金鑚山大光普照寺

この週末は非常に良く晴れて、春のような陽気になったのですが、
今日は一転して、昼頃から雨模様。
でも暖気は残っていて、なんだか草花が芽吹くための
恵みの雨となるような、そんな感じの雨です。
ちょっと豪雨ですが。

軽井沢にとっては、よい雨なんだか、恨めしい雨なんだか。
よい雨、というのはこのところ非常に乾燥していたので
空気にうるおいを与えるという意味では良かったかもしれませんが、
昨日の暖かさに加えて、今日の豪雨で、
スキー場的には誠に恨めしい雨となった感じです。
今週末は軽井沢に行くのですが、きっともうダメだろうな・・・
せめてもの救いは、今週半ばは気温が下がる、ということなのですが。
ゲレンデ整備が素晴らしい軽プリのことですから
きっとなんとかなるでしょう。

さて、話題は変わり、先日群馬・新町の於菊稲荷神社に
雛祭り限定の御朱印をいただきに行った日の続きなのですが、
上里カンターレで昼食後、御朱印の出来上がりにはもう少し時間があるので、
近辺で時間をつぶすことにしました。
いつもは高崎方面に行ってしまうのですが、
今日はせっかく神流川を渡って、埼玉県側にいるので、
その界隈を探索してみることにしました。

この界隈は、軽井沢の行き来に通る関越道の沿線で、
何度も通っているのですが、
正直大きな町があるわけでもなく、それほど土地勘のある場所ではありません。
しかし、探せばあるものです。
こんな寺を見つけてしまいました。

201800301-1.jpg

立派な門構えのこの寺院、神流川流域の埼玉県児玉郡神川町にある古刹、
金鑚山大光普照寺です。

創建は何と驚きの聖徳太子。
先日詣でた水沢観音も相当の古刹ですが、
聖徳太子となれば、飛鳥時代の創建となります。
関東でも有数の古刹となる、天台宗寺院です。
その後、平安中期に元三大師が滞在し、教えを広めたほか、
鎌倉時代にかけては川越の喜多院とともに、天台宗の学問所となったそうで、
関東の天台宗の拠点の一つだったそうです。

今でも金鑚元三大師として、広く尊崇されており、
厄除けや子育て、安産祈願などに多くの方が参拝しているそうです。
確かに、駐車場が非常に広かったので、正月の初詣などの際は
さぞかし賑わうのでしょう。
1月3日に開かれるだるま市には数万人という方が参拝に来られるそうですよ。

駐車場の方から入ったので気づきませんでしたが、
非常に立派な山門がありました。

201800301-2.jpg

現在は天台宗の別格本山だそうですが、
この寺の寺格の高さを表しているようです。

本堂も非常に立派な建物。

201800301-3.jpg

破風の部分にも、華麗な彫刻が施されていました。

201800301-4.jpg

確かに、私が詣でている間にも、
続々と参拝者が。
境内のおみくじの奉納所にも、沢山のおみくじが結びつけられていましたので、
結構多くの方が参拝されているのでしょうね。
もしかして、このダルマも奉納されたものかな?

201800301-5.jpg

ちなみに、「金鑚」とは難しい名前ですが、
「かなさな」と読むそうです。
調べたら、砂鉄という意味があるとか。かつてはこの界隈で砂鉄が取れたそうですよ。
このあたりはちょうど戦国時代は北条、武田、そののち織田方の滝川一益などが
せめぎ合った土地ですが、
砂鉄が取れる場所だったことも、影響しているのでしょうか。

近くには武蔵二宮の金鑚神社も鎮座しています。
きっとこの界隈のパワースポットだったのでしょうね。
しかし、何度も通った関越道の沿線に、こんなところがあったのは
今回初めて知りました。
まだまだ知らないこと、知らない場所がたくさんあることを思い知りました。

最後に御朱印を。

201800301-6.jpg

本堂内の寺務所でいただきました。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

パワースポット榛名神社

しかし、今日も予報が当たりましたね。
朝起きたら雪。でも会社に行く頃にはみぞれに変わって
道路はぐちゃぐちゃ。
これは、夜は凍ってえらいことになるぞと思っていたら、
日中は晴れて気温も上がったようで、
道路はすっかり乾いていました。

その代わり、ただいまも結構強風が吹いています。
我が家近辺では倒木はなかったものの、
枝が散らばって凄いことになっていました。
中には、側溝に突き刺さった、犬神家の佐清状態の枝も。
道路通行の際は十分ご注意くださいね。

さて、話は戻って先週、水沢うどんの続きです。
水沢観音に参拝したら、次は伊香保でひとっ風呂となりそうですが、
この日の我が家は伊香保を通り過ぎて榛名山へ。
榛名湖を見たのは、高校の合宿の時以来です。
昼飯がワカサギどんぶりで、一口も食べられなかったことを思い出しながら、
榛名湖では停車せず、そのまま榛名山を越えて安中方面へ山を下ります。
そうして向かったのがこちら。

20180225-2.jpg

榛名山の中腹にある、榛名神社です。
近くにありながら、まだ参拝したことがなかったので、
ずっときてみたかったのですが、今回時間もあったので
思い切って立ち寄ってみました。

正面の鳥居をくぐると、巨大な随神門。

20180225-3.jpg

ちょっと寺院風だなと思って見ていたら、
やはり明治の神仏分離以前は、神仏混交の寺社だったようで、
もとは仁王門だったそうです。

この随神門をくぐると、断崖絶壁に沿った参道が続きます。
杉の並木が続き、ちょっと戸隠神社奥社的な感じです。

20180225-4.jpg

ただ、戸隠に比べると参道が綺麗に整備されていて非常に歩きやすい。
なだらかな坂になっていますが、これならお年寄りでも
楽に歩けそうです。

このなだらかな坂を歩いて行くと、途中に五重塔が。

20180225-13.jpg

これも神仏混交だったときの名残だそうです。

そして、左右の岩山がだんだん険しくなってきました。
すると、参道の右手を流れる川の反対側に面白い岩が。

20180225-5.jpg

岩の割れ目から滝が流れ落ちていたようなのですが、
それがすっかり凍って氷柱になっています。
なんだか雰囲気には、尻の割れ目から下痢便が出ているような感じです・・・
汚い例えですみません。でもそんな風に見えませんか?

そしてこちらはアーチ型になった岩。

20180225-14.jpg

くらかけ岩の看板が立っていますが、
確かに真ん中が抜けて空洞になっており、
馬の鞍状になっています。

そんな岩山がさらに険しくなっていくと、
こちらの写真のように、岩の割れ目に階段が作られています。
その上に社殿があるのです。

20180225-6.jpg

さら2個の階段を上ると、逆側に登っていくもう一つの階段が。
しかし、そそり立つ岩山が、なんだかもの凄いパワーを持っていそうな感じです。

20180225-7.jpg

このそそり立つ岩山の下にあるのが、本殿前の最後の門、
双龍門で、これをくぐると、反対側に社殿があります。

20180225-8.jpg

社殿はこんな感じ。

20180225-9.jpg

この拝殿の裏に、何かそびえているの、お気づきになりましたか。
手前に木があって、少しわかりにくいのですが。
横に廻ってみてみると、こんな感じです。

20180225-10.jpg

何とこのご本殿、後ろにこのようなそそり立つ岩山があり、
ご本殿の一部はその中に食い込むように建てられていました。
実はこの岩山、「御姿岩」といい、これこそが榛名神社のご神体だったのです。
なにより、途中でくびれて、大きな丸い岩が上に乗ったようになっています。
その途中には、大きな御幣が。
なんだか言いしれぬパワーを感じる、珍しいご神体でした。

参道の途中には、二股に分かれた大きな杉が。

20180225-11.jpg

この杉は矢立杉といい、武田信玄の箕輪城責めの際、ここに祈願に訪れて、
矢を立てかけた、といういわれがある杉だそうです。

20180225-12.jpg

群馬に来ると、かつては武田と北条、のちには真田家のせめぎ合う場所だっただけに、
それぞれにゆかりがあるものがあちこちにあります。
この榛名神社は、その当時から霊験がある場所として
尊崇されていたのでしょうね。
確かにこの雰囲気を見ると、分からなくもありませんね。

最後に御朱印をいただきました。

20180225-17.jpg

とても美しい楷書の、見事な御朱印です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

群馬・新町の於菊稲荷神社でひなまつり限定御朱印をいただく

またもや御朱印ネタで恐縮です。
昨日軽井沢プリンスホテルスキー場に行ったのには訳があります。
午後用事があったから。
用事とは何かというと、こちらに行ったのです。

20180227-1.jpg

どこへ行ったかというと、群馬・新町於菊稲荷神社です。
この週末、2月24日からから3月3日まで、
桃の節句の限定御朱印を頒布しているというので、
行って来たのです。
七夕重陽の節句に続いて当ブログでは3回目の登場です。

前回、重陽の節句の際は朝9時の受け付け開始とともに行ったのですが、
今回はスキーのあとだったので、
神社に着いたのは12時半過ぎ。
まずは真新しいご本殿に参拝します。

20180227-2.jpg

前回は、もの凄い混んでいて、今日中には仕上がらないと言われていた方もおり、
今回は出足が遅かったので果たして今日中にいただけるのかどうか、
とても心配だったのですが、
なんとか4時過ぎにいただけるとのことで、
御朱印帳をお預けし、昼飯とちょっと時間つぶしに行っていました。
その話はまたおいおいご紹介するとして、
4時過ぎに頂きに上がったのが、こちらの御朱印

20180227-3.jpg

きつねのおひな様の御朱印です。
毎度のことながら、とてもほのぼのとした御朱印です。

そして、何と先着500名様限りと言うことで、ひなあられ付き。

20180227-4.jpg

御利益がありそうです。

気になる方は、3月3日までなのでお早めに。
神社は高崎線の新町駅から、歩いても行かれる場所ですよ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

お地蔵さんの目が回りそうな水沢観音へ

またまた話があちこち行って恐縮です。
先週末の、水沢うどんを食べに行った話の続きですが、
うどんだけ食べて帰ってくるのは恐れ多いので、
近くにある水沢観音に初めて参拝しました。

20180221-1.jpg

水沢観音は、正しい名を五徳山水澤寺といい、
創建1300年を超す、天台宗の関東有数の古刹です。
なにしろ、推古天皇、持統天皇の勅願によるというのだから驚きます。
山門も古刹にふさわしい、堂々たるものです。

その山門をくぐり、ちょっと急な階段を上がると、
正面が本堂。

20180221-2.jpg

あれ、でも意外にこぢんまりした本堂です。

20180221-3.jpg

何でもたびたび火災に遭い、現在の建物は
江戸時代末期の天明年間に仮堂として建立されたものとか。
道理でこぢんまりとしているわけですが、
それでも正面の破風の部分を見ると、精緻な彫刻が施されており、
大提灯とあいまって、なかなか風情あるたたずまいです。

20180221-4.jpg

本堂内には、秘仏の千手観音が納められているそうですよ。

さて、この本堂脇に珍しい六角形の建物が。

20180221-5.jpg

見たままの、六角堂という名前ですが、
こんな額が掲げられています。

20180221-6.jpg

下にちょろっと見えていますが、
六角堂の中は回転するようになっており、
そこには六体の地蔵さまが納められているのです。
経蔵で、回転する中に経典が収められており、
一回転すると、すべて読んだのと同じ御利益がある、
なんて言うのは善光寺にもありますが、
お地蔵さんが回転するのは、初めて見ました。
ちなみに、左に3回回すと御利益があるそうですよ。

しかし、お地蔵さま、何度も何度もぐるぐる回されて、
目が回りそうです。

20180221-7.jpg

私も一回回させていただきましたが、どうぞ御利益がありますように。

最後に御朱印を頂戴しました。

20180221-8.jpg

雄渾な御朱印です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

善光寺の御朱印全種類、最後に残った一つをいただく

しかし、寒い日が続いていますが、春が近づいてきたからでしょうか。
最近眠くて仕方が無い。
昨日もスマホ片手にブログを更新しようと試みたものの、
そのまま寝落ちしていました。
ぐっすり寝たはずなのですが、日中も眠くて眠くて。
今日は寝る前にブログを更新しようと、固く誓って今頑張り中です。
寝そうですが・・・

さて、話が行ったり来たりで恐縮ですが、
三連休の初日に長野灯明まつりに行った話は、既に何回かご紹介しましたが、
この日はまず別所温泉の北向観音に詣でたあと、
善光寺の表参道にある刈萱山西光寺に詣でて御朱印をいただき、
表参道を歩いたところ・・・までご紹介しました。
もちろんそのあとは、善光寺参拝です。

20180213-8.jpg

このあと灯明まつりでは凄い混雑となりましたが、
夕方の参道はやはり空いています。

20180213-11.jpg

そもそも、門前のお土産屋さんや仏具屋さんなども
既にかなりシャッターを下ろしていましたから、
致し方ないかも知れませんね。

それでも、三門に近づくと、それなりに人が居るのは流石善光寺

20180213-10.jpg

混み合う前に、本堂でしっかりと拝んできました。

20180213-12.jpg

そして、いつもはまた表参道を引き返すのですが、
この日は本堂の東側におります。
向かったのはこちら。

20180213-14.jpg

東日本大震災で大きな被害を受けた陸前高田の高田松原の松で彫られた
おやこ地蔵です。

20180213-13.jpg

親二体、子二体の計四体作られ、うちおやこ三体は陸前高田に、
そして一体がここ善光寺に安置されているのです。

こんかい、おやこ地蔵に詣でたのには訳があります。
善光寺には何種類か御朱印があり、
これまでの参拝で、順次いただいてきていたのですが、
最後に残ったのが、このおやこ地蔵の御朱印でした。
いただく前に、ちゃんと参拝しなくてはとお参りしたのです。
翌11日は東日本大震災の月命日なので、
犠牲となった方のご冥福と、このところ多い天変地異で
これ以上犠牲者が出ないよう祈って参りました。

ということで、いただきました、御朱印

20180213-15.jpg

これで、善光寺の全五種類の御朱印すべていただいたことになります。
一番最初にいただいたのはこちら。

20180213-22.jpg

しなの鉄道のろくもんを予約して長野に行き、
その日は宿坊に泊まって翌朝はお朝事に行ったのですが、
その際にいただいたものです。
記念すべき、初の御朱印です。

続いてこちらの御朱印。文殊菩薩の御朱印です。

20180213-23.jpg

これは8月15日のお盆縁日の際にいただいたものです。

続いてこちら。達筆な御詠歌です。

20180213-24.jpg

次は、昨年のお盆縁日の際にいただいた御朱印。
賓頭盧尊者の御朱印で「撫佛」と書かれています。

20180213-25.jpg

そして、最後が今回いただいたおやこ地蔵の御朱印。
つまり全五種類あるのです。

このほかに、今年の正月いただいた、1から2月限定の御朱印。
こちらは書き置きです。

20180213-26.jpg

もう一つ、今回いただいた経蔵の限定御朱印。

20180213-16.jpg

こちらも書き置きです。

次に参拝したときは、また同じ順番でいただいていこうかな。
ちなみに、善光寺の御朱印帳も、あと一ページを残すのみで一杯になりそうです。
次は岩松院の八方睨み鳳凰図の御朱印帳。
早速最初の方のページに、善光寺の御朱印をいただこうと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR