FC2ブログ

茨城は煎餅屋銀座だった-3 「純米せんべい」の立正堂の工場直売所

さて、まだ買うかとあきれ顔の奥さんを尻目に、
もう一店向かったのがこちらです。

20220927-4.jpg

えっ、ここは・・・と言う感じですが、
この前には「お煎餅や」というのぼりが立っています。

20220927-3.jpg

ちょうど写真を撮ろうと身構えたら、大きなダンプカーが通って
ひっくり返ってしまったのですが、おそらくこののぼりがなかったら
看板などもないので、場所がよく分からなかったことでしょう。

で、ここがどこかというと、最初の二軒から少し離れた常総市にある
立正堂の工場直売所「お煎餅や」さんなのです。
立正堂、といってもピンと来ない方もおられるかもしれませんが、
このパッケージを見たら、ああ、あれか!とお気づきになるのではないでしょうか。

20220927-0.jpg

この界隈ではデリシアで、また最近ツルヤでも見かけるようになった
純米せんべいの製造元なのです。
このせんべい、純米の名の通り、しっかり米の味がして
美味しいですよね。

この工場直売所は、製造工程で出た、いわゆる「久助」を売っている
アウトレットショップなのです。

それにしても、入りにくいことこの上ない店舗。
入口にかかる、飛沫防止シートみたいなものの中には入れるのは
一組だけ。実際、とても狭いのですが、そこにかけたり割れたりした
せんべいがたくさん袋詰めになっておいてあります。
最初の藤永製菓が、いわゆる醤油味のせんべい、
次の煎餅屋仙七がぬれせんべい系だとすると、
こちらはサラダせんべいや揚げせんべいが多い感じです。
何しろ主力商品がサラダ味の純米せんべいですからね。

で、ここは少なめにしておこう、と思いつつもついついいろいろ買ってしまいました。

20220927-1.jpg

上の二袋は、明らかに純米せんべい久助ですね。

20220927-2.jpg

で、衝撃のプライスはなんと一袋200円。
今回5袋買ったので、全部で1,000円+税でした。

すでに1週間で、随時消費中ではありますが、
少なくともしばらくはせんべいを買わずに済みそうです。
この界隈、他にも何店か煎餅屋さんがあるのを見つけてしまいました。
茨城というと、軽井沢からはなんだか遠そうなイメージですが、
実際に行ってみると、群馬県境からちょこっと行ったところ。
それほど遠い、というイメージはありません。
いろいろ面白そうなところも見つけたので、
時間をかけて、少しずつ開拓したいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

茨城は煎餅屋銀座だった-2 「煎餅屋仙七」の半熟せんべい

茨城煎餅屋情報の続きです。
昨日ご紹介した、藤永製菓から車で5分ぐらいのところにある
こちらの煎餅屋さんに向かいました。

20220926-2.jpg

煎餅屋仙七さんです。
主要商品は、下に並んだシリーズなのですが、これもどこかで見たことありませんか?

20220926-3.jpg

煎餅屋仙七さんの、半熟せんべいシリーズは、
たまにこの界隈の高速道路サービスエリアにおいていたりしますね。
先日、上信越道の甘楽パーキングエリアにもおいてありました。

半熟せんべいは、普通のせんべいと、ぬれせんべいの
ちょうど中間の食感。
表面はしっとりとしているようで、中はさくっとしているのです。

一方、いわゆるぬれせんべいもありました。

20220926-4.jpg

袋に久助と書いてありますが、
久助とは、製造時に割れたり、かけたりしたせんべいを
袋詰めにしたもの。
醤油しみシミのぬれせんべいは、銚子電鉄のものが有名ですね。
半熟せんべいは何度か食べたことがあるのですが、
煎餅屋仙七山のぬれせんべいははじめて。
こちらはまだ食べていないのですが、どんな味か楽しみです。

しかし、せんべいと言えば草加ですが、
草加もこの茨城も、広い意味では利根川流域に位置します。
筑波山の山頂からも見渡せるように、広大な利根川流域の平野は
稲作が盛ん。

20220922-11.jpg

そして、野田や銚子、館林などは醤油の産地です。
なので、こんなに煎餅屋さんが多いのでしょうね。
茨城の煎餅屋さん巡り、もう一店つづきます。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

茨城は煎餅屋銀座だった-1 「藤永製菓」の「無選別粒餅手造りおかき」

台風に祟られたシルバーウィークが終わりました。
しかし、静岡は大変な被害ですね。
実はシルバーウィーク前半、袋井の遠州三山に御朱印をいただきに
行く予定にしていたのですが、台風14号の接近で中止したのでした。
幸い、行く周辺はそれほど大きな被害が出ていなかったようで
本当によかったと思っていたのですが、
今回の15号では被害が出てしまったようです。
我々も19年の台風19号では酷い目に遭いましたが、
後片付けは本当に大変。我が家も片付けに2週間以上もかかりました。
しばらくは気が休まらないかと思いますが、
一刻も早い日常生活の回復を祈念しています。

そんなこんなで、遠出の予定はすっかりなくなり、
しかもお彼岸の墓参りも取りやめてしまったので、
大変不完全燃焼なシルバーウィークとなってしまいました。
今日は久しぶりに晴れたのですが、混んでいるときに町内をうろうろしても
イライラするだけなので、今日はずっと雨で出来なかった
庭の芝刈りと落ち葉掃き。
だいぶたまっていたので、すっきりしました。

で、この足かけ6連休、唯一遠出をしたのが初日の17日で、
筑波山麓の御朱印巡りに行った話は、もうご紹介しましたね。
実は、もう一つ大きな目的があったのでした。
それが、煎餅の買い出し。
調べたら、茨城県の西部は、煎餅屋がたくさんあるのです。
しかも、私が長年探し求めてきた煎餅の直営店があるのを発見したのです。

ちなみに探し求めていたのは、この煎餅、というよりおかき

20220925-3.jpg

名前が長くて、「無選別粒餅手造りおかき」というのですが、
この袋に見覚えがある方はおられませんか?
実はこのおかき、デリシアに吸収される前のスーパー「マツヤ」で
売っていたのです。
我が家はこのおかきがお気に入りで、ずっと購入していたのですが、
デリシアになって以降、扱いがなくなってしまいました。

で、このおかきを作っているのが桜川市の真壁にある藤永製菓という
煎餅屋さんで、なんと今回参拝した加波山神社の参道に
直売店があるのです!
これは行くしかない、というわけで、加波山神社の帰りに早速寄ってみました。

20220925-1.jpg

直売所自体はこぢんまりしているのですが、
この背後がどうやら工場のようです。
ちなみに正面から撮っていないのは、
ガラスに私が写ってしまうから。
前の道が狭くて、あまり距離が取れないため、
ばっちり写り込んでしまうため、ちょっと横から撮りました。

で、店内に入ったら、美味しそうな煎餅がたくさん。
そして、お目当てのおかきがありました!
そうそう来られないので、大量に購入。
そして、アウトレット的なおかきや煎餅もたくさんあったので、
それも一緒に購入してきました。

20220925-2.jpg

上の写真、まだ買ったものの一部で、
粒餅手作りおかきはもう三袋ほどあります。
すでに一袋食べてしまいましたが・・・

あまりの量に、車の中で待っていたうちの奥さんにあきれられましたが、
まだまだこれは序の口。
この界隈に、まだまだたくさん煎餅屋さんがあるのです。
今回は旅行が中止になった憂さ晴らしに、やけ買いモード。
まだまだばんばん買いますよ!


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

ケルドセンのバタークッキー

さて、先日は恵那・銀の森のプティボワを紹介しましたが、
缶に入ったクッキーと言えば、
子供の頃家にあったのは泉屋のクッキーと、ケルドセンバタークッキー
泉屋は白い四角い缶、そしてケルドセンバタークッキー
青く丸い缶でした。

泉屋のクッキーは、今でも百貨店の洋菓子コーナーに出店したりしていますが、
そういえば、ケルドセンバタークッキーって、あまり見かけない。
子供の頃は、上野のアメ横にある輸入菓子を扱う店の
店頭で見かけたりしたものですが、
今でも売っているのだろうか、と思って調べてみたら、
楽天で売っていたので、先週スーパーセール開催中に、早速ポチってみました。
ただし、缶ではなくて箱。

20220912-1.jpg

でも、箱に描かれた絵は、こんな感じでした!
懐かしい!

早速封を開けてみたのですが、
これです、これこれ。

20220912-2.jpg

明けたとたんに香る、バターの美味しそうな香り。
この中では、砂糖がまぶしてある「め」みたいな形のクッキーが
子供の頃大好きでした。
早速頂きましたが、
今となっては、非常に素朴な味のクッキー。
でも、やはり美味しいです。

今回、いくつかまとめて購入しておいたので、
しばらく楽しめそうですが、
しかし、ネット以外に実店舗で売っているところはないのかな?

こんなことを書いていたら、久しぶりに泉屋のクッキーも
食べたくなってしまいました。
たしか、東京駅の大丸に入っていた気がするので、
会社帰りにちょっと覗いてきたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

恵那・銀の森

先週末こそ高崎まつりに出かけたものの、
普段の外出はなるべく控えている我が家、
またもやご紹介できるネタ枯渇の危機です。
だいたい、天気や気温の話題が出てきたときは、
ネタが枯渇しているな、とご理解いただきたく・・・(笑)

で、何かなかったかと過去の写真などをひっくり返していたら
ありました!
6月最終週に、本当は6月末で終了予定だった県民割・ブロック割を使って
今まであまり行ったことがなかった木曽福島以南の木曽路と
さらに県境を越えて岐阜県の多治見まで行った話はすでに何度かご紹介しましたが、
肝心なスポットのご紹介がまだでした。
それがこちらです。

20220816-31.jpg

今回宿泊した恵那峡の近くにある、「恵那銀の森」です。
ここ、広大な森の中にレストランや洋菓子、和菓子の専門店などが並んでいるのですが
なぜこの場所を知ったか、というと、以前こんなものを頂いたから。

20220816-29.jpg

上の写真は、今回我が家が買ってきたものなので、
頂いたものはこの一回り小さいサイズのものだったのですが、
綺麗な缶の蓋を開けるとこんな感じ。

20220816-30.jpg

びっしりと美味しそうなクッキーが詰まっています。
プティボワと呼ばれるこのクッキーを作っているのが、この「銀の森」なのです。
どんぐり粉を使ったというクッキーは、どれも手作り感たっぷり。
自然な味わいで、実に美味しい。
婦人画報の人気のスイーツランキングで一位になったそうですが
なるほど、と言う感じでした。
また買いたいね、とずっと思っていて、
公式サイトで取り寄せも出来るし、
東京の銀座シックスにもはいっているそうなのですが、
今回、せっかく恵那まで行ったので、本店に行ってみようと寄ってみたのでした。

行ってみたら、園内は実に広大。

20220816-32.jpg

一番上の写真の入口をはいると、ぶどう棚の小径を進みます。
このぶどう棚、アジロンという品種のぶどうが、すでにたわわに実っていました。

さらに進むと、こんな渓流も。

20220816-33.jpg

お菓子屋さんやレストランの敷地としてはあまりに大規模で、
ちょっと驚いてしまいます。
こんな自然たっぷりな園内を歩くと、可愛らしい店舗が。

20220816-34.jpg

こちらが冒頭紹介したクッキーのプティボワを販売する
パティスリーGIN NO MORI。
缶の色と同様、イメージカラーと思われるブルーに塗られた
店舗をはいると、こんな感じ。

20220816-35.jpg

幹を拡げた大きな木のオブジェが置かれています。
ちなみに、店内写真撮影OKとのことで、一声かけて撮影させていただきました。

どんぐり粉のクッキーを作っているとのことで、
森のリスたちが作っている設定なのでしょうね。
壁にはパティシエ姿のリスの肖像画が。

20220816-40.jpg
20220816-39.jpg
20220816-37.jpg
20220816-38.jpg

なかなかメルヘンチックな店内です。

20220816-36.jpg

このプティボワ、小さい缶で3,300円、今回我が家が買ってきた大きな缶で
5,800円(いずれも税抜き)と、ちょっとお高いのですが、
園内の拝観料込み!と理解して購入してきました。
やはり、美味しかったです!

恵那、といえば小布施と並んで栗菓子が有名なところですが、
こちらは園内にある美栗舎という和菓子屋さん。

20220816-42.jpg

名物の栗きんとんの時期ではありませんでしたが、
美味しそうな栗菓子が並んでいて、よほど買ってこようかと迷ったのですが、
プティボワを買ってしまったので、断念しました。
そろそろ新栗の時期なので、名物の栗きんとんも
並び始めるのではないか、と思いますよ。

さらにこちらは竈という、出汁などを売るショップと、料亭など。
ここ、五節会というショップで、おせち料理も販売しているそうです。

20220816-41.jpg

森をはぐくみ、日本の伝統文化を大切にしながら
自然の恵みを頂く、という明確なコンセプトにとても共感できる、
素晴らしい場所でした。

そろそろ涼しくなってきたので、機会があったら是非また行ってみたい場所です。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR