FC2ブログ

重陽の節句

さて、本日9月9日は重陽の節句
3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句、
7月7日は七夕、そして9月9日となるわけですが、
そのほかの3つに比べると、やや地味な節句ですよね。
あまり意識していない方も多いんじゃないでしょうか。

でも、こちらはとても意識されているんです。
先日もご紹介した、高崎・新町の於菊稲荷神社
重陽の節句は、菊の節句とも言いますから。
於菊稲荷で、菊つながりのためか、こちらの於菊稲荷神社では
毎年この時期に限定の御朱印がいただけるのです。
我が家も一昨年はいただきに上がりました。

でも、今年はご承知の通りのコロナ禍。
限定御朱印目当てで、この時期多くの参拝者が訪れた於菊稲荷神社も、
直書きの限定御朱印は中止となり、書き置きの御朱印
なんと郵送でもいただけるようになりました。
我が家も5月、6月といただいたのは、先日ご紹介しましたが、
9月の菊の節句の御朱印も郵送でいただけるので、
早速申し込んだのですが、なんと具合のいいことに
菊の節句の前日となる昨日、我が家に郵送で届きました。

20200909-1.jpg

今回もなかなか可愛らしい御朱印です。
まだ於菊稲荷神社のホームページで受付していましたので、
ご興味のある方は、こちらから。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

久しぶりに高崎・新町 於菊稲荷神社で御朱印をいただく

さて、お盆休み中、群馬に所用で出かけた際に
久しぶりにこちらに詣でてみました。

20200823-6.jpg

いまや全国区の人気となった、ガトーフェスタハラダの本社がある
高崎新町
そこにある、於菊稲荷神社です。
ここは、可愛らしい手書きの絵入り御朱印をいただける神社として
大人気ですが、コロナ禍で手書きの御朱印はお休み中。
書き置きの御朱印は郵送でもいただけるので、
5月の端午の節句と6月の夏越大祓の御朱印は、
郵送でいただいたのですが、御朱印は本来参拝した印として
頂戴するもの。
なので、近くまで行く用事があるので、久しぶりにお礼参りに伺ったのです。

20200823-5.jpg

ちなみに5月にいただいた御朱印はこちら。

20200823-12.jpg
20200823-13.jpg

6月にいただいた御朱印はこちらです。

20200823-14.jpg
20200823-15.jpg

ここは行く度に社叢が整備されていくのですが、
今回は参道が整備されていました。
所々に、御朱印でもおなじみのおきつねさんが
描かれています。

20200823-7.jpg
20200823-8.jpg
20200823-9.jpg

しかし、現金なもので、手書きの御朱印をいただけないとなると
いままでは朝から多くの人が並んでいたのに、社叢はひっそり。
おかげでゆっくり参拝して、社務所で8月の御朱印をいただいてきました。

20200823-10.jpg
20200823-11.jpg

9月は、重陽節で菊の節句。
また、限定の書き置き御朱印を出されるそうですよ。
郵送でもいただけるみたいなので、今月もお願いしようかと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

青木村・大法寺の国宝見返りの塔

昨日は軽井沢を脱出して、夜遅く帰ってきたのですが、
今日は家で一日ゆっくりと。
途中、昼ご飯と夕飯の材料買い出しに出かけたのですが、
町内は人出が恐ろしいので、御代田のツルヤまで買い出しに出かけました。
そのあと、チケットの引き取りがあったので、
軽井沢のファミマに行ったのですが、
プリンス通りは車が数珠つなぎ。
止まってしまっているわけではないのですが、
ノロノロ運転で、つくづく駅前のファミマに
行かなくて良かったと胸をなで下ろしました。

さて、昨日は上田のみすゞ飴本舗、飯島商店さんの話を
ご紹介しましたが、今日もその続きです。
順番から行くと、みすゞ飴に行く前に、ちょっと足を伸ばして
こんなところに行ってみました。

20200809-1.jpg

古いお堂に、美しい塔。
ここがどこかというと、前から一度参拝したいと思っていた
青木村大法寺です。
上田から、青木村方面に向かう国道143号線は、
いつも室賀のささらの湯に行くために良く通るのと、
たまに松本に行った際、「酷道」でも通って帰るかと気が変わると
この道を通って帰ってくるのですが、
なかなかお参りするチャンスがありませんでした。
最近、コロナで行動範囲が狭まっているので、
せっかく上田まで行ったのだからと、初めてお参りしてみたのです。

初めて行ったのですが、なかなか凄い場所にありました。
上の写真は、平坦に見えますが、
ここまでたどり着くには結構大変。
立派な駐車場があるのですが、
そこから結構長い坂と、それほど長くはない石段を登ると、
ようやく上の写真の場所にたどり着きます。
この時期、なかなか良い運動で息は切れるし汗はかくし。
でも、そんなことを忘れるくらい、素晴らしいのが、
上の写真に写っている美しい塔です。

この塔、大法寺三重塔は、長野県にいくつかある国宝建造物の一つ。
その姿が美しく、道行く人が振り返って見るというので、
見返りの塔と呼ばれています。
近づくと、なんとも美しい。

20200809-2.jpg

この大法寺、元々は大宝寺と呼ばれていたそうで、
なんと創建は奈良時代の大宝年間とか。
信州でも有数の古刹です。
この美しい塔は、鎌倉時代の1333年に建てられたそうですが、
近くには、江戸時代に中山道が整備される前の東日本の重要交通路だった
東山道が通っており、まさにそこを行き来する人が
見返した、と言うことなのでしょう。
しかし、中山道も厳しい峠道が続きますが、
東山道は、いまでも酷道と呼ばれる143号の青木峠を越えて
松本方面へ抜けていたそうなので、当時の旅人の大変さが偲ばれますね。

下から見上げても美しいのですが、さらにのぼって
横や裏山から見ると、さらに美しい。

20200809-3.jpg

おそらくは、垂木と屋根の反り返り具合が
美しく見える原因なのでしょうね。

上から見ると、相輪がどうなっているかもよく分かります。

20200809-4.jpg

小高い山の中腹に建てられているので、
塔の裏山をさらに登ると、こんな視線で塔を見ることが出来ます。
塔を同じ目線で見ることが出来るのは珍しいですね。

ちょっと大汗かきましたが、思い切って行って、
しかも写真の通り、大変良く晴れた良い天気だったので、
行った甲斐がありました。

最後に御朱印をいただきます。

20200809-5.jpg

ここは文化財保護のため、拝観料が300円かかるのですが、
境内入り口に拝観料の受付があり、お守りなども売るほか、
御朱印もこちらでお願いすることが出来ました。
しかし、ここから別所温泉にかけての塩田平は
信州の鎌倉と言われる通り、本当に名刹が並びます。
このあたりで行っていないのは、あとは中禅寺。
次回はここを目指して、参拝したいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

群馬の御朱印・御首題巡り-3 「花手水」が美しい玉村八幡宮

話が少し戻り、群馬の御朱印巡りの続きです。
本妙寺、伊勢崎神社に詣でたあとは、軽井沢に帰るため、
西に向いて走り始めたのですが、その途中にある、
こちらの神社にも寄ってみました。

20200807-1.jpg

こちらの立派な随神門がある神社は、玉村八幡宮
こちらも、鎌倉時代に由緒がさかのぼるという歴史のある神社です。
目の前を通る、国道354号の旧道は、朝廷から日光東照宮に使わされる
例幣使が通ったという、日光例幣使街道。
この沿道には、実に立派な寺社があちこちにあるのは、
そんなことも影響しているのかもしれませんね。

20200807-2.jpg

ちょうど参拝したのが7月上旬だったので、狛犬の脇には
夏詣の提灯が掲げられ、その先の鳥居の先には
茅の輪がしつらえられていました。

20200807-6.jpg

その鳥居の手前に、綺麗なものを見つけてしまいました。
話題の花手水です。

20200807-4.jpg

私も噂には聞いていましたが、実際にやってあるのは初めて見ました。
この時期なので、あじさいの花手水。実に綺麗でした。
この日はなかなか気温が高い日だったのですが、夏らしい涼やかな感じですね。

20200807-5.jpg

さて、社殿はこちら。

20200807-7.jpg

それほど古い社殿ではないようですが、ここも実に見事な拝殿です。

20200807-8.jpg

特に御祭礼の日、と言うわけではなさそうでしたが、
境内には結構多くの参拝者の方がいて、
なかなか賑やかな神社でした。

最後に御朱印を。ここではいくつかの種類をいただけるようで、
通常の御朱印と、夏詣御朱印をいただきました。

20200807-12.jpg
20200807-13.jpg

下の夏詣御朱印は、7月いっぱいで終了したそうです。

御朱印もいただき、帰りに向かっていたら、
ちょっと気になるものを発見。

20200807-3.jpg

なんと三猿がマスクをかけています。
新型コロナウイルス、去るだそうですよ。
ただし、三猿は三密なのが気になります。
マスクも重要ですが、もう少しソーシャルディスタンスもとった方が良いですよ。

そして、こちらの方も。

20200807-11.jpg

一心不乱に本を読む二宮金次郎さんも、
しっかりマスクをしていました。

20200807-10.jpg

新しい生活様式ですからね。
重要です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

群馬の御朱印・御首題巡り-2 伊勢崎総鎮守・伊勢崎神社

さて、群馬の御朱印・御首題巡りの続きです。
昨日ご紹介した、本妙寺から車で10分ほど走ると、
伊勢崎市の中心部。
次に詣でたのは、その中心部にある伊勢崎総鎮守の伊勢崎神社です。

20200804-1.jpg

それほど大きな社叢ではありませんが、
なかなか豪壮な権現造りの社殿が鎮座しています。

20200804-2.jpg

しかし、おそらくは江戸末期から戦前にかけて建てられた群馬の寺社仏閣は、
なかなか見事な社殿が多くありますが、ここも唐破風などに精緻な彫り物が施された
見事な社殿でした。

20200804-3.jpg

その唐破風を支える柱にも、緻密な彫り物が。

20200804-4.jpg

さらに見事だったのが、拝殿の背後にある本殿です。
息をのむような、素晴らしい彫刻が施されていました。

20200804-6.jpg

群馬の寺社仏閣が見事なのは、古くから北関東の交通の要衝で、
織物などの産業が栄えてきたからだと思うのですが、
ここ伊勢崎も銘仙が有名な織物産地。
おそらく織元さんなどの旦那衆の寄進により、設えられたのではないかと思います。
本当に見事ですよ。

20200804-7.jpg
20200804-8.jpg

さて、ここ伊勢崎神社にはもう一つ見所があります。
それがこちら。

20200804-5.jpg

なんと拝殿の正面入口に、大きな木製のプロペラが奉納されているのです。
これは、伊勢崎の隣町、太田に本拠を置く旧中島飛行機(現スバル)が
戦時中に戦地に赴く航空機が無事戻れるようにと祈りをこめて
奉納したものだそうで、現在は渡航安全、航空安全の御利益があるとして
プロペラを模ったお守りなども頒布されているそうですよ。

そんな言われもあって、いただいた御朱印には
複葉機の印が押されています、

20200804-9.jpg


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR