FC2ブログ

上田はなぜか極太蕎麦が多い?

話があちこちに飛んで恐縮なのですが、
またまた上田の話です。
先日上田に行ったときに、ちょっと気になる蕎麦屋さんに行ってみました。
こちらです。

20191209-8.jpg

上田市の郊外、信濃国分寺からもそう遠くないところにある「かみしな」さんです。
場所はうまく説明できないので、検索してみてください。
バイパス沿いの、ケーズデンキの近くです。
我が家が上田に行くときは、浅間サンラインで行って、
東御の和にあるツルヤのところから下に降りてずっと行くと、
上田の西友やイオンのところに出るのですが、
その途中にこのかみしなさんの看板が出ていて、
以前から気になっていたのです。
ちょっと調べたら、太打ちの田舎そばがいただける
とのことだったので、今回ちょうど昼時に上田に行った際に
寄ってみることにしました。

お願いしたのは野菜の天ざる。大盛りにするか迷ったのですが、
上田の大盛りはデンジャラスなことがままあるので、
今回はそのまま並盛りでお願いしました。
ちなみに小盛りもありました。
店内は観光客などの姿は全くなくて、ほぼ地元の方ばかり。
テレビから、昼の演芸番組が流れるという、
なんだか親戚の茶の間に上がり込んだような雰囲気です。

しばらくして、蕎麦が出てきました。

20191209-9.jpg

蕎麦の量は、少し多めだったものの、許容範囲。
というより、もう少しいけそうな量です。
噂通り、蕎麦は極太。

20191209-11.jpg

手打ちなので太さや厚みが均一ではないところがあり、
予想通り、もぐもぐと咀嚼が必要な蕎麦です。
閉店してしまいましたが、同じく信濃国分寺に会った茜屋さんや
池波正太郎御用達の刀屋さんなど、上田はこの手の蕎麦が多いですね。
ちなみに、汁もこのあたりに多い、少し甘めの汁。
この手の汁は苦手なのですが、不思議とこの食感の蕎麦ならば許容してしまいます。

蕎麦もさることながら、迫力満点なのが野菜天ぷら。

20191209-10.jpg

せいろに山盛りになった野菜天ぷらは、
今そこの畑で採ってきました、みたいな野菜ばかり。
それがこれは一人分?ぐらいのボリュームで盛り込んであります。
蕎麦はまだまだいけそうですが、天ぷらは食べきれないほどでした。

こじゃれて、うんちくを垂れながら頂く蕎麦ではありませんが、
これぞそばどころ信州で頂く、素朴な蕎麦。
何より太麺好きとしては、とても気になる蕎麦屋さんを見つけてしまいました。
次回は是非、大盛りにチャレンジしたいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

白馬「りき」さんで、至高の新そばを手繰る

さて、この時期白馬に行ったら、こちらも欠かせません。

20191117-1.jpg

店の前に、「白馬新そば」というノボリがはためく、
蕎麦の銘店「りき」さんです。
今年はちょうど新そばの時期に来ることができました。
開いてて良かった!
そして、無事に入れてよかった!

さっそくそばを注文。今回は久しぶりなので、
天ざるを鑓でお願いしました。
鑓?そうなんです、ここはそばの量を注文できるのですが、
量に応じて白馬の山の名前がついているのです。
標準の八方は150g、杓子は200g、
そして私が頼んだ鑓は300g、
その上の五竜が400g、そして最も多い白馬が500gです。
近くの方が頼んでいた五竜はなかなかな量でした。
白馬を頼んでいる方は未だかつて見ていないのですが、
きっと凄い量なのでしょうね。

そうこうしているうちに、そばがやってきました。

20191117-2.jpg

ここのそば、写真ではよく分からないのですが、
極細なのです。私が伺うそば屋さんでは、最も細いかな?
とにかく細く均一に打たれた蕎麦は、芸術品の域に達した蕎麦です。

そして、新そばなので、少し緑がかっているの、
お分かりいただけますか?

20191117-4.jpg

これだけ細打ちながら、しっかりとコシもあり、
しかも、新そばの香りが強い。
いつ行っても旨い蕎麦をいただけるりきさんですが、
新そばの旨さは代えがたいものがあります。

さらに、鑓は食べ応えも十分。

20191117-3.jpg

一般的に、ちゃんとした蕎麦はあまり大盛りにすると
最後の方はだれてしまって、食感が保てないというように言われますが、
ここの蕎麦は別。
蕎麦は私が食べるのが速いことをさておいても、
最後までしっかりしたコシで、美味しくいただけます。

つゆが辛めでしゃきっといただけるのも良い感じ。
私にとって、ここと東御の丸山さんが双璧ですね。
スキーシーズンになったら、また行かねば。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今年も高山村の高山亭で新そばはじめ

今日の軽井沢は、朝からよい天気。
ちょっと出かけたいところではありますが、
まずは気になっていた庭の落ち葉掃除。
台風19号襲来と、落ち葉のシーズンが重なり、
我が家の庭は掃いても掃いても落ち葉が降り注ぐ状態。
おまけに今週はついに厄介者の落葉松の葉っぱが落ちてくるようになりました。
もはやブロワーで吹き飛ばす意外にない状態。
というわけで、朝9時から12時過ぎまで、3時間も連続でブロワーを使って
落ち葉退治をしていました。あ~くたびれた。

で、天気がよいのに午後は家の中で延びていたので、
先週の話題で恐縮ですが、松川渓谷の紅葉を見に行ったあと
今年もこちらの店に向かいました。

20191105-5.jpg

新そばの旗がはためく、こちらの店は高山村のりんご直売所のすぐ近くにある
高山亭さんです。りんごを買う⇒松川渓谷に行く⇒高山亭新そばを頂く
というお約束のルートを、今年もたどってみた、というわけです。

我が家は開店直後に行って、問題なくすぐに入れたのですが、
食べ終わって出てきたら、この混雑ぶり。

20191105-9.jpg

早めに出かけてよかったです。

さて、肝心のそばですが、今回はもりの大盛りと、
ミニ天ぷらを注文。手際よく、あまり待たずに出てきました。

20191105-6.jpg

お待ちかねの、今シーズン初の新そばです。
上から撮ると、あまり大盛り感が分からないのですが、
横から見るとこんな感じ。

20191105-7.jpg

結構食べ応えがあります。
麺をアップにすると、挽きぐるみなのがよく分かりますね。
ここのそばは、細からず、太からず、絶妙な太さのそばです。

20191105-8.jpg

つゆも私好みの濃いめのつゆではありませんが、
ちょっと苦手な甘さは控えめ。
そばをつけて頂くと、良い出汁の香りと新そばの香りが
口に広がります。
今年も、美味しい新そばはじめ、となりました。

明日は出かけるので、どこか旨いそば屋に行って、
また新そばを頂かなくちゃ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

出雲そばの銘店 松江・八雲庵

なんだかまた夏がぶり返してきましたね。
久しぶりによい天気にはなりましたが、
今日の東京は暑かったこと。
大汗かいてしまいました。

さて、話はぐぐっとさかのぼって、
先日山陰に行ったときの話に戻ります。
すみません、ちょっとネタ整理が追いつかず。

すでに、今や国内唯一となった定期寝台列車、サンライズ出雲で米子まで行き
まずは足立美術館に行ったところまで、ご紹介しました。
今日はその続きです。だいぶ間が開きましたので、上のリンクから
前の書き込みをご参照ください。

足立美術館からレンタカーで松江へ。
足立美術館は畑の真ん中にあり、近くには食べるところがほとんどないので、
腹は減っていたのですが、松江まで出向いてしまいました。
向かったのはこちらです。

20190729-1.jpg

松江城のほとりに、昔ながらの武家屋敷の雰囲気が残る塩見縄手。

20190729-7.jpg

その一角には、怪談で有名な小泉八雲の旧宅もあるのですが、
その並びにある、かつての武家屋敷をつかった出雲そばの名店、
八雲庵に行ってみたのです。
本当に風情あるたたずまいですよ。

20190729-2.jpg

さて、そばと言えば信州な訳ですが、
この出雲そばも、信州に縁があります。
松江藩の初代藩主、松平直政は松本藩から国替えになったのですが、
その際に信州からそば職人を連れて行ったため、城下でそば食が根付いたそうです。
やはり、そばのふるさとは信州なんですね。

さて、早速そばを注文します。
出雲そばの特徴は、割子と呼ばれる塗りの小さな器にそばを盛り分け、
それに薬味とつゆを直接のせて頂きます。
だいぶ昔に神保町に出雲そばの店があって、
行ったことがあるのですが、あまり印象がありませんでした。
本場のそばは、どんな感じか楽しみに注文します。

ちなみにこの割子そば、割子の枚数で値段が変わります。
ちょろっと見たら、それほどの量ではなかったので、
私は5枚頼んでみました。

しばらくして運ばれてきたのがこちら。

20190729-4.jpg

あれ、6段ある、と思ったら、、一番上は薬味でした。

20190729-5.jpg

最もこのあと、母の分が一枚追加になったので、
結局6枚食べたのですが・・・

さて、この出雲そば、思っていた以上に荒々しいそばでした。
挽きぐるみなので、そばは褐色。
そして少し太めに打たれており、ものすごくコシがあります。

20190729-6.jpg

薬味をのせ、つゆを直接かけていただきますが、
つゆも結構濃いめ。
その濃いめのつゆと、香りが強くコシも強いそばが
非常によく合います。
普段食べている信州そばとは違った意味で、これは旨い。
ちょっと量が多くなってしまいましたが、ぺろりと頂いてしまいました。
出雲そば、ちょっとはまりそうです。

大満足で店の外に出ると、目の前の濠をゆったりと遊覧船が。

20190729-10.jpg

これは松江城の濠を巡る、観光船。
この風情ある塩見縄手を、濠の中から見ることができます。

20190729-8.jpg
20190729-9.jpg

腹も満腹になったということで、次はこの堀川めぐりを目指します。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

安曇野・手打ちそば「うちぼり」

今日は久しぶりに軽井沢もちょっと汗ばむ陽気。
なので、軽井沢から下ると暑かったわけで、
午後から所用で群馬に行ってきたのですが、
それはそれは耐えがたい暑さでした。
せっかく少し涼しくなったのに、
なんだか夏がぶり返しちゃいましたね。やれやれ。

さて、今日も夏休みのたまったネタ整理です。
例年のことで、この時期は親が避暑に来ていたのですが、
ある日の一日は、安曇野へ。
まずは腹ごしらえ、というわけで、こちらに向かいました。

20190831-1.jpg

長野道の豊科インター、じゃなかった安曇野インター近くにある
手打ちそば「うちぼり」さんです。
実はここ、以前けろけろキッチンの店主・ぽんきちさんに教えていただいた店。
軽井沢の店で修行されて、安曇野に店を出されたとお聞きしました。
何度か伺ったのですが、ここしばらくご無沙汰していたので、久しぶりです。

店内に入ると、なぜかみんな天丼とそばのセットを食べている。
つられたうちの父親と、おくさんも「じゃあそれ」ということになったので、
普段はちゃんとしたそば屋さんではセットものは頼まない私も
つられて天丼とそばのセットを頼んでしまいました。

とにかく、店員さんがきびきび動いて、気持ちのよいこちらの店。
観光シーズンの安曇野なので、少し早めの時間に行ったのですが、
次から次へと入ってくるお客さんを次々とさばいていきます。
やはり、こうじゃなきゃ。

そして、我々のそばも手際よく運ばれてきました。

20190831-2.jpg

よく見ると、結構なボリュームです。
そばは少し太打ちの田舎そば風。

20190831-3.jpg

しっかりとしたコシと、そばの風味が強いそばは、非常に旨い。
また、つゆの感じもなかなかです。
天丼は、天ぷらは美味しいのですが、たれがかなり甘めで
私はちょっと苦手なタイプ。
そばが非常に旨かったので、天もりにすればよかった。
もっとも、結構な量なので、うちの父も奥さんもそばが食べきれず、
結局私が整理したので、旨いそばは堪能しましたが。

そばと天ぷらは本当に美味しいです。
やはり、ちゃんとしたそば屋さんは、そばだけ楽しむメニューを頼まないと
いけないですね。
まあ、好き好きではありますが。

とにかく、そばは旨いので、
次回安曇野に行った際も、リピート決定です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR