FC2ブログ

白馬八方池の見事な紅葉-2

さて、白馬八方池の紅葉の話題、続きです。
一休みしたあと、いよいよ八方池を目指します。
いよいよ、鮮やかな紅葉が増えてくる中、
うねうねと続く山道を登っていく一団が見えますでしょうか。

20140924-8.jpg

八方池に向けて最後の600メートルは、再び結構急な山道となります。
しかも岩がごつごつした足場の悪い道。
滑ったりしないよう、ゆっくりと登っていきます。

20140924-10.jpg

それにしても雄大な景色ですね。思わず見とれてしまいます。
クリックすると写真が大きくなりますよ。

左手の五竜岳方面は、ちょうど峰嶺のくぼみからわき上がるような、
ダイナミックな飛行機雲が白い線を大空の彼方に白線を引いていきます。

20140924-9.jpg

ちょっと逆光ですが、この辺りの紅葉も、実に鮮やか。
そんな景色に見とれつつも、一歩一歩登っていきます。
途中には、こんなケルンが所々建てられていて、
なんだか本格的な登山気分です。

20140924-11.jpg

ここからは、更に斜度を増し、ごつごつとした足元の悪い岩場を
登っていきます。登るのはよいけど、帰りがちょっと不安。

20140924-13.jpg

でもせっかくここまで来たのだから、頑張って上を目指します。
そんなつらさを吹き飛ばしてくれそうな、綺麗なナナカマドと、
白馬三山のコントラスト。

20140924-12.jpg

いやいや、見事。これまで見たナナカマドの中でも、
最も美しいナナカマドの紅葉です。
そして振り返れば、結構頑張って登ってきたことが
よくわかります。

20140924-14.jpg

八方池までは、あと少し。
最後の力を振り絞って、最後の急坂を登ります。
少し平らになると、目の前にはこんな光景が。

20140923-12.jpg

おおっ!なんと美しい。そして、なんとダイナミックな景色。
黒部アルペンルートの紅葉も素晴らしいですが、
背景の山のダイナミックな点は、むしろ白馬に軍配が上がります。
頑張って登ってきて良かったです。

20140924-16.jpg

上の写真では、肝心の八方池がよくわかりませんでしたが、
このケルンの脇から見下ろすと、神秘的な色をした八方池が
良く見渡せます。

20140924-15.jpg

池の畔に降りてみましたが、
ここからは、鏡のような水面に、背景の白馬三山が映り込みます。

20140924-17.jpg

これまた実に見事。肉眼で見たすばらしさは、
残念ながら写真ではよくわかりません。

20140924-18.jpg

あまりの感動に、しばらく見とれていました。

途中休憩しながら、かなりゆっくり登ったので、
ここまで八方池山荘から2時間弱の行程。
しばらく景色に見とれてから帰路につきましたが、
予想通り急な岩場の斜面を下るのに手間取り、
やはり1時間半ほどかかって下りました。

写真を見ていただいてもわかるとおり、
朝は少し薄雲も出ていたものの、
昼頃には雲一つない青空に。
途中のリフトの係員の方も、
今年一番の良い天気と言っていました。

このところちょっと疲れ気味でしたが、思い切っていった甲斐がありました。
これからますます白馬にはまりそうです。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR