FC2ブログ

いざ鎌倉-3 東身延・本覚寺

さて、先週は雪が降ったので、少しネタが持ちましたが、
ネタ、切れました。
ということで、また御朱印・御首題ネタに戻ります。

昨年末の鎌倉・御朱印御首題巡り、
比企谷の妙本寺までご紹介しました。
その妙本寺の参道を、鎌倉駅方面に戻ると、
真っ正面にあるのがこの寺です。

20190226-27.jpg

ちょっと逆光ですが、左にお題目が書かれた石碑が建っています。
ということは、日蓮宗の寺院、ということになります。
ここがどこかというと、日蓮宗本山・妙厳山本覚寺
元々は、源頼朝が鎌倉幕府を開いた際、
ちょうど幕府の裏鬼門に当たるこの場所に、
夷堂と呼ばれるお堂を建てたそうです。
その夷堂を佐渡配流から戻った日蓮聖人が辻説法の拠点とした縁で、
後に日蓮宗寺院となり、
日蓮宗中興の祖と呼ばれる日朝上人が身延から日蓮聖人の遺骨を
分骨し、祀ったことで「東身延」とも呼ばれる本山寺院になったそうです。

最初にご紹介した仁王門をくぐると、
正面に立派な本堂があります。

20190226-28.jpg

そんなに古くはないのかな、と思って調べたら、
大正時代に建築されたものだそうです。

20190226-29.jpg

境内には、もう一つとても近代的なお堂が。

20190226-30.jpg

こちらが、再建された夷堂。
ちなみに、元々あった夷堂に祀られていた恵比寿様は、
明治の神仏分離の際に、近くに神社を創建して祀ったそうです。
ただ、今でもこちらの境内で、初えびすや十日えびすが行われ、
賑やかだそうですよ。
とにかく日が暮れてしまいそうだったので、駆け足参拝になりましたが、
なんとか御首題もいただけました。

20190226-42.jpg

東身延、と書いてありますね。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

いざ鎌倉-2 インバウンドだらけの江ノ電に乗って、比企谷妙本寺へ

昨日もちょろっと書きましたが、昨日ご紹介した龍口寺前の道路の真ん中を
江ノ電が走っています。江ノ電唯一の道路併用区間、つまり路面電車状態なのですが、
いよいよこの江ノ電に乗って、鎌倉に向かいます。

しかし、単線で、車輌も小さな江ノ電
その江ノ電に、今やひっきりなしに鎌倉観光のインバウンドが押し寄せ、
鎌倉駅など改札規制することもあるとか。
そんなこともあって、今回は先に龍口寺に詣でるルートにしたのですが、
幸い江ノ島駅はそれほどの混雑ではありませんでした。

20190226-14.jpg

何しろ単線なので、しばらく間隔が開きます。
ようやくやってきた藤沢発鎌倉行きは、やはり結構混んでいましたが、
幸いなんとか乗り込むことができました。

20190226-15.jpg

次の腰越駅までが、冒頭にも書いたとおり
道路との併用区間。狭い道路をのろのろと電車が走っていきます。
考えてみたら、路面電車的なものに乗るのは、久しぶり。
ずいぶん前に広島の路面電車に乗って以来です。

腰越を過ぎると、いよいよ相模湾の海沿いを走ります。
幸い、海側を向いて立つことができたので、
車窓から写真も撮れました。

20190226-16.jpg

大仏の最寄り駅、長谷までは車内も余裕があったのですが、
長谷を過ぎたら、朝の通勤電車並みのぎゅうぎゅう詰め。
なんとか鎌倉に着き、どっと乗客が吐き出されると、
反対側のホームには乗車待ちの人が黒山の人だかりでした。
こりゃ江ノ電、大変ですね。

20190226-17.jpg

冬の閑散期と思われる時期でこの状態ですから、
春秋の観光シーズンの時にはものすごいのでしょうね。
夏など、考えたくもありません。
やはりこの時期に行って、正解でした。

鎌倉駅を下りて、どこへ向かったかというと、こちらです。

20190226-18.jpg

この日二つ目に参拝した寺院は、日蓮宗霊跡本山の比企谷妙本寺です。
「比企谷」とかいて、「ひきがやつ」とルビが振ってあります。
さすがは鎌倉、「たに」ではなく「やつ」ですね。
鎌倉駅から歩いて5分ほどと、すぐ近くにあります。
参道には、干物が干してあるのが、海の近くだなあと言う感じです。
信州だと大根かキノコですから。

20190226-19.jpg

こんなものが干してあるせいか、参道には招き猫も。

20190226-26.jpg

でもお行儀よく、三つ指ついておとなしく座っていました。

さて、この妙本寺、日蓮宗最古の寺院で、
北条氏と対立して滅ぼされた比企氏の屋敷跡に建てられています。
鎌倉で、命がけの布教をしている日蓮聖人に
滅ぼされた比企氏の末裔比企能本が帰依し、屋敷を献上したと言われているそうです。
そのため、鎌倉に多い日蓮宗寺院でも、この前に詣でた龍口寺と並んで、
最も高い格式を誇る寺院の一つです。

まずは先ほどの干物が並ぶ参道を進むと、
総門が見えてきます。

20190226-20.jpg

この総門あたりまでは、鎌倉駅に近いこともあって開けた住宅地なのですが、
この総門をくぐると、いきなり深い森になります。
お寺の寺域と言うこともありますが、鎌倉駅近くに、こんなに深い森があるのは
驚きです。

20190226-21.jpg

参道正面の階段を上ると、丹塗りの二天門。

20190226-22.jpg

手前にあるのはモミジの木で、少し紅葉しかけていましたが
この翌週あたりは結構色づいてきれいでしたでしょうね。
しかし、紅葉の時期は、軽井沢より2ヶ月遅い感じです。

二天門を抜けると、左手にまだお若い頃の日蓮聖人像。

20190226-24.jpg

そして、正面に日蓮聖人を祀る祖師堂があります。

20190226-23.jpg

ここに参拝したあと、参道脇の道を下り、寺務所へ。
隣に小さなお堂があるので、何かと思ったら、
本堂でした。
日蓮宗の寺院では、祖師堂より本堂の方がこぢんまりしているのは
慣れていますが、それにしても、威風堂々とした祖師堂と比べると
かわいらしさにちょっと驚きました。
その寺務所で、御首題を頂きます。

20190226-41.jpg

さて、日が短い時期なので、15時過ぎですがなんだか少し薄暗くなってきたので
先を急ぎます。この日は、あと2ヶ社寺参拝の予定なんです!


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

いざ鎌倉-1 湘南モノレールで、龍ノ口法難の龍口寺へ

今日から3月。平成も、あと2ヶ月になりました。
そして、スキーシーズンもあと1ヶ月。
なんだかいろいろセンチメンタルになってしまいそうな、春先になりそうです。

さて、ネタが切れました。
先週は、ちょっと体調を崩したこともあって、どこにも出かけず
新しいネタはなし。
冬の間、ぼちぼち貯めていたネタも出し尽くしてしまったので、
こんな時は、御朱印・御首題ネタです。
今日もおつきあいください。

昨年末、御朱印・御首題巡りを始めてからの懸案だった、
鎌倉に行ってきました。
とにかく昨今のインバウンド襲来で、大変なことになっていると噂の鎌倉
シーズンになると、大変なことになるというので、
少し寒くなる時期を待っていたのです。
とはいえ、真冬はこちらがスキーで忙しい。
ぎりぎりのタイミングとして、12月最初の週末、
午前中仕事で出かけていたので、このときをおいて他にないと、
午後から鎌倉に出かけたのでした。

まずは東京駅から東海道線で大船へ。
そこから横須賀線で鎌倉、ではなく、
湘南モノレールでまずは湘南江の島に向かいます。

20190226-1.jpg

羽田に向かう東京モノレールと異なり、上から車輌がつり下げられている
懸垂式の湘南モノレール。
結構アップダウンを走り抜けるので、
「湘南ジェットコースター」の異名もあります。

20190226-2.jpg

考えてみたら、乗るのは祖父とともに鎌倉に行った中学生の時以来かな?
だいぶ懐かしい感じです。
そうそう、このときは祖父のたっての願い
=ハンバーガーとマックシェークを食べてみたい・・・で、
祖父がマクドナルドデビューしたのでした。
たしか、祖父とビックマックを食べた気がします。懐かしいなぁ。

相変わらずのジェットコースター感たっぷりな走行で、
あっという間に終点の湘南江の島に着きました。
ここは江ノ島の断崖絶壁に突き出すように駅があり、
かなり高い場所、ビルで言うと5階ぐらいの場所に、ホームがあります。
以前乗った際は今回と逆回りで、
帰るときに湘南江の島から湘南モノレールに乗ったので、
ホームまで長い階段を息を切らして上った記憶がありますが、
今回行ったらちゃんとエスカレーターやらエレベーターやらができていました。
これならば、お年寄りや体の不自由な方でも大丈夫ですね。

で、なぜ今回このルートを選んだかというの、
この湘南江の島駅のすぐ近くにある、こちらの寺に行きたかったから。

20190226-3.jpg

日蓮宗の霊跡本山、寂光山龍口寺です。

ここが霊跡よとばれるのは、日蓮聖人四大法難と言われる、
龍ノ口法難の舞台だった場所に建てられた寺院だから。
境内の片隅には、幕府にとらえられ、処刑される寸前に、
不思議な光の玉が襲い、おののいた斬首役人が
斬首を断念したという、まさにその処刑場の跡が残っています。

20190226-12.jpg

真ん中に建つ碑のお題目は、日蓮大聖人の筆によるものだそうですよ。
もちろん、近年建てられたもののようですが。

さて、この龍口寺、先ほど乗ってきた湘南モノレールと同じ
崖に沿うように堂宇が並んでいます。
目の前を江ノ電が行き交う正面、ちょうど刑場跡の脇にあるのが
仁王門。

20190226-4.jpg

これはまだ新しいもののようで、昭和48年建立。
この仁王門をくぐり、斜面の階段を少し上ると、
今度は木造の山門があります。

20190226-10.jpg

こちらは見事な彫刻が施されており、1864年、
ですから明治少し前に建てられたものです。

20190226-5.jpg
20190226-6.jpg

山門をくぐると、境内地。
そこからさらに階段を上ったところに、
大本堂があります。

20190226-7.jpg

近づけば、威風堂々たる大建築。

20190226-8.jpg

こちらは天保3年に建てられたそうですから、
山門よりさらに30年ほどさかのぼる、江戸時代後期の建築。
破風の部分には、やはり見事な彫刻が施されています。

20190226-9.jpg

大本堂内には、六老僧や清正公、さらには刑場での斬首の際に
敷かれていた敷皮石などが祀られているそうです。
この大本堂内で、御首題を頂きました。

20190226-13.jpg


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

善光寺大勧進で自動車交通安全祈願のご祈祷

群馬の休日の次の日は、長野へ。
群馬と長野の県境にある軽井沢ならではの休日の過ごし方です。
どこへ行ったかというと、こちら。

20190223-0.jpg

久しぶりに、日中で天気がよかった長野・善光寺です。
しかし、普通の週末ですが、結構多くの人が参道を歩いています。

まずは、山門をくぐり、本堂に参拝。

20190223-1.jpg
20190223-2.jpg

で、今回我が家がここへ来たのは、この本堂に詣でるためではなく、
こちらで自動車交通安全祈願のご祈祷をお願いするため。

20190223-3.jpg

善光寺の本坊、大勧進は、自動車交通安全のご祈祷をやっているのです。
我が家は前の車の、うちの奥さんの車もここでご祈祷をお願いしました。

東京の時は、深川不動尊でご祈祷をお願いしていたのですが、
ここは駐車場の中に専用のご祈祷所が設けられ、そこでご祈祷してもらうのですが、
善光寺はこちらの護摩堂に昇堂し、他のご祈願を依頼される方と一緒に、
護摩を焚いて頂くという、本格的なもの。

20190223-4.jpg

ご祈祷が終わると、今度は車を駐車している専用駐車場に移動し、
そこでは車と並んで、2回目のご祈祷をして頂くという
非常に念入りなご祈祷。
おかげさまで、我が家は無事故でやり過ごすことができたのも、
このご祈祷の御利益と思っています。

ご祈祷が終わると、このような立派なお札と、車につけるお札、
そして車輌に貼る反射式のプレートをいただけます。

20190223-5.jpg

せっかくなので、大勧進の御朱印もいただいてきました。

20190223-6.jpg

これからも、安全運転を心がけます。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

葛飾立石・熊野神社は羽生結弦ファンの聖地

昨日の善養寺に続いてご紹介する、年末の御朱印巡りは、
葛飾立石にある、熊野神社です。

20190204-8.jpg

京成線の立石駅からは少し離れたところにありますが、
なかなか大きなお社です。

20190204-9.jpg

鳥居の向こうには、ちゃんと随神門があります。

20190204-10.jpg

さて、この神社、ある方々には大変有名です。
境内には、それをうかがわせる、新聞の切り抜きが。

20190204-12.jpg

平昌五輪の男子フィギュアスケートで金メダルを取った
羽生結弦さんの記事が、たくさん貼られています。
なんとこの神社、羽生結弦ファンの皆さんにとっては、聖地とも呼ばれているところだそうです。

なぜか、というと、平安時代中期、この神社を創建したのが
陰陽師安倍晴明だから。
なんとこの神社、敷地が五角形。
陰陽道の五行説に習ったものだそうです。
で、羽生さんのフリーの音楽が映画陰陽師のテーマ音楽だったので、
活躍を願って、多くのファンの方がこの神社に詣でるようになったそうです。
境内に奉納された絵馬も、羽生さんの活躍を祈願するものがかなり多かったです。
ちなみに、東京都内で安倍晴明創建といわれる神社は、ここだけだそうですよ。

我が家も拝殿で参拝。

20190204-11.jpg

この日は大晦日だったので、翌日の初詣の準備が万端整っています。
最後に、扉の形が5角形の社務所で、御朱印をいただきました。

20190204-13.jpg
20190204-14.jpg

右に、神社の由緒を書いたお札が貼り付けられた、
見開きの御朱印。珍しいですね。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR