ル・ボン・ヴィボン軽井沢

一昨日もご紹介しましたが、最近我が家のクリスマスの定番行事となった
大賀ホールのメサイア。
そのメサイア終了後のディナーも、我が家の定番行事になってきました。
昨年は、鳥井原のツルヤ近くにあるトエダさんに伺ったのですが、
(しまった、そのときの写真をご紹介していなかったのを、今気づいた・・・)
今年は塩沢通りに北軽井沢から移転してきた、
ル・ボン・ヴィボン軽井沢に行ってきました。

20121224-2.jpg

この日はクリスマスの特別コース。
席には、マダムお手製というかわいらしいメニューが置かれています。

20121224-6.jpg

メニューは全10品。しかし、ポーションが小さいので、
様々な季節の食材を、あれこれいただける感じで期待が高まります。
全部ご紹介すると大変なことになるので、
少しご紹介させていただくと、
まずこちらはアミューズ。

20121224-8.jpg

一番左のガラスのグラスに入れられた京人参のムースは
人参の甘みと、エビのうまみが渾然一体となって、とても美味しかったですよ。

前菜2種類も美味しかったのですが、これは飛ばして
次はスープ。マッシュルームのコクのあるスープに、
ソテーされたきのことフォアグラが載った、
実に贅沢なスープです。

20121224-9.jpg

魚料理は、オマールエビとムール貝のブイヤベース。
そして肉料理は和牛のロースト。

20121224-10.jpg

大葉が入った醤油ベースのソースが、とても旨かったです。
何より、大葉が入っているせいか、後口がさっぱりして良い。

そして、お口直しの巨峰のグラニテのあとに、
さらにまだ肉料理が続きます。

20121224-11.jpg

こちらは鹿肉のソテー。
北御牧産のきたあかりのピューレが添えられ、
ソースはちょっと甘みがある赤ワインベースのソースです。
これが上手く鹿肉独特の臭みを消し、
不思議なほど鹿臭くない鹿肉を頂戴しました。旨かった~

20121224-12.jpg

最後のデザートに至るまで、全く手抜きがない料理が続きます。
全10品と皿数は多いのですが、ポーションが小さいので、
ぺろっといただくことが出来ました。

普段はここまでがっちりとしたコースではなく、
カジュアルなコース、アラカルトもあるとのこと。
特にランチはなんだかとてもお得そうです。
次回は是非、昼にも行ってみたいと思います。


ル・ボン・ヴィボン、とても旨そうですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif




★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

svetla

Author:svetla
出身:東京都
現住所:長野県北佐久郡軽井沢町
将来家を建てるならばログハウスと、以前から夢見ていましたが、2007年2月に念願かない、軽井沢のとある森の中にログハウスを建て東京から移住しました。夢を実現した文字通りの「ドリームハウス」から、東京まで新幹線通勤中。自然に囲まれた森の中で、楽しい軽井沢生活実践中です。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新のブログ記事
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Bookmarks
高原都市開発
軽井沢別荘navi
軽井沢別荘Naviブログ
かえるのひとりごと
けろけろキッチン
CABOT COVE
軽井沢に暮らす ~遊楽美感~
森の扉
ライフプラス
軽井沢+
*Ts-Style*軽井沢から
癒される時間 in karuizawa
木洩れ日の森に
Hotchpotch-Soup
Enchainer
しいちゃんのお針箱
軽井沢移住LIFE
QRコード
QR