FC2ブログ

初詣は、善光寺と北向観音の両参り

さて、すいませんが話題が一週間遅れています。
松の内が明けたというのに、まだ初詣の話で恐縮なのですが、
新年2日に善光寺に初詣したのに続いて、
次の週末の6日にこちらにお参りに行ってきました。

20190114-3.jpg

お、これじゃよく分かりませんね。
見る方が見たら、すぐにお分かりになると思いますが、
この階段を上るとこんなお堂があります。

20190114-1.jpg

上田の別所温泉にある、北向観音です。
善光寺と両参りするとよいと言われるこの北向観音
横から見ると、善光寺の本堂を小ぶりにしたようです。

20190114-4.jpg

こぢんまりとしていますが、雪をいただく正面の破風の下には
賀正の額が掲げられ、これぞ信州の正月といった風情です。

20190114-2.jpg

二年参りの時はものすごい人だそうですが、
さすがに正月も6日となるとそんなに混んでいません。
ゆっくり参拝して、御朱印もいただいてきました。

20190114-5.jpg

これで、信州の気になる寺社仏閣の初詣は、残すところなく
お参りしてきました。今年もよいことがあるでしょう、きっと。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

未公開御朱印・御首題巡りを振り返る-4 日蓮大聖人伊豆法難ゆかりの寺を巡る

年末怒濤の更新ラッシュです。
本日二度目の更新は、伊東のハトヤに泊まった翌日の話です。
いつも通り、朝5時過ぎには目が開きます。
前の日も早起きして、いつも会社に行く6時過ぎに軽井沢を出て
5ヶ寺も巡ってきたので、疲れているはずなのですが、
習慣とは恐ろしいもの。
でもおかげで、部屋から見事な日の出を見ることが出来ました。

20181226-27.jpg

ハトヤを満喫して、チェックアウト。
この日は伊東市内にある寺を巡ります。
鎌倉幕府などからたびたび迫害を受け、
命の危険すらあった「法難」と呼ばれる出来事のうち、
特に重大な出来事が4つあるのですが、
そのうちの一つ、鎌倉から流罪となった伊豆法難というのがあります。
伊東はその舞台となった場所。
伊東沖の岩礁に流れ着き、満潮になって沈もうかというときに
地元の漁師弥三郎に助け出されたというものですが、
まずはこの漁師弥三郎の屋敷跡に立てられたという、
川奈の舩守山蓮慶寺にお参りしました。
かの有名な川奈ゴルフクラブの先にあります。

20181226-28.jpg

境内にはまだお若いときのものと思われる、日蓮聖人の像が建っています。

20181226-29.jpg

また漁師弥三郎をまつる舩守堂も。

20181226-30.jpg

結構朝早かったのですが、立派な寺務所で御首題をいただけました。

20181226-39.jpg

続いて詣でたのは川奈から再び伊東市内に戻り、
近代的な市役所のすぐそばにある広大な寺院、本山海光山佛現寺です。

20181226-31.jpg

伊東市内を見下ろす高台に、巨大な本堂がそびえています。

20181226-32.jpg

ここは伊豆に流罪となり、九死に一生を得た日蓮大聖人が3年間過ごした地。
当地の地頭伊東祐光の病を治したことから、深く帰依し、
海中から出現した釈迦像を献上し、この地にまつったことから
「海が光り、仏が現れた」という山号、寺名の由来となったそうです。

20181226-33.jpg

境内から見る伊東市内は、なかなか絶景です。

20181226-34.jpg

本堂で、庭掃除をしている方が休んでいたので、
御首題はどこでいただけるのかと聞いてみたら、
なんとこの方がお上人様。
掃除の手を休めて、御首題をいただけました。

20181226-38.jpg

続いて詣でたのは、この佛現寺の真下にある、
海上山佛光寺。

20181226-35.jpg

こちらは、伊東祐光の屋敷跡に建てられた寺で、
日蓮聖人が病気平癒の祈祷をした場所だそうです。

20181226-36.jpg

由緒正しいお寺ですが、とてもアットホームなお寺で、
御首題をいただいたお上人様に軽井沢から詣でたことを話すと、
遠くからわざわざと、冷たい飲み物までいただいてしまいました。

20181226-37.jpg

これで、伊東の寺巡りは終了。
この後、沼津にある美術館によって、軽井沢に戻りました。
帰りも快適なドライブコース。
実はこの後、身延山の御会式の後、両親とともに
もう一度伊東に行ってしまいました。
そのときの話は、年内にとても書き切れそうにないので、年明け改めて。

しかし、まだまだ書ききれない話がたくさん。
取り急ぎ、未公開の御朱印・御首題巡りの話は、年内このくらいにさせていただきます。
今日はもう一回、更新するかな?
皆様、紅白見ながら、暇つぶしに読んでくださいね!


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

未公開御朱印・御首題巡りを振り返る-3 富士~伊豆の日蓮宗寺院を巡る(2)

昨日は眠くて途中でダウンしてしまったので、
伊豆御首題巡りの続きです。
岩本山實相寺に詣でた後、新東名高速に乗って
三島に向かいます。

新東名は昨年東海道の御朱印巡りをしたときに愛知県~静岡県にかけては
乗ったことがあるのですが、東京寄りの新東名は初めて乗りました。
相変わらずまっすぐな道で、しかも左手に富士山、右手に駿河湾を望む絶景高速。
新富士インターから乗ったのですが、あっという間に三島に到着しました。
向かったのはこちらです。

20181221-16.jpg

新東名から伊豆中央道に入り、玉沢インターで降りてほど近くにある
日蓮宗本山・玉澤妙法華寺です。

20181221-15.jpg

六老僧の一人、日昭上人により鎌倉に開かれた寺で、
その後この三島に移った後、お万の方などの庇護もうけて
日蓮宗でも屈指の大伽藍となったそうです。
当時の建物は火災で焼失したそうですが、現在でも
多くの堂宇が立ち並んでいます。

20181221-20.jpg
20181221-19.jpg

庫裏の前にも大きな門があるのには驚きました。

20181221-17.jpg

御朱印は庫裏でいただけます。

20181221-18.jpg
20181226-18.jpg

続いて向かったのはこちら。

20181221-21.jpg

三島から、さらに伊豆半島を南下して、韮山へ。
ここにある、本立寺に向かいました。
日蓮宗の寺院だと、境内に日蓮聖人像が建っていたりすることが多いのですが、
こちらには違う方の像が建っています。

20181221-22.jpg

左側に碑もたっていますが、どなたの像かというと、
江川太郎左衛門像。
江川太郎左衛門といえば、こちらを作った方です。

20181221-25.jpg

世界遺産に登録された、韮山の反射炉を作ったのが
この韮山代官だった江川太郎左衛門。
ここ本立寺は、その江川家の菩提寺だったのでした。

こちらも本山で日蓮聖人が近郷布教の拠点とした由緒がある寺院。
そのためか、境内が非常に広く、長い参道の先に大きな本堂があります。

20181221-23.jpg
20181221-24.jpg

本山とはいえ、あまり人気がなかったので御首題がいただけるか心配だったのですが、
書き置きの御首題をいただくことができました。

20181226-19.jpg

これでこの日は4件参拝して、なんとか4件とも
御首題をいただけました。
ついています。

続いて、伊東までの途中にもう一つ本山があるというので
参拝してみました。

20181221-27.jpg

伊豆町にある、実成寺です。

20181221-29.jpg

こちらも、すでにご紹介した小泉久遠寺と同様、
六老僧の一人、日興上人ゆかりの寺院。

建物の彫刻や扁額も立派なお寺ではあるのですが、
この日参拝した中では一番人気がない。

20181221-28.jpg

境内も階段の石段が少し傾いていたりして、ちょっと不安な雰囲気です。
ご自由に参拝くださいとの張り紙があったので
おそるおそる本堂の扉を開けてみると、
箱の中に書き置きの御首題が用意されていました。
御朱印や日時の書き入れなどはセルフサービスです。
見よう見まねで押印して、1枚いただいてきました。

20181226-20.jpg

こちらも寺紋が鶴丸です。

この日の参拝はこれで終了。一気に5カ所の本山を巡ることができました。
ここから伊豆の山々を越えて、伊東に向かいます。
さあ、伊東行くなら○○○ですよ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

未公開御朱印・御首題巡りを振り返る-2 富士~伊豆の日蓮宗寺院を巡る(1)

今年は5月の連休に京都と高野山に行ったので、
夏休みは遠出しなかったのですが、
せっかく休みもあるし、どこにも行かないのはもったいないと、
一泊で富士~伊豆に行ってきました。
軽井沢からだと、今年八千穂高原まで伸びた中部横断道と
国道141号線で長坂まで行き、
そこから中央道で甲府南インターで降りて
甲府精進湖道路を通って富士山麓・朝霧高原を抜けていく、
なかなか快適なドライブコースです。
途中には、こんな富士山の絶景も。

20181226-40.jpg

富士~伊豆にかけては、日蓮宗の寺院が多い地域。
すでに参拝済みの大本山・北山本門寺をはじめ、
本山クラスの寺院がたくさんあります。
今回は、それらの寺院を巡り、伊東に一泊して、
日蓮大聖人に加えられた度重なる迫害の一つ、
伊豆法難ゆかりの寺院を巡って帰ってこよう、という企画です。
もちろん。伊東は温泉でゆったりと。
普段山の中ばかりにいるので、たまには海の近くに行ってみようという企画でもあります。

そんなこんなで、まず向かったのは富士宮市にある本山・小泉久遠寺です。

20181221-.jpg

山号は富士山。確かに長い参道の正面に富士山が見えます。

20181221-2.jpg

あれ、ちょっとわからないかな?
門の正面になだらかな円錐形の傾斜が見えるのが富士山です。
右手が雲に隠れてしまったのが、ちょっと残念です。

20181221-3.jpg

ここ小泉久遠寺は、日蓮聖人に次ぐ六老僧と呼ばれる高僧の一人、
日興上人ゆかりの寺院。

20181221-4.jpg

北山本門寺をはじめ、この界隈にはゆかりの寺院が多く、
いずれも鶴丸の寺紋を使っています。
こちらも鶴丸の寺紋。

20181221-5.jpg

非常に大きな寺院なのですが、
ちょうどお上人様がご不在。こりゃ残念と思っていたら
ちょうどそこに若いお上人が一人お帰りになり、
幸先良く、直書きで御首題をいただけました。

20181221-13.jpg

続いて向かったのは、お隣富士市にある霊跡寺院の岩本山實相寺です。

20181221-11.jpg

黒門をくぐると、もう一つ立派な山門が。
門の数が多いということは、それだけこの寺の寺格の高さを示しているようです。

20181221-6.jpg

それもそのはず、
こちらは日蓮大聖人が立正安国論を記したゆかりの寺。
駿河湾を望む南向きの広大な寺域に多くの堂宇が立ち並ぶ
非常に立派なお寺です。

20181221-7.jpg

本堂は斜面の上の方にたっているので、階段で上っていきます。

20181221-8.jpg

階段を上ると、巨大な日蓮上人像が。

20181221-9.jpg

その脇にコンクリート造りの本堂。

20181221-10.jpg

そして、階段を上った一番上に
こぢんまりとした祖師堂がありました。

20181221-12.jpg

御首題は、立派な庫裏でいただきます。

20181221-14.jpg

あ~目が見えなくなってきたので、続きは後ほど


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

未公開御朱印・御首題巡りを振り返る-1 土方歳三ゆかりの東京・多摩地区の御朱印巡り

しかし、最強寒波、心配ですね。
とはいえ、今日の軽井沢はまだそれほど影響はない感じで、
朝など昨日の朝より気温が高かったほどでした。
夜になって、さすがに少し冷えてきた感じです。
長野県内でも、北信は大雪警報が出ているところも。
雪不足にあえぐスキー場には恵みの雪になるかもしれませんが、
降りすぎて大きな被害が出ないとよいですね。

さて、年末なので、今年まだご紹介していない話題を片付けましょう。
まずは、今年春、ツツジがきれいだという東京・青梅の塩船観音寺に行った際に巡って、
まだご紹介していない御朱印巡りの話題です。

塩船観音寺の他に、3ヶ寺社を巡りました。
まずは八王子駅近くにある、子安神社。

20181219-1.jpg

子供の頃、八王子に住んでいたので、
あまり記憶はないのですが、何度か詣でていたようです。
駅の近くながら、甲州街道脇に、うっそうと茂る社叢を持つ
立派なお社です。

20181219-2.jpg

その名の通り、子育てに御利益がある神社で、
我が家にはあまりご縁はない感じではあるのですが、
限定の御朱印があるというので、詣でてみました。
結論から言うと、この日はお休みで、普通の御朱印をいただいてきました。

20181219-3.jpg

続いて詣でたのは、八王子の隣、日野駅前にある
八坂神社へ。
甲州街道、日野宿の鎮守さまです。

20181219-4.jpg

こちらは近代的な社殿です。

20181219-5.jpg

さて、日野と言えば、新撰組ゆかりの地。
かの土方歳三は、日野の生まれで、記念館もあります。
この神社も新撰組にゆかりがあるということで、御朱印
新撰組のだんだら模様が入った御朱印です。

20181219-6.jpg

さらに、多摩川を渡り向かったのはこちら。

20181219-7.jpg

真言宗の古刹、高幡不動尊金剛寺です。
こちらも子供の頃何度か詣でたことがあり、
めらめらと燃え上がるお護摩が印象的だったのか、
こちらはしっかり記憶に残っています。
社殿は、こんな立派ではなかったですけどね。

20181219-8.jpg

こちらの境内には土方歳三の銅像が建っています。

20181219-10.jpg

思わぬ新撰組ゆかりの地巡りになってしまいました。
最後に御朱印を。

20181219-11.jpg

多摩地区には、国立の谷保天満宮や府中の大国魂神社、
三鷹の深大寺、そして八王子の鷹尾山薬王院など、大きな寺社がまだまだあります。
年が明けたら、またゆっくり参拝しなきゃ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR