FC2ブログ

レーモンド「軽井沢夏の家」が重要文化財に

ただ今このブログの更新を始めたら、
軽井沢町内はバケツをひっくり返したようなすごい雨。
なんだかこの週末も、大気の状態が不安定みたいですね。
先週末は天気が良かったのに・・・
せっかく体調が戻ったのに、あんまりな感じです。

さて、そんなうっとうしい季節の軽井沢に、ビッグニュースが。
タリアセンにあり、現在はペイネ美術館となっている
アントニン・レーモンドの「軽井沢夏の家」が、重要文化財になるというのです。
こちらは先ほど見た信濃毎日新聞の電子版。

20230623-1.jpg
※信濃毎日新聞電子版より

伝統ある別荘地として、建築史的にも価値ある建物が多い軽井沢ですが、
意外にも重要文化財に指定されているのは現在修復工事中の
旧三笠ホテルだけとか。
町の文化財や、国の登録有形文化財になっている建物は
万平ホテルのアルプス館や旧スイス公使館、近衛家別荘など
いくつかありますが、この軽井沢夏の家は、それらをすっ飛ばして
いきなりの重要文化財指定です。
チェコ出身の建築家である、アントニン・レーモンドの建築物は
軽井沢の聖パウロカトリック教会や高崎の群馬音楽センターなどがありますが、
この軽井沢夏の家は、来日直後に建てた建物のようで、
私も入館したことがありますが、大きな開口部や吹き抜けを囲むスロープなど
建築後90年ほど経つ建物としては、非常に斬新なデザインの建物でした。
こうした、日本の木造モダニズム建築に大きく影響を与えたことが評価され、
重要文化財に指定されたそうですよ。

改めてまた見に行ってみようかな?


次の目標400万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッとよろしくお願いいたします!


長野県ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR