることになります。
ちなみに伊豆国一宮は三嶋大社、駿河国一宮は既に詣でた富士宮浅間大社、
そしてここで問題なのですが、遠江国は一カ国で二つの一宮があります。
さあ、この辺りから難しくなってきますよ。一宮が二つ。
ちなみに、遠江国一宮は、森の石松のふるさと、遠州森町にある小国神社と
掛川市の東海道沿いにある事任八幡宮です。
このような、一つの旧国に二つの一宮があるのは、新潟県もそうで
彌彦神社と、上越市の居多神社が越後国一宮となっています。

では、富山県、旧国名越中国一宮は、一体いくつあるのかというと、
なんと4つ!
この射水神社と、南砺市の高瀬神社、それに高岡市の気多神社、
さらには立山町の雄山神社が一宮だそうです。
さらにさらに、雄山神社のご神体は立山の雄山なのですが、
麓の前立社壇、中宮祈願殿、
そして峰本社というのはなんと立山の雄山山頂にあるそうです。
すべて入れたら、なんと6カ所。しかも一つは日本有数の高山山頂。
これはさすがに全部はお参りできません。

まずはこの射水神社から参拝したのは、高岡市の中心部にあって、
この前に参拝した瑞龍寺からも近いと言うことと、
一番上の写真にもあるように、旧社格が国幣中社と4社の中では最も高い。
なるほど、非常に風格のある社叢で、参拝客も結構多かったです。

20170626-10.jpg

上の写真の右手は、結婚式なども多いのか、
かなり広々とした参集殿も設けられていました。

まずは鳥居をくぐり、本殿に参拝。

20170626-11.jpg

見上げれば、巨大な射水神社の扁額。
珍しいですね、神社でこんな横型、しかも巨大な扁額は。

20170626-12.jpg

参拝客が多いこともあって、本殿向かって左側には
お守りやご祈祷の受付所が常設されており、
かなり多くの神職の方が対応されています。
こちらで御朱印をいただいてきました

20170626-14.jpg

あ、最初に書き忘れましたが、ここを参拝したのは、
信州が境を接する十カ国の一宮参拝の一環。
これで、信州はもちろん、甲州、上州、駿河と越中の四カ国の一宮に参詣。
残るは飛騨、美濃、三河、遠江、越後、そして武蔵の六カ国の一宮です。
実はもう、このうち三カ国は参詣してきたのですけどね。
それもまたおいおいご紹介します


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越中富山の御朱印めぐり-1 国宝・高岡山瑞龍寺

少し前の話題にはなるのですが、
今年のゴールデンウィークは再び北陸に。
北陸と行っても、きっと混んでいる金沢ではなく、
富山に行って来ました。
お目当ては、この時期の富山湾の宝石、白エビをいただくのと、
富山の寺社めぐり、そして昆布の買い出しです。

富山といっても、今回も氷見に泊まり、
高岡、城端、そして初めて行く井波を回る旅です。
軽井沢から上信越道で上越に行き、そこから北陸道でまずは高岡へ。
高岡に来たら、ここに行かないわけには行きません。

前田利常が創建した曹洞宗の名刹、高岡山瑞龍寺です。

20170626-1.jpg

山門、仏殿、法堂が富山県唯一の国宝になっている瑞龍寺
禅宗寺院らしく、華美な装飾などはありませんが、
質実剛健な、伽藍が並んでします。
国宝となった山門の力強い木組みに圧倒されながら、門の中を覗くと、
仏殿が正面に。

20170626-2.jpg
20170626-3.jpg

その背後には、力強い山門、仏殿とは異なる優美な形の法堂が続いています。

20170626-4.jpg

法堂の唐破風には、前田家の梅鉢紋があちこちに。

20170626-5.jpg

前回来たときには気づかなかったのですが、
この法堂の中には、見事な庭園がありました。

20170626-6.jpg

ちょうどツツジが見頃で、簡素ながらも風情のある庭です。

この法堂の左右には、山門に続く回廊があるのですが、
その回廊から外を見ると、一直線に並んだ仏殿と山門の伽藍配置が望めます。

20170626-7.jpg

一直線に並んだ伽藍好きとしては、見ていても全く飽きません。
本当に美しい寺です。

最後に御朱印をいただきます。

20170626-8.jpg

瑞龍寺仏殿には、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩の三尊像が安置。
ということで、御朱印も南無釈迦牟尼仏です。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

日光山輪王寺

最近、なんだか更新が適当で申し訳ありません。
実は今週、眠くて眠くて。
先日NHKで「睡眠債務」というのをやっていたそうで
ネット民の方々の間でもずいぶん話題になっていましたが、
まさに私がそれ?
今年も半年が終わろうとしていますが、
先々週ぐらいまでなんだかずっといろいろ立て込んでいたので、
その付けが一気に来たのかもしれません。
この項も、途中まで更新していて、気がついたらスマホを握りしめたまま
朝になっていました。
なので、一から書き直して、再投稿しますね。

さて先日、ブラタモリで2週連続で名古屋を取り上げたの、
ご覧になりましたか?
名古屋を茶化す芸風で一世を風靡したタモリさんが
名古屋を訪れるとあって、地元名古屋圏を中心に
ずいぶん盛り上がったようですね。
でも、内容は至極まとも。
現在の名古屋の街作りに、神君徳川家康公が
如何に大きな影響を与えたのかを、
例のごとく地形の特徴から解きほぐして紹介する、
実に興味深い内容でした。

名古屋と言えば、町中を歩くのが嫌になってしまうほど
広い街区がひろがっていますが、
なんとあれは家康の街割りだったというのを知って、
非常に驚きました。非常に先進的な街だったのですね。

201705250818520c3.jpg

日本は世界有数の土木建築大国だと思うのですが、
やはりその源流は戦国時代以降の巨大な城郭整備や
各地の鉱山技術によるものが多いと思うのですが、
特に武田信玄にしろ、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の
いわゆる三英傑の土木技術に対する知識や知恵は、
知れば知るほど驚嘆すべきものがあると思います。

前振りが長くなりましたが、
その徳川家の土木建築技術の粋が集まるところの一つが
先日訪れた日光山。
江戸の昔に、あのような山中に、壮麗な寺社建築を次々と作った財力と
技術力に、改めて驚嘆するわけですが、
東照宮に続いて、世界遺産二社一寺の「一寺」を参拝してみました。
日光輪王寺です。

20170621-1.jpg

明治時代の神仏分離以前は、一体化していたこともあって、
どこまでが東照宮で、どこまでが輪王寺かという区別は非常に曖昧。
この後参拝する二荒山神社のすぐ脇に、三代将軍家光を祀る
大猷院廟がありますが、東照宮と同じような造りながら
こちらは仏式で祀られているため、輪王寺の管轄。
柏手を打ったり、手を合わせて拝んだり、その都度忙しい日光山内です。

さて、上記の山門をくぐり、輪王寺の境内へ。
あちこちで改修が進む日光山内ですが、
ここ輪王寺の本堂に当たる三仏堂もまだ修復工事中。

20170621-2.jpg

一昨年参拝したときもそうですが、徳川家光が建立し、
東日本最大級の木造建築でもある壮麗なお堂はまだ絵に描いた状態です。

でも中はだいぶ工事が進んでいて、
拝観料を払うと僧侶の方の案内付きで、三仏堂の三仏の前まで行って
お参りすることが出来ます。

ちなみに三仏とは、千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音。
いずれも光り輝く大仏様で、
日光三社権現の本地仏だそうです。

最後に御朱印を。

20170621-3.jpg

今までお願いした中でも群を抜くスピードで
さらさらと書いていただきましたが、凄い力強い達筆。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR