紙のデパート・身延町「なかとみ和紙の里」

山梨の記事を書いていて、
10月に身延のお会式に行った時の話題が
まだ途中だったことに気づきました。
今さらではありますが、ご紹介しますね。

10月の身延山お会式の翌日は富士宮まで行って来たのですが
その帰り道は、また身延を通る国道52号線を通って北上し、軽井沢に向かいます。

ただ、まだ少し時間があったので、
前から気になっていたこちらの施設に寄って見ました。

20161030-12.jpg

ここがどこかというと、
現在は市町村合併で身延町となった、
旧中富町にある「なかとみ和紙の里」です。
大きな建物がいくつか建っており、
その一つには「紙屋なかとみ」ののぼりが、

20161030-13.jpg

そしてもう一つには「漉屋なかとみ」ののぼりがかかっています。

20161030-14.jpg

そもそもこの旧中富町は、西嶋和紙で知られる国内有数の和紙の里。
古くは武田信玄の時代に遡る伝統ある和紙作りで知られ、
今でも町内には半紙などを製作する4つの紙漉き工房があるそうです。
このなかとみ和紙の里の「漉屋なかとみ」では、そうした紙漉き職人さんの指導の下、
紙漉き体験が出来るそうです。

そして、もう一つの「紙屋なかとみ」は、日本全国の和紙を販売する、
さながら和紙のデパート。

20161030-15.jpg

地元西嶋和紙はもちろん、
色鮮やかな友禅紙などが数多くそろっています。

20161030-16.jpg
20161030-17.jpg
20161030-18.jpg

東京でも、これだけ様々な和紙を集めているところは、そうそうありません。

我が家もせっかく立派な硯を買ったので、
ここで西嶋和紙の半紙を購入してきました。
そしてもう一つ、立派な桐の箱に入った一筆箋。

20161030-19.jpg

なんだかもったいなくて、どちらもまだ使っていないのですが。

いずれにしても、ここは書道をやる方はもちろん、
紙を使ったクラフト製作をする方なども、是非おすすめですよ。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

世界無形文化遺産登録直後の秩父夜祭は、史上最高の人出

お待たせしました。ようやく秩父夜祭の写真整理が終わりました。
軽井沢に引っ越してから、2度目の秩父夜祭
何しろ、毎年2日と3日の日にち固定なので、
週末に当たらないと行くことが出来ません。
前回初めて行ったのは、2012年。この時は大祭は平日だったので、
宵宮でした。

今回は、待ちに待った、大祭が土曜日に当たる年。
大祭は宵宮とは比べものにならないほどの大混雑になるというので、
今回はだいぶ前からツアーを検索。
今年春先の諏訪の御柱祭もそうでしたが、混む祭は、ツアーに限ります。
幸い、クラブツーリズムの群馬発日帰りプラン、しかも桟敷付きというのがあったので
それに参加することにしました。
集合は高崎駅。そこからバスで、すべて下道で秩父に向かいます。
バスなので、かなりゆっくりなのと、やはり秩父市内は渋滞していたので
2時間ぐらいかかったのですが、藤岡から山越えで秩父に行くと、
結構近いのですね。秩父の反対側は、もう山梨県の塩山。
我が家の奥さんの実家は、山梨の峡東地区なので
一回、秩父の山の中経由で、上野村に出て軽井沢に帰るというのを試して
ちょっとえらい目に遭ったのですが、
秩父市内を経由して、藤岡、吉井と抜ける道もあるので、
もしかするとこの道の方が近いかも。今度試してみます。

さて、用意された桟敷席は夜祭の屋台のゴールとなる御旅所近くの
聖人通り沿いの絶好の場所。

20161201-2.jpg

時折打ち上がる、羊山公園の花火もよく見えます。

20161201-3.jpg

桟敷に座りながら撮ったので、ちょっと斜めっていてすみません。

18:30を回ると、いよいよ神事のスタート。

20161201-4.jpg

各町会の提灯を掲げた氏子の皆さんを先頭に、
しずしずと御神幸行列が進みます。

20161201-5.jpg

御輿と神馬はフラッシュ禁止なので、残念ながら上手く撮影できませんでした。

それが通り過ぎると、いよいよ中近笠鉾を先頭に屋台巡行がスタートします。
まずは動画で。



前回の2012年の時は、町内を歩き回って、屋台や笠鉾のすぐそばまで行って見ていたのですが、
さすがは大祭。沿道はもの凄い人出です。
そして宵宮と異なるのが、屋台が通り過ぎるのを見計らったかのように羊山公園で打ち上がる
見事な花火。

20161201-6.jpg
20161201-12.jpg
20161201-17.jpg
20161201-24.jpg
20161201-11.jpg

これは、写真などで何度も見た秩父夜祭大祭の醍醐味。
非常に華やかで、見応えがありました。

秩父夜祭の屋台・笠鉾は全部で6基。
それが各町会の提灯を掲げ、次から次へとやってきます。

20161201-8.jpg
20161201-9.jpg
20161201-10.jpg
20161201-15.jpg
20161201-21.jpg

いずれも、動く陽明門とも言われる見事な彫刻が施されたもので、
そこに沢山吊された提灯にその彫刻がほんのりと照らされ、
非常に幻想的です。

20161201-20.jpg
20161201-19.jpg
20161201-16.jpg
20161201-13.jpg

その静謐な美しさの屋台・笠鉾とは対照的に
弾き手の熱気、そして屋台に乗って先導する華やかな衣装の氏子の方々の熱気と、
屋台上で賑やかに演奏される熱狂的な秩父屋台囃子が、こちらのテンションも上げていきます。
久し振りに見られて、本当に良かった。

20161201-18.jpg


そして、大祭の醍醐味は、これだけではありません。
屋台巡行の合間には、羊山公園で、ドカドカと景気よく花火が上がります。

20161201-7.jpg
20161201-25.jpg
20161201-26.jpg
20161201-27]

あまりに絢爛豪華で、息をのむほどです。さすがは大祭。
しかし、御多分に漏れず、過疎にあえぐ山あいの秩父。
生糸やセメントで景気が良かった頃ならいざ知らず、
これだけの祭を維持するのは、本当に大変なことだと思います。
今回、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されましたが、
それが、今後の祭の維持、発展につながれば良いですね。

そんな秩父夜祭の将来の担い手となりそうな、天才少年を見つけました。
国道140号沿いのテントで、上野町の太鼓保存会がデモ演奏をしたのですが、
そこで一番でかい太鼓をたたいていた少年が凄い!
あまりに素晴らしいので、ちょっと動画を載せてしまいました。
関係者の方の許諾を撮ったわけではないので、差し支えるようならば削除しますが、
しばらく聞き惚れてしまいました。この子は凄い!天才です。



そんなこんなで、夜10時近くまで祭を堪能。
高崎には夜中1時に帰ってきました。
次に大祭が土曜日になるのは、2022年。
そのときも、是非また行きたいと思います。
今日は長くて、すいません。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

高山村へりんごの買い出し第2弾、今度は「サンふじ」

さて、11月の文化の日にりんごの買い出しに行った高山村りんご直売所。
この時は、シナノゴールドがお目当てでしたが、
11月下旬になると、いよいよりんごの王様『サンふじ」が出回ります。
先週末、今年2回目のりんごの買い出しツアーに、高山村に行って来ました。

20161126-1.jpg

結構朝早く行ったのですが、相変わらずすごい人。
地元の人だけではなく、所沢や練馬など、首都圏のナンバーも結構います。
皆さん、このためにわざわざ来たんだろうか?

20161126-2.jpg

そして、台車に3箱も4箱もりんごを買っていきます。
それもそのはず、やはり安い!

こちらはすこし難ありの家庭用のりんごです。
でも見た目にはよくわかりませんね。

20161126-3.jpg

これがなんと、1600円!

20161126-4.jpg

皆さんが大量に買っていくわけがおわかりいただけると思います。

贈答用の10kのものでも、4200円と格安。

20161126-5.jpg

今年も双方の実家に贈りましたが、大好評でした。
我が家もこの半分のサイズのものを購入。
高山村のりんごはさわやかりんごという愛称がついていますが、
文字通り、さわやかな酸味が心地よい絶品りんご。
シナノゴールドは、ほぼ食べ尽くしたので、
正月にかけて、旨いサンふじをいただきます。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ダルマさんのふるさと、少林山達磨寺

さて話題は先週の妙義山~上州一ノ宮貫前神社の続きに戻ります。
妙義山の紅葉を見て、貫前神社に参拝しても、まだ11時前。
軽井沢からは、それだけ近いんです、この界隈。
まだまだ時間があるので、次に向かったのはこちら。

20161113-28.jpg

高崎と言えば、ダルマ
そのダルマさんのふるさと、少林山達磨寺です。
ここは、国道18号を高崎方面に向かうと、
高崎の市街地手前の碓氷川を越えるとすぐの場所にあり、
前は何回となく通っているのですが、行くのは初めて。
紅葉が見ごろだよという情報を得て、せっかくならばと立ち寄ってみました。
確かに結構綺麗に色づいています。

20161113-25.jpg

北向きの斜面に建てられているのですが、
駐車場は一番下と、一番高いところにあるという
ちょっと変わった造り。
我が家は一番高いところに駐めたので、
本堂からだんだん下がって境内を散策する形です。

こちらが達磨寺の本堂。

20161113-24.jpg

先ほどのダルマさんは、この本堂の両脇に
奉納されたものが積み上げられていたのでした。
しかし、この本堂、造りが寺っぽくありませんね。
よく調べたら、権現造りという、神社の様式で立てられたものでした。
なるほど、こうしてみると、神社みたいです。

20161113-26.jpg

この本堂に向かうには、この長い階段を上ります。
結構急なので、目が悪い私に取っては、下りるのが大変。
足が悪いお年寄りも大変でしょうね。

20161113-23.jpg

この右手に、もう少しなだらかな階段があるので、こちらの方が
下るときには楽かな。我が家もこちらを下りました。

20161113-27.jpg

途中に古いお堂があり、その前のモミジは特に綺麗に色づいていました。

さて、本堂から一段下りた場所が、寺務所などがある一角。
ちなみにこの達磨寺黄檗宗の寺院です。
禅宗の宗派は臨済宗と曹洞宗が2大宗派ですが、
それに次ぐのがこの黄檗宗
本山は京都の宇治市にある万福寺で、京阪電車の宇治線には
その名も黄檗という駅があります。子どもの頃は鉄道少年だったので、
全国の鉄道の路線図を見て、難しい駅名の読み方を調べていたのですが、
その中でも有数の難読駅名だったのを思い出します。
ちなみに「おうばく」と読みますよ。

少し話がずれましたが、この黄檗宗は、普茶料理でも有名です。
禅宗の中でも、とりわけ中国の影響が強いと言われる宗派で、
この黄檗宗の精進料理は、少し中華料理の影響がある精進料理と
言われています。
かつて、東京の根岸にこの普茶料理の専門店があり、一度行ったことがありますが、
少し長崎の卓袱料理にも似た、なかなか不思議な料理でした。
黄檗宗の寺ではいただけるところが多いので、達磨寺はどうなのか調べてみたら、
昔は普茶料理を出していたようですが、今は止めているようですね。

この寺務所の脇には建物を繋ぐ門のようなものがあり、
その下から下りの長い階段があります。

20161113-22.jpg

この門の上には、招福の鐘という鐘があり、
だれでも突けるみたいでした。

この下り階段がまた結構長くて急。
下から上がってくると、なかなか息が切れそうな階段です。

20161113-21.jpg

かなり立派な総門があるようでしたので、
次はここから頑張って上がってみますかね。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR