FC2ブログ

日蓮宗総本山・身延山久遠寺に初詣

しかし、またまたコロナの陽性者が少しずつ増えてきましたね。
東京は1000人越えで、長野県も100人を超えたそう。
やはり、年末年始に人が動いた影響なのだとは思いますが、
よく情報を見てみると、ほとんどの方が無症状か軽症。
聞けば、今までのように肺炎になって重症化するケースは少なく、
症状としては高熱、のどや体の節々の痛み、などだと聞きます。
これって、いわゆるインフルエンザと何が違うの?
と思ってしまいます。
相変わらず、陽性の方が増えた、という報道ばかりになってしまいますが、
本当はもう少し症状の特徴や、気をつける点などを詳しく伝えてほしいと
思います。
最も、11月頃から町中の感染予防対策は
明らかにおろそかになっているように感じていました。
まずは日々の心がけが肝心。
他の人がどうあろうと、家の外では常にマスク、
そして、頻繁に手洗い、手指の消毒、うがいなどを徹底し、
最大限の注意をしながら日常の行動をしたいと思います。

さて、三連休です。
おそらくは、結構な人が来るであろう軽井沢を早朝に抜け出し、
こちらに行ってきました。

20220108-1.jpg

日蓮宗総本山の身延山久遠寺です。
昨年秋に、中部横断道の山梨~静岡区間が全通。
今回初めて「身延山インター」で降りてみました。
そのおかげで、軽井沢から2時間半で到着。
以前は増穂インターで降りて、富士川沿いの国道を延々と走って行ったことを思うと、
格段に早く、便利になりました。
そのおかげか、山梨側から長野に向かう国道141号も、
反対車線は静岡ナンバーや浜松ナンバーの車が結構な数。
やはり中部横断道効果でしょうね。
八ヶ岳や蓼科周辺のスキー場などは、結構恩恵があったのではないでしょうか。

さて、新年の初詣となりますが。巨大寺院の割にはとても空いています。
今回も総門をくぐって長い菩提悌を上がっていくのはパス。
斜行エレベーターで上がっていったのですが、
駐車場はずいぶんと空きがありました。

20220108-4.jpg

本堂前も、特に並んでいる人などはなく、
我が家は勝手知ったる感じで本堂内に。

20220108-2.jpg

さすがにまだ松の内なので、特別ご祈祷などをやってはいましたが、
外陣はがら空きなので、中で参拝してきました。
その後、内部の廊下を通って寺務所に御首題を頂きにあがったのですが、
隣の祖師堂ではお厨子の扉をあけて法要中。

20220108-5.jpg

外陣のさらに外からではありましたが、初めてお厨子の中を拝ませていただきました。
最後に御首題を。

20220108-6.jpg

身延山は、やはり午前中早めの時間に行くのが清々しい。
特に、朝日が当たる朱塗りの五重塔は朝見るに限ります。

20220108-3.jpg

この連休中に、善光寺も参拝しておきたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今年も柴又帝釈天と深川不動尊に幸先詣で

正月2日目です。
今年も年末29日の午後から東京の実家に行っていました。
翌30日に千葉にある実家の墓参り。

20220102-1.jpg

そのあと、コロナ初年度だった20年末に続き、
21年末も幸先詣で
子供の頃から、初詣は地元の氏神様と
柴又帝釈天深川不動尊に参拝すると決めています。
氏神様は実家からも近いので元旦に詣でることとして、
まずは京葉道路を錦糸町まで行き、下道に降りたあと
深川不動尊に向かいました。

20220102-5.jpg

ここは、車の免許を取って以来、毎年必ず参拝し、
交通安全を祈願しています。
かつては正面の木造の本堂でお護摩を焚いていましたが、
現在は左手の現代的な建物中にアリーナ状の席が設けられ、
かなり大々的にお護摩を焚いています。

20220102-6.jpg

さすがに新年直前ということで、初詣の準備まっただ中でした。
初詣に行っていたときは、このかつての木造の本堂の前に
身動きできないほどの長い列が出来ていたのですが、
幸先詣ではゆっくり参拝出来ます。

20220102-7.jpg

御朱印もいただくことが出来ました。

20220102-8.jpg

そのあと柴又帝釈天へ。

20220102-2.jpg

今年は寅年で、柴又と言えば寅さんのふるさとなので、
きっと昨日今日あたりは凄く混んだのではないかと思いますが、
こちらも幸先詣でだと、ゆっくり参拝出来ます。

20220102-3.jpg

こちらもすでに初詣仕様の巨大賽銭箱が帝釈堂の前に設えられており、
せっかく空いているので、昇堂し、ご宝前で拝ませていただきました。
堂内で、書き置きですが、御首題もいただけました。

20220102-4.jpg

今日の午後、軽井沢に帰ってきたので、
このあと善光寺と諏訪大社、北向観音に詣でたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

日蓮宗57本山巡りもあと2ヶ寺となりました

<12/31>更新済み

今年も残すところあと1日となりました。
ここ数日、若干感染者数が増え始めているのは
ちょっと心配ではありますが、
かなりな感染拡大におびえていた昨年末に比べると、
ちょっとほっとした歳末ですね。

結局今年もコロナに一喜一憂した1年間となりましたが、
感染予防に十分気をつけつつ、
細々と御朱印御首題巡りを続けていました。
ここ数年のテーマは、日蓮宗57本山の参拝。
昨年はGoToキャンペーンを利用して、京都の日蓮宗寺院などを
参拝し、今年は飛び地で残ってしまった石川と、和歌山の日蓮宗本山を参拝。
これは、既にご紹介しましたね。
そのほか、ご紹介しそびれていたのですが、最後まで残ってしまった
近場の千葉県、神奈川県の日蓮宗本山を参拝していました。

まずは、千葉の大網白里にある正法寺。
ここは、かつて日蓮宗最大の学寮だった小西檀林のあとになります。

20211230-10.jpg

かつては広大な敷地に、たくさんの建物が並び、多くの僧侶が学んでいたそうですが、
今はひっそりとした寺院でした。

20211230-11.jpg

御首題は書き置き。

20211230-21.jpg

続いて、成田空港近くの多古町にある日本寺へ。
こちらもかつては中村檀林と呼ばれる学寮があり、多くの学僧が学んでいたそうです。
あじさいの寺としても有名だそうですよ。

20211230-12.jpg

こちらは、絵入りの御首題をいただけました。

20211230-22.jpg

実はこの日、両親とともに千葉にある我が家の墓参りに行ったあと
2ヶ寺を参拝したのですが、さらにそのあと、圏央道経由で軽井沢へ。
途中に牛久大仏などもあり、なかなか面白いドライブコースでしたよ。

そのあと、9月頭に所用で浦和に行ったので、
以前から気になった調神社へ。

20211230-14.jpg

旧中山道に面したこの神社、
ここは、日蓮聖人が佐渡に流される際に立ち寄り、
馬をつないで小休止した場所だそうです。
今でも、大木の下に石碑が建てられています。

20211230-15.jpg

こちらの御朱印はいろいろうわさがあって、
ちょっとどきどきしながらお願いしたのですが、
無事に頂戴できました。
どうやら、神社と寺院の御朱印が混ざった御朱印帳だと断られるそうです。

20211230-16.jpg

秋のお彼岸の際は、これもいつ行くかずっと迷っていた
鴨川、勝浦、茂原の日蓮宗本山に参拝。
少し早起きして、東京方面へ。
美女木までいって、そのまま外環道を高谷まで行って
京葉道路経由で行くか、美女木から首都高に入り、中央環状で
大井まで行って、アクアラインで行くか迷ったのですが、
中央環状が空いているようだったので、中央環状ルートにしました。
ところがアクアラインで事故が発生したようで、大渋滞。
二時間以上かかるというので、急遽取りやめて東関道から京葉道路へ。
結局だいぶ時間をロスしましたが、スムーズに行けば
意外に早く鴨川まで行かれる予定でした。

南房総は日蓮聖人の生まれたところなので、
ゆかりの本山がたくさんありますが、大本山の清澄寺と
誕生寺は既に参拝済み。
この日はまず、小松原山鏡忍寺に詣でました。
ここは日蓮聖人が様々な迫害を受けた法難の一つ、
小松原法難の舞台となった場所です。

20211230-17.jpg

山門が立派。
さすがに大きな寺院です。

20211230-18.jpg

お彼岸直前でしたが、無事御首題をいただけました。

20211230-8.jpg

続いて詣でたのがお隣の勝浦市興津にある、妙覚寺。
ここは、日蓮聖人が一番最初に開山した寺院だといわれています。
面白いのは、参道の途中に踏切があり、
外房線が走っていること。

20211230-19.jpg

単線ですが、以外に列車の往来が多いので驚きました。

本堂の真裏は結構な崖。
防災対策が施されたばかり、という感じでした。

20211230-20.jpg

こちらも、貫首さまがおられたので、無事御首題をいただけました。

20211230-6.jpg

続いては茂原の本山藻原寺に向かったのですが、
途中上総一宮の玉前神社にも参拝。

20211230-25.jpg

既に下総一宮の香取神宮には参拝済みですが、
こちらはこぢんまりとしたお宮。
しかし、お彼岸なので、七五三にはまだ早い時期でしたが、
参拝客が非常に多く、驚きました。

20211230-26.jpg

御朱印は書き置き。

20211230-9.jpg

続いて、茂原の藻原寺へ。

20211230-23.jpg

非常に大きな寺院で、参拝客も多かったです。

20211230-24.jpg

御朱印をいただく事務所も、正面の祖師堂からは結構離れ場所にあり、
どうやら多くの僧侶の方が働いておられるようでした。
こちらも御首題を無事いただけました。

20211230-7.jpg

続いて、今度は11月。
神奈川で残った本山2ヶ寺とゆかりの1ヶ寺を参拝。
まずはじめは厚木の妙純寺へ。
こちらは圏央道で一本なので、軽井沢から2時間あまりで着きました。

20211230-28.jpg

こちらは、日蓮聖人が佐渡に流される際、鎌倉を発ち、
しばらく逗留していた地に建つ寺。
ここから、現在の府中、東村山を通って、上でご紹介した浦和などを迂回し、
児玉、藤岡などを通って、長野県内を抜けて新潟県に入ったものと
いわれています。
この日は天気が非常によくて、南無高祖日蓮大菩薩の幟が
青空にはためいていました。

20211230-27.jpg

こちらも寺務所で優美な筆致の御首題をいただけました。

20211230-2.jpg

続いて訪れたのが横浜の戸塚区にある本興寺。

20211230-29.jpg

日蓮宗にはいくつかの流派がありますが、
こちらはその一つ日什門流の祖、日什上人ゆかりの寺となります。

20211230-30.jpg

こちらもなんとか御首題をいただくことができました。

20211230-4.jpg

これで、57本山中55本山を巡拝。
残すところは、会津と仙台にある東北の2ヶ寺となりました。
これは、来年参拝し、57本山コンプリートにしたいと思っています。

この日は、もう少し参拝。
同じ戸塚区にある、妙法寺にも参拝しました。

20211230-31.jpg

こちらは、日蓮聖人の一番弟子である六老の一人僧の一人、日昭上人が開いた寺。
また、ホームページやYouTubeなどを活用し、
法要をライブ中継したり、様々な催し物への参加を呼びかけたりと、
積極的な活動をされているお寺で、一度詣でたいと思っていました。

20211230-32.jpg

御首題・御朱印の頂方も独特で、
志納料はとらずに、境内の5分間の清掃か、簡単な写経を
すればOKとのこと。
我が家はご本堂で写経させていただき、御首題をいただいてきました。

20211230-3.jpg

最後は相模国一宮の寒川神社へ。

20211230-33.jpg

想像以上に大きな、立派なお宮でびっくりしました。

20211230-34.jpg

七五三ですごい参拝客でしたが、
御朱印は書き置きでしたので、無事頂戴できました。

20211230-5.jpg

このあと、近くの圏央道寒川インターから圏央道に乗って
一路軽井沢へ。おかげさまで帰りが空いていたので、
3時間かからずに到着しました。
軽井沢から、湘南も想像以上に近いのですね。
高速道路様々です。

すいません、まとめて一気に書いたので
とても長くなってしましました。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

紀州東照宮と名勝・和歌浦

そういえば、和歌山は紀州徳川家の城下町と紹介しながら、
肝心な和歌山城をご紹介しませんでしたね。
さすがは8代将軍吉宗以降の将軍を輩出しただけあってか
想像以上に大きく、また立派な城です。

20211119-26.jpg
20211119-27.jpg

さて、昨日ご紹介した紀三井寺のあと、車ですぐ近くの紀州東照宮
参拝することにしました。

20211119-15.jpg
20211119-17.jpg

鳥居をくぐり、うっそうと木々が生い茂る参道をしばらく進むと、
目の前に現れたのは、紀三井寺に続き、目が点になるほどの情景。

20211119-16.jpg

こちらは、108段だそうです。
紀三井寺よりは短いとは言え、
30分ほど前に長い階段を上った身としては
絶望的になる長さです。
実は紀三井寺、よく調べたら途中に駐車場があり、
そこからエレベーターが設置されているところがあったのですが、
こちら東照宮はそんなものなし。
仕方がないので、再び息を切らしながら上ります。

20211119-18.jpg

実はこの階段、遠近法になっていて、
上に行くほど幅が狭くなる作りなので、余計長く見えるのですが、
それにしても、楼門にたどり着く頃には、再び息が切れていました。

20211119-19.jpg

さて、登り切ると、立派な本殿が。

20211119-20.jpg

ここは玉垣の中まで入って参拝することが出来ます。
日光東照宮や久能山東照宮と同様、きらびやかな彫刻が施された
権現造りの本殿、石の間、拝殿について、
ボランティアの方が詳しく解説していただけます。

その際におっしゃっていたのですが、
造営時に久能山東照宮を意識して、土地を選んだために
このような山の上に立てられたとか。
楼門から東の方角を見ると、和歌浦が見えるのですが、
久能山から見える景色に倣って、このような位置にしたそうです。
富士山はないですけどね。
あと、久能山東照宮にはロープウェーが架かっていますが、
こちらはなし。
歩いて行くしか仕方がありません。

20211119-34.jpg

最後に御朱印をいただきます。

20211119-30.jpg

ふたたび、長い階段をえっちらおっちら降りて、
和歌浦方面に行ってみることにしました。

20211119-21.jpg

なかなか雰囲気がある場所。
古くは、高野山や熊野詣での帰り道に足を止めた
と言う理由も分かりますね。

20211119-22.jpg

一つ上の写真に、赤い鳥居が写っていたのにお気づきでしょうか。
これ、玉津島神社といい、縁結びの神様だそうです。
そのため、この界隈は戦後すぐぐらいまで新婚旅行に訪れる方が多かったとか。

20211119-23.jpg

こぢんまりしたお社ですが、今も参拝に訪れる方が多いのか
この日も拝殿ではお宮参りのご祈祷中でした。

20211119-24.jpg

社務所を見たら、書き置きですがなかなか素晴らしい御朱印が。

20211119-32.jpg

ここ玉津島神社は和歌の神様でもあるそうですよ。

さて、慌ただしく参拝し、帰路につきます。
何しろ、金沢には金曜日の夜入り、2泊2日と言う強行軍で
金沢と和歌山まで参拝する、と言う日程だったもので。

和歌山駅に戻り、和歌山と言えばラーメンでしょ、
と言うわけで駅ビルにあるラーメン屋さんで和歌山ラーメンをいただき、
昼過ぎの特急で再び金沢経由で軽井沢に戻ってきました。

20211119-28.jpg


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

紀州和歌山御首題・御朱印巡り

そういえば、金沢御朱印御首題巡りに行って、
そのあと移動したところで話が止まっていましたね。
新大阪駅から、特急に乗って到着したのはこちらです。

20211119-1.jpg

ちょっとわかりにくいですが、和歌山駅。
金沢からサンダーバードと、特急くろしおを乗り継いで、
紀州和歌山までやってきました。
和歌山といえば、紀州徳川家のお膝元。
そのため、由緒正しい寺院や神社が結構あるのです。
で、今回まずやってきたのがこちらの寺。

20211119-2.jpg

この立派な門構えの寺院がどこかというと、
日蓮宗本山、報恩寺です。

20211119-3.jpg

日蓮宗の寺院は、東日本、それも首都圏や山梨、静岡県に多い印象ですが、
はるばる紀州の地に本山があるのは、やはり徳川家とゆかりがあるから。
紀伊徳川家祖徳川頼宣の正室である瑤林院の菩提を弔うために建てられたのが
こちらの寺院で、以来紀州徳川家の正室の菩提寺となっていたそうなのです。
しかも、この瑤林院は、いまの日蓮宗を厚く信仰した加藤清正の娘。
その影響で、池上本門寺には、瑤林院が納めた金字の法華経などがあるそうです。
なくなったときに荼毘に付されたのも池上本門寺だったとか。

明治の廃仏毀釈や和歌山大空襲などで大きな被害を受けたそうで、
こちらの本堂は平成になってから建てられたものですが、

20211119-4.jpg

本堂両脇の雨水桶にはしっかりと葵のご紋が刻まれていました。

20211119-5.jpg

参拝したのは結構早い時間で、貫首さまがおられるか心配だったのですが、
無事おられて、直書きの御首題をいただくことができました。

20211119-31.jpg

これで、日蓮宗57本山中、残すはあと4ヶ寺になりました。

続いて参拝したのは、全国的にも有名な古刹、
紀三井寺です。

20211119-7.jpg

さすがは立派な山門なのですが、
この山門をくぐると、目が点に!

20211119-8.jpg

げげっ!身延山の菩提梯並のすごい階段。
なんと231段もあるそうです。
近くにエレベーターとかリフトとかはなさそうなので、
仕方なく頑張って上り始めました。
腰痛持ちには堪える急階段です。
でも、なんとか登り切りました。

20211119-9.jpg

もう汗だくだく。息は絶え絶えです。

しかし、上った境内には、絶景が待っていました。

20211119-12.jpg

見えているのは、古来から絶景で有名な和歌浦。
ちょっと天橋立か、三保の松原か、といった感じで、
なかなかな絶景でした。

その脇にそびえるのが巨大な本堂。

20211119-10.jpg

なかなか見応え十分な迫力ある本堂です。

20211119-11.jpg

さらにもう一段高いところにも堂宇が。

20211119-13.jpg

こちらも朝早く参拝したので、空いていてゆっくり参拝できました。
最後に御朱印を。

20211119-33.jpg

なかなか雄渾な御朱印でした。
このあと、今度は近くの東照宮に参拝したのですが、
これがまた大変でした・・・

ちょっと長くなるので、こちらはまた明日!


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR