FC2ブログ

無事に今年の味噌の仕込みが完了しました

さて、昨晩更新しようと思っていて、眠くて寝てしまったので
更新できなかった話題が、味噌造り。
先日、始めましたよ・・・の記事はお届けしましたが、
おかげさまで、昨日無事に仕込みが完了いたしました。

20130310-9.jpg

今回は、大豆:1、麹:1.5、塩:0.5の割合。
締めて9.5キロを仕込みました。

作り方をおさらいしましょう。
まずは水に戻した大豆を、指でつまんでつぶれるぐらいの堅さに煮ます。

20130308-5.jpg

薪ストーブはじんわりと火が入るので、
豆を煮込むには最高です。

そして、煮上がった豆を、まずはマッシャーなどで軽くつぶします。

20130310-3.jpg

挽き割り納豆ぐらいに豆がつぶれたら、
さらにフードプロセッサーなどですりつぶします。
ちなみに我が家ではバーミックスを使っています。

20130310-4.jpg

ちなみに、水はかびる原因になるので厳禁。
調理器具などは、我が家は清酒で消毒します。
今回は、寒竹を利用。

20130310-2.jpg

一応、塩以外はすべて信州産の素材にこだわっています。
ちなみに豆は東御の雷電くるみの里で購入した、地元農家が作った豆。
そして、麹は小諸の味噌屋さんの麹です。
唯一異なる塩は、能登の天然塩。

20130310-6.jpg

少し高いのですが、ミネラルたっぷりのこの塩は、
味噌のうまみを増すような気がします。
我が家では、ずっとこの塩を利用しています。

この塩と、麹を先に混ぜ合わせておきます。

20130310-5.jpg

この瞬間から、発酵が始まり、ほのかな麹の香りが漂います。
良く混ざったものを、先ほどの豆をす立日下ものの中に混ぜ込み、良く揉みます。

20130310-7.jpg

またこの際、あまり固いと発酵が遅くなるので、
大豆の煮汁を適度に混ぜながら、耳たぶぐらいの硬さにして、
それをハンバーグを作る要領で空気を抜きながら、
味噌玉にまとめます。

20130310-8.jpg

その味噌玉を、空気が入らないように味噌樽に投げ入れ、
隙間が入らないように手で押さえながら味噌を詰めていきます。
そして、詰め終わったらいよいよ完成です。

意外に簡単ですよ。ちょっと重労働ですが。
1年ほど寝かせば食べられますが、我が家は熟成した方が好きなので
いつも2年おいています。
できあがった手前味噌の旨さは格別ですよ。
ご興味のある方は、是非。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif




★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR