FC2ブログ

多治見本町オリベストリート

さて、先日来不定期にご紹介している木曽路の旅、
お隣岐阜県に入り、恵那峡にお得に泊まったところまでご紹介しましたが、
まだまだ続きがあるのでした。

最終目的地は、こちらの風情ある町並み。

20220805-2.jpg

タイトルにしてしまったので、バレバレですが、
最終目的地は美濃焼のふるさと、岐阜県の多治見市にある
オリベストリート、と言うところに行ってきました。

「陶都」と呼ばれる多治見市の中心地に、あるこのオリベストリート
美濃焼を商ったという豪壮な商家などが今でも残っていて、

20220805-4.jpg

そのいくつかでは現在も陶器を小売りしています。

こちらの格子戸と2階の漆喰壁が見目麗しい商家は、
東京にも店舗がある、「織部」のうつわ邸。

20220805-1.jpg

ここの陶器は大好きで、現在日常的に使っているものもここのもの。
東京に住んでいたときは、錦糸町のアルカキットの中に店舗があって、
よく利用していました。
こちらに引っ越してきてからは近くになくて、
最も近くにあったのが伊勢崎のスマーク内だったのですが、
どうやら閉店してしまったみたいです。
なので、多治見の店舗には一度来てみたいと思っていたのでした。
ちなみに本店は、多治見市郊外にあるファクトリーショップ的な
広大な店舗。

20220805-5.jpg

中にはアウトレットコーナーなどもあったのですが、
今回はあいにく気に入ったものが見当たりませんでした。

オリベストリートに話は戻り、いろいろ物色したあと、
お目当ての大きな急須が見つかったのがこちらの店、やままつさん。

20220805-3.jpg

あ、急須の写真は撮ってはいませんが。

写真は撮りそびれたのですが、そのほかにもいくつか購入して
帰ってきました。

しかし、課題は夏の多治見の暑さ。
熊谷、伊勢崎と並ぶ、酷暑で有名な多治見
行ったのが6月末なので、まだ大丈夫だろうとたかをくくっていったのが甘くて、
この日は早くも猛暑日に近い暑さ。
歩き回っているうちに、なんだか熱中症になりそうで、
せっかく行ったのに、あまり良く見て回れませんでした。
しかも、重い陶器を持ち歩いての散策ですから、もうへばりそうで。
美濃焼の産地は、ここ多治見の他に、隣町の土岐も。
ここには、焼き物団地みたいなものもあるそうです。
こちらはそんな事情で行きそびれてしまったので、
今度はもう少し涼しいときに、是非また行ってみたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR