FC2ブログ

サンふじ買い出しに、再び高山村へ

そういえば、これを書くのを忘れていました。
3連休最終日、混雑する軽井沢を早朝に抜け出し、
こちらに行ってきました。

20201127-8.jpg

あれ、どこかで見たことがある、とお思いでしょうが、
今年2度目の高山共撰所です。
前回はシナノゴールドの買い出しでしたが、
今回はサンふじの買い出しです。
シナノゴールドは黄色の箱になりますが、
今回は赤い箱ばかり。

20201127-10.jpg

正確には奥の方にちょこっとあるだけ。
シナノゴールドは早めに買い出しに行って良かったです。

ちなみに、サンふじとの抱き合わせもありました。

20201127-11.jpg

今年は天候がまあまあだったせいか、
シナノゴールドもなかなか旨いものが多かったのですが、
サンふじも、今年は昨年見かけなかった秀の箱を見つけました。

20201127-9.jpg

まあ、今年は開店とほぼ同時に行った、
と言うこともあるんですけどね。

早速頂いたのですが、まだちょっと若かったかな?
少しおいたら、甘くなりそうです。

しかし、例年ならばこのあとあちこちで時間をつぶして、
夕方は犀川の河川敷でえびす講煙火大会に参加、
と言うのが我が家の恒例行事だったのですが、
すでに書いたとおり、去年は台風19号、今年はコロナ禍で中止。
来年こそは、ぜひ見に行かれるように、
一日も早い収束を祈りたいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

祝!都道府県魅力度ランキング最下位脱出の茨城へ-2 黄門さまゆかりの久昌寺と西山御殿

今年最後の連休が終わりました。
実は、前半二日は先週に引き続き出かけており、
今日も朝イチに出かけてすぐに帰ってきて、
あとは家におこもりしていたので、軽井沢の街中は確認していないのですが、
噂によると、結構な人出だったみたいです。

さて、10月~11月は結構行動的だったので、
まだまだご紹介できていないネタが山のようにたまっています。
まだ夏に行った佐渡と、10月末の松茸をようやくし終えたので、
その合間に日帰りで行った、茨城の話を片付けてしたいと思います。

すでにお忘れかもしれませんが、まずは日蓮聖人ゆかりの
常陸の湯・隠井山妙徳寺に行ったことをご紹介しましたが、
そこから再び北上し、常陸太田へ。
まず向かったのはこちらです。

20201123-1.jpg

ずっと参拝する機会がなかった、茨城県唯一の日蓮宗本山・久昌寺です。

20201123-2.jpg

分かりますかね、本堂向かって左手に、顔出しパネルがあるの。
絵柄からすると、水戸と言えばこの方、黄門さまと助さん格さんの顔出しパネルです。
茨城だから、この顔出しパネルが置かれているわけではないですよ。
ここ久昌寺は、黄門さまこと水戸藩第二代藩主、徳川光圀の生母、
久昌院の菩提を弔うために、元々は水戸城下に建てられた寺で、
明治時代にこちらに移転したそうです。
現在の日蓮宗ゆかりの武将と言えば、なんと言っても加藤清正ですが、
水戸家もゆかりがあるようで、藩祖徳川頼房の生母は、
女性で初めて身延・七面山に登詣した養珠院お万の方でしたね。
そういえば、山梨の勝沼にある立正寺の山門には
水戸光圀の扁額が掲げられていました。

ちなみに、こちらの境内にある日蓮聖人像が格好いい。

20201123-3.jpg

見る角度と雨が降っているという状況もあってか、
ものすごい意思を感じる表情の日蓮聖人像です。
最後に御首題を頂きました。

20201123-19.jpg

そこからさらに車で5分ほど移動すると、黄門さまの隠居所、
西山御殿があります。

20201123-5.jpg

ちょっと雨が強くなってきましたが、整備された遊歩道を奥に進みます。
徳川家の御殿、というと豪華な作りが想定されますが、
ここはだいぶ違う雰囲気。進めば進むほど、里山に分け入る感じです。

20201123-8.jpg

自然にほんの少し手を入れただけ、と言う雰囲気。
こんな中をしばらく進むと、草庵入口、と言った感じの門が見えてきます。

20201123-6.jpg

この門をくぐり、さらに進むと茅葺きの質素な建物が見えてきました。

20201123-7.jpg

正面に向かうと、実にひなびた建物。

20201123-13.jpg

侘びさびを体現したような雰囲気ある建物は、
質素倹約を旨にし、水戸黄門伝説にあるように
領民との交流を進めたという黄門さまらしいオープンな雰囲気の建物。

20201123-9.jpg

こちらの葵のご紋入りの長持ちなどがなければ、
大庄屋さんの家屋敷、と言った感じです。

20201123-11.jpg

最もこれはあとからおかれたものでしょうけどね。

黄門さまは、隠居後ここで過ごし、
ライフワークの大日本史の編纂を進めたそうです。

20201123-10.jpg

しかし、この日は雨模様でかえって良かったのかもしれません。
来訪者もほとんどなく、おそらくは黄門さまも過ごしたであろう
静かで落ち着いた山荘の雰囲気を味わうことが出来ました。

20201123-12.jpg

想像以上に良いところでした。
敷地内には、いろいろ花も咲きそうでしたので、
今度は春にもぜひ行ってみたいと思います。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

夕暮れの北向観音

せっかく別所温泉まで来て、常楽寺と安楽寺を参拝して
北向観音を詣でないわけにはいきません。
すでに参道のお土産物屋さんも店じまいモードでしたが、
北向観音向かいました。

20201107-18.jpg

幸い、本堂はまだ開いていました。

20201107-15.jpg

さすがに御朱印所はもう閉まっていたので、
境内をぶらぶらと。
あまりこんな時間には参拝しないのですが、
日没間近で、シルエットになっている灯籠もなかなか風情がありますね。

20201107-16.jpg

日没間近なので、西側に面しているところはまだ明るいのでよく見えたのですが、
この懸崖作りのお堂、改めて見るとなかなか凄いお堂です。

20201107-17.jpg

さらにぐるりと回ると、こんなものを見つけてしまいました。

20201107-19.jpg

北向き観音開いたという天台座主慈覚大師円仁が好んで入ったという
源泉だそうです。
しかし慈覚大師が活躍したのは平安時代初期。
いまでも信州から京都に行くのはなかなか大変な道のりですが
そんな時代にここまでやってきて、お寺を開創したというバイタリティに驚いてしまいます。

このブログでもたびたび書いていますが、
それもこれも、中山道がまだ未整備だった時代に
都と東国を結ぶ主要道路だった東山道がこのあたりを通っていたから。
この先、碓氷峠を越えて、群馬、栃木とその後の日光例幣使街道沿いに進む訳ですが、
この界隈には歴史がある名刹が本当に多数。
お参りしがいがあります。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

朱鷺

しかし、暖かいにもほどがあります。
今日の軽井沢の最高気温は、なんと驚きの20.8度!
これって、初夏の気温ですよ。
紅葉が終わり、そろそろ本格的な雪が降る時期の気温とは
思えません。

しかし、先週京都に行って、山ほど写真を撮ってきたのですが
全く整理が出来ていません。
なので、何かないかとひっくり返していたら、
そうなんです、ネタがないときにとため込んでおいた
この秋口ちょっと出かけたときの未公開ネタがたくさんありました。
当面、これを少しずつ小出しにしていきたいと思います。

まずは、佐渡の未公開ネタ、そして結構取っておきネタです。
実は、朱鷺を見てきました!
それも、ケージの中などではなく、実際に自然環境で生息している朱鷺

そもそも、朱鷺を見に行こうと出かけたのが、トキの森公園にあるトキ展示資料館。

20201026-9.jpg

違った、トキ資料展示館でした。
ここは、ケージで飼育されている朱鷺を見ることが出来ます。

20201026-10.jpg

ここは去年も出かけたのですが、
なんかケージの下の方をのそのそと這い回る朱鷺
ちょろっとだけ見ただけ。
こんなしっかり枝に止まっている朱鷺は見ることが出来ませんでした。
実はこの日、雨だったのですが、
雨だと羽を洗い流すために、活動的になるそうです。
鳥って、みんなそんな感じなのでしょうか?
我が家のガラ軍団は雨の日は開店休業ですが。
それはともかく、おかげではっきりと朱鷺を見ることが出来ました。

20201026-11.jpg

とにかくケージの中はじっとたたずむ朱鷺がたくさん。
良いものを見られました。

実はだんだん雨が強くなり、
傘を差していてもずぶ濡れになるような状態に。
なので、しばらく雨宿りがてら朱鷺を眺めていたのですが、
この人たち、雨の中微動だにしません。
なかなか不思議な生態です。

雨が少し小ぶりになったので、資料館を出て、次の目的地に向かおうとしたら
稲刈りが終わった田んぼの中に、なにやら白い大きな鳥が。
もしやと思って、デジカメを望遠一杯にしてみてみたら、
なんと朱鷺です!

20201026-12.jpg

これはビックリ。国産の朱鷺は絶滅してしまいましたが、
中国から譲り受け、繁殖した朱鷺が順調に数が増え、
かなり自然界にも放鳥しているとのこと。
なので、運が良ければ見られますよ、とは聞いていたのですが、
まさか本当に見られるとは思っていませんでした。

さらに車を進めると、さらに驚きの光景が。

20201026-15.jpg

なんとなんと、3羽もいるじゃないですか!
まさかこんなにたくさん見られるとは思っていませんでした。
あ、手前のはビニール袋ですよ。朱鷺じゃありません。

20201026-14.jpg

しかし、佐渡は朱鷺が住みやすい環境を守るために、
名産のコシヒカリを作るのにも可能な限りの減農薬、無農薬を実践しているとか。
そういえば実家で食べていた米は、ずっと佐渡の減農薬のコシヒカリでした。
こうした努力のおかげで、自然界でも朱鷺が生きられるようになったのでしょうね。

20201026-13.jpg

かつては、佐渡の大空をたくさんの朱鷺が舞っていたそうですが、
多くの方の努力で、そんな日が再びやってくるのも近いのかもしれません。


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

佐渡汽船の直江津航路、高速カーフェリー「あかね」の運航が昨日で終了

あれ、京都の話じゃないの?とお思いでしょうが、
写真の整理が追いつかないので、もうしばらくお待ちください。
そういえば、茨城の話もまだ残っていましたね。。

で、残っていた、と言えば佐渡の話もまだ途中でした。
その佐渡ですが、すでにご紹介した中でもちょろっと書いた通り、
我が家が使った直江津~小木間を結ぶ高速カーフェリーあかね」の運航が
昨日で終わったそうです。

20201020-6.jpg

もともと、11月中旬から春先までこの直江津航路は運休するそうですが、
来年春からは車が詰めないジェットフォイルでの運航に。
今後佐渡に行くときは、新潟まで高速で行って、
両津までカーフェリーで行くことになります。
高速で1時間、船が1時間余計にかかるので、
佐渡での滞在時間が短くなってしまいます。
今後行くときは、もう一泊しないと厳しそうですね。
去年今年と二年かけていろいろ回っておいて良かったです。

そういえば、まだこちらをご紹介していませんでした。

20201026-1.jpg

佐渡と言えば欠かせないのが佐渡金山
ここは昨年も行きましたが、やはりもう一度行ってみたかったので
今年も行ってみました。
見たのは明治期に掘られた道遊抗。

20201026-2.jpg

このような坑道が、地下数百メートルまで伸びていると言うから驚きです。

20201026-3.jpg

見学できるところはほんの一部ですが、このようにトロッコや
採掘する機械を扱うマネキンなどもおかれており、
採掘の様子がよく分かります。
ちなみにトンネルの中はひんやり。
この日はまだ暑い時期でしたが、一気に汗が引きました。

坑道を抜けたところにあるのが、さらに地下深くに下りて行く
エレベーターの巻上機。
意外に小ぶりでビックリです。

20201026-4.jpg

そして、もうしばらく行って振り返るとこんな光景が。

20201026-5.jpg

鉈ですっぱりとわったようなこの山は道遊の割戸と呼ばれるもので、
なんと金を素掘りしたあとだそうです。
二回目ですが、ダイナミックな光景にビックリです。

もう一度坑道に戻って先に進むと、いよいよ出口。
そこはお土産物屋さんになっており、これを抜けないと出られないという
非常に「よく考えられた」作りになっています。
出口は、入口よりも立派です。

20201026-6.jpg

ちなみにこの施設を運営するのは、当時の三菱鉱山の跡を継ぐ、三菱マテリアルの
関連会社だそうですよ。

今回も宿は佐渡金山のある相川のホテル万長に取りました。

20201026-7.jpg

ここの素晴らしいのは、窓から見られる夕日。
この日も良い天気だったので、
非常に綺麗な夕日が見られました。

20201026-8.jpg

温泉もなかなか良い湯だし、また行きたいですね。
でも船が面倒・・・
直江津航路は、海上国道になっているので、
再びカーフェリーに戻して欲しいと、地元は強く要望しているそうです。
ぜひ、その願いが一日も早く叶うことを、祈念しています。
出来れば、もう少し時間がかかっても良いので、揺れない船で!


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR