FC2ブログ

善光寺御開帳は駆け込み参拝で早朝から凄い人

さて、コロナの影響で開催が一年遅れ、
密を避けるためにいつもよりも1ヶ月長く開催されていた
善光寺御開帳もあと10日ほどで終了となります。
先週土曜日は、たまたま長野に行く用事があったので、
またまた御開帳中の善光寺に参拝しました。

20220621-1.jpg

前回と同様、御開帳期間中に詣でるならば
早朝に限る、と言うことで朝4時半に到着。
さすがに参道の人の姿はまばらです。

20220621-3.jpg
20220621-4.jpg

表参道の長野駅方面も、ほとんど車の姿はありません。

20220621-2.jpg

しかし、それも山門まででした。

20220621-5.jpg

山門をくぐり、本堂前に出ると、
回向柱の前はそれほどではありませんでしたが、
右手に長い行列が。

20220621-6.jpg

まだ夜が明けたばかりで、少し写真が暗いのですが、
分かりますかね、右手に列が出来ているの。
これ、内陣参拝券を求める人の列。
今回、せっかくなので内陣に入り、間近に前立本尊を拝もう、
と思っていたのですが、この列を見て断念しました。
幸い、回向柱はすぐに触れることが出来たので、
まずはここでしっかり祈願。

20220621-7.jpg

そのあと、外陣で前立本尊が拝める場所を確保し、
天台宗のお朝事が始まるのを待ちます。

その間、内陣には続々と参拝客が。
あれよあれよという間に、広大な内陣が人で埋め尽くされました。
5時半になると、天台宗のお朝事がスタート。
声明のあと、法華経の自我偈が唱えられます。
最後に南無阿弥陀仏と参列者に向かって10回唱えられると、
天台宗のお朝事がほぼ終了。
今回も私はここで退出したのですが、
外に出たら、朝の6時だというのに回向柱の前には早くも列が。

20220621-8.jpg

コロナの感染状況も落ち着き、
御開帳期間もあと10日ほどとなって、参拝客が増えてきた、
とは聞いていたのですが、まさかここまでの混雑になるとは
思っていませんでした。

そして、さらに長い列だったのが御朱印所。
ものすごい大行列です。

20220621-17.jpg

臨時の御朱印所の脇にあるテントを突き抜け、
最後尾は大勧進入口のところから曲がって、経蔵あたりまで。

20220621-9.jpg

気が遠くなりそうな大行列だったので、
今回は大勧進と、大本願で御朱印をいただくことにしました。
大勧進は、並んでいる方はいたものの、それほどの列ではありません。

20220621-10.jpg

大勧進にも回向柱が立てられ、お不動様と結ばれていたので、
回向柱に触り、交通安全をお祈りしてきました。

20220621-11.jpg

その後、山門をくぐって、大本願の方に向かったのですが、
1時間ほど前とはうって変わって、参道もものすごい人。

20220621-12.jpg

何度も言いますが、これ、6時半ぐらいですよ!
その証拠に、真ん中あたりに赤い和傘が見えると思いますが、
これは浄土宗のお朝事を終えて、大本願に戻られるお上人様。
なんだか、人をかき分けて、と言う感じだったのではないでしょうか?

大本願は、落ち着いた状況でした。

20220621-13.jpg
20220621-14.jpg

御朱印所も、少し列がありましたが、15分ほどで直書きでいただくことが出来ました。
上が大勧進の御朱印

20220621-15.jpg

下が大本願の典雅なご詠歌の御朱印です。

20220621-16.jpg

無事お朝事も参列できたし、大勧進と大本願では御朱印もいただけたので、
早起きして参拝した甲斐がありました。
とはいえ、あまりにも参拝客が早朝から多いのに驚きました。
日中はさらに凄かったようですね。
駆け込み参拝、恐るべしです。

さすがに、2回詣でましたので、今回の御開帳善光寺参拝はこれで終了。
次回の御開帳は、コロナの心配なく参拝出来ると良いですね。
ちなみに、次回は何年後?
今回が1年順延となっているので、当初の予定通りなのか、
それとも今年から数えで7年後なのかは、ちょっと不明です。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

開創1200年の高遠・遠照寺

しかし、先週土曜日はちょっと頑張りすぎました。
軽井沢をそこそこ早く出たこともあるのですが、
飯田の元善光寺に行って、肉そば食べて、
そのあと光前寺に行って、次に向かったのがこちらです。

20220618-1.jpg

開創1200年を迎えたという、高遠の古刹、日蓮宗遠照寺です。
もちろん、現在は日蓮宗ですが、日蓮宗が立教されたのは鎌倉時代。
山門脇の左の碑にお名前がありますが、
日朝上人によって日蓮宗に改宗されたようです。

しかし、高遠と書きましたが、いわゆる高遠中心地からはだいぶ離れた山中。
正直、なぜここに?と言うような立地です。
かつては古代の街道でも通っていたのでしょうか?

しかし、山中にあるとは行っても、なかなか風情がある境内です。
山門をくぐると、緩やかに続く参道の脇に、鮮やかな真っ赤な傘が。
和風アンブレラスカイ、と言った感じです。

20220618-2.jpg

実はこの寺、牡丹寺としても有名で、
傘の下はすべて牡丹。
咲いていたら、さぞ綺麗だったと思いますが、
時期は過ぎていました。

で、本堂は参道の右手を入ったところにあるという、
あまりない伽藍配置。

20220618-3.jpg

観光寺院が少ない日蓮宗の寺では、
結構本山格の寺院でも本堂の扉を閉めているところが多いのですが、
こちらは大きく開け放たれ、ご自由に参拝してください、とのこと。
昇堂し、早速拝ませていただきました。

で、参道をまっすぐ進むと、こちらのお堂が。

20220618-4.jpg

こちらが室町時代後期に建てられたという、
重要文化財の釈迦堂です。
なんとこちらもお堂の前に回向柱が。
この日3本目の回向柱です。
触れて、拝ませていただきました。

この釈迦堂、もしかしてかつては国宝に指定されていたのでしょうか?
そんな碑が、お堂の脇に立てられていました。

20220618-6.jpg

そして、日蓮宗でも最も古い法華堂にあたるそうで、
宗門の史跡に指定されているそうです。

20220618-7.jpg

この釈迦堂の脇にある茅葺きのお堂は日朝堂。

20220618-5.jpg

この寺を日蓮宗に改宗した日朝上人を祀るお堂です。
日朝上人は眼病に御利益があると言われているので、
良く拝んでおきました。

最後に御首題を。

20220618-8.jpg

牡丹の他にも、桜も綺麗だそうですので、
今度は是非花の時期に詣でたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

駒ヶ根・光前寺も御開帳

一昨日、飯田の元善光寺の御開帳に行った話をご紹介しましたが、
行きは岡谷から中央道で行ったものの、
帰りは面白そうなので、下道・国道153号線で帰ってきました。
この道、アップダウンも結構あって、しかも時折ぐわっと大きく曲がり、
大きな谷を迂回するように北に向かいます。
実は東信にも多い、田切地形のせい。
山のなだらかな裾野を流れる川が、大きく谷を刻むことで生じる
田切地形、天竜川沿いにあるものはとにかく規模が大きく、
分かりやすく与田切や大田切などの名前もついています。
国道153号は現在バイパスを作っているようですが、
旧道は大きく田切による谷をカーブで迂回し、
バイパスは高い橋で一直線に進みます。なかなかダイナミックですよ。

上がったり下がったりしながら進み、平らな部分が大きくなってくると、
駒ヶ根市街に。せっかく駒ヶ根に来たのだから、時間もたっぷりあるし、
こちらに寄ってみました。

20220613-6.jpg

駒ヶ根の古刹・光前寺です。
久しぶりに参拝しましたが、ただいまこちらも御開帳中。

20220613-15.jpg

期間は善光寺と同じ今月末までの予定ですね。

しかし、久しぶりに参拝しましたが、信州でも指折りの雰囲気ある境内です。

20220613-7.jpg

参道を進むと、見事な杉並木に。

20220613-8.jpg

参道両側の石垣の中には光蘚もあるようですよ。
何カ所か、綺麗に光るものが見えました。

横には素晴らしい苔の道が。もちろんこちらは通れません。

20220613-9.jpg

さらに進むと、大きな山門が。

20220613-13.jpg

前回来たのは紅葉の時期でしたので、
ここの紅葉がとても綺麗でした。

この山門を抜けて、少し階段を上った先に本堂が。
ひっそりと深い緑の中にたたずむ本堂は
なんだか幻想的な光景ですね。

20220613-10.jpg

本堂前には回向柱が立っています。

20220613-11.jpg

ご本尊の不動明王と結ばれているので、
触れて拝んでおきましたが、
アルコール消毒は手前に置いて頂いた方が・・・
後ろの香炉の前に置かれていました。

それはともかく、ちょうど参拝者の方もほとんどおらず、
静かにご本尊を拝んできました。
ちょうどこのあと、どやどやと某クラブツーリズムご一行が来たので
落ち着いて参拝出来て良かったです。

この本堂脇の森の中には三重塔が。

20220613-12.jpg

その前に経つのは霊犬早太郎の像ですね。

最後に参道途中にある御朱印所で御朱印をいただきました。

20220613-14.jpg

時節柄、書き置きです。

しかし、久しぶりに参拝しましたが、
本当に心穏やかになる寺です。
軽井沢からはちょっと距離がありますが、
また参拝しよう!


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

遅ればせながら北向観音に「初詣」

昨日は善光寺と両参りすると良いと言われている
飯田の元善光寺に参拝した話をご紹介しましたが、
両参りと言えば、上田・別所の北向観音
そういえば、今年はまだ参拝していなかった、
と言うことで、5月最終の週末に、参拝してきました。
遅ればせながらの初詣です。

20220612-5.jpg

遅れるにもほどがあるくらい、遅ればせながらですが、
この日はまさに五月晴れの絶好のお参り日和。
北向観音別所温泉の高台にあるので、
境内から見る塩田平がとても綺麗でした。

20220612-6.jpg

しかし、感染状況が落ち着いているせいか、
この日も普通の週末ながら、境内は結構な参拝客が。
そういえば、県民割が6月末までなので、
みなさん泊まりがけで来ているのでしょうか?
駐車場には、隣県ナンバーの車が結構多かった気がします。
県民割の対象となる隣県、結構多いですからね。

最後に御朱印をいただきましたが、
善光寺にしても、この北向観音にしても、
書き手が違うのに、ほぼ似たような筆致の御朱印になるのが凄い。
諏訪大社は書き手によってずいぶん変わりますよ。

20220612-7.jpg

これで、両参りした方が良いと言われるところは
すべて参拝しました・・・かな?


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

飯田・元善光寺の御開帳へ

さて、現在開催中の善光寺御開帳も、
あと2週間あまりとなってきました。
ここへ来て、感染状況も好転しているせいか、
結構参拝客も増えてきているようですね。

さて、この御開帳、すでに戸倉上山田温泉の
大本願別院でもやっていて、参拝したことはすでにご紹介しましたが、
ここ以外にも各地の善光寺系列のお寺で同時御開帳が開催されています。

その一つが、飯田にある元善光寺
「元」と名のつくぐらいですから、善光寺が今の位置に建立される前に
元々あった場所、と言うことで、
両参りするとよい、と言われているので、
今回初めて参拝してみました。

20220613-1.jpg

分かりやすい看板付きの山門?をくぐると、
階段の画像にちょっと怖じ気づきそうですが、
一番上の明るくなったあたりまでが階段で、
それほど長い階段ではありません。

その階段をえっちらおっちら上ると、
真っ正面に本堂と回向柱が。

20220613-2.jpg

しかしこの本堂、善光寺を一階建てにしたような作りで
雰囲気はよく似ています。

20220613-4.jpg

正面には、回向柱から続く善の綱が
ご本尊の方に続いています。

20220613-3.jpg

それなりに人はいましたが、
それでも善光寺ほどの混みようではないので、
昇堂してご本尊の前で合掌して参りました。

最後に御朱印をいただきます。

20220613-5.jpg

しかし、考えてみたら飯田市内に足を踏み入れたのは初めて。
もちろん、中央道で何度もこのあたりは通っていますが、
インターを降りたことはありませんでした。
今回は、無料になった和田トンネルを抜けて岡谷~中央道に乗り、
座光寺のパーキングエリアのETC出口で降りました。
そこからはほんの5分ほどです。
駐車場が心配でしたが、無事止められました。

しかし、伊那は県歌信濃の国にも登場する
「松本、伊那、佐久、善光寺」の4つの平の一つですが
その最南端に位置する南信の中心地、飯田
ちっとも平ではない町並み。
中央道の出口から、かなり急な坂道を下りて行くのには驚きました。
平なのは駒ヶ根ぐらいまでですかね。
そこから先は、結構山がちで、雰囲気的には群馬の沼田みたい。
きっと天竜川の河岸段丘地形なのでしょう。

数年後、この元善光寺の近くにはリニアの駅が出来るはず。
そうすると、東京の方は本家善光寺より元善光寺の方が
近くなるかもしれませんね。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR