FC2ブログ

今年もメサイアは鈴木雅明さんの弾き振り

さて、メサイアです。

20181223-12.jpg

演奏はもちろん日本が世界に誇る古楽演奏団体、
鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンで、
軽井沢大賀ホールが開館5周年を迎えた2010年から続く、
いまやキリスト教と縁が深い軽井沢のクリスマスには
欠かすことのできない特別な演奏会です。

軽井沢駅近くに借りている、我が家の駐車場に車を停め、
大賀ホールの方に歩いて行くと、軽井沢駅方向からも歩いてくる
おそらく大賀ホールに行くのでは、と思われる方々が続々と。
なぜなら、皆さん矢ヶ崎池の畔から、大賀ホールを撮影しているから。
ほら、このように。

20181223-11.jpg

先週は一回激しく冷え込んだのですが、
ここ数日はまた暖かい日が続いています。
そのためか、年によっては凍っていることがありますが、
今年は全くそんな気配もなく、のどかに鴨が泳ぐ
なんだか晩秋の感じの矢ヶ崎池です。

さて、大賀ホールに入ると、ホール上の楽器配置が気になりました。。
チェンバロが鍵盤を客席側を向いて設置されています。
ということは、と思ってプログラムを確認すると、
やはりチェンバロ奏者は鈴木雅明とあります。

20181223-13.jpg

昨年に引き続いて今年も弾き振りですね。

昨年ともう一つ異なるのが、独唱陣。
これまで、ソプラノ、カウンターテナー、テノール、バス(バリトン)という布陣でしたが、
今年はカウンターテナーの代わりにメゾソプラノ。
そして、女声陣が日本人で、男声陣が外国人という布陣も初めてです。
この布陣が、強力でした。
特に、男声陣は本当に素晴らしかった。
テノールのザッカリー・ワイルダーさんは、これぞテノールという、輝きのある歌声。
そして、バリトンのベンジャミン・ベヴァンさんは、
すべて暗譜で、大賀ホール全体を響かせる、朗々とした歌声です。
しびれました。

もちろん素晴らしいのは合唱も。
特に最終曲のWorthy is the Lambは大熱演。
今年も第二部の最後に演奏される有名な「ハレルヤ」を聴いて
会場をあとにされる方が何人もおられましたが、
最後まで聴かれなかったのは本当にもったいない。
毎年感動的な演奏でしたが、
今年はスタンディングオベーションも飛び出す
とびきり素晴らしい演奏でした。
指揮者&チェンバロの鈴木雅明さんも、これまであまり見たことがないような
やりきった感がにじみ出るような満面の笑顔。
これまで何度も演奏されてきたBCJにとっても、
充実の演奏だったに違いありません。
本当によいものを聴かせていただきました。

しかし、毎年のことですが、朝はスキー場でスキーを堪能し、
夕方からはそのスキー場を望む素晴らしい響きのホールで
感動的なメサイアを聴く。
今年もいろいろありましたが、
軽井沢ならではの、贅沢な1日でした。
来年も、楽しみにしています!


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

今日はクリスマス恒例の大賀ホールのメサイア

さて、天皇誕生日の3連休が始まりました。
その初日の今日は、予定が盛りだくさん。
ご想像の通り、朝一は滑りに行ってきたのですが、
午後からはこちらへ。

20181222-1.jpg

考えてみたら、今年初めての大賀ホールへ。
今日は、毎年クリスマス恒例の、バッハ・コレギウム・ジャパンのメサイアだったのです。

詳しい論評はまた明日ゆっくりするとして、
とにかく今年も感動的な演奏でした。
ここ数年では、一番よかったのでは?
先ほど、夕飯を済ませて自宅に帰ってきたのですが、
まだその余韻に浸っている状態です。

いろいろ気になるところがあったので、ただいま
お気に入りのショルティ指揮シカゴ交響楽団のメサイアを確認中。
なんか今年は今まで聞いたことのない版かもしれません。

それにしても、今年も豊かなクリスマスイブイブイブを満喫できました。

20181222-2.jpg

明日朝も、滑りに行くので、今日は取り急ぎこの辺で。
そうそう、明日は平成最後、そして12月23日としては最後の天皇誕生日です。
ちゃんと国旗を掲揚してお祝いしなくては。
ちなみに我が家の奥方の誕生日でもあります。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

群響243回定期のメインは千住明のオペラ「滝の白糸」

実は今日は朝から東京。
仕事だったのです。
三連休前半の二日間はめいっぱい遊び歩いたので、
今日から始まる今週の正味6日間稼働は、
なんだかくたびれそうです。

さて、それはさておき、
昨晩出かけた群馬交響楽団の第543回定期演奏会の続きです。
開演が18時45分だったので、16時頃家を出て、
高崎に向かったのですが、到着した頃にはすでに真っ暗。
群馬音楽センター周辺は、イルミネーションも始まっていたのですが、
高崎のイルミネーションも、なかなか豪華できれいですね。

20181124-2.jpg
20181124-3.jpg

さて、群馬音楽センターに入館し、開演を待ちます。

20181124-1.jpg

この春出かけたときにも書きましたが、
群馬交響楽団は、非常に意欲的な定演プログラムです。
我々が出かけた第38回の定期演奏会は、
ショスタコーヴィチの黄金時代に交響曲第1番、
それにバーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」に
ウェストサイド・ストーリーのシンフォニックダンスと、
超盛りだくさんなプログラムだったのにも度肝を抜かれましたが、
その後も第541回定演ではエルガーのオラトリオ「神の国」など、
東京でも滅多に聴けないようなラインナップ。
そして、今回でかけた543回定演は
オール邦人作品で、芥川也寸志の交響管弦楽のための音楽、
團伊玖磨の飛天繚乱、黛敏郎の饗宴、
それにメインが千住明のオペラ「滝の白糸」第3幕という、
これまた滅多に聴けないようなラインナップです。

20181124-4.jpg

前半の芥川也寸志、團伊玖磨、黛敏郎の三人の作曲家は、
戦後日本を代表する大作曲家の方々。
ほぼ同じ時期に今の芸大の前身である東京音楽学校に学び、
戦中は軍楽隊に参加したという経歴も共通しており、
戦後は「三人の会」を結成して、次々と作曲した作品を
演奏して世に問うて、それぞれテレビ時代にも活躍したという、
八面六臂の活躍をされた方々です。

私はそれぞれの作曲家に思い入れがあり、
芥川さんの交響管弦楽のための音楽は、学生時代から大好きな曲。
我が家には、何枚もCDがあります。
芥川龍之介の子息として、子供の頃から当時最先端だった
プロコフィエフやストラヴィンスキーの作品などが身近にあり、
特に初期の作品は当時のソビエトを席巻した社会主義リアリズムの
影響を受けた、快活で、平明なバイタリティあふれる作品が多く、
若き日の芥川さんの才気が爆発する、交響管弦楽のための音楽は
その代表作の一つです。

そして、團さんは忘れもしない、中学のクラス対抗合唱コンクールで
私が指揮をして優勝した、合唱組曲「筑後川」の作曲者。
オリエンタルな旋律を悠然と奏でる曲の数々は、
汎アジア的な作風とも言われ、今回演奏された
飛天繚乱も最晩年の作品ですが、現代的な響きもありつつ、
團さんらしいアジア的な響きがする佳曲です。

そして、黛敏郎さんと言えば題名のない音楽会。
よく見ていましたが、美空ひばりがオペラを歌う、という企画には
あまりのすごさにテレビを見ていて鳥肌が立ちました。
作曲の方では、仏教に題材をとった代表作の涅槃交響曲は
梵鐘の音を音響分析し、それをオーケストラで再現したという
ものすごい曲で、禅を感じさせる静的なところもありながら、
ジャズ的なフレーズも出てくるという、音響の魔術師的な
作品が多い作曲家の方です。この日演奏の饗宴もその代表作。

さて、日本の超一流オケと比べると、若干演奏技量的には
不安な点もある(といったら失礼ですが)群響ですが、
冒頭の交響管弦楽のための音楽の爆発的な推進力が感じられなかったことを除けば、
いずれも大熱演。飛天繚乱は、初めて実演を聴いたのですが、
非常によかったです。音の大競演となる饗宴もしかり。
惜しいのはやはり、交響管弦楽のための音楽かな。
なんだか、普通の音楽になってしまっていました。

そして、打って変わって後半は千住明のオペラ「滝の白糸」第3幕を
演奏会形式で取り上げます。
泉鏡花の原作で、かつては映画化されたこともあったそうです。
これは初めて聴く曲ですが、
音楽的には、NHK大型時代劇の劇伴音楽といった曲調。
いわゆるグランドオペラ、という重厚さと言うより、
ミュージカルのようなポップな感じの曲調です。
それでも、大編成の合唱団を従えて、舞台狭しと演奏者が乗っての
大熱演は、なかなか感動的でした。

何より、こんな珍しい曲を高崎で聴けたのが素晴らしい。
しかも、昨日も客席は超満員。
伊勢崎オートや前橋競輪がある
がさつな県民というイメージもありますが。
一方で、非常に文化的で教養あふれる群馬の一面を、
昨日も再認識しました。
次回はしばらく聴きたい曲がないので、
次のシーズンかな。
どんな意欲的なプログラムになるのか、来年も楽しみです。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

群馬交響楽団第543回定期演奏会へ

この三連休は忙しい。
昨日の夜は、長野でえびす講煙火大会だったのですが、
今朝は長野から帰ってきて、家で少し休んで、今度は高崎へ。
今夜は高崎群馬音楽センターで開催された、
群馬交響楽団第543回定期演奏会に行ってきたのです。

20181124-1.jpg

今年二回目の群響定演ですが、
今回もなかなか果敢なプログラム。
滅多に聞けない曲ばかりで、なかなかよい演奏会でした。
でも、曲の講評を書くにはちょっと遅いので、
また明日!
二日連チャンで出かけて、眠い。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

大賀ホールのメサイア、今年も発売開始になってます

毎日暑い暑いと言っていても、とにかく暑い。
でも、今日は久し振りのお湿りがありました。
明日の軽井沢の予想最高気温は23度。
ぐぐっと温度が下がります。
これで、家の中にたまった熱気が、少し入れ替わってくれるとよいのですが。

さて、そんな暑い日が続いていますが、
早くも心はクリスマスに。
今年も、12/22(土)に大賀ホールで、恒例のメサイアが演奏されます。

20180806-1.jpg

演奏は、もちろん鈴木雅明指揮のバッハ・コレギウム・ジャパン
先日7/26からチケットの発売が開始となり、
我が家も早速チケットをゲットしてきました。

毎年恒例とは言え、毎年少しずつ違う趣向が盛り込まれたBCJのメサイア
昨年は鈴木雅明さんのチェンバロ弾き振りでした。
今年はどんな演奏になるか、今から楽しみです。

先日、8月1日は避暑地、軽井沢を見いだした宣教師、A・C・ショーの業績をたたえる
軽井沢ショー祭が開かれましたが、
その後も多くの宣教師によって、静謐な避暑地として発展した
ここ軽井沢のクリスマスにふさわしい、メサイア全曲演奏会。
まだチケットも残っているようですので、12/22は是非大賀ホールへ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村


長野県ランキング

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR