FC2ブログ

初めての、赤城山と赤城神社

やはり、夏は一昨日で終わりだったんでしょうかね。
昨日あたりから徐々に気温が下がり、
しかも時折雨も降る天気。
今日も、時折晴れ間らしきものが見られるものの、
基本は曇りで、気温もそれほど上がらない一日でした。
そして、すでに西日本ではあちこち豪雨が続いているようですが、
軽井沢も明日は終日雨の予報。
しかも、予想最高気温は20度と、ちょっと肌寒い一日になりそうです。

そんなこともあってか、今週最も天気が良さそうだった一昨日、
ずっと家に籠もっているのも耐えきれず、群馬方面にドライブ。
初めて赤城山に行ってみました。

赤城山と言えば、妙義山、榛名山と並ぶ上毛三山の1つ。
元々火山なので、裾野が長く、なんと富士山に続いて裾野が長いそうです。
その長い裾野を上がっていくと、途中に大きな鳥居。

20210811-1.jpg

ちなみに、信号待ちの間に撮った写真ですが、
このあたりの車外温度計は、39度を指していました。
群馬、灼熱です。

さらに長いだらだら坂を上っていくと、
途中からは本格的な山道に。
たどり着いた先は、別天地の涼しさで、なんと23度でした。
前橋よりは16度も低いことになります。
そのせいか、涼を求める群馬県民で思っていたより混んでいました。

しかし、なかなか良いところですよ。

20210811-4.jpg

この日は暑いけど風が強かったせいか、
山頂の大沼にはボートの姿もなく、
非常に清々しい写真が撮れました。
※クリックすると、大きくなります。

最終目的地はこちら。

20210811-2.jpg

朱塗りの社殿が目に鮮やかな赤城神社です。
妙義神社、榛名神社はすでに参拝済みですが、
ココだけ参拝していなかったのです。

20210811-3.jpg

社殿は権現造りの本殿まで真っ赤っか。

20210811-6.jpg

何でも以前は別の場所にあったそうですが、
現在地に移転した、と言う珍しいお社。
道理で社殿がまだ新しく見えるはずです。

本来は、大沼の反対側からこちらの朱塗りの橋を渡っていくのが
正式ルートだそうですが、あいにくこちらは老朽化で通行止め。
社殿はまだ新しく見えるのですけどね。

20210811-5.jpg

仕方なく、本殿の裏側から裏口参拝です。

湖畔は結構な人出でしたが、神社の境内はほどほどの参拝客で
安心して参拝することができました。
最後に御朱印を。

20210811-8.jpg

この時期ですので、書き置きの御朱印です。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越後路の日蓮聖人霊跡巡り-4 角田山妙光寺

またまた話が戻って、先々週の越後路の日蓮聖人霊跡巡りの
続きをご紹介します。

今回、思いもかけず巡拝する形になりましたが、
それというのも、一番最初に詣でた番神堂・妙行寺で
こんなパンフレットを頂いたから。

20210621-1.jpg

すいません、今回のタイトルはこのパンフレットから
そのまま頂いてしまいました。

このエリアに、ゆかりの寺が多いのは一にも二にも
日蓮聖人佐渡に流されたから。
先日ご紹介した寺泊から流され、
赦免されて鎌倉に戻るときは、一番最初にご紹介した
柏崎の番神岬にたどり着きました。

で、今回初めて知ったのですが、寺泊から佐渡に向かうときは
強い西風に流されて、再び本州側にたどり着いてしまったのですね。

20210621-2.jpg

その行程が、キチンとパンフレット裏の地図に赤い点線で表示されています。
今回は、まさにこの地図に書いてある寺を、順番に参拝したのです。

で、寺泊から沿岸沿いに北に流され、たどり着いたのが
本日ご紹介する角田山妙光寺です。

20210626-2.jpg

現在は新潟市西蒲区。市町村合併前は西蒲原郡巻町になります。
ちょうど、越後一ノ宮の弥彦神社から少し北に行ったところになりますね。
本当は、日本海沿いの国道が非常に景色が良いそうなのですが、
あいにく崖崩れで通行止めで、内陸を回って向かいました。
海岸沿いには、日蓮聖人が一泊した洞窟などがあるそうですよ。
流れ着いた海岸と、洞窟脇の岩に、いまでもお題目が刻まれており、
さらに、ここからさらに佐渡に向かうときは、再び嵐で波が高く、
波にお題目を書いたところ、海が鎮まり、佐渡に着くことが出来たと言うことから、
三題目の霊場とも言われているそうです。

こちらも非常に大きな寺なのですが、
建物が非常に現代的。
山門こそ昔ながらの作りですが、

20210626-3.jpg

それを抜けた正面の本堂は、非常にモダンな作りになっています。

20210626-5.jpg

本堂内では、講演会が開かれていて、
かなり多くの方が聴講していました。

20210626-7.jpg

以前は伝統的な作りの本堂だったようですが、
雪国と言うこともあり、作り替えた際にこんな形になったそうです。
ウッドデッキがあるお寺なんて、初めて見ました。

20210626-6.jpg

庭もよく手入れされていて本当に綺麗。
ミニチュアサイズですが、三重塔も建っていました。

20210626-4.jpg

さらに、お寺のホームページを見たら
生前戒名をいただけたり、立派な合葬墓が作られていたりと
非常に斬新なお寺でした。

最後に御首題を、これまた斬新な寺務所で頂きました。
立派な待合室で待つことしばし、今回の巡拝を締めくくる、
立派な御首題を頂戴出来ました。

20210626-8.jpg

ちなみに、ここの浜辺から再び佐渡を目指した日蓮聖人がたどり着いたのが
佐渡・松ヶ崎の本行寺。
こちらの山門には、御着岸の霊跡と書かれていますね。

20210621-3.jpg

こちらも一昨年佐渡に行った際に、
すでに参拝済みです。

20210621-4.jpg

御首題はこちら。

20210621-5.jpg

これで、柏崎から佐渡までの足跡をたどることができたのですが、
柏崎からは、上越市の高田にある寺に足跡があるようですので、
次はそこに行ってみようかと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越後路の日蓮聖人霊跡巡り-3 本山・村田 妙法寺

昨晩は、長野市方面で全国ニュースでも速報が出るほどの大雨。
そして、夜中には噴火アラームが。
げげっ、ついに浅間山か!と、どきどきしましたが、
寝ぼけ眼に飛び込んだのは鹿児島県の諏訪之瀬島でした。
それはそれで大変なことではあるのですが、
出来れば噴火アラームの設定を、火山ごとに設定出来ると
ありがたいのですが・・・
夜中に「火山の情報です!」とぐゎんぐゎんアラームが鳴るのは
出来れば浅間山だけに設定したいかな・・・と。
いずれにしても、忘れた頃にやってくる災害。
普段から用心しておかないといけないですね。

さて、今日はまたまた先々週末の越後路の日蓮聖人霊跡巡りの
第三弾です。
今回は、正確に言うと日蓮聖人の霊跡ではなくて、
日蓮聖人の弟子、六老僧の一人である日昭上人ゆかりの寺院で、
新潟県唯一の本山、村田・妙法寺に詣でてきました。

20210621-6.jpg

日蓮宗には、総本山身延山久遠寺を筆頭に、
本山池上本門寺など57の本山があり、
現在そのうち46本山に参拝済み。
残すは10本山あまりとなりましたが、そのうちの一つが
この村田・妙法寺で、ようやく念願叶って参拝することが出来ました。

さすがは本山だけあって、門がいくつもあります。

20210621-7.jpg

この正面の黒い門をくぐると、長い参道の途中に
立派な赤門が。

20210621-8.jpg

これは二天門といい、およそ300年前に建立されたそうです。
よく手入れされているので、そんなに古いものには見えませんね。

そして、さらに長い参道を行くと、両側に塔頭寺院が並んでいます。

20210621-9.jpg

さらに参道を進むと、正面にそこそこ長い階段があります。

20210621-10.jpg

これを上ると、再び門が。

20210621-11.jpg

こちらも300年前に作られたそうで、通称黒門というそうです。
この黒門をくぐると、うっそうと大きな木が生い茂る境内の中に
大きな本堂があります。

20210621-16.jpg

20210621-12.jpg

本堂に参拝しようと近づいたら、

20210621-13.jpg

なんとアラーム音とともに、本堂の日蓮聖人像が
明かりに照らし出されます。

20210621-14.jpg

古刹ですが、なかなか斬新な仕掛けです。

この妙法寺の開山は、先ほどもご紹介した六老僧の一人
日昭上人で、鎌倉時代にこのあたりを領した風間信昭公の庇護により、
元々現在の横浜市に建立されたものを、
後に領地の新潟に移したそうです。
いまでも最初に建立された横浜市には、同じ名前の寺院が
残っているそうですよ。

貫首さまはご不在、との張り紙がありましたが、
寺務所からは人の声がするので、訪問してみたら
ちょうど戻られたところで、御首題も頂戴出来ました。

20210621-17.jpg

57本山で、あと残すは東北の2ヶ寺、
石川県の前田家ゆかりの1ヶ寺、
そして、和歌山の紀州徳川家ゆかりの1ヶ寺と、
近くだからいつでも行かれそうと残してしまった
房総5ヶ寺と神奈川県の2ヶ寺です。
57ヶ寺全部参拝すると、身延山で表彰して頂けると
妙法寺の貫首さまがおっしゃっていました。
コロナが落ち着いて、遠出出来るようになったら
順次参拝したいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越後路の日蓮聖人霊跡巡り-2 寺泊 法福寺

週末です。
今日の軽井沢は、朝から酷い雨。
どうやら、梅雨本番になってきた感じですね。

と言うことで、本当に先週出かけておいて良かったです。
越後路の、日蓮聖人霊跡巡りの続きです。
柏崎の妙行寺、番神堂で周り方のご指南をいただいたので、
続いてはこちらに向かいました。

20210619-1.jpg

魚のアメ横、として知られる寺泊です。
いえ、寺泊で魚を食べていけ、とご指南いただいたわけではないですよ。
この近くに、日蓮聖人ゆかりの寺があるというので、
そこに詣でようとやってきたのです。

柏崎からは、一区間だけ北陸道に乗って、
隣の西山インターで下りるのですが、
インターを降りてすぐの場所に、故田中角栄元首相の生家が。
その、田中元首相のお膝元のためか、
一般道も高速道路並み。
日本海に沿って走る国道116号線のバイパスはほとんど信号がなく、
こんな道は、信州にはありませんね。
何しろ、国道18号が長野市内で二車線のところがありますから。
群馬といい、新潟といい、山梨といい、
本当に道が良いのには驚きます。

そのおかげで、思っていたよりも短い時間で、
寺泊に着きました。
この寺泊は、日蓮聖人が佐渡に流罪になる際に出港した場所。
車を駐める場所がなかったので、写真は撮れなかったのですが、
風待ちの間にしばらく滞在した草庵のあとには、銅像が建てられていました。
その銅像の山手に、今回詣でた寺泊山法福寺があります。

20210619-2.jpg

こちらも見事な彫刻が施された、立派な破風があるお寺でした。

20210619-3.jpg

右手に雪囲いがありますが、ちょうど日本海からの風が吹き付けそうな場所なので
雪が降ったときは大変なのでしょうね。
日蓮聖人が佐渡に流されたのは冬に近い時期だったそうですから、
あの荒波の日本海を渡ったことを思うと、ぞっとします。

本堂の正面は固く閉ざされていましたが、
寺務所にお願いしたら、本堂に上げていただき、参拝させていただきました。
お上人は忙しそうで、記帳ではいただけなかったのですが、
書き置きの御首題も。

20210619-4.jpg

しかし、長野県内にはあまり日蓮宗の寺は多くないのですが、
新潟には思っていたより多くの日蓮宗寺院があって、驚きました。
さらにまだ二ヶ寺参拝しますよ。
寺泊で食事もしましたけど。
ちょっと期待外れだったので、写真のご紹介は控えておきます。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

越後路の日蓮聖人霊跡巡り-1 柏崎 妙行寺・番神堂

先日は、久しぶりに日蓮宗総本山、身延山久遠寺に詣でてきましたが、
コロナ禍でほとんど取りやめていた県外のお寺巡りを
少しずつ再開しました。
まず詣でたのは、隣県新潟県。
新潟県は、日蓮聖人が佐渡に流されたこともあって、
あちこちに日蓮宗の古刹がたくさんあります。
隣の県なので、いつでも行かれる、と思って後回しになっていたのですが、
出かけるならば隣県から、しかも梅雨入り前に、
と言うことで、先週末、日本海に並ぶ日蓮聖人霊跡が残る寺院何件かを
参拝することにしました。

軽井沢からは、上信越道経由で行くか、藤岡まで降りて
関越道経由で行くか、と言う二通りの行き方があって、
距離もほとんど同じなのですが、
走りやすいのは上信越道経由なので、
小諸からのって、高田経由で
まずは北陸道の米山インターを目指します。

軽井沢からは2時間あまりで、まず先に詣でたのはこちらの寺です。

20210615-1.jpg

柏崎市の日本海に突き出す番神岬にある番神堂です。
ここがどんないわれがあるところか、というと
佐渡に流された日蓮聖人が赦免され、
戻る際に佐渡から到着したのがこの場所。

20210615-2.jpg

日本海の荒波を越えて、無事たどり着いたことを感謝するために、
法華経守護の三十番神を祀ったのがこのお堂の始まりで、
現在は柏崎市内にある妙行寺のお堂になっています。

明治4年に焼失し、再建されたそうですが、
当時の貨幣価値で、かなりの費用をかけて再建されたそうで、
建物の周囲には見事な彫刻が施されています。

20210615-3.jpg

一部は、彫刻を保護するようにガラスで覆われているところもあります。
ちょうど彫刻の寺として知られる東京の柴又帝釈天みたいな感じですね。

20210615-4.jpg

お堂の裏は少し高台になっており、あじさいがちょうど見頃に。

20210615-5.jpg

その奥、ひときわ高いところには、日蓮聖人像が立っていました。

20210615-6.jpg

日蓮聖人像は、どこも厳しい表情のものが多いのですが、
ここは穏やかな表情です。

せっかくなので、本坊の妙行寺にも詣でてきました。
こちらは柏崎市の中心地にあり、
よく手入れが行き届いた立派なお寺です。

20210615-7.jpg

松が凄い!

こちらでは、ご丁寧にせっかく越後路の日蓮宗寺院を巡るなら
こことここに参拝した方が良い、と周り方をご指南いただき、
おまけにオリジナルのマスクまで頂戴してしまいました。
ありがたや。

そして、幸先良く番神堂、妙行寺ともに御首題を頂戴出来ました。

20210615-8.jpg
20210615-9.jpg

番神堂は、書き置きです。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR