FC2ブログ

足利の御朱印巡り-1 足利厄除大師・福聚山龍泉寺

しかし、雨が良く降りますね。
先日は南信や上高地周辺で大雨となり、土砂崩落などがありましたが
今日は中野飯山地方に大雨警報が出ています。
でも、ようやく週明けの天気予報には晴れマークが出てきました。
梅雨開けまで、もう少しの辛抱かもしれませんね。

さて、こんな天気で、取り立ててご紹介する軽井沢ネタもないので、
こんな時はため込んである御朱印ネタで。
先日足を伸ばした、栃木県足利市の御朱印巡りの続きですが、
森高千里の渡良瀬橋にも出てくる、八雲神社に詣でたあと、
足利の市街地を横切り、次の目的地に向かいます。
お次は、足利厄除大師・福聚山龍泉寺に詣でることにしました。
八雲神社からは、ほんの10分あまり。
県道67号線を東へ向かい、それらしい寺院の大きな屋根が見えて、
入口らしき門を入ったら、なんとこちらは通用口。
広い道路に正面入口がないという、なかなか珍しい寺でした。
しかし、それだけ古くからあったと言うことなのでしょうね。
創建は鎌倉時代の1205年だそうです。

思っていた以上に大きな寺で、正面の山門はなかなか立派。

20200715-1.jpg

門の右に「照于一隅」と刻まれた碑が立っていますが、
照于一隅と言えば、天台宗ですね。
こちらは比叡山の直末として創建されたそうです。

山門をくぐると、正面にこぢんまりとしたお堂が。

20200715-3.jpg

こちらは観音堂。聖観世音菩薩が祀られているそうです。

20200715-4.jpg

そして、その隣の立派な建物が本堂。

20200715-5.jpg

こちらは鉄筋コンクリート造りですが、非常に立派。
本堂にはご本尊の釈迦如来座像が祀られ、
その前には比叡山延暦寺と山形の山寺立石寺の法灯が
不滅の法灯」として分灯されていました。
比叡山の不滅の法灯と言えば、1200年前に伝教大師最澄がともし、
油をつぎ足しながら以後灯りが受け継がれている、文字通りの不滅の法灯
ここ、龍泉寺の法灯は、昭和60年に当時の山田恵諦天台座主から、
全国で8番目に分灯されたものだそうです。
山田恵諦天台座主、といえば、大昔に日本経済新聞に連載された
私の履歴書は面白かったですね。いまもどこかに切り抜きを取ってあるはずです。

話がそれましたが、この本堂の地下には立派な美術館があります。
このあとご紹介する、御朱印をお願いすると、無料で入れるそうで、
入ってみたのですが、入口がちょっとあれだったので、あまり期待はしていませんでした。
ただ、中に入ってみると、なかなか素晴らしい。
益子焼の人間国宝、濱田庄司の陶器や、棟方志功の版画、
そしてなんと伊藤若冲の絵まであります。
思わず時間を忘れて、ゆっくり拝観してしまいました。

最後に御朱印のご紹介ですが、こちらはなんと4種類もあります。

20200715-6.jpg

この中から、実際に参拝した聖観世音と厄除大師の御朱印を
頂くことにしました。

20200715-8.jpg
20200715-7.jpg

この龍泉寺、室町時代には足利氏が深く帰依したそうです。
なので、これだけ立派な寺なのでしょう。
江戸時代には一時衰微したそうですが、その後厄除大師として
多くの参拝者が詣でるようになったとのこと。
実際、寺の周りにはたくさんの駐車場が整備されていたので、
きっと正月などは多くの方が参拝されるのでしょうね。
次回もまた、足利に行った際にはまた参拝してみたいと思います。


300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

足利の御朱印巡り-1 足利総鎮守・八雲神社

あまりネタもないので、先日車の点検帰りに足を伸ばした足利で、
もう何件か御朱印巡りをしたので、その話題をご紹介します。

さて、軽井沢に引っ越して、興味を持ったことがいろいろあるのですが、
その一つが鎌倉時代末期から、室町時代にかけての日本史。
私も学生時代から日本史は大好きだったのですが、
だいたい中学も、高校もこのあたり時代の授業は1学期の終わりから
2学期にかけての慌ただしい時期にあたることもあって、
なんか適当に教わった印象。
そもそも、鎌倉時代末期から室町時代初期は
相次ぐ元寇に疫病の流行、南北朝時代と、
足利義満の時代の南北朝合一ぐらいまで、
なんだか暗い話が多くて、本当に面白くありませんでした。

ところが軽井沢に来て、頻繁に群馬などの北関東に出かける機会、
特に御朱印巡りを始めてから、この界隈に登場する歴史上の人物は
何れも鎌倉時代末期から、室町時代初期にかけて活躍した歴史上の人物が
続々と登場します。
そもそも、その名前が地名として残っている。
たとえば、北条得宗家を滅ぼした新田義貞はジョイフル本田がある「新田」に縁があり、
応仁の乱の当事者となった山名宗全の名は、高崎の「山名」に縁があります。
そしてなんと言っても、室町幕府を開いた足利氏の本拠地は、「足利市」です。

その足利市、歴史があるだけではなくて、近世から現代にかけては
織物の産地としても非常に栄えました。
これは、群馬から栃木にかけての両毛線沿線は、みなそうですね。
伊勢崎、桐生、そして足利と、何れも日本を代表する織物の産地でした。
歴史があり、かつ近代日本の産業を支えた織物の産地には
古く、立派な町並みと、美味しい料理屋さん、そして立派な神社や寺院があります。
昨年、足利の中心部にある、鑁阿寺や織姫神社を参拝した際に、
他にもいろいろ参拝したい神社や寺院がたくさんあるのを見つけて
また行かなくちゃ、と思っていたのですが、
今回ようやく念願叶って、車の点検終了後に足利にやってきた、と言うわけです。

すでにご紹介しましたが、まずは日蓮宗本経寺で御首題を頂いたあと、
次に参拝したのが、こちらの神社でした。

20200708-1.jpg

足利市の中心部を流れる、渡良瀬川近くの高台に祀られている
八雲神社です。鳥居脇の提灯に書かれていますが、
「足利総鎮守」だそうです。

創建は非常に古く、平安時代初期の869年。
平将門の乱の際には藤原秀郷が戦勝祈願をした、という言い伝えもあるほど、
東国を代表する神社の一つだったそうです。

しかし、その割には階段上の社殿が新しく見える。

20200708-2.jpg

近づいて見ると、まだ白木の部分も残る、非常に新しい社殿です。

20200708-3.jpg

どうしたことかと思ったら、2012年に火災で全焼。
その後、2015年に伊勢神宮内宮別宮の月讀荒御魂宮から
式年遷宮の古材を譲り受け社殿を再建することとなり、
2017年に再建されたとのことです。

この神社、もう一つ有名なのが森高千里の「渡良瀬橋」にも
その名が登場する神社だったこと。
消失の際には、森高さん本人を始め、多くのファンの方から
再建に向けた寄付などが寄せられたそうです。

20200708-4.jpg

最後に御朱印を。
なんと、右には日本武尊の和歌が書かれています。
ご祭神は素戔嗚尊で、日本武尊が出雲大社から勧請したという
説もあるそうですので、それにちなんだものでしょうか。
また、左の御朱印には「東国第一勅願所」と記されていますが、
869年に清和天皇が京都の八坂神社などとともに
東国第一勅願所として創建したから、だそうです。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

信濃国二宮って・・・

さて、信濃国一宮といえば、言わずと知れた諏訪大社
では、信濃国二宮は?
一があるんだから、二がありますよね。
この信濃国二宮がどこかというと、こちらの神社なんです。

20200704-18.jpg

あら、見にくいかな?
ここ、塩尻市にある小野神社なんです。
ずっと気になっていたのですが、先日伊那の三澤寺さんに行った帰りに、
どのみち帰りがけの道すがらにあるので、思い切って参拝してみたのです。
場所は、国道153号線の辰野と塩尻の間。
鉄道だと、通称大八周りと呼ばれる中央東線の旧線沿いにあります。

さすがは信濃国二宮だけあって、うっそうとした社叢。

20200704-19.jpg

社殿も非常に立派です。

20200704-20.jpg

この日は6月最後の週末だったので、
ちょうど夏越の大祓神事を行っていたのか、
氏子の方がたくさん集まっていました。

参拝して、御朱印を。

20200704-21.jpg

こちらは、社務所ではなく宝物殿のような場所で
書き置きの御朱印をいただきました。
そこで、お聞きしたのですが、隣にも神社があるので
時間があったらお参りしていって、とのこと。
早速行ってみたら、こちらもなかなか立派な神社。

20200704-14.jpg

鳥居の扁額には「矢彦社」とあります。
どうやら矢彦神社という神社のようです。
こちらは全く知りませんでしたが、なんとこちらも信濃国二宮
なので、こちらも非常に立派な社殿です。
まずは鳥居の正面に立派な神楽殿。

20200704-15.jpg

調べたら、諏訪大社と同じ立川流の宮大工により建てられたそうです。
背後の拝殿には笹飾りが飾られていたので、
こちらも夏越しの大祓かな?

20200704-16.jpg

拝殿も、非常に精緻な彫刻が施された、立派な社殿ですよ。

20200704-17.jpg

なんだか諏訪大社の拝殿によく似ています。

隣り合った神社と言えば、軽井沢の熊野皇大神社が
群馬県側の熊野神社と境を接していますね。
ただ、軽井沢は拝殿は共通で、その前に賽銭箱が2つ並んでいますが、
ここは完全に拝殿が分かれています。
しかも、社叢が非常に広大。
なかなか見事な神社でした。

ちなみに、小野神社は塩尻市、矢彦神社は辰野町になるそうですよ。
惜しむらくは、矢彦神社にも御朱印があったそうなのに、
拝受しそびれたこと。
次回詣でたときは、是非頂いてきたいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

信毎でも紹介された、伊那・日蓮宗三澤寺の限定御首題を頂く

土曜日に熊本・球磨川流域で大雨被害が出たばかりだというのに、
今度は福岡県南部や佐賀県、長崎県などで、再び大雨が。
現在、大雨特別警報が発出されています。
今回大雨が続いている場所は、3年前の九州北部豪雨で
大きな被害が出た場所とも重なります。
このところ、数十年に一度の大雨が毎年日本のあちこちで降る、
と言うのが続いていますが、
コロナ禍の真っ最中の大災害。なんだかやりきれません。

大雨と言えば、ここ長野県内も南信で大雨が続いており、
土砂災害警戒情報などが伊那や木曽に出ています。
こちらも大きな被害が出ないことを祈りたいと思います。

さて、諏訪大社に詣でたあと、もう少し足を伸ばして、
伊那のお寺さんに、初めて詣でました。

20200704-9.jpg

右の石碑に、お題目が刻まれていますが、
こちらは、伊那市にある日蓮宗三澤寺
なぜ、ここまで足を伸ばして参拝したかというと、
先日、素晴らしい限定御首題をいただけると、
信濃毎日新聞に紹介されていたのです。
せっかく諏訪まで行ったので、伊那もすぐそこ。
なので、足を伸ばしてみたのです。

こちらは、こぢんまりしたお寺ですが、
なんとちゃんとホームページがあるのです。
中を拝見すると、ご住職はまだ若いお上人。
経歴を見ると、ここに来る直前まで、柴又帝釈天におられたとのこと。
帝釈さんといえば、子供の頃から元日に欠かさず参拝する、
私にとってなじみ中のなじみの寺です。
そんな縁も感じつつ、参拝したのでした。

ホームページには、さらに御首題の対応可能なカレンダーまで表示されていて
非常に分かりやすい。
この日は午前中が法要で、午後はあいている、とのことだったので、
受け付け開始となる、13時に着くように時間を調整して伺いました。

まずは本堂に上げていただき、ご本尊に参拝。
そのあと、限定の書き置き御首題と、墨書きの御首題を記帳で頂きました。

まずは、こちらが限定の御首題
梅雨の時期らしい、あじさい柄の台紙に、
銀色のお題目が書かれています。

20200704-11.jpg

そして、こちらが記帳頂いた御首題

20200704-10.jpg

真ん中に押された朱印は、御曼荼羅になっています。

本堂前には、このお寺の縁起が詳しく書かれていたのですが、
室町時代に、近隣ではやった疫病を鎮めるため建立された、
と言う歴史があるそうです。
コロナ禍が収束しないいまこそ、お参りさせて頂くべきお寺だったのかもしれません。

そういえば、御首題記帳後に挟んでいただいた、挟み紙が素晴らしい。

20200704-12.jpg

疫病退散のアマビエが描かれた、とても素晴らしいはさみ紙です。
もともとティッシュを挟んでいたそうですが、せっかくならと
なんとオリジナルの挟み紙を作られたそうですよ。
素晴らしいですね。

お若いけれども、とても気さくなお上人で、
すっかり長話をさせて頂きました。
是非また参拝させて頂きたい、素晴らしい寺でした。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

足利・日蓮宗本経寺で御首題を頂く

さて、県をまたいだ移動解禁となってからぼちぼち再開した御朱印活動。
第一回目は、直後の6月20日に栃木県の足利に行ってみました。
昨年もちょうどこの時期に足利の鑁阿寺や織姫神社に参拝して、
さすがは室町幕府を開いた足利氏発祥の地で、
しかも織物で栄えた町だけあって、古刹が多いことを実感。
一度ゆっくり市内を巡ってみようと思っていたのですが、
なかなか機会がなくて。
今回は、車の点検後、午後は何も予定がなかったので、
思い切って足を伸ばしてみたのです。

足を伸ばした、と言っても、車の点検を行った群馬の藤岡から
すぐに高速に乗ったら、わずか30分ほどで到着します。
軽井沢から直接行っても、一時間半ほどじゃないでしょうか。

今回まず向かったのは、すてきな御首題をいただけるという日蓮宗本経寺へ。

20200620-40.jpg

昨年参拝した、織姫神社からもそう遠くない、足利市街を囲む山の際にあります。
だんだん道が細くなり、この先進んで大丈夫か、と心配するような場所に
目指す本経寺はありました。
山あいにありますが、本堂は鉄筋コンクリートです。

20200620-41.jpg

ただ、その前には上行菩薩や

20200620-43.jpg

さざれ石など、山あいの寺らしい風情もあります。

20200620-44.jpg

何より、モミジの木などが多く、この時期はまだまだ柔らかい葉の色が
太陽に照らされて綺麗でした。
きっと紅葉の時期も綺麗でしょうね。

まずは、本堂階段を上がって、ご本尊に参拝。

20200620-42.jpg

その階段下に寺務所があり、書き置きの御首題が大小取り混ぜて
用意されていました。
どれにするか迷っていたら、なんとお上人が「お茶をどうぞ!」と。
香りの良い、レモングラスのお茶を頂いてしまいました。

まずは、御首題を頂き、それからゆっくりお茶を頂きました。
寺務所では、静かなお経の声が。
それを聴きながら、静かな山あいの寺でレモングラスのお茶を頂くのも
なんだか心が洗われる感じです。

と言うことで、いただいてきた御首題はこんな感じ。

20200620-45.jpg

あじさいに雨がかかり、お題目と
「おのづから 横しまに降る雨はあらじ 風こそ夜のまどをうつらめ」
と言う日蓮聖人の詠んだ和歌の一説が書かれています。
山号も凄いですね。
「龍が棲む山」と言う山号です。
確かに、背後に山が迫り、そんな感じの雰囲気もある寺でした。
県外の御朱印活動再開一発目に参拝した寺でしたが、
幸先良く、良い御首題を頂きました。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR