FC2ブログ

蓼科温泉親湯ホテル&リゾート

諏訪からの帰り道、これまた物味湯産手形を使って、
無料入浴出来る温泉施設があったので、
立ち寄ってみることにしました。

茅野からビーナスラインを蓼科山の方に向かってしばらく行ったところにある、
蓼科温泉親湯ホテル&リゾートです。

20140922-2.jpg

渓流沿いに立つ大きな三角屋根のホテルは、
いかにも山岳温泉リゾートといった感じです。

20140922-1.jpg

しかし、この温泉は、とても由緒のある温泉。
何でも開湯1200年とも、400年とも言われ、
古くは御代田真楽寺にも伝わる甲賀三郎伝説にも関係があったり、
この辺りを制覇した武田信玄の隠し湯だったとも言われる温泉だそうです。
こうした伝説が伝わるのも、ここの温泉が効能が高かったからでしょう。

館内の温泉は、内風呂と露天風呂が少し離れたところにあります。
ちなみに、物味湯産手形を使わないと、日帰り入浴は大人1000円だそうです。
露天風呂は、こんな渓流を見ながら入浴出来るようですが

20140922-3.jpg

今回は、畳敷きの内湯に。
タイル床の、ひんやりした感覚がなく、
ふかふかとした畳敷きの床は優しい感じの浴室です。

泉質は単純温泉だそうですが、
弱アルカリ性の湯が多いこの辺りの温泉では珍しい、
弱酸性の湯。
肌のトラブルなどに、効果があるそうです。
確かに柔らかい、良い入り心地の湯でした。

しかし、2週間ほど前の写真なのですが、
まだまだ空と光が夏の色ですね。
ここ数日は、天気はよいものの空はすっかり秋の色。
朝晩はむしろ冬を感じる軽井沢です。
ああ、冬もの出さなくちゃ。
まだクールビズやっていますが、
あと1カ月で、コートのシーズンがやってきますよ。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR