常陸国一宮・鹿島神宮へ

茨城県は子どもの頃叔母が住んでいたこともあり、
昔から何度も行っているところなのですが、
ほとんどが常磐線沿線。
鹿行地域と呼ばれる、利根川河口のエリアは
生まれて初めて来ました。
失礼ながら、もっと鄙びたところだと思っていたのですが、
やはり鹿島臨海工業地帯があるせいか、
結構栄えているのですね。
昨日ご紹介した、ばんどう太郎の前を走る道路は、
片側二車線の大きな道路で、しかもかなりの通行量。
正直、こんなに人が住んでいるところだとは思っていませんでした。

そのばんどう太郎からほど無い場所に、常陸国一宮鹿島神宮があります。

20170922-8.jpg

先に参拝した下総国一宮の香取神宮と並ぶ、東日本有数の格式を誇る古社で、
こちらも旧官幣大社。
香取神宮は小高い丘の上にありましたが、
鹿島神宮は二ノ鳥居から楼門まで続く参道はフラットです。

20170922-9.jpg

その参道の正面に建つのが、大きな楼門。

20170922-10.jpg

初代水戸藩主の徳川頼房が建立したものだそうで、
日本三大楼門の一つだそうです。
ちなみにあと二つは福岡の筥崎宮と、熊本の阿蘇神社だそうです。
残念ながら阿蘇神社の楼門は、昨年の熊本地震で倒壊してしまい、
2022年に復元されるそうです。

さて、この鹿島神宮の楼門に掲げられた
鹿島神宮」の扁額は、東郷平八郎が揮毫したものだとか。

20170922-11.jpg

鹿島神宮のご祭神は武甕槌大神で、香取神宮の経津主大神と並ぶ武神、軍神です。
扁額も、近代日本を代表する軍神によるものなのですね。

その威風堂々たる楼門をくぐると、はて本殿はどこに?

20170922-15.jpg

正面にさらに鬱蒼とした社叢が続いているので、本殿はこの奥にあるのかと思いきや、
楼門の正面向かって右手が、本殿でした。

20170922-12.jpg

正面に鳥居があるものの、意外に鄙びた拝殿です。
ということで、まずはここで参拝。

しかし、正面の拝殿こそ鄙びていたのですが、
左右に並ぶと、その奥の本殿は、なかなかどうして、
さすがは東国一の格式を誇る神社のもの。

20170922-13.jpg

この社殿は、江戸幕府二代将軍の徳川秀忠の命により
造営されたものだそうです。

20170922-14.jpg

お参りしたところで、御朱印をいただきます。

20170922-16.jpg
20170922-17.jpg

今までほかに例を見ない、個性的な書体の御朱印でした。

しかし、まずは信州が境を接する十カ国の一宮御朱印めぐりをはじめたわけですが、
気がつけば関東一都六県のうち、北関東三県の一宮はこれですべて参拝。
残るは武蔵国一宮の大宮・氷川神社と、上総国一宮の玉前神社、安房国一宮の安房神社と
相模国一宮の寒川神社の四社になりました。
信州が境を接する十カ国の一宮は
武蔵国一宮の氷川神社と、越後国一宮の彌彦神社、居多神社と
飛騨国一宮の水無神社の、こちらも四社。

これはやはり、いつでも行かれそうで、なかなか行っていない
大宮の氷川神社を早く参拝しないといけませんね。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐり-7 もう一つの遠江国一宮・事任八幡宮

素晴らしい遠江国一宮の小國神社に参拝し、
次に向かったのはもう一つの遠江国一宮事任八幡宮です。
「じとう」八幡宮ではなく「ことのまま」八幡宮と読みます。
なかなか難しい名前の神社ですが、
人里離れた里山の中にある小國神社と異なり、
東海道の難所の一つ、小夜の中山を越えた掛川寄りの宿場町、
日阪宿の近くにある神社です。
かつて京から江戸に向かう際は、難所の小夜の中山を前に
道中の無事を祈る旅人が、きっと数多く参拝したのでは、という立地です。

いまも、旧東海道、現在の国道1号線の旧道の脇に建つこの神社、
小國神社と比べると、こぢんまりとした社叢で、
宿場の鎮守様、という感じの可愛らしい神社です。

20170918-14.jpg

とはいえ、やはり一宮
今年で遷座1210年になるという、非常に長い歴史を持つ神社です。
こぢんまりした社叢とは言え、ご神木は巨大。

20170918-15.jpg

ご本殿は、階段を上った上にありますが
こちらもこぢんまりとしたご社殿です。

20170918-16.jpg

しかし、写真にも参拝されている方がいらっしゃいますが、
こぢんまりとした神社ながら、
ひっきりなしに参拝に見える方がいらっしゃいます。
それというのも、この神社の名前、「ことのまま」に秘密があるようです。

ご祭神は、己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)。
言の葉で事を取り結ぶ働きをもたれる神様だそうで、
願い事のままにかなえてくださるということが崇敬を集める理由なのでしょう。

ところが、神社の由緒を読むと、なかなか数奇な歴史をたどる神社だそうで、
元々の主祭神、己等乃麻知比売命より、
応神天皇や神功皇后などを主祭神としてお祀りする時代が長く続き、
改めて己等乃麻知比売命が主祭神となったのは、
なんと平成11年だったのこと。
そして、これは調べてもよくわからなかったのですが、
三河国一宮の砥鹿神社と同じご社紋が付いていました。

20170918-17.jpg

御朱印をきっかけにはじめた寺社めぐりですが、
その土地のいろんな歴史を知ることが出来て、なかなか面白いです。

最後に、ご遷座1210年を祈念した限定御朱印をいただきました。

20170918-19.jpg

いよいよ東海道御朱印めぐりも残すはあと一つ。
小夜の中山を越えて、静岡へ向かいます。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

下総国一宮・香取神宮

さて、先週土曜日、墓参りのあと初めて佐原に行ってみたわけですが、
佐原市には、大きな神社があります。

20170919-1.jpg

下総国一宮・香取神宮です。

我が家の実家は都内にありますが、隅田川の東岸にありますので、
旧国名では下総国。その自分が生まれたところの一宮に
初めて詣でてみたのです。

この香取神宮、関東でも有数の古社で格式を誇る大きな神社。
戦前に定められ、現在は廃止されている旧社格制度では
熱田神宮、諏訪大社などと並ぶ官幣大社。
関東地方では、お隣の茨城県、常陸国一宮の鹿島神宮、
安房国一宮の安房神社、武蔵国一宮の大宮・氷川神社、
それに東京の日枝神社、明治神宮の六社しかありません。

ご祭神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ) 。
武神として知られ、武道の道場などに「香取大明神」という
掛け軸がよく掲げられています。
かつて、NHKの大河ドラマ「新撰組」で、
道場に「香取大後明神」の掛け軸が掲げられていて、
きっと原作の三谷幸喜さんが主演の香取慎吾さんにかけて
シャレで掲げたんだろうなどと言うネット上の書き込みもありましたが、
そんなことはなくて、れっきとした理由があったのでした。

それだけの古社だけあって、社叢は実に広大。
上の鳥居は二ノ鳥居。
一ノ鳥居は、遙か彼方の佐原市街地の県道上に建っています。

20170919-8.jpg

二ノ鳥居をくぐると、緩やかに上り坂になっている、
そこそこ長い参道が。

20170919-2.jpg

その参道両脇には、寄進された石灯籠が立ち並んでいます。
かつての大名家から、戦前の華族、そして最近の企業の寄進によるものまで
大きさもかなり立派な石灯籠がずらっと並ぶのはなかなか壮観です。
東日本大震災の際には、110基の灯籠が倒壊したそうですが、
今では綺麗に修復されています。

その山道を登り切ると、三ノ鳥居。

20170919-3.jpg

この鳥居も、かなり大きな石鳥居ですが、東日本大震災で
被災したそうです。

20170919-4.jpg

そして、上の写真の鳥居の先に見えるのは丹塗りの総門。
さらにさらに、その総門をくぐると、その先に立派な楼門が見えます。

20170919-5.jpg

こちらも堂々とした丹塗りの楼門ですが、
元禄時代に徳川綱吉により建てられたものだそうです。
しかし、ここまで鳥居が三つに門が二つ。
この神社の格式の高さが、こんな所からもうかがえますね。
実は、利根川に近いこの香取神社。
かつての表参道は今ご紹介した参道ではなく、
川からつながる参道だったそうで、
今も利根川河畔には大鳥居があるそうです。

さてこの楼門をくぐると、いよいよ権現造りの本殿。

20170919-6.jpg

拝殿は、昭和初期に建て替えられたものだそうですが、
本殿は元禄時代のものだそうです。
以前ご紹介した、妙義神社にも似たなかなか壮麗な拝殿です。

20170919-7.jpg

最後に御朱印をいただきます。

20170919-9.jpg

熱田神宮と同じ、御神印のみのシンプルな御朱印です。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

東海道御朱印めぐり-6 森の気を感じる遠江国一宮・小國神社

さて、再び東海道御朱印めぐりの話題です。
早くしないと、半年前の話題になってしまいますからね。
なにしろ、出かけたのはゴールデンウィークの翌週でしたから。

前の日は朝は大雨からスタート。
その後、2カ所目の南宮大社からは雨が止んだものの、
ずっと今にも雨が降りそうな曇り空でした。
翌朝は、時折日ものぞく、まずまずの天気です。

20170918-2.jpg

まずはホテルで腹ごしらえ。
さすがは浜松、朝から鰻ご飯があります。
ひつまぶし風ではありますが。
海苔とわさびがよく合いました。

20170918-5.jpg

ホテルを出発し、向かったのは遠州森町。
浜松からは、少し内陸にあり、
かの「森の石松」が生まれたところでもあります。
静岡というと、海岸線が長く、海のイメージが強いのですが、
ここは三方を山に囲まれた、のどかな里山の街という感じです。
その里山に囲まれた、ある意味人里離れた場所に、
遠江国一宮小國神社があり、ここを訪れてみたのです。

ちなみに、読み方は「おくに」と清音で読みます。
この小國神社、正直、今まで参拝した一宮の中で、
一番人里離れたところにあります。
とにかく、神社に向かう道中心配になるくらい、人家がまばらになってきます。
事前に地図を頭にたたき込み、
念のためカーナビに場所を入力して向かったのですが、
間違ったのではないかと、心配になるくらい。
半信半疑で向かったら、どこからこんなに人が出てきたのかと言うくらい
大きな駐車場に車があふれていました。
正面には立派な石鳥居が。

20170918-6.jpg

この鳥居の向こうが参道になっており、
早速歩き始めたのですが、
この参道が凄かったのです。
まずは下の写真をご覧ください。

20170918-10.jpg

ちょうど偶然日が差して明るくなった瞬間だったのですが、
石鳥居の先は、それはそれは見事な杉並木。
その大きさと行ったら、箱根や日光の杉並木も適わない、
それはそれは立派な杉並木が一直線に続いているのです。

そして、この杉並木を歩き始めた瞬間、
なんとも言えない心地よさが。
というのも、木立の中から、さわやかな風が渡ってくるのです。
それも、ただの風ではなくて、木立を抜けてきた、
マイナスイオンたっぷりの風。
木立の中ならば、軽井沢も負けてはいないのですが、
こんな気持ちの良い風は吹いていません。

神社は鎮守の森というぐらいで、すから、深い緑は不可欠。
都心でも明治神宮やうちの実家の近所の氏神様も
まわりがマンションだらけになっても、木々が残っているものです。
しかし、この小國神社はスケールが違う。
まわりは、掛け値なしの深い森。
森は、水を養います。
ここ、小國神社のある森町も、太田川という清流が流れているそうですが、
豊かな森と、豊かな水はこの国に自然の豊かさをもたらす源泉。
その森と水を畏敬し、祀っているのが神社だと言うことを、
この小國神社に詣でて、強く感じました。

20170918-11.jpg

ちょっと大げさですが、境内にはためく日の丸を見て、
日本はなんて良い国なんだろうと、しみじみ思ってしまいました。

なんだか先に結論が出てしまったようですが、
とにかく気持ちの良い参道を感動しながら進むと、
正面に立派な社殿が見えてきます。

20170918-7.jpg

これまた立派な鳥居と、深い緑を背負った社殿が実に美しい。

20170918-8.jpg

拝殿はそれほど大きくはありませんが、
その最後にある本殿はかなり立派。
今まで詣でた一宮の中でも、非常に広壮な社殿です。

20170918-13.jpg
20170918-9.jpg

何度も言いますが、こんな人里離れたところに、
こんな立派な神社があるのを、今まで全く知りませんでした。
今までいろいろな神社を参拝しましたが、
今のところ、また参拝したい神社のナンバーワンになりました。
参拝できて、本当に良かったです。

最後に御朱印を。

20170918-18.jpg

これまた典雅な御朱印です。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

続きを読む

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

高崎・新町の於菊稲荷神社で重陽の節句の限定御朱印をいただく

先週日曜日は、今度はうちの奥さんの車の点検で高崎のディーラーさんへ。
そこに向かう前に、まずはこちらに向かいました。

20170914-5.jpg

今年7月にも参拝した、高崎・新町の於菊稲荷神社です。
なぜまたここにお参りに行ったかというと、
7月の七夕の限定御朱印に続き、
今度は重陽の節句の限定御朱印をいただけるから。

9月9日は、菊の節句とも言われる重陽の節句。
九は「久」とも読めるため、
9月9日はそのめでたい九が2つ重なる実におめでたい日。
邪気を払い、長寿を祈る節句とも言われています。
そこから敬老の日も来たのでしょうね。今度の週末ですけど。

さて、この重陽の節句が菊の節句とも言われることから、
於菊さんの菊にちなんで、限定御朱印がいただけるようです。

しかし、ディーラーさんの約束時間が10時で
社務所での御朱印受け付け開始は9時とのことだったので、
軽井沢を7時頃出て高崎へ。
朝一番の18号は空いていて、8時半過ぎには神社に到着してしまいました。
しかし、なんだかすごい人。

20170914-7.jpg

駐車場も、群馬ナンバーだけでなく、遠くは金沢ナンバーなんて言うのも
ありました。ユニークな御朱印で、先日テレビでも紹介されたようなので、
人気なんですね、於菊稲荷神社

まずは、本殿に参拝です。

20170914-6.jpg

この夏建て変わったばかりの、まだ真新しいご社殿です。

参拝したら、いよいよ御朱印をいただきに社務所へ。
しかし、社務所前は既に受付を過ごした人が大勢出来上がりを待っています。

20170914-8.jpg

出来上がりまで、2時間ほどかかるとのことだったので、
御朱印帳は預けて、まずはディーラーさんへ。
その後、ちょうど1時間ほどで点検も終わったので、
神社に戻ってきたら、11時過ぎ。
ちゃんと出来上がっていましたよ。
こんな感じです。

20170914-9.jpg

相変わらず、ほのぼのとした可愛らしい御朱印です。
ちょうど私が引き取りに行ったときに来た方は、
出来上がりが夕方4時と言われていました。
早く行って良かったです。
ちなみに、限定御朱印はこの日が最終日。
さて、次は何の御朱印だろう?
なんだか限定の時は、毎度行ってしまいそうです。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR