FC2ブログ

スキーのあとはNHKホールへ

スキーが終わったら、一旦家に帰って着替えて
NHKホールに向かいました。
はて、NHKホールって近くにありましたっけ・・・
はい、軽井沢にも佐久にも、長野にもありません。
NHKホール、と言えば渋谷です。
・・・と言うことで、車でNHKホールに向かいました。
本当は新幹線で行こうと思いましたが、
今回はうちの奥さんも一緒で、これだけコロナが再拡大しているのに、
出来るだけ誰が乗っているか分からない公共交通機関は使いたくない。
新幹線はともかく、都内の電車にはなるべく乗りたくないので、
軽井沢から車で向かいました。
関越が混んでいるといやなので、少し早めに軽井沢を出たのですが、
途中渋滞も全くなく、早く着きすぎたので、練馬から下道で。
おかげさまで、NHKホール近くの駐車場に車を止められたので、
かなり早くホールに到着しました。

20201207-1.jpg

NHKホールに入るのは、まだ東京に住んでいたときなので、
15年以上も前のことになります。
最近は各地に立派なホールが出来たので、やはり古さが目立ちますね。

さて、わざわざここまで何をしに来たのかですが、
NHK交響楽団の演奏会を聴きに来たのでした。

20201207-2.jpg

例年、12月と言えば大賀ホールにメサイアを聴きに行くわけですが、
先日も書いたとおり、今年はコロナ禍もあってか中止に。
その代わり、といってはなんですが、
とても好きな曲を井上道義さんが振るというので、
今年はこの演奏会で聴き納めにしようと言う魂胆でした。
聴き納めっていっても、聴き始めは先月の群響の演奏会でしたが。

どんな曲を演奏するかというと、ショスタコーヴィチの交響曲第1番と
伊福部昭のピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ、
それに日本狂詩曲というプログラムです。
ショスタコの1番は、一昨年群響定期でも聴きましたが
ショスタコーヴィチは、指揮者の井上道義さんのライフワークの一つ。
群響よりも機能的なオーケストラのN響で聴くと、果たしてどんな音がするのか
興味津々です。

そして、ゴジラのテーマの作曲家としても知られる伊福部昭
リトミカ・オスティナータと日本狂詩曲は、それぞれ代表作。
しかも、我が家にいくつかあるリトミカ・オスティナータの音源のうち
井上道義さんの演奏が2枚もあるほど、
伊福部作品も、井上道義さんがたびたび取り上げる作品です。
それを是非実演で聴きたいと、はるばるやってきたのでした。

20201207-3.jpg

結果、ショスタコの1番と日本狂詩曲は本当に素晴らしい演奏でした。
特に、井上道義さんの演奏では初めて聴いた日本狂詩曲が特に素晴らしかった。
でも、リトミカ・オスティナータは・・・

原因は、ピアノの松田華音さんです。
名前は聞いたことがあったのですが、実演を聴くのは初めて。
ちょっと楽しみにしていたのですが、早くも曲の冒頭で失望に変わってしまいました。
リトミカ・オスティナータは、その名の通りリズミカルな旋律とリズムが、
執拗に繰り返しながらコーダに向かうわけですが、
冒頭はホルンの情感たっぷりな旋律でスタートします。
普通はそこからゆっくりとピアノがテンポを上げていくのですが、
いきなり爆走。
北海道出身で、アイヌ音楽の旋律も使うことが多い伊福部昭の音楽の特徴は、
大地を踏みしめるような重みがあり、少し哀愁を帯びた響き。
それが一切感じられないのです。

幸い、ピアノも力演が必要なのですが、
オーケストラもかなり分厚い音が求められています。
なので、オーケストラパートが張り切って、
爆走するピアノを上手く巻き取ってしまいましたが、
最後まで向いている音楽の方向性が、交わらない感じでした。
この方、ちょっと伊福部作品には合わないかな。

しかし、リトミカ・オスティナータはN響とはいえどもやはり難曲だったのでしょうか。
早く着きすぎたので、舞台に出てウォーミングアップをしている演奏者の方を
見ていたのですが、ヴァイオリンの方がリトミカ・オスティナータの変拍子がある旋律を
何度も繰り返し練習したり、パーカッションの方が太ももをバチでたたいて
変拍子の練習をしたりと、なかなか微笑ましい光景が繰り広げられていました。
そのおかげか、オーケストラはパーフェクトでしたけどね、ピアノが・・・


次の目標300万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR