FC2ブログ

日本最古の大神神社

さて、橿原神宮を出て、奈良方向に戻ろうとしたら、
畑の真ん中に大きな鳥居があるのを見つけました。
近づいてみると本当に巨大な鳥居。
下を通る車と比べていただければ、
その大きさをおわかりいただけると思います。

20090224-0.jpg

これだけ大きな鳥居、さぞ由緒ある神社だろうと調べたら、
大和の国一宮の「大神神社」。
「大神」と書いて、「おおみわ」と読みます。
「三輪明神」とも言われる神社ですね。
国のまほろば、大和の国の一宮と言うことは、
日本最古の神社と言われています。
これは行かないわけには行きません。
ちょっと寄り道して、早速お参りに向かいました。

20090224-1.jpg

三輪明神と書かれた二の鳥居をくぐると、
少し上り坂になった参道が続いています。
綺麗に整えられた橿原神宮と比べると、
より自然に近い、鬱蒼とした木が参道を覆っています。

20090224-2.jpg

それもそのはずで、この大神神社のご神体は
神社の背後にそびえる三輪山。
その三輪山にある自然そのものがご神体となっているのです。
日本古来の原始信仰、アニミズムの影響を最も残している神社とも
言われており、最近ではパワースポットとしても信仰を集めているそうです。
これは偶然ながら、凄い神社にたどり着いてしまいました。

さて、参道を進み、階段を上ると、
本殿が見えてきます。

20090224-3.jpg

本殿前の鳥居は、何と注連縄のみ。
これも調べたら、古い神社の特徴だそうですね。
さて、うっかり本殿と書いてしまいましたが、
こちらは拝殿だそうです。

20090224-4.jpg

しかし、拝殿の後ろは鬱蒼とした森。
そうなんです、先ほども書いたとおり、
ご神体が三輪山ですから、本殿はなく、
この森そのものが神様が宿る地なのですね。

そんなことをガイドブック片手に見ていたら、
拝殿の屋根のあたりからむくむくと雲が立ち上ってきました。

20090224-5.jpg

そして振り返ると、背後の森の上に、
まるで天女が舞うような雲が。

20090224-6.jpg

なんだか特別なパワーがありそうな神社にお祈りした直後に
こんな雲を見てしまうと、本当によい御利益をいただけそうです。
いいことがあるといいなぁ・・・

なんだかいい気分で参道をおりてきて、
ふと右を見ると、感じの良い小道に小さな看板を発見。

20090224-7.jpg

そうなんです、三輪と言えば三輪そうめんが有名ですね。
しかし、麺類大好きなsvetlaも、三輪そうめんだけはちょっと苦手。
食べないわけではありませんが、細くて食べた気がしないんですよね。
と言うことで、写真だけ撮って帰ってきました。

それにしても、今年は本当に良くお参りしています。
実家の近所の氏神様に始まり、善光寺や遠くは伊勢神宮まで。
景気も一段と悪化しているので、
まだまだ神頼みは続きそうです。


大神神社、なんだかとっても御利益ありそうですねと思った方は
こちらをポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR