軽井沢大賀ホール2017春の音楽祭へ

ゴールデンウィークの後半戦が始まりました。
今日は、我が家は親戚が来訪。
朝早く軽井沢に着いたので、駅に迎えに行った際は
町内の渋滞はまだそれほどではなかったのですが、
午後から出かけた際には、軽井沢駅周辺は予想通り大渋滞。
勝手知ったる裏道で抜けていったので、
我が家はすいすいと駅前に着きましたが、
とても動きが悪かったので、運転されていた方は気をもんだでしょうね。

20170503-3.jpg
20170503-1.jpg

で、我が家はどこへ行ったかというと、こちらです。

20170503-4.jpg

軽井沢大賀ホールで開催中の春の音楽祭
今日は、三ツ橋敬子指揮東京フィルハーモニー交響楽団の
オールスラブプログラムだったのですが、
これに行って来たのです。

20170503-6.jpg
20170503-7.jpg

大賀ホールの周辺は、ちょうど桜が満開。

20170503-5.jpg

今年は去年より開花が少し遅かったので、
ちょうど見ごろが重なりましたね。
大賀ホールに来たお客さんも、軽井沢駅からの道すがら、
カメラを向けていいる人が多かったようです。
そんな陽気に誘われたのか、チケットは完売で、
客席もほぼ満席の盛況でした。

で、肝心な演奏なのですが、指揮の三ツ橋さんも、
2曲目のラフマニノフのピアノ協奏曲3番のソリスト、阪田知樹さんも
初めて聴く演奏者。
特に、ピアニストの阪田さんは昨年のリスト国際ピアノコンクールの優勝者と言うことで
大いに注目が集まる若手ピアニストの一人です。

まずは1曲目のグリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲。
これは、ロシアのオーケストラが来日公演をすると
ドヤ顔で1曲目に演奏する定番みたいな曲で、
普段私が聴く演奏も、
エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮ソビエト国立交響楽団あたりの
超濃厚演奏。

そんなものばかり聴いているので、
少し評価のハードルが高くなっているためかも知れませんが
ごくごくオーソドックスな、普通の演奏でした。
昨年、一昨年と東京フィルの公演を聴いたのですが、
いずれも爆演系のバッティストーニの指揮。
すっかりそれで慣れてしまっていたこともあり、
その意味では普通すぎてちょっと肩すかし感のある演奏でした。

しかし、2曲目のラフマニノフのピアノ協奏曲愛3番は凄かった。
ピアニストの阪田さんは、まだ弱冠23歳。
こんなことを言っては失礼ながら、普通のお兄ちゃんがひょこひょこ入ってきて
ぺこりと挨拶。内心、大丈夫か?と思っていたのですが、
1楽章が始まって、一気に引き込まれてしまいました。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番は、超絶技巧が必要とされる
ラフマニノフのピアノ曲の中でもとびきり超絶技巧が必要とされる曲。
特に、ラフマニノフの特長は、1フレーズがもの凄く長いので、
へたくそなピアニストが弾くと、非常に冗長な演奏になります。
ところが、最初はゆったり目に始まった旋律が、一気に加速。
かと思うと、大きくルバートする実に変幻自在な変奏。
技巧はもちろんながら、非常にスケールの大きな演奏で、
ぐいぐいとオーケストラとシンクロしていくのは
非常に爽快なラフマニノフでした。
これは、ぴたりと合わせた指揮の三ツ橋さんと東フィルも見事です。
なんとも凄いピアニストがでたものです。

今年は、もう一つのオーケストラプログラムである読響の演奏会でも
辻井伸行さんがショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏と、
今年の春の音楽祭はピアノコンチェルトづいています。
でも、こちらの公演を選んで、大正解でした。

かつての春の音楽祭と異なり、ここ数年の春の音楽祭は、
若手を積極的に登用するというコンセプトなのでしょうか?
昨年、一昨年のバッティストーニしかり、
今年の阪田知樹さんしかりで、
非常にみずみずしい、素晴らしい若手の才能を堪能できるプログラムがつづいています。
来年も、是非このコンセプトは続けてほしいとおもいます。
欲を言えば、フルオーケストラのコンサートがもう一つあると、よかったかな?
かつては4公演あったことを考えると、今年の2公演はちょっと少ない気がします。
まあ、気が早いですが、来年に期待しましょう。


次の目標、250万アクセスに向けて、
本日も盛大にポチッと、よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif
関連記事

テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中に、ログハウスが完成。夢を実現した文 字通りの「ドリームハウス」で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR