FC2ブログ

初めて参拝するにはお作法が難しそうな加波山神社

さて、今回でかけた茨城の筑波山麓は、
幕末から明治初期にかけては、日本を揺るがした騒乱の地でもあります。
幕末に起きたのは昨年の大河ドラマ「青天を衝け」にも登場した、
天狗党の乱で、このあとご紹介予定の筑波山神社で挙兵し、
今日ご紹介する加波山は、自由民権運動の一つ、加波山事件の舞台となった場所です。
その加波山は、昨日ご紹介した雨引観音からもすぐ近くの場所にあり、
筑波山方面へ少し南に向かった場所にあります。

しかし、事前に地図やネットで調べて向かったのですが、
なんだか参拝が難しそう。
というのも、「加波山」を名乗る神社がたくさんあるのです。
そもそも、実際に加波山という山があり、その山中の至る所に神社がある。
さすがに山登りをして参拝する気はなかったので、
里にあるお宮を参拝するつもりだったのですが、
その里にあるお宮が複数ある。しかも、どちらが本家だ、
みたいな状態になっているようなのです。
ネットには、こちらの神社から先に参拝した方が良いですよ、
との記述があったので、まず加波山神社真壁拝殿というのに詣でてみました。

20220920-1.jpg

こぢんまりしたご神域ですが、朱塗りの鳥居と
極彩色の拝殿がとても立派。

20220920-2.jpg

でも、人気が全くありません。
社務所も全く人の気配がなく、近寄ってみてみたら、
今日は加波山中のお社に詰めているとの張り紙が。
残念ながら、御朱印はいただけませんでした。

しかし、人気がないものの、立派な社殿が建つほど
多くの崇敬を集めているようで、玉垣には○○加波山講などと刻まれていましたので、
全国に崇敬者のネットワークがあるようです。


続いて、すぐ近くにあるこちらの加波山神社総本社本宮・親宮の里宮へ。

20220920-3.jpg

こちらは先ほどの真壁拝殿と異なり、ご神域も広く、
落ち着いたたたずまいです。

20220920-4.jpg

鳥居の扁額に揮毫したのは、竹田恒徳氏。
旧皇族の竹田宮家のご当主で、前JOC会長の竹田恒和氏の父、
評論家の竹田恒泰氏の祖父に当たる方です。

20220920-5.jpg

拝殿もとても落ち着いた雰囲気でした。

20220920-6.jpg

こちらは、生活感がある宮司さんのお宅と思われる建物もあって
少し人の気配もしていたのですが、
社務所の呼び鈴を押しても、誰もおらず。
結局こちらでも御朱印はいただけませんでした。

恐る恐る参拝した割には、どちらも御朱印はいただけなかったのですが、
たまたま連休初日で、加波山に登るハイカーの方も多かったようですので、
どちらも、山内にあるお社でのつとめを優先したのでしょう。
歴史的にはとても興味深いエリアではありますので、
機会があったら、またゆっくり参拝してみたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

久しぶりに、黒姫高原にコスモスを見に行ってきました

今日からシルバーウィークに突入ですが、
台風、なんだかますます心配なことになってきましたね。
南西諸島だけでなく、どうやら日本を縦断していく模様。
過去に例がないとか、伊勢湾台風以来とか、おどろおどろしいニュースが
続いています。
我が家はこの3連休小旅行に行く予定でしたが、今日はともかく、
明日からはそれなりに荒れそうなので、やめておいて良かったです。
で、代わりにちょこっと近場に出かけてきたのですが、
それは追々ご紹介するとして、
まだ先週行ったところのご紹介をしていなかったので、
それを先にご紹介したいと思います。

8月末から雨ばっかりで、うっとうしい天気が続いていたのですが、
先週日曜日は、久しぶりに抜けるような夏空の1日に。
この日は芝刈りの予定でしたが、
久しぶりの好天に、どこも出かけないのは勿体ない、
というわけで、久しぶりにコスモスが満開だという
黒姫高原に行ってみることにしました。
今年も、黒姫高原スキー場のゲレンデに
コスモスが咲き乱れています。

20220917-1.jpg
※クリックすると大きくなります

以前来たときとは少し場所がずれていて、駐車場から少し歩くところに
今年は植えられていました。
以前は、クワッドリフトが動いていて、山頂から野尻湖を見ることも出来たのですが、
今年は短いペアリフトで、歩いても登れそうな距離だったので、
リフトには乗らずに、歩いてコスモスが咲き乱れるゲレンデを登ります。
振り返れば、斑尾山の麓に野尻湖が。

20220917-3.jpg

左手には、タングラムのゲレンデも見えますね。

今回、天気も良かったのですが、コスモスの開花状況も
ちょうど良いタイミングだったみたいで、
ほぼ満開状態でした。

20220917-2.jpg

コスモス畑が終わると、ダリア畑が。

20220917-5.jpg

ただ、炎天下を歩き回ったせいかスマホの温度が上がってしまい、
あまりダリアの写真が撮れませんでした。残念。

でも、なんとかキバナコスモス畑の写真だけは撮影することが出来ました。

20220917-4.jpg

黒姫高原のコスモスは、おそらく今週も見頃だったと思うのですが、
そんなところへの台風襲来。
今回、日本海側を北上するようなので、
信州も被害が心配です。
今年はりんごの生育も順調と聞いていたので、
被害が出ないことを願いたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

第48回高崎まつり

変な進路の台風11号、九州直撃は避けられたようですが、
九州や日本海側はまだまだ被害が心配ですね。
明日は日本海側ではフェーン現象となり、
新潟では最高気温が36度予報とか。
長野県内も新潟県に近い北信では、明日は結構気温が上がるようです。
とにかくいろいろ被害が出ないことを祈ります。

さて、コロナ前の9月第1週の恒例行事と言えば、
諏訪で開催される新作花火競技大会を見に行くことでしたが、
今年も3年連続で中止に。
その一方で、過去2年間は中止になっていた催しのいくつかは
今年は開催されたケースも増えてきています。
その一つが、お隣群馬の高崎市の高崎まつり
関東最大級の山車が出るまつりだそうなのですが、
今までちょうど諏訪の新作花火と重なっていて見られなかったので、
今年は見に行ってみようと、昨日高崎まで出かけてきました。

このところ、天気が悪い日が多かったのですが、
昨日は久しぶりに晴れ間も覗くまずまずの天気に。
市内の混雑が心配ではあったのですが、
おかげさまで、無事駐車も出来て、早速見に行ってみました。

高崎まつりは大花火大会や阿波踊り、山車の巡行など
様々な催しがあるようですが、
今回見に行ってみたかったのは、旧中山道の田町通りに
山車が集結する、というもの。
行ってみたら、想像を絶する大規模なまつりでした。

20220905-1.jpg

通行止めになっている田町通りに、きらびやかな山車が集結。
話には聞いていましたが、贅を尽くした山車
動く美術品です。

20220905-2.jpg
20220905-5.jpg


山車の下部には子供さんが太鼓をたたき、
それに合わせてそろいの法被を着たご町内の方が
お囃子を奏でます。
しかも、それがそろいもそろった山車ごとにお囃子を奏でているので、
まあ賑やかなこと。

20220905-3.jpg

こちらなど、向かい合ってお囃子を奏でているので、
ちょっとしたお囃子対抗合戦状態。

お囃子も賑やかなのですが、山車の上部に立っている
日本武尊や弁財天、静御前などのお人形も素晴らしい。

20220905-6.jpg

ここ数年、夏祭り的なものは一切見ていなかったですが、
久しぶりに、本格的なお祭りを堪能できました。

20220905-7.jpg

しかし、もっと驚いてしまうのは今回出てきた山車はほんの一部で、
高崎の中心地にはこのような山車が38基もあるそうです。
いろんな意味で、群馬のすごさを実感していますが、
江戸時代は旧中山道有数の宿場町として栄え、
明治以降も北関東の商都として高崎市は繁栄してきたそうですが、
その底力を改めて実感した一日でした。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

身延山久遠寺の朝勤へ

話が行ったり来たりして恐縮ですが、
先日下部温泉に泊まった翌日は、
身延山久遠寺朝勤に参列することにしました。
今まで3回ほど身延山朝勤に参列しているのですが、
いずれも門前の旅館に泊まって参列したのですが、
下部温泉からも車で20分ほどで行かれるので、
普段は下部ホテルでもオプショナルツアーを実施しているそうです。
残念ながら、コロナの感染状況悪化で中止になった、というので、
早起きして、私の車で参拝することにしました。

ということで、車であっという間に到着。
普段は西谷の駐車場に駐めて、登行エレベーターで上がるのですが、
今回は裏から回って、身延山大学脇から女坂上の駐車場に。
ここだと、そのまま境内にはいれます。

20220816-10.jpg

この時期の朝勤は5時半から。
下部ホテルを5時ちょっと前に出て、5時15分頃には到着しました。
普段出社寺にはすでに起きている時間ですが、
少し日が短くなりましたね。まだ東の空が明け切っていない感じです。

20220816-11.jpg

東側からはいると、朝勤が行われる本堂まで端から端まで
境内を歩いて行かねばなりません。
すでに朝勤を知らせる太鼓が鳴り始めたので、
本堂へ急ぎました。

20220816-12.jpg

すでに盆休みに入っている時期だったので、
混んでいるかな、と思っていたのですが、
幸い、それほど混んでいません。
10月のお会式の直後などだと、菩提寺さんのお上人に引率された
行衣を着た信徒さんの一団などがおられますが、
この日は家族連れなど,いかにも夏休み、という参列者でした。

そのうち、本堂にある大太鼓が鳴り響くと、
遠くからお題目を唱える声が聞こえてきて、
本堂内に僧侶の方が着座するといよいよ朝勤の始まりです。
この、朝勤の始まりを告げる本堂の大太鼓が凄い。
胴回りが10メートルぐらいあるのではないかと思うほどの大太鼓で、
若いお上人が全力で太鼓をたたくと、
巨大な久遠寺本堂がびりびりと振動します。
正直、これが聞きたくて朝勤に参列しているといっても過言ではありません。

この日のお経は、法華経の方便品第二、如来寿量品第十六、
そして如来神力品第二十一の3つ。
これらを唱え終わったあと、良く聞いていたらコロナ終息と
ウクライナの和平を祈願。
この時期、他のお寺でも
これらを祈願している朝のお勤めも多いのでしょうね。
参列した私たちも、一緒に願わずにはいられません。

コロナ対策なのか、以前参列したときより
参列する僧侶の方の数が少なかった気もするのですが、
それでも、身延の山々に響く大太鼓と、
荘厳なお経とお題目に、心が洗われました。
早起きして参列した甲斐がありました。

そういえば、本堂前には回向柱が。

20220816-13.jpg

これは、開祖日蓮聖人が身延山に入山して750年になるのを
記念して建てられたもののようです。
ちゃんと消毒液も置かれていましたので、
善光寺御開帳の際の回向柱と同様、手を良く消毒して
回向柱に触れさせて頂きました。

身延山の朝勤は、このあと本堂右手の祖師堂に移動して
さらに続くのですが、我々はホテルの朝食予定もあり、
本堂のみ参列して中座。

20220816-15.jpg

しかし、30分ほどの本堂での朝勤の間に
すっかり空が明るくなり、
東から光が当たる久遠寺の朱塗りの五重塔は
この時間帯が1番綺麗に見えます。

20220816-14.jpg

さあ、ホテルに戻って、朝風呂入って、朝ご飯です。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

下部温泉

結局、今年の夏休みは基本的に家で大人しくしていたのですが、
唯一少し遠出したのが、山梨にある本家や親戚の墓参り。
十分日帰りエリア内ではあるのですが、
せっかく出かけたので、まだ続くブロック割を活用して、
山梨の温泉に一泊して帰ることにしました。

山梨の温泉と言えば、そもそも県都甲府が湯村温泉を抱える温泉地で、
すぐ近くには首都圏の方にもおなじみの石和温泉もあります。
富士五湖周辺も、温泉地ですね。
でも、今回向かったのは身延町にある下部温泉です。

この下部温泉、すでに平安時代には記録に残っている
非常に古い温泉で、武田信玄の隠し湯とも呼ばれています。
それほど大きな温泉地ではないですが、
現在もいくつかの旅館が営業しています。
今回は、その中でも最も大きな下部ホテルに一泊することにしました。

20220816-5.jpg

この下部ホテル、かつて石原裕次郎が逗留し、骨折の治療をした宿だそうで、
現在も別棟に宿泊した部屋が残っているそうです。
私の母も、山梨出身なので、子供の頃来たことがあり、
今回は、両親も一緒だったので、母にとっては何十年かぶりの宿泊だったようです。

部屋はこんな感じ。

20220816-6.jpg

和室なのですが、ローベッドが置かれていました。
和室にベッド、最近この手の部屋多いですね。
洋室の欠点は、部屋が土足になること。
やはり靴を脱いであがる和室の方が、この時期いろいろ安心ですし、
どこででもゴロゴロ出来るのがありがたい。
一方、寝るときにはベッドの方が楽ちん。
なので、両方の長所を兼ね備えたこのタイプの部屋があると、
必ずチョイスするようにしています。
今回も快適に休めました。

肝心の温泉は、全国有数のぬる湯。
下部ホテルには、ぬる湯の源泉と、
少し温度が高い共同源泉がひかれており、
両方を楽しめます。下部ホテルには様々な風呂がそろっているためか、
浴室が密になっておらず、この時期でも安心して
大浴場を利用できました。

夕食後、夜は近くで花火大会があったので、
ちょっと温泉街をそぞろ歩き。

20220816-7.jpg

下部温泉は、山沿いにあるため、それほど大きな花火ではなく、
軽井沢で言えば諏訪神社の花火大会規模の花火ではありますが、
30分間次々に打ち上がるのと、
山の近くなので音が大きく響くこともあって、
規模以上の迫力がありました。

20220816-8.jpg
20220816-9.jpg

考えてみたら、目の前で花火が上がるのを見るの、
3年ぶりですね。
2019年の諏訪の新作花火大会以来の花火です。
今年も、諏訪の花火大会は中止に。
まだ分かりませんが、11月の長野のえびす講煙火大会は
会場で見ることが出来るのでしょうか?
鄙びた山あいの花火も、なかなか風情があって良かったですが、
やはり大迫力の花火大会、是非また堪能したいものです。

さて、下部温泉があるのは身延町。
そして、身延町と言えば、久遠寺です。
翌朝は5時前に起きて、久遠寺の朝勤へ。
その話は、また後ほど。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR