FC2ブログ

渋温泉・小古井菓子店の名物「うずまきパン」は絶品

さて風呂上がりに渋温泉の路地をそぞろ歩いていたら、
ちょうど石の湯の真裏辺りに、こんな渋い饅頭屋さんを見つけました。

20150217-1.jpg

何しろ、無類のまんじゅう好き。
特に、温泉まんじゅうと酒まんじゅうには目がありません。
温泉まんじゅうと書かれていたら、入らないわけには行けませんね。

この小古井菓子店、温泉まんじゅうも、もちろん美味しかったのですが、
それ以上に名物になっているのがこちらのパン。

20150217-2.jpg

昭和な感じのレトロなデザインの袋に入った、パン。
袋を開けてみると、こんな感じのこれまたレトロな見た目のパンです。

20150217-3.jpg

カスタードが渦を巻いているので、その名もうずまきパンと言うそうです。

ちょうどスキー上がりに小腹が空いていたので、
おやつにいただくことにしました。
おかみさんが、すぐに食べますかと聞いてくれて、
食べると答えると、その場で温めてくれるのです。
なので、上の袋に水滴がついているのですが、
袋を開けて、実際に手に持ってみると、じんわりと油が。
早速割って口に運んでみると、
なんと、中にマーガリンが入っているのです。
その部分は空洞になっていて、温めて溶けたマーガリンが
空洞の中から、ふわふわのパンにしみ出しています。

うずまきの部分はほのかな甘さのカスタードになっているので、
マーガリンの塩味とカスタードの甘みが渾然一体となって、
実に旨い。とても懐かしい味のパンです。
そういえば、中学の購買部に出入りしていたパン屋さんのパンに
こんなパンがあったなぁ。
パンそのものも、今時の生地がしっかりしたパンではなく、
ふわふわもっちりな昭和な食感のパン。
これはやみつきになりそうです。

このほかに、もちろん温泉まんじゅうも買ってきましたが、
これもあんこが実に旨い。
この店も、渋温泉に行く際にはローテ入り決定です。


さあ、200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
ライフプラス
Hotchpotch-Soup
QRコード
QR