FC2ブログ

今年はりんごの出荷も遅れ気味?

毎年この時期になると、お約束の行事が
高山村直売所りんごの買い出しに行くこと。
我が家は2回買いに行くのですが、この時期買いに行くのは
金色のシナノゴールド。
本当は10月最終週に買いに行こうと思っていたのですが、
一応電話で確認したら、まだ出回っていないとのこと。
そこで、さん連休前に電話をしたら、この週末は出る可能性がある、
というより出してくれとお願いしている、とのことだったので、
行ってみることにしました。

20191105-1.jpg

毎度おなじみ、「直売」と書かれた大きなりんごのオブジェが目印の
高山村直売所に到着したのですが、あれ、黄色い箱がない。
シナノゴールドは、箱の色も黄色なのです。
赤い箱ばかりなので、近づいて見るとシナノスイートが大量販売中でした。

20191105-2.jpg

それも5キロの箱ばかりで、10キロの大箱は出ていません。
やはり、今年は大きな台風も来たし、りんごの出荷が遅れたり
少なくなったりしているのでしょうか?
そのせいか、人出もいつもよりは少ない気がしました。

それでも、りんごは安くて旨そう。

20191105-4.jpg

少し傷がついた、自家用のりんごは今年も激安でした。

20191105-3.jpg

甘いのは甘いのですが、少し酸味があり、果肉が堅いりんごが好きなので
シナノスイートはあまり好きではなく、
今回は買ってきませんでしたが、
さすがにこの週末には大好きなシナノゴールドが出るのでは、という噂。
一応念のため確認して、売っているようならばまた買い出しに行きたいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

佐野に行ったらいもフライ

昨日、コメントで教えて頂いたのですが、
今回の台風で浸水被害を受けた佐野市ですが、
佐野厄よけ大師は大丈夫だったようですね。

さて、佐野と言えばいもフライ
佐野のゆるキャラ、さのまるも腰にいもフライを携えています。
我が家も佐野に行ったら必ず買ってきます。
お気に入りはこちらの店。

20190917-16.jpg

いろいろ頂きましたが、結局こちらのいもフライ岡本さんが
一番旨い、というより我が家の口に合っている。
佐野に行くと、必ず寄っています。

こちらは中でも頂けますが、ほとんどの方が持ち帰り。
我が家も、直前に佐野厄よけ大師の近くでこんなものを頂いてしまったので、
持ち帰ることにしました。

20190917-15.jpg

佐野と言えばもう一つ、佐野ラーメンですね。
店の写真を撮り忘れたのですが、
佐野厄よけ大師のすぐ近くにある、「417」さんで頂きました。
「417」と書いて、「しいな」と読むそうですよ。
店主さんが椎名さんなんですかね。
秋山川のほとりにありましたが、
15日に言って食べた、という方のブログを見つけたので、
どうやら被害はなかったようです。よかったですね。
さすがは佐野ラーメン、あっさりとした優しい味でした。
なかなか旨かったですよ。

と、こんな訳でラーメンを頂いた直後だったので、
いもフライは持ち帰り。
家で夕食に頂きました。

20190917-17.jpg

車の中は、ソースと揚げた油のよい香りが漂っていたので、
途中で開けて食べたい衝動に駆られましたが、
じっと我慢して、家まで持ち帰りました。
揚げたても旨いのですが、少し冷えてもいもがもちもちになり
ちょっと温めて食べると非常に旨い。
10本買って帰ったのですが、え~と何本食べたか・・・

実はこちらのいもフライ岡本さんがある一帯は、
浸水被害を受けたようで、しばらく休業されたようですが、
すでに営業を再開されたようです。
次回佐野に行った際は、必ず寄らなきゃ。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ナマステ軽井沢

このところ、軽井沢以外の美味しい店の情報は
いろいろご紹介していますが、
軽井沢の情報はとんと。
行く店が固定化されてきている、ということと、
すでに繁盛店で、我々も入れないことがあるので、
あまりこのブログで大々的にご紹介したくない、というのが理由です。
でも今日は久しぶりに、軽井沢の美味しい店をご紹介しちゃいます。
って、すでに他の方のブログやSNSで紹介されているのですが、
先日、台風被害の後始末でくたくたになり、
トンボの湯のりんご湯で疲れを癒やしたあと、
とても家に帰ってつくって食べる、という雰囲気ではなかったので、
どこかで夕食を済ませて帰ることにしました。
何も考えないと、お手軽なおおぎやラーメンになってしまうのですが、
この日はひらめいて、こちらの店に。

20191026-1.jpg

旧軽の三笠通りにあるインド・ネパール料理のナマステ軽井沢さんです。
知人が行って旨かった、ということなので、一度行ってみなきゃ、
と思っていたのを思い出したのでした。
今年の春オープンした、まだ新しい店です。

しかし、まだまだシーズンオフには早いのですが、
旧軽は夜6時を回ると、人っ子一人いない。
昼間はそれなりに賑やかだったと思うのですが、
やっている飲食店も、数えるほどになります。

そんな中、真っ暗な三笠通りでひときわ明るい店舗が、
こちらのナマステ軽井沢さんです。
真向かいが焼肉の幸楽さんなので、ここだけちょこっと明るい感じです。
駐車場がよく分からなかったので、
近くの駐車場に駐めて、店に向かいました。
ちょうど夕食時でしたが、先客一組。空いてます。
初めての店は、入店するのにちょっとどきどきするのですが、
思い切って入ってみました。
すると、店員さんの「いらっしゃいませ~」という明るい声。
なんだかよい雰囲気です。

席に案内され、たくさんあるメニューから、今回はアラカルトで頼んでみました。
まずは運ばれてきた取り皿にビックリ。
なんと、ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートじゃありませんか。

20191026-7.jpg

思わずひっくり返して裏を見てしまいました。

そうこうしているうちに、頼んだ料理が出てきます。
まずは前菜代わりに、ムラコアチャールというスパイシーな大根の和え物を注文。

20191026-6.jpg

和のイメージが強い大根ですが、あら不思議、とても旨い。
これ、やみつきになりそうです。
辛さはほとんどなく、ビールがあったらもっと旨いだろうな、というお味。

次に出てきたのが、チキンティッカ。

20191026-8.jpg

サラダは頼まなかったのですが、こちらにたっぷりとサラダが添えられていました。
スパイスとヨーグルトでしっかりと味付けされたチキンティッカは
コクがあってジューシーで、骨なしなので食べやすくて美味しい。
こちらはハーフサイズで頼みました。

続いて、我が家が好きなマトン料理、マトンセクワという
スパイシーなマトンの炭火焼きを頼んでみました。

20191026-9.jpg

こちらは少し肉質が固めでしたが、
しっかりと味が染みて、ほどよいマトンの香りがする
マトン好きにはたまらない味。旨いです。

シメはやはりカレーで、ヘルシーなサグバニールと
バターチキンカレーを頼みました。

20191026-10.jpg
20191026-11.jpg

どちらもたっぷりで食べ応えがあります。
ナンはプレーンナンと、チーズナンを注文。

20191026-13.jpg
20191026-12.jpg

カレーは辛みが分からず、とりあえず中からで頼んでみたのですが、
もう少し辛くても全く問題なし。
どの料理も丁寧に作られていて、非常に旨かったです。

最後にお聞きしたら、年内は12月いっぱい営業するとのこと。
是非また年内に行かなきゃ。ちょっとやみつきになりそうです。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

橘倉酒造「こうじと井戸水だけの手作りあま酒」が旨いぞ

何度かご紹介しましたが、佐久は日本有数の酒どころ。
エリア内に、なんと13もの酒蔵がひしめきます。
そのうちの一つ、橘倉酒造の蔵見学に行ってきました。

20191005-0.jpg

1時間ほど、酒造りの工程を案内したあと、
試飲もさせて頂けます。

まず案内されたのは、仕込みに使う水を汲み上げる、井戸。

20191005-1.jpg

きけば、八ヶ岳の伏流水だそうです。
こちらの水も、試飲させて頂けるのですが、
非常に堅い軽井沢の水と異なり、
柔らかくて、とても旨い水でした。

さらに、使用する米も信州産。
一般的には、山田錦などの酒米を使うところが多いそうですが、
あえて、信州米にこだわっているそうです。
それを、昔ながらの製法で仕込む課程を、
専務さん直々に非常にわかりやすく説明して頂きました、

20191005-2.jpg

この日は、日本酒通の方と一緒に伺ったのですが、
私はハンドルキーパーなので、試飲はできず。
日本酒通の方が代表的な酒をいくつか試飲したところ、非常に旨かったそうで、
特に純米大吟醸が旨かったと言うことだったので、私もおすすめに従い
四合瓶を購入してきました。
業務連絡ですが、今度実家に帰る時に持って行きますので
楽しみにしておいてください。

で、こちらは私も試飲できたのですが、甘酒もめちゃくちゃ旨い。
その名も、「こうじと井戸水だけの手作りあま酒」という名前です。
橘倉の甘酒は旨いぞ、という噂は聞いていたのですが、
こんなに旨いこうじの甘酒は飲んだことがありません。
早速一本買ってきました。

20191005-3.jpg

こうじの甘酒は、結構癖があったりして、その割にはあまり甘みがなく、
あまり旨い甘酒というのは飲んだことがないのですが、
ここのは、原料はこうじと井戸水だけとは思えないほど、
コクのある旨味と甘みが口に広がります。
これはやみつきになりそう。
一週間で飲み干してしまったので、また買いに行かなくちゃ。


先日次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

韮崎にありますが、吉田のうどん さくら

さて、昨日は日本三大桜の一つ、
山高神代桜がある大津山実相寺に詣でたことを
ご紹介しましたが、
もう少しおさらいすると、この日は前日諏訪で新作花火大会を見て、
蓼科で一泊して、諏訪大社の上社前宮と本宮に詣でて、
国道20号をさかのぼり、実相寺に行った、とこんな行程でした。

実相寺があるのは、北杜市の旧武川村。
国道20号線は茅野市から富士見町を通って山梨県に入り、
釜無川沿いに甲府に向かいます。
それにほぼ並行して中央線が走るのですが、
中央線が走るのは、七里岩と呼ばれる段丘の上で、
日野春や長坂、小淵沢などの市街地もこの段丘上にあります。
実相寺に向かう途中、そろそろ昼飯の時間が近づいてきたのですが、
普段目にする長坂や小淵沢などは、そこそこ店があるので、
きっと国道沿いだしなんか食べるところもあるだろうと、先を急ぎました。

せっかく日蓮宗の寺に詣でるし、御首題をいただくつもりだったので、
昼時に伺うのは失礼なので、先に昼飯を済ませてから向かおうと思ったのですが、
国道20号線を行けども行けども、周りに店がない!
古くから江戸と諏訪を結ぶ五街道の一つで、
今でも中央自動車道がありながら、結構交通量もある国道なのですが、
こんなに店がないとは、思っていませんでした。
今でもこんな感じですから、江戸時代は大丈夫だったのでしょうか。

そうこうしているうちに、実相寺の近くまでやってきてしまいました。
ちょうどまさに、正午の時報が鳴る頃。
さすがにこの時間に訪問するわけには生きません。
店を探すのはあきらめて、思い切って韮崎まで行ってしまうことにしました。
実相寺の最寄り駅、中央線ならば日野春になりますので、
ずいぶん先に行くことになります。

韮崎には、ファミレスなども間違いなくあるのですが、
せっかくいくならば、地元ならではのものを食べたい。
いろいろ検索していたら、見つけてしまいました。
韮崎名物、ではありませんが、山梨の名物うどん、
吉田うどんの店です。市役所の近くにあるという情報を得て、
探していったらありました。

20190916-1.jpg

あら、こちらもさくらだ。
この日は桜付いています。

韮崎でも人気の店らしく、駐車場は車で一杯。
店内もほぼ満席でしたが、ちょうど食べ終わったお客さんがいて、
入れ替わりですぐに入ることができました。

メニューはとてもシンプルで、
冷やしうどん、かけうどん、つけうどんと、
それぞれに肉が入ったもの。
あとは中盛りと大盛りが選べます。
私は肉冷やしうどんの大盛り、うちの奥さんは肉つけうどんを頼んでみました。

我々が入ったあとも、続々とお客さんが入ってきます。
それを、超人的な手際の良さで、女将さんがさばいていきます。
どうやら、ご主人と奥さんの二人で切り盛りされているのかな?
注文を取ってからの連係プレーもお見事。
混んでいて、島も手打ちのうどんなので時間がかかるのかと思いきや、
それほど待たずにうどんが出てきました。

まずは、うちの奥さんが頼んだ肉つけうどん。
少し褐色のうどんは、いかにもコシが強そうです。

20190916-4.jpg

つややかな光沢を放つうどんは、旨いに違いない見た目です。
どんぶりの脇に、茹でキャベツが添えられているのが吉田うどんならではですね。

そして、つゆはこんな感じ。

20190916-3.jpg

味噌味のように見えますが、魚介醤油味。
煮干しで出汁を取っているようなのですが、結構強めの出汁です。

そして程なく出てきたのが、私が頼んだ肉冷やしうどんの大盛り。

20190916-2.jpg

どんぶりが大きいので、それほど量が多く見えませんが、
結構な食べ応えですよ。
こちらは具だくさんで、甘く煮付けられたおそらく馬肉、
そしてキャベツと煮卵、スライスされた厚揚げに、ゴボウの煮たのが添えられています。
こちらもつゆは、煮干しの香りが強い魚介系のつゆです。

早速頂きますが、見かけに違わず、うどんが旨いこと。
吉田うどんらしく、強烈なコシです。
かみ切られることに抵抗するような強いコシなのですが、
頑張ってかみ切ると、得もいえない甘みが口に広がります。
これは旨い!
量が多いので、途中飽きてくるのを防ぐために、
わさびマヨネーズが添えられているのも珍しい。
茹でキャベツにかけて頂きましたが、
最後まで飽きずに、美味しく頂きました。
お隣のうどん県、群馬のうどんも旨いですが、吉田うどんも最高です。
住んでいる信州はそばが有名で、群馬はうどんにパスタ、
そして山梨は吉田うどんにほうとうと、独自の麺文化を誇る県に囲まれています。
麺喰いとしては、こんなに恵まれたところはそうそうありません。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR