FC2ブログ

昨日の東京オリンピック開会式の聖火点灯後に流れた音楽は?

昨晩は、久しぶりの夜更かし。
東京オリンピック開会式を、結局最後まで見てしまいました。
無観客だし、直前までドタバタしていたので、どうなることやら、
と思っていましたが、シンプルながら、なかなか良い開会式だったと思います。
SNSを見ていても、海外の方々からはおおむね好評だったみたいですよ。
その反面、日本人と思われる何名かの方からは、
心ないコメントも見られて、いやな感じでしたが。

さて、開会式のクライマックスとなる聖火点灯、
最終走者は、大阪なおみ選手でしたね。
東京出身のオリンピアンと言えば、北島康介さんなので、
てっきり彼が最終走者かと思っていましたが、
「多様性」がテーマだという今回のオリンピックの趣旨から言えば、
ああ、なるほどね、と言う感じです。

で、問題は聖火点灯のあとに流れた音楽。
実は、その1時間ほど前から、もう眠くて眠くて・・・
昨日は、開会式に備えて少し昼寝もしていたのですが、
いつもは夜10時過ぎには就寝しているので、
こんなに夜更かししたのは、終電で帰ってくることがたまにあった
コロナ前以来です。
その眠気を覚ましたのが、クライマックスで流れたこの曲でした。

20210724-1.jpg

私の大好きな作曲家、吉松隆さんの交響曲第2番「地球にて」の
最終楽章じゃありませんか。

この曲、その副題の通り、1楽章はうねるようなアジア風の旋律で、
2楽章は西洋風のレクイエムのような曲調、
そして今回使われた終楽章の3楽章はアフリカ調のリズムが爆発する音楽で、
まさに副題の通り地球を俯瞰するような作品。
それまで、吉松隆さんと言えば、代表作の「朱鷺に寄せる哀歌」など、
静謐な曲が多い印象だったので、
リズムと音響が爆発するこの曲を初めて聴いたときは
あまりのイメージの違いに衝撃を受けて、
しばらく毎日のように聴いていたことがあります。

長野オリンピックの時は、小澤征爾さん指揮のサイトウキネンオーケストラで、
第九の終楽章でしたが、今回はまさか吉松さんが登場するとは思いませんでした。
ほんの一部、クライマックスだけしか聴けなかったので、
ただいま私の脳内では、曲全体がリフレイン中。
今朝は、興奮冷めやらず、朝からブログを更新してしまいましたが
あとでまた全曲聞き直したいと思います。

ご興味ある方は、藤岡幸夫さん指揮のBBCフィルでこんなCDが出ています。





次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR