FC2ブログ

初めて参拝するにはお作法が難しそうな加波山神社

さて、今回でかけた茨城の筑波山麓は、
幕末から明治初期にかけては、日本を揺るがした騒乱の地でもあります。
幕末に起きたのは昨年の大河ドラマ「青天を衝け」にも登場した、
天狗党の乱で、このあとご紹介予定の筑波山神社で挙兵し、
今日ご紹介する加波山は、自由民権運動の一つ、加波山事件の舞台となった場所です。
その加波山は、昨日ご紹介した雨引観音からもすぐ近くの場所にあり、
筑波山方面へ少し南に向かった場所にあります。

しかし、事前に地図やネットで調べて向かったのですが、
なんだか参拝が難しそう。
というのも、「加波山」を名乗る神社がたくさんあるのです。
そもそも、実際に加波山という山があり、その山中の至る所に神社がある。
さすがに山登りをして参拝する気はなかったので、
里にあるお宮を参拝するつもりだったのですが、
その里にあるお宮が複数ある。しかも、どちらが本家だ、
みたいな状態になっているようなのです。
ネットには、こちらの神社から先に参拝した方が良いですよ、
との記述があったので、まず加波山神社真壁拝殿というのに詣でてみました。

20220920-1.jpg

こぢんまりしたご神域ですが、朱塗りの鳥居と
極彩色の拝殿がとても立派。

20220920-2.jpg

でも、人気が全くありません。
社務所も全く人の気配がなく、近寄ってみてみたら、
今日は加波山中のお社に詰めているとの張り紙が。
残念ながら、御朱印はいただけませんでした。

しかし、人気がないものの、立派な社殿が建つほど
多くの崇敬を集めているようで、玉垣には○○加波山講などと刻まれていましたので、
全国に崇敬者のネットワークがあるようです。


続いて、すぐ近くにあるこちらの加波山神社総本社本宮・親宮の里宮へ。

20220920-3.jpg

こちらは先ほどの真壁拝殿と異なり、ご神域も広く、
落ち着いたたたずまいです。

20220920-4.jpg

鳥居の扁額に揮毫したのは、竹田恒徳氏。
旧皇族の竹田宮家のご当主で、前JOC会長の竹田恒和氏の父、
評論家の竹田恒泰氏の祖父に当たる方です。

20220920-5.jpg

拝殿もとても落ち着いた雰囲気でした。

20220920-6.jpg

こちらは、生活感がある宮司さんのお宅と思われる建物もあって
少し人の気配もしていたのですが、
社務所の呼び鈴を押しても、誰もおらず。
結局こちらでも御朱印はいただけませんでした。

恐る恐る参拝した割には、どちらも御朱印はいただけなかったのですが、
たまたま連休初日で、加波山に登るハイカーの方も多かったようですので、
どちらも、山内にあるお社でのつとめを優先したのでしょう。
歴史的にはとても興味深いエリアではありますので、
機会があったら、またゆっくり参拝してみたいと思います。


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR