FC2ブログ

藤岡名物、虎屋本店の瓦せんべい

さて、昨日ご紹介した、藤岡の富士浅間神社の参道に
こんなベンチ?がありました。

15295657020.jpeg


名物・藤岡瓦煎餅と書かれています。
その下には、虎屋本店と店名が。
え、虎屋?まさかあの、と思って調べたら、
藤岡に虎屋本店という和菓子屋さんがあるらしい。
ということで、早速車の点検完了後に行ってみました。

20180617-17.jpg


なかなか大きな店ですよ。
そして、店頭には魅力的なポスターが、あちこちに!

20180617-18.jpg


しかしなんだ、鬼サブレって?
ポスターは鬼瓦の形をしたお菓子が写っています。

早速店内に入ると、このサブレを焼く匂いでしょうか?
甘く、香ばしい香りが漂い、
店ごとまるごと買って帰りたい衝動にかられます。
いろいろ悩んだあげくに、こんなものを買ってきました。

20180617-19.jpg


まずは、季節の水羊羹。

そして、ありました、瓦せんべい。

20180617-22.jpg


なんと、山椒の香りと書かれています。
そして、店頭のポスターと店内の香りでやられた、
鬼サブレ。

20180617-20.jpg


確かに、鬼瓦の形をしています。

20180617-21.jpg


早速この鬼サブレを頂きましたが、
なんと鬼瓦の形をしているのは、サクサクの最中の皮!
その裏側に、香ばしいサブレが入っています。
これは今までにない、おもしろいサブレ。
何でもコーヒーに合う和菓子コンクールで、
賞を取ったそうですが、
確かに日本茶にも、コーヒーにもよく合いそうです。
正直、病みつきになりそう。

水羊羹は、まあ普通の水羊羹でしたが、
名物の瓦せんべいも絶品。
焼いた切り山椒といった感じで、
これも病みつきになりそうです。

しかし、なぜ鬼瓦だったり、瓦せんべいなんだろうと思って調べたら、
なんと藤岡は、関東有数の瓦産地だったそうです。
知りませんでした。

しかし、瓦もですが、藤岡はかつては絹の集積地でもありました。
だいたい、茶の湯に造詣が深いお殿様がいたところと、
古くから絹や織物等、産業が盛んだったところには、
旨いものがあるというのは鉄則。
この辺りでは、諏訪や上田、群馬では桐生などがその好例ですが、どうやら藤岡もそうらしい。
この嗅覚で、昼飯も旨いものを探し当てたのですが、
それはまた後程。

そうそう、虎屋本店は、高崎の高島屋にも入っているそうです。藤岡まで行かれないかたは、ご参考まで。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

またまたたかべん食堂のお粥バイキングに

さて、昨日・土曜日は車の定期点検で群馬へ。
何度も書きましたが、うちの車は群馬のディーラーさんで購入しました。
購入したのは前橋の店舗でしたが、
そこが高崎に統合になり、しばらくはそこに通っていたのですが、
このたび担当の方が藤岡の店舗に異動に。

車は店ではなく、人で買うというのが私の主義。
だって、買ってそれだけではなく、定期点検などもあります。
私がたまたま行き当たった現在の担当の方は
その意味で、本当に得がたい理想的なディーラーの担当さん。
店の規模は、従来の高崎の店舗よりだいぶこぢんまりとした感じですが、
軽井沢からの距離は、それほど変わらないので、
その方にくっついて、今度は藤岡でお願いすることにしたのです。

東京に車で出かける際は、必ず通る藤岡ですが、
まともに市内を散策したことはありません。
今回、初めての定期点検に行くということで、
なんだかちょっとした遠足気分。
ということで、朝飯も外で食べようと言うことで、
霧で真っ白な碓氷峠を下りて、群馬に向かいました。

藤岡に行くには、もちろん高速の方が早いのですが、
横川サービスエリアでそばを食べて、藤岡インターで下りてでは、
あまりにも味気ない。
ということで、ちょっと遠回りではありますが、18号をそのまま高崎まで行って、
朝食はこちらの店で。

20180616-2.jpg

旧中山道沿いにある、高崎弁当、通称「たかべん」の弁当工場向かいにある
たかべん食堂です。
相変わらず、工事事務所のような作りではありますが、
たかべんなので味は確か。
お目当てはこの日も550円のお粥バイキングです。

20180616-3.jpg

たかべん鶏めし弁当でおなじみの鶏そぼろ、
鶏の照り焼き、栗、柴漬け、椎茸の旨煮、
また高崎名産の梅肉などを、自由にお粥に載せていただける、
このお粥バイキング、昨年初めて来て以来、
すっかり我が家のお気に入りです。

20180616-4.jpg

忘れていけないのは、もれなく付いて来る味噌汁。
野菜を中心にした具だくさんの味噌汁も、実はお代わり自由。
おそらくは、調理過程で出た半端な野菜を使っているのでしょうが、
しっかり出汁が出ていて、野菜の甘みが加わった味噌汁は
これまた実に旨い。
結構たっぷり入っているので、いつもお代わりには手が伸びないのですが、
朝から胃に優しいお粥と具だくさんの味噌汁で、
ヘルシーな朝食です。

何しろ、現在の17号ではなく、
旧中山道沿いに立地しているのでちょっとわかりにくく、
たまに気をつけていないと通り過ぎてしまいそうになるのですが、
目印は、大きなダルマの絵が描かれたたかべんの弁当工場。
その向かいにあります。

お粥タイムが終わると、群馬らしい、豪快な定食などがそろう
ランチタイムになるようです。
今度はその時間にも行ってみようかな、と思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

551蓬莱

6月も2度目の週末だというのに
まだ一カ月も前の大旅行記の話題で恐縮ですが、
なにしろ、まだ旅程の半分までたどり着いてないので・・・
ちょっと急ぎます。

ということで、2日目の宿、大阪難波の
スイスホテル南海大阪にたどり着いたところまで
ご紹介しましたが、
しばらく休んで、夕食に繰り出しました。

しかし大阪、相変わらずアジアです。

20180609-2.jpg

最近、新宿とか池袋とか行っていないのですが、
どうなんだろう?
こんな感じの、The歓楽街というのは、
東京でもあまり見かけなくなった気がします。
あ、赤羽とか、小岩は分かりませんが・・・
とにかく、難波駅前のアーケードをちょっと入るとこんな感じ。
少し先まで行くと、笑いの殿堂、なんばグランド花月があります。

さて、そんなアーケードの中でも
ひときわ人が群がっている、こちらがお目当ての店。

20180609-3.jpg

豚まんで有名な、551蓬莱の本店です。
人が群がっているのは、1階の売店で豚まんを買う人が押しかけているからなのですが、
ここの二階は食堂になっているので、ここで中華料理を頂こうという企画です。

20180609-4.jpg

一階同様、混んでいたらどうしようと思っていたのですが、
幸い待つことなく、すぐに入れました。ちょうど4人分空いていたのです。
本当にラッキーでした。我が家が帰る頃には階段まで長い列。
一階で豚まんを買う人と渾然一体となって、えらい混雑していました。

さあ、551蓬莱の名物料理を。
まずは、小海老の天ぷら。

20180609-5.jpg

ビールのつまみには、最高ですね。
なにしろ、今回の旅行は車じゃないので、飲めます。
ありがたや。
しかし、この小海老の天ぷら、関東ではあまり見ないですね。
美味しいのに。

そして次はこれも名物の肉団子。

20180609-6.jpg

関西の中華料理は、しょうゆが違うのと、甘み抑えめなので
コクが足りない感じ。これは神戸の南京町もそうなのですが、
ここの肉団子は別。カリッと揚がった肉団子に、
濃厚な甘酢あんがかかっているここの肉団子は
我が家の好物の一つです。

そして、お次は酸辣湯。

20180609-9.jpg

これは、山椒の辛み抑えめでマイルドな味です。
やはりナンバーワンは、高崎の雪園の酸辣湯かな。
あそこの酸辣湯は絶品です。

続いて、箸休めのきのことたまごの炒め物。

20180609-8.jpg

そして、麺類はも551名物の牛バラ煮込みの堅焼きそばです。

20180609-7.jpg

これも関東ではあまり見かけない中華料理ですね。
八角が効いている、独特の味です。

そして、お待ちかねのこれ。

20180609-10.jpg

このもっちりとした、豚まんは551ならでは。
こちらだと、チルドのものを送ってもらっていただくことになりますが、
やはり出来たてはひと味違う。
とくに、皮のモチモチ加減がたまりません。

デザートに杏仁豆腐。

20180609-11.jpg

出張では何回か大阪に来ていましたが、
プライベートで、しかも泊まりで大阪に来たのは10年ぶり。
蓬莱で料理を頂いたのは、そのとき以来だと思います。
久し振りに、旨かったです。

ちょっと食べ過ぎたので、ホテル周辺を散歩。
南海の難波駅には髙島屋のほか、なんばCITYなんばパークス
巨大ショッピングセンターが集積するエリア。
先ほどの猥雑なアーケードとは全く異なる、
落ち着いた雰囲気のショッピングエリアが隣接しているのも、
大阪ならではです。

20180519-20.jpg

ホテルもすっかり夜景モードに。

20180519-15.jpg

あれ、意外に部屋の電気が点いていない。
結構空いていたので、部屋のランクアップをしてくれたのかな?

20分ぐらい散歩して、少し先にあるヤマダ電機にメモリーカードを買いに行って・・・
何しろ写真撮り過ぎて、カードの要領がなくなってしまったので・・・
部屋に戻りました。
我々の部屋は、北向だったのですが、
南向きに窓があるエレベーターホールから見ると、
日本一の高さを誇る、あべのハルカスが。

20180519-21.jpg

手前には、すご~く小さな通天閣。
分かります?
さあ、いよいよ翌朝は高野山に向かいます。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

京都に来たら、やっぱり湯豆腐

さて、午前中たっぷりと京都の寺参りをして、
腹が減ったところでMKの観光タクシーさんに案内いただいたのは、こちら。

20180513-30.jpg

哲学の道から少し入ったところにある、湯豆腐の「㐂さ起」さんです。
お昼もご案内しますよ、とMKの運転手さんに言われて、
「軽めに」とお願いしたところ、そばの本場信州から来て、
そばはないだろうと、ご案内いただいたようです。
さすがは天下のMKタクシーさん。さすがです。

しかし、こんな所、連れてきてもらわないと絶対知らない。
しかも、車が入ってよいか迷うくらいの細い道で行くので、
自分の運転だったら絶対にたどり着けなかったと思います。
入り口の看板こそ、今時の外国人対応でいろんなPOPが掲示されていますが、
みどり豊かな鹿ヶ谷の麓にあり、しっとりとした日本家屋は
これぞ京都の料理屋さんといった感じです。
なかなか良いところにご案内いただきました。

しかし、京都の老舗然としたこのたたずまいで、
きっとお高いのでは、と思ったのですが、
一番お手軽な湯豆腐コースは2100円と京都にしては手頃。
湯豆腐のほか、ごま豆腐、ゆばと野菜の天ぷらなどが付くそうです。

まずは、お通し代わりに運ばれたごま豆腐で
冷たいビールを一杯。自分で運転しないと、こんな楽しみもあります。

20180513-31.jpg

そして、大きな土鍋で湯豆腐が運ばれてきました。

20180513-32.jpg

普段我が家で食べるのは豆の風味が強い木綿豆腐が多いのですが、
京都はきめが細やかながら、決して煮崩れない絹ごし豆腐。
水っぽく、箸で食べるには一苦労するスーパーの絹ごし豆腐とは
全く異なる、豆の風味がしっかり残る旨い豆腐です。
この後、ゆばと野菜の精進揚げ。

20180513-33.jpg

あとは、ご飯と赤だしが出ます。

正直、京都のそばはつゆの味が全く好みと合わず、嫌いなので、
湯豆腐屋さんにご案内いただいてありがたかったです。
しかし、四人前でかなりの豆腐の量。
これだけでしっかり腹一杯になりました。

さあ、腹一杯になったところで、日蓮宗の本山めぐり再開。
お次は残る七大本山の一つ、本圀寺に向かいます。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

あのプリン屋さんはどこ行った?

昨日は良い天気だったのですが、今日は朝からどんより曇り空。
そして、昼前ぐらいからぽつぽつ雨が降り始め、
午後には結構強い雨になりました。
昨日も書きましたが、なんだかつゆが前倒しできてしまったようで、嫌な感じ。
でも、本当に久し振りに、ツルヤにも行かず、家から一歩も出ない一日となりました。
おかげで、家の掃除や衣替えがはかどりました。
家から一歩も出なかったの、いつ以来だろう?

さて、天気が良かった昨日はちょっと出かけて気づいたのですが、
軽井沢駅前に昨年出来た、プリン屋さんのスイーツランベルセさん。
元々女街道沿いの、72ゴルフ北コース近くにあったのですが、
いつの間にか本店は北軽井沢に移転し、
しばらくは千ヶ滝温泉の入り口で小さなショップを営業していました。
トンボの湯まではよく行くのですが、
そこから少し入るのがおっくうで、だいぶご無沙汰していたのが、
軽井沢の駅前に出来て、これは便利だと、
何度か利用していたのですが、スキーシーズンの始まりとともに、
少し足が遠のいていました。

久し振りに、プリンを買おうかと行ったら、ない!

20180512-2.jpg

毎日その前は通っていたはずなのですが、
朝は早いし、夜はもう閉まっている時間だし。
ちょうど駅に向かうときは交番の前の横断歩道があり、
結構注意する場所なので、
閉まっていたの、全然気づきませんでした。
一体どうしたのか、と思ってホームページを検索したら、
人手不足で、4/1に閉店したそうです。
残念!

サービス業の町、軽井沢は深刻な労務難だと聞いたことがあるのですが、
本当なんですね。
確かに、チラシで入ってくるパートやアルバイト募集の時給単価も、
結構高くてびっくりしたことがあります。

幸い、北軽井沢の本店は通常通り営業されているそうなので、
時間があったら買いに行きたいと思います・・・が、
ちょっと遠いのですよね。
なんとかいろいろ改善して、また軽井沢にお店を出していただけると良いのですが。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR