FC2ブログ

読めない、書けない、足利「鑁阿寺」

さて、先々週出かけた桐生、足利御朱印巡りの話が
まだ終わっていませんでした。
足利織姫神社の次に向かったのは、鑁阿寺です。
さて、なんと読む?
正解は、「ばんなじ」。読めないですよね、そして漢字で書けないですよね。
こんな字、初めて見ました。

さて、この難しい名前の鑁阿寺、凄い寺なんです。
まずは参道。

20190628-7.jpg

なんだか気品ある、落ち着いた参道です。
そして立派な山門が見えていますね。
実はこの山門、近づくと凄いのです。

20190628-8.jpg

立派な山門の手前に、屋根付きの橋が架かっています。
実は寺の敷地が、濠で囲われています。
前に石碑が建っていますが、こんなことが書かれています。

20190628-9.jpg

「史跡 足利氏宅跡」と書かれていますね。
そうなんです、ここは室町幕府を開いた足利氏が
関東を拠点としていた際に、館があった場所だったのです。
中世の武士の館の面影があるとして、史跡に認定されたそうですよ。

そういえば、参道には足利尊氏の像が建っていました。

20190628-17.jpg

さて、この立派な山門をくぐると、正面に立派な本堂が見えてきます。

20190628-10.jpg

この本堂、鎌倉時代に創建された本堂が焼け、
その後室町幕府を開いた足利尊氏の父、足利貞氏が1299年に
再建したものだそうです。
ちなみに、初期禅宗様の建築物として希少だと言うことで、
平成25年に国宝に指定されています。
なかなか立派な、風格ある建物です。

20190628-12.jpg

この本堂脇には、立派な多宝塔もあります。

20190628-11.jpg

ちなみにここは真言宗。そういえば高野山にも多宝塔がありましたね。

その脇には、巨大な銀杏が。

20190628-14.jpg

なんと樹齢650年で、天然記念物に指定されていました。
秋は真っ黄色に黄葉して、非常に綺麗だそうですよ。

本堂で参拝後、御朱印をいただきました。

20190628-18.jpg

鑁阿寺の「鑁」という字は書くとやはり少し大きくなりますね。
そういえば、高校のテストの時に書いた親鸞の「鸞」も巨大になりました。

この鑁阿寺の隣には、もう一つ史跡が。

20190628-15.jpg

有名な、足利学校です。
せっかくなので入ろうと思ったら、工事中なのに有料。
なので、この日は外から見るだけにしておきました。

20190628-16.jpg

どちらも木々がうっそうとしているので、どんな緑豊かな場所にあるのかと思いきや、
両毛線の足利駅からもそれほど遠くない、足利市のど真ん中。
何度も近くは通りながら、市内を散策したのは初めてだったので、
こんなよいところだとは思いませんでした。

足利は桐生と並んで織物の産地。
なので、鑁阿寺の参道には、ファブリックの店も何店かありました。
うちの奥さんは、よさげなもんぺ風のパンツと、
アウターを見つけて、よい買い物ができたと喜んでいました。
ちょっと暑かったので、私がへばってしまったのですが、
もう少し涼しくなったら、是非また散策してみたいと思います。

ところで、よけいな話ですが、足利市は栃木県。
栃木県と言えば、ガッツ石松やU字工事みたいに、
語尾が右肩上がりになる栃木弁です。
この栃木弁って、鎌倉時代とか、そのあたりも話されていたのでしょうか?
つまり、足利氏も栃木弁?
もしそうだとすると、京の都に金閣を建てた足利義満が
「金閣でも建ててみっぺ」とか言ってたら、
なんだかイメージ違うなぁ・・・
まっ金金の建物というのが、栃木っぽい気もしますが・・・


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

夏越の大祓で穂高神社で茅の輪くぐり

昨日書き忘れましたが、昨日から今年の後半戦がはじまりました。
なんだか半年があっという間です。
で、6月最終日となった先週日曜日は、夏越の大祓の日。
半年の穢れを祓い、残り半年の安寧を祈願する日です。
その一日前、若干フライングではありましたが、
石井スポーツのスキーニューモデルカスタムフェアで
安曇野まで行ったので、
近くのこちらの神社に参拝しました。

20190630-10.jpg

安曇の祖神、穂高神社です。
なんだか鳥居がきれいになりましたね。
しかし、諏訪大社とは違った意味で立派な社殿です。

20190630-11.jpg

そして、本殿前にありました、茅の輪!

20190630-12.jpg

夏越しの大祓の際は、本殿前に設えた茅の輪をくぐって穢れを祓うというのが習わしです。
くぐり方にもお作法があり、
まずは左足でまたいで左手に向かって一回転、
そのあとは右足でまたいで右手に向かって一回転し。
最後にもう一度左足でまたいで本殿に進み出て、
ニ礼ニ拍手で参拝するというのが作法です。
我が家もこんな感じで参拝してみました。
これで半年の穢れが落ちて、後半戦も安泰でしょう。

最後に御朱印を道祖神と見開きで。

20190630-13.jpg

久しぶりの穂高神社の御朱印です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

足利織姫神社

桐生名物のひもかわを食べた話は、昨日ご紹介しましたが、
そのあとは、さらに東に向かい、栃木県の足利市へ。
その名の通り、かつて足利氏が本拠を置いた場所。
いわば、東国武士の拠点の一つでした。
さらに、先に訪れた桐生と並んで、織物の産地。
そんな、織物が盛んだったことをうかがわせる名前の神社に、
まずは参拝しました。

20190628-5.jpg

その名も足利織姫神社という名前です。

20190628-1.jpg

足利市の中心部に小高くそびえる、織姫山の中腹に位置しているため、
足利市内が一望できます。夜は夜景も綺麗みたいですよ。

20190628-2.jpg

上の写真が参道ですが、山の下から延々と上ってくるので、
歩いてだとだいぶ大変だと思いますが、
幸いなことに、社殿脇まで車で上っていくことができます。よかった。

で、この社殿が素晴らしい。

20190628-3.jpg

それほど古い社殿ではなく、昭和8年、上皇さまの誕生を祈念して、
昭和12年にかけて整備されたものだそうですが、
左右対称の朱塗りの優美な社殿は、平等院鳳凰堂を模して作られたそうです。

しかし、こちらの御社紋が面白い。

20190628-4.jpg

おそらくは織物の縦糸と横糸が織られていることを表しているのだと思いますが、
こういう古くからの紋章の意匠は日本ならではの発想で
非常に面白いと思います。
日本の伝統ある会社も私が子供の頃はなかなか面白い社章だったりしましたが、
その後のCIで愚にもつかないマークにかわってしまって、
とても残念、というところがあります。

最後に御朱印を。

20190628-6.jpg

神社には珍しい、楷書ではない御朱印です。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アートな御朱印巡り、お次は桐生・崇禅寺

このブログで御朱印の話題を書くと、
軽井沢的なネタではないせいか、あまりアクセス数が伸びないのですが、
昨日はあまりに芸術的な御朱印をご紹介したせいか、
結構多くの方にご覧いただいたようです。
それに味を占めて、というわけではないのですが、
今日もアートな御朱印の話題です。

昨日ご紹介した、宝徳寺の近くに、
もう一軒アートな御朱印をいただける寺があるというので行ってみました。
宝徳寺から、桐生方面に少し戻って、そこから別の山あいに向かう道に入って少し行くと
目的の寺にたどり着きました。
こちらはうっそうとした森の入口にある寺です。

20190627-1.jpg

その名は萬松山崇禅寺、こちらも臨済宗の古刹です。

うっそうとした入口の緩やかな階段を上っていくと、途中に山門。

20190627-2.jpg

大きなモミジの枝が覆い被さっているので、扁額がよく見えないのですが、
位置を変えて見てみると、萬松山と書かれているであろう
扁額が掲げられています。

20190627-3.jpg

このあたりの雰囲気からすると、本堂も結構な古寺かなと思ってさらに階段を上っていくと、
意外や意外、すっきりとした本堂。

20190627-4.jpg

まだ新しい建物のようですが、
禅宗寺院らしい引き締まったたたずまいの本堂です。

20190627-5.jpg

こちらには崇禅寺と書かれた大きな扁額が掲げられています。
まずはこちらで参拝。

そのあと、風情ある小道の奥にある御朱印受付で
御朱印をお願いしました。

20190627-6.jpg

こちらもアートな御朱印とご紹介したとおり、
素晴らしい御朱印ばかりで、迷ってしまいそうです。
結局、6月の限定御朱印と、南無釈迦如来と書かれた御朱印をいただくことにしました。
まずは6月の限定御朱印。

20190627-8.jpg

お気づきですか、雨粒の上に、お地蔵さんが。

そして、南無釈迦如来の御朱印。

20190627-9.jpg

金泥で描かれたお釈迦様の横顔が素晴らしい御朱印です。

そしてさらに驚いたことに、間違えて書いちゃいましたと見開きの達磨様の
御朱印が!

20190627-7.jpg

こちらもだいたい40分と言われたのですが、
30分ほどで仕上げていただきました。
2ヶ寺参拝しただけで、都合10面のアートな御朱印をいただいて
充実の御朱印巡りとなりました。
で、この日は朝から出かけているので、まだまだ巡りますよ。
とその前に、昼飯時になるので腹ごしらえです。
桐生と言えば、あれですが、その話題は明日に取っておきます。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

桐生・宝徳寺の見事な御朱印

さて先週末、朝一番にレイクガーデンでバラを見たあと、
オキザリスさんで朝ご飯を食べて、
高速に乗って一路桐生へ。
ずっとお参りしたかった、こちらの寺に行ってきました。

20190626-1.jpg

桐生市の山あいにある、大光山宝徳寺です。
この寺になぜ行ったかというと、こんな御朱印をいただけるから。

20190626-10.jpg

この御朱印は、実際にいただいてきたものなのですが、
御朱印帳四面を使って描かれた、
見事な御朱印です。
こんな御朱印をいただけるというので、今や大人気。
朝早起きしたので、これは今日行くしかないと、上信越道、北関東道を
すっ飛ばして向かったのでした。

室町時代の宝徳年間に開かれたというこちらの寺院ですが、
山あいにありながら、なかなか素晴らしい境内です。
臨済宗なので、禅寺らしいたたずまい。
本堂前には、見事な枯山水の石庭が広がっています。

20190626-6.jpg

そして、斜面に建っているので、
本堂裏側には見事な庭園。

20190626-5.jpg

モミジがたくさん植わっており、みずみずしい若葉色の木々が
実に美しい、よく手入れされた庭園です。
そして、そのモミジ越しに本堂を見るとモミジ越しに
見事な石庭が。

20190626-4.jpg

何でも本堂の床は磨き上げられており、
季節になると床モミジが見られるそうですよ。

庭園も素晴らしいのですが、その素晴らしい庭園のそこここに祀られた
お地蔵さんがかわいらしい。

20190626-3.jpg

御朱印が描かれているのを順番で待つ間、境内を散策するのですが、
あちこちにかわいらしいお地蔵さんが祀られているので、
順繰りに散策していると、待ち時間が苦になりません。

20190626-2.jpg

そんなお地蔵さんをモチーフにした、かわいらしい書き置きの御朱印もあったので
一緒にいただいてきました。

20190626-11.jpg

御朱印の受付は、こんな看板が立つ庫裏で。

20190626-8.jpg

多くの方が御朱印を求めて参拝に来るので、
専用の受付で実に手際よくさばいていきます。

20190626-9.jpg

40分ほどかかりますよと言われたのですが、
おそらくは30分もかからず仕上がって、ありがたくいただいてきました。
御朱印も素晴らしいのですが、お寺そのものも実に素晴らしい。
是非また参拝してみたいと思う、よい寺でした。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR