アラジンの石油ストーブ

台風も心配ですが、この冬がどうなるかも心配です。
夏の電力不足は何とか乗り切ったものの、
冬が長く、寒い軽井沢にとっては、
むしろ冬の電気の方が心配。
我が家のメイン暖房は薪ストーブですが、
朝早く起きたときに素早く部屋を暖めるために
石油ファンヒーターも併用しています。

とはいえ、自然消火を待つしかない薪ストーブは
やはり大きな地震の際にはちょっと心配です。
実際、我が家でも3月11日の東日本大震災直後は、
大きな余震に警戒して、しばらく薪ストーブを
使わないでいました。
そうなると、我が家のメイン暖房は石油ファンヒーターと
なりますが、今度は電気が必須になります。
もし万が一、非常時に停電になった際などは、
そのメイン暖房すら機能しなくなってしまいます。

ということで、震災直後から非常時用に
買おう買おうと思っていた、アラジンの石油ストーブを
一足早く購入しました。

20110920-1.jpg

このアラジンの石油ストーブ、電気がなくても
着火できるという、非常に昔ながらの仕掛けなので、
灯油さえ切らさず用意しておけば、
とりあえず暖はとることができます。

軽井沢に家を建てたときから、
いろんな方から非常時用にアラジンのストーブは
かっておいた方がよいよと言われていたのですが、
ようやく入手できて、ちょっと安心です。
こちらも、取り越し苦労で済むことを祈りたいと思います。

ちなみに我が家が購入したのはこちらからでした。



この夏の扇風機と同様、冬の暖房器具の売れ足が速いようですね。
買おうと思っている方は、早めに動いた方が
よいかもしれませんよ。結構売り切れも出ているようでした。


自分もアラジンの石油ストーブ買いましたよと言う方は
こちらをポチッと!
ツイートボタンも付けましたので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR