FC2ブログ

松本・深志神社

今日も松本の話題で恐縮ですが、
先日ご紹介したホットプラザ浅間に行った日は、
弘法山古墳のさくらを見に行った日だったのですが、
そのあと牛伏寺に参拝し、さらにもう一つ神社に参拝したあとに
ホットプラザ浅間に向かったのでした。

で、どこに参拝したかというと、
こちらの神社です。

20190424-1.jpg

社号標が鳥居に隠れて見にくいのですが、
松本の中心部に位置する、松本町人町の鎮守さま、
深志神社です。

20190424-2.jpg

信濃守護だった小笠原氏が勧請したという古社ですが、
お祀りしている神様はなかなか複雑。
ここのご祭神は元々建御名方神で、諏訪の神様をお祀りしていたのですが、
その後天神様もお祀りしたそうです。

20190424-3.jpg

建御名方神は戦の神様で、天神様と言えば学問の神様なので、
受験シーズンにここにお参りすれば、御利益倍増でしょう。

また、境内には梅風閣という宴会場も備えていて、
神前結婚式や披露宴なども開かれているようです。
なかなか立派な神社でした。

最後に御朱印を頂戴してきました。

20190424-4.jpg

天神様の、梅の花の朱印入りです。
建御名方神の、梶の葉紋の御朱印もあるのでしょうか?
今度詣でたら、聞いてみます。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

鼻顔稲荷神社

軽井沢近辺の寺社仏閣、結構詣でたつもりではありますが、
まだまだ詣でていないところがいくつかありました。
特に、佐久市内は手つかず。
まともに参拝したのは、ぴんころ地蔵がある
成田山薬師寺ぐらいです。

ということで、手始めにこちらに参拝してみました。

20190513-1.jpg


鼻顔稲荷神社です。
「鼻顔」と書いて「はなづら」と読みますよ。
この界隈ではなかなか有名なお社で
お稲荷さん的には、日本五大稲荷にあげられることも
あるそうですよ。
ちなみに、伏見稲荷、笠間稲荷、豊川稲荷、最上稲荷、
太鼓谷稲成、祐徳稲荷‥あれ、勘定あわない。
まあ、◯大なんとかって、そんなもんですね。
いずれにしても、なかなか立派な鳥居が立っています。

20190513-2.jpg


この鼻顔稲荷、崖に沿って建っており、鳥居をくぐると
男坂(ちょっと急)と、女坂(少しなだらか)があります。
我が家は、元気に男坂で拝殿に。
上りきると、お稲荷さんらしく奉納された鳥居が並んでいます。

20190513-3.jpg


それを抜けると、拝殿。

20190513-4.jpg


しかし、崖にそびえているためなかなかかわった建物で、
崖に沿って細長い社殿が続いています。
実はここは懸崖上。横から写真を撮ると、よく分かるのですけどね。

で、上の写真の建物の入り口からどんどん中へ入っていきます。
ちなみに入り口にかかる篇額は大きくとても立派。

20190513-5.jpg


とにかく中にはいっていくと、
途中に社務所があるのですが、その先は行き止まり?
と思ったら突き当たり右90度の方向に、御神体が奉られているようでした。
どうやら、崖に洞穴があり、そこに祀られている感じです。
その後、順路通りに回っていくと、
いったん建物の外に出て、ちょうど社務所の裏辺りの
洞穴にも、神様が祀られているようで、
そこにも参拝してきました。

社務所で御朱印も頂けますが、文字通りの「御朱印」です。

20190514-4.jpg


帰りは女坂へ。

20190513-7.jpg


こちらの方が参拝者が多いせいか、
よく整備されていました。

20190513-6.jpg


ちなみに上の写真で女坂は奥の鳥居をくぐって行きます。
次回参拝の際は、こちら経由かな。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

熊野皇大神社のゴージャス御朱印帳

さて、順番が後先になりましたが、
そもそも、昨日ご紹介しようとしたのは、熊野皇大神社
新しい御朱印帳を買いに行ったことでした。

そうしたら安政の遠足ゴールに重なってしまったのですが、
そもそも車を停めるのが大変。
いつも停める、熊野皇大神社の駐車場はちょうどゴール地点で
停められなかったので、どうしようかと思ったのですが、
幸い見晴台の駐車場が空いたので
そこに停めて、お参りに行きました。
昨日もご紹介の通り、参道入り口に神職の方が太鼓を持ち出し、
ゴールの都度ドンドンと太鼓をたたいていたので、
その隙を塗って、参道の階段を上がります。
今回お参りするのは、長野県側の熊野皇大神社です。

20190513-15.jpg

いつも熊野皇大神社を参拝するときは、あまり天気がよくないことが多かったのですが、
昨日はピーカン。
絶好のお参り日和です。

20190513-9.jpg

境内には、令和を祝うノボリがはためいています。

20190513-8.jpg

参拝を済ませ、新しい御朱印帳を購入し、御朱印をお願いしました。
待っている間に、ご神木のシナノキを一巡り。

20190513-10.jpg

天気がよいせいか、ハートマークもいつもよりくっきり見えます。

20190513-11.jpg

程なく御朱印ができあがりました。
ここ、熊野皇大神社御朱印帳は、金色のシナノキがあしらわれた
ゴージャスな御朱印帳です。

20190514-1.jpg

裏表紙とつなげると、このように大きく枝を張るシナノキになるのです。

20190514-2.jpg

そして、裏側には大きな金色の八咫烏とピンクのハートマーク。
今まで使っていた、真田幸村の武者姿が刺繍された
真田神社の御朱印帳もかっこよかったのですが、
熊野皇大神社御朱印帳もなかなか目立ちそうです。

御朱印はこんな感じ。

20190514-3.jpg

令和最初の熊野皇大神社の御朱印です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

松本・金峰山牛伏寺

長い10連休明け最初の週末ですが、
やはり気のせいか軽井沢は人出が少ない気がします。
しかし、暖かく、とてもよい天気で、木々が芽吹き柔らかい若葉が目に優しい
非常に美しい季節。
これから梅雨入り前までが、軽井沢のベストシーズンなのですが
今日はそんな美しい軽井沢をゆっくり楽しめて、非常によかったです。

さて、少し前に松本弘法山古墳に花見に行った話をご紹介しましたが、
まだその続きがありました。

弘法山古墳から、さらに南に進み、前から是非お参りしてみたいと思っていた
金峰山牛伏寺に行ってみました。
松本市の南東部に位置する、鉢伏山の中腹1000メートルのところにあるという牛伏寺
なんと天平勝宝七年(756年)に唐の玄宗皇帝が善光寺へ大般若経六百巻を納経する途中、
経巻を積んだ二頭の牛が、この地で同時に倒れてしまい、
その使者たちがこの寺の本尊十一面観世音菩薩の霊力を知って
その経巻をこの寺に納め、牛二頭の霊を祀ったということから、
牛伏寺」と呼ばれるようになった、ということですが、
この寺伝からすると、天平勝宝7年にはすでに寺院があったと言うことになります。
時代で言えば奈良時代ですから、とんでもない古刹ということになります。
善光寺や諏訪大社、そして上田の塩田平の寺もそうですが、
山国とはいえ、日本の中心に位置し日本の東西南北の交通の要であった信州は
歴史ある古刹が多いことに、いまさらながら本当に驚きます。

さて、そんな古刹ですから、鉢伏山中腹にあるとはいえそれほど市街地から
遠くにはないところにあるのかと思いきや、
山道はどんどん細く、高度を上げていき、
やがては道が途切れてしまいました。
そして、目の前にはこんな門と、長い石段が。

20190423-1.jpg

右に車道があるようでしたが、ここから先は通行禁止の看板があったので
慌てて引き返し、少し手前にあった駐車場らしき広場に車を停め
再びこの石段下まで歩いてきました。
正直、想像以上の山寺です。

でもせっかく来たので、石段を登り始めました。

20190423-2.jpg

まあ、よく見れば正面に山門が見えるのでそれほど長い石段ではないと一安心。
また、よく手入れされているので比較的歩きやすい参道でした。

ようやく石段を登り切ると、立派な山門。

20190423-3.jpg

そして山上にありながら、よく手入れされた境内です。

20190423-4.jpg

この山門、行きにくぐるときには気づかなかったのですが、
帰りに反対側から見たら、
立派な金の寺紋がついていました。

20190423-10.jpg

よく見ると、諏訪大社と同じ梶の葉紋。
何かつながりがあるのでしょうか?
今度お参りしたら、よく聞いてみたいと思います。

さて、境内ですが、よくこんな山上に、と思うほど
多くの立派なお堂が並んでいます。

20190423-5.jpg

このあたりに多い、本棟作りのこちらの建物は本坊。
そしてその隣は五色の幔幕が下がる如意輪堂。

20190423-7.jpg

さらにその先にはこれまた立派な仁王門。

20190423-6.jpg

それをくぐると、ようやく本堂にあたる観音堂があります。

20190423-8.jpg

江戸時代中期に建てられたものだそうですが、
非常に立派なお堂でした。
正面に厄除大悲閣の扁額がかかっていますが、
1日数回、厄除けのご祈祷をお願いできるそうです。

20190423-9.jpg

そういえば、正月になるとここのCM流れていましたね。

それほど遅い時間にお参りしたのではないのですが、
上の写真を見ていただいたとおり、ほとんどのお堂の扉が閉まっていました。
いただければ御朱印をいただきたいと思っていたのですが、
ちょっとあきらめかけていたところ、
最初にご紹介した本坊の中から声がするので、
そとから呼びかけてみたら、木の雨戸がガタゴト開いて、
無事御朱印をお願いすることができました。

20190423-11.jpg

なかなかな山寺でしたが、マイナスイオンたっぷりな、
霊場という感じの素晴らしい寺でした。
この奥には、重要文化財に指定された、大正時代の砂防堰堤
牛伏川フランス式階段工があります。
ちょっとしたトレッキングコースになっているそうなので、
ぜひまた季節のよいときに行ってみたいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今年も、立科・津金寺のかたくりが見事でした

しかし、このブログを更新するために、撮った写真をブログ用の大きさに加工して、
月ごとのフォルダに保存して、このブログにアップしているのですが、
4月のフォルダを見てみると、前半の写真は雪まみれ。
本当によく雪が降りました。
しかし、先週からはうって変わって、花盛りの写真に。
写真の色が、一気に華やかになりました。
華やかになるのはよいですが、今日の軽井沢の気温は
なんと24度まで上がったそうです。それって、夏です!
ちょっと早すぎやしませんか。

さて、今日も一気に暖かくなった軽井沢から、
花盛りの話題を。
土曜日の朝は、立科津金寺に行ってきました。

20190422-3.jpg

この界隈でもなかなかの古刹で、大きな寺ですが、
この時期有名なのは、かたくり
昨年見に行って素晴らしかったので、今年も行ってみたのです。

昨年はすでに散りかけていたが、この日は見頃でした。

20190422-2.jpg

境内の周りの、のどかな田園風景の中に浅間山を背にして立っているも、
なかなかきれいです。

20190422-4.jpg

そのが咲き乱れる、本堂にまずは参拝。

20190422-5.jpg

そこから、いよいよ広大な境内の片隅に咲くかたくりの花を求めて、
境内を散策します。

20190422-6.jpg

このお堂の脇を抜けると、のどかな里山に。

20190422-8.jpg

風情ある水車小屋の脇にある、崖沿いの小道を歩いて行くのですが、
この崖沿いに様々な花が咲いています。
まずは、真っ白なアズマイチゲ。

20190422-7.jpg

ちょうど見頃で、あちこちに咲き乱れていました。
そして、このあたりもかたくりが咲くのですが、
すでに花が終わってしまっています。
今回はもう少し進んだところに、かたくりの群落がありました。

20190422-9.jpg

ちょうど日の光に輝いて、本当にきれいですよ。

20190422-10.jpg

まさにかたくりの寺。今年もびっくりするほどたくさん花が咲いていました。
また、境内の奥の方には、シロバナエンレイソウの群落も。

20190422-11.jpg

ちょうど咲き始めたところだったようです。

20190422-12.jpg

大きな葉っぱの中に、可憐な白い花が咲き始めていました。

が咲くのが今年は去年よりも遅かったので、
かたくりも遅いと思いきや、昨年とほぼ同じか、
少し早めに咲いていたようです。
開催されていたカタクリ・野草まつりは昨日で終了。
でも、奥の方はまだずいぶん咲いていたので、
あと一両日はまだ見られるのではないでしょうか。
お時間のある方は、お早めに。
中山道を西に向かい、立科の権現の湯の先のローソンのある交差点を
北に入ったところに津金寺はあります。

最後に、書き置きですが御朱印をいただいてきました。

20190422-1.jpg


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR